ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画

映画記事も散在報告も停滞中…ですが、自分が飽きない程度のマイペースで運営中。良かったら読んでいってくださいませ。

【映画】おとなのけんか…(ヤッツケ映画観賞記録5)とiPhon5に変えた話。

2013-08-15 17:57:19 | 映画・DVD
2013年8月10日(土曜日)は、午前中に嫁さんのお姉さん宅に届けモノをした後(他の方から頂いた食べ物がうちでは人気の無いものだったので押しつけた後)、某看護専門学校のオープンキャンパスに行っていた娘と合流、午後からは小倉の街をブラブラ…まぁ小倉も遊ぼうと思えば色んな施設があると言えばあるのね

…そんな中、魚町銀天街、松田楽器店横に新規オープンしたというauショップの呼び込みに声を掛けられたので、ぶらり店内に…で、変えちゃいましたiPhon5に

15年以上の長年付き合ってきたドコモさんスイマセン(とか言いながら最近のドコモへの不信感も手伝ってのことだったのだけど)。

家族3人分のiPhon5への変更と、iPhonには他社への無料通話分が無いとの事で、電話料金対策でのキッズ携帯1台。私の自宅近所にはau系列のインターネットが来ていないという条件の元、インターネット同時加入の携帯割引との差し引きで、ほぼ金額が変動しなくて持ち歩きWi-Fiが持てるというので、そちらの契約も1台と、何故か契約数が増えちゃって、うまいこと丸めこまれた感も大いにありますが(計5台分の契約した訳だから、とりあえず最初に払う手数料がデカイでしょうね…)、まぁそんな感じ。

契約の手続き中に、ロフトとリバーウォークをハシゴしてケースを物色。
嫁さんは満足できるヤツを見つけたらしいけど、私はイマイチ。とりあえずスナフキン(※ムーミンに出てくるスナフキン)のヤツを被せています。

それから数日経過していますが、iPhon5の使い勝手は上々
元々、iPod touch(第5世代)を持っていたのもあって、混乱も無く使えております(逆に新鮮じゃ無かったりもしますが)。



で、以下は映画観賞記録



「おとなのけんか」
(監督:ロマン・ポランスキー、出演:ジョディ・フォスター、ケイト・ウィンスレット、クリストフ・ヴァルツ、ジョン・C・ライリー、2011年フランス/ドイツ/ポーランド/スペイン)

TSUTAYA DISCASさんから「バトルシップ」と一緒に届いた一本。2012年9月30日(日曜日)の夜観賞しました(BD)。
もう1年近く前の鑑賞になるのですね…ここのところ時間の経過が早いです。歳をとる筈です



あらすじ&概要
ヤスミナ・レザによる戯曲「大人は、かく戦えり」(Le Dieu du carnage)を元にした映画とのこと。
ニューヨークのブルックリン。11歳の子供同士のけんかの後、怪我をした子供と、怪我をさせられた子供双方の両親…ロングストリート夫妻(ジョン・C・ライリー/ジョディ・フォスター)とカウワン夫妻(クリストフ・ヴァルツ/ケイト・ウィンスレット)が集まり話し合いを行うが、話し合いは次第にお互いの本性が現れ拗れて行く。
詳しくは…(公式ウェブサイト)http://www.otonanokenka.jp/





ピロEK的感想&点数
例によって詳細は憶えていないという前置きのもとではありますが

コレ面白かったです

元になった演劇は勿論観た事も有りませんし、元が戯曲ということも知らない状態で映画を観た訳ですが…そういわれれば全編が(冒頭とエンドロール中を除き)一つの家の中で展開する等、如何にも舞台演劇っぽい内容。

で、内容的には4人のキャラクターが、喧嘩しているだけというモノで説明のしようも有りませんが、これまた、如何にもこういうのに向いている感じの名優の方々が、各々のキャラクターを演じきっているという感じ
俳優の演技で見せるタイプの映画という感じでしょうか


