Kanako days

日々の思い・・・from Kanako

住民票

2008年10月31日 | Weblog
このあいだ裁判所から預けていた切手が戻されたので、ぼちぼち戸籍も変わっているのかな・・・と、近所の市役所に出掛けて住民票をとってみた。

もっとも、会社の保険証などの手続きで要りそうだから・・・というのも、あるけど。

性別表記が、しっかり「女」になっていた。とりあえずこれで役所側の手続きはおしまいだね・・・

会社はというと・・・これがまた難航しそうな気配。九州支社ではどう扱えばいいのか解らなかったようで、本社に丸投げにしたらしい。どうせ「支社で検討するように」と、差し戻されるんじゃないかな・・・制服の変更の時のように。

早くしてくんないかな・・・保険証が変わってくんないと、ホルモン10割負担のままなんだけど。ホルモン検査だって全額負担になるし。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あれからいろいろありまして・・・

2008年10月17日 | Weblog
性別変更の申し立てが通ったよと、身近な人には伝えられる範囲で伝えていますが・・・だいたい返ってくるのは

「おめでとう、よかったね」

という、お祝いの言葉。

う~ん・・・おめでたいのかなぁ、と、本人はちょっと実感無いです。

いまのところ、何も変わっていないからねぇ・・・これが、保険証が変わったりしたら、少しづつ実感しはじめるんでしょうけど、それがまだだから、何も変わっていないのね。

私的には、これで全てが終わった、ゴールに着いた・・・という気持ちは、無いのね。これからが、私の人生のスタートなんだって、思っているのね。

さあて、私の人生の、幕開け・・・ずいぶん遅くなっちゃったけどね。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

お手紙

2008年10月05日 | Weblog
土曜日に、裁判所から「特別送達」なるお手紙が届いていた。

開けてみると、紙が2枚。内容は・・・

---------------------

        審判

本籍*****
住所*****

申立人 カナコ
    昭和**年*月**日生

        主文

申立人の性別の取扱を男から女に変更する。


        理由

1申立ての趣旨

 主文同旨

2判断

一件記録によれば、申立人は性同一性障害者の
性別の取扱いの特例に関する法律2条に定義する
性同一性障害者であり、同法3条の要件をいずれ
も充たしていることが認められる。

よって、主文のとおり審判をする。

平成20年10月2日

**家庭裁判所

   家事審判官 ****

------------------

まあ、これで私のすることは全て終わった訳で、そして、ようやくスタートラインに立てたというだけのことなんだけどね。

なんだかね、呆気ない。気が抜けた。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加