ということで細かい事は語らず(語れず)早速点数ですが
5点(5点満点中)です
テレビで放送してたら、ついつい観ちゃう感じの映画でもありますかね


あと、ハムスター生きてて良かった…まぁ彼(?)の行く末は相変わらず心配ですけどね



補足・蛇足
ヤッツケ記事にも関わらず蛇足はあったりします。

10年ぐらい前ですかね。
当時中学生だったうちの息子が、同級生に割と酷い怪我をさせられて(鼻の骨を折る重傷)、先方の親御さんが謝りに来るということがありました。うちら夫婦はこの映画のご夫婦よりも冷静で紳士的だった(つもり)ので、映画のような展開にはならなかったのですが、その謝罪の最中、私が考えていた事は…

『相手のお父さんって、塩田丸男みたいな顔だなぁ』

ということ。後で嫁さんに言ったら、子供の心配よりも、そんなツマラナイ事を考えていたのかと叱られました

…今だったら、与良正男の方が良く似てるかも(メガネ・こぶとり・チョビヒゲの記号)。

とにかく、そういうタイプの親御さんでした。
奥さんの方は結構美人だったので、先方は多分お金持ちなんだと思います。
…クリストフ・ヴァルツみたいな相手が来なくてホント良かった


では、一旦このあたりで





★当ブログ内映画DVDレビューの検索はこちらで★


goo 映画goo 映画

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (3)   トラックバック (25)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【散在報告】iPhone5 | トップ | 【映画】ダーク・シャドウ…(ヤ... »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ふじき78)
2013-08-17 07:44:37
こんちは。

しかし、携帯でずっと話をしてる人って現実には見掛けないんだけど、いる所にはいるのかなあ。いたら勿論イライラするだろうけど。謝りに来た親がずっとスマホいじってるって方がリアルかもしれないけど、話の展開は難しいでしょうねえ。
アメリカで (sakurai)
2013-08-19 15:41:44
撮ってないアメリカっぽい映画でした。
さすがの役者さんたちで、魅せましたね。

うちは長女がどっちもやりましたな。
怪我させた方も、させられた方も。
まあ、この辺のことですから、普通にはいはい、どうも!てな感じで。

うちの現状維持亭主も、とうとうauに変えました。
auひかりに変えたんで、変えなきゃもったない!だったのですが、それでも面倒くさく。
やっとみんなスマートバリューです。
ほんと、dさんは大丈夫ですかね。
★★コメントありがとうございます★★ (ピロEK(ふじき78さん、sakuraiさんへ))
2013-09-02 23:59:04
★ふじき78さんへ★

いつもコメントありがとうございます

>しかし、携帯でずっと話をしてる人って現実には見掛けないんだけど、いる所にはいるのかなあ。

営業マンとかだったら飲み会の時とかに電話してる人はいますけど、怪我させた事を謝りに来た相手があの状態だったら腹立つでしょうね。思いっきりキレてやれるから逆にスッキリするかもなぁ。

>謝りに来た親がずっとスマホいじってるって方がリアルかもしれないけど

上記電話より、もっとキレそう。
公共の場所で大人がずっとゲームボーイとかPSPとかしてたら滑稽なのに、スマホって何故そこまでの感じじゃないんでしょうね。
まぁ私はゲーム機もやっちゃう派でしたけど。

では、また来てくださいね。今後とも宜しくお願いいたします。




★sakuraiさんへ★

いつもコメントありがとうございます

>撮ってないアメリカっぽい映画でした。

有罪出てるからアメリカに戻れないんですよね、この監督。
しかし、ウィキで調べると波瀾万丈すぎる人生ですなぁこの人。

>うちは長女がどっちもやりましたな。
>怪我させた方も、させられた方も。
>まあ、この辺のことですから、普通にはいはい、どうも!てな感じで。

うちの子は怪我させられるばっかりで、怪我させたから謝りに…という経験は無いのだけど、
自分自身がキレる子ども(?)だった頃は、怪我させるばっかりだったから(私は真面目だったんですけど、絡まれたりすると怪我させちゃうことが度々)、親は嫌だったでしょうねぇ…今思えば。

>うちの現状維持亭主も、とうとうauに変えました。
>auひかりに変えたんで、変えなきゃもったない!だったのですが、それでも面倒くさく。
>やっとみんなスマートバリューです。
>ほんと、dさんは大丈夫ですかね。

iPhonって一月弱ほど使いましたが、かなり使いやすくて気に言っています。
この機械だけでも変えた価値は有るのですが、DOCOMOさんはスマホ使おうと思ったら、料金がいくら絞ってもお高いですから、仕方なく変えました。ポイントサービスの改悪とかも聞いてるし、何で他に対抗できる料金設定にしないかは甚だ疑問です。

では、また来てくださいね。今後とも宜しくお願いいたします。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

25 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
おとなのけんか五分五分 (Akira's VOICE)
「50/50 フィフティ・フィフティ」 「おとなのけんか」 
おとなのけんか (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。原題:Carnage(虐殺)。ヤスミナ・レザ原作、ロマン・ポランスキー監督。ジョディ・フォスター、ケイト・ウィンスレット、クリストフ・ヴァルツ、ジョン・C・ライリー。邦 ...
『おとなのけんか』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「おとなのけんか」□監督・脚本 ロマン・ポランスキー□脚本 スミナ・レザ □キャスト ジョディ・フォスター、ケイト・ウィンスレット、クリストフ・ヴァルツ、ジョン・C・ライリー■鑑賞日 3月4日(日)■劇場 TOHOシネマズ...
おとなのけんか (いやいやえん)
子供の喧嘩に大人が口を出してはいけないとは言いますが。 80分程度におさめられているのでテンポはいいです。 ジョディ・フォスター、ジョン・C・ライリー、ケイト・ウィンスレット、クリストフ・ヴァルツさんらが共演。 価値観の異なる二組の夫婦が互いに空気を...
「おとなのけんか」 (或る日の出来事)
ほぼ全編4人だけでの会話の応酬劇が面白い!
おとなのけんか (to Heart)
顔で笑って、心に殺意。 原題 CARNAGE 製作年度 2011年 製作国・地域 フランス/ドイツ/ポーランド 上映時間 79分 脚本 ヤスミナ・レザ/ロマン・ポランスキー 監督 ロマン・ポランスキー 出演 ジョディ・フォスター/ケイト・ウィンスレット/クリストフ・ヴァルツ/ジ...
おとなのけんか (映画的・絵画的・音楽的)
 『おとなのけんか』をTOHOシネマズシャンテで見ました。 (1)本作は、戯曲を映画化したものとは予め分かっていましたが、昨年後半で見た『ゴーストライター』のロマン・ポランスキー監督が制作し、ジョディ・フォスターなど錚々たる面々が出演するとあっては、見逃せま...
「おとなのけんか」 カチンとくるスイッチ (はらやんの映画徒然草)
予告編を観たときから、ぜひ観たいと思っていた作品。 期待通り面白かった! 二組の
おとなのけんか (あーうぃ だにぇっと)
おとなのけんか@TOHOシネマズシャンテ
おとなのけんか/ジョディ・フォスター (カノンな日々)
世界中で大ヒットし数々の受賞歴を誇るというヤスミナ・レザの舞台劇を原案にロマン・ポランスキー監督が映画化した作品です。子ども同士の喧嘩を解決するため集まった2組の夫婦が ...
おとなのけんか (銀幕大帝α)
CARNAGE/11年/仏・独・ポーランド/79分/コメディ・ドラマ/劇場公開(2012/02/18) −監督− ロマン・ポランスキー 過去監督作:『ゴーストライター』 −脚本− ロマン・ポランスキー −出演− *ジョディ・フォスター…ペネロペ・ロングストリート 過去出演作:...
討論、議論、口論・・・ (笑う社会人の生活)
1日のことですが、映画「おとなのけんか」を鑑賞しました。 題名どおり、まさにおとなのけんか! 子どものけんかを穏やかに話し合いにより 解決しようとした2組の夫婦なのだが・・・ 元が舞台劇ということで、濃厚な演技と台詞合戦が繰り広げられ 4人による討論、論....
『おとなのけんか』 2012年3月1日 TOHOシネマズシャンテ (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『おとなのけんか』 を鑑賞してきた。 本日の2本目の映画 【ストーリー】  ニューヨーク・ブルックリン、子ども同士のケンカを解決するため2組の夫婦、ロングストリート夫妻(ジョン・C・ライリー、ジョディ・フォスター)とカウアン夫妻(クリストフ・ヴァルツ、ケイ...
おとなのけんか (キノ2)
★ネタバレ注意★  ロマン・ポランスキー監督の最新作。  ヤスミナ・レザの舞台劇をもとに、ジョディ・フォスター、ケイト・ウィンスレット、クリストフ・ヴァルツ、ジョン・C・ライリーの4人の演技巧者が華麗なる共演で魅了してくれるコメディです。かなり笑え...
おとなのけんか (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【CARNAGE】 2012/02/18公開 フランス/ドイツ/ポーランド 79分監督:ロマン・ポランスキー出演:ジョディ・フォスター、ケイト・ウィンスレット、クリストフ・ヴァルツ、ジョン・C・ライリー 顔で笑って、心に殺意。 ニューヨーク、ブルックリン。11歳の子ども同....
おとなのけんか (心のままに映画の風景)
ニューヨーク・ブルックリン。 子ども同士のケンカを解決するため、カウアン夫妻(クリストフ・ヴァルツ、ケイト・ウィンスレット)は、ロングストリート夫妻(ジョン・C・ライリー、ジョディ・フォスター...
おとなのけんか (映画三昧、活字中毒)
■ TOHOシネマズ シャンテにて鑑賞おとなのけんか/CARNAGE 2011年/フランス、ドイツ、ポーランド/79分 監督: ロマン・ポランスキー 出演: ジョディ・フォスター/ケイト・ウィンスレット/クリストフ...
おとなのけんか (だらだら無気力ブログ!)
ケイト・ウィンスレットの豪快な吐きっぷりに惚れた!
『おとなのけんか』をギンレイホールで観てゲラゲラもっとやれふじき★★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★★★おもろい】 ケイト・ウィンスレットが高ビー女ですげえ高級そうな服を着てるのに アクシデントでひでえ目に合っちゃうのが秘かな興奮どころ。 クリスト ...
おとなのけんか (とりあえず、コメントです)
ヤスミナ・レザの舞台劇『大人は、かく戦えり』をロマン・ポランスキー監督が映画化した作品です。 二組の夫婦がバトルを繰り広げる予告編を観た時から気になっていて、ようやく観て来ました。 途切れなく繰り広げられる怒とうの攻防戦に、うわーっと思いながらも笑わされ...
ワイルド・スピード EURO MISSION (ダイターンクラッシュ!!)
2013年7月9日(火) 18:30〜 TOHOシネマズ有楽座 料金:1300円(シネマイレージデイ) パンフレット:未確認 いったい、どこまで行くのか。そして、次回は・・・。 『ワイルド・スピード EURO MISSION』公式サイト 「どこまでやるのだよ」だった、前作だったが、も...
[映画『おとなのけんか』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆ワーナーマイカル系で「シネアーツ」と題し、劇場が都内だけであったり、各地の数館で限定されるのみだった作品群を期間限定で公開してくれている。   ◇ 今回は、見たかった作品『おとなのけんか(ロマン・ポランスキー監督)』だ。 子供たちのケンカで、片方が歯...
おとなのけんか (迷宮映画館)
一言評で
おとなのけんか(2011)■◇CARNAGE (銅版画制作の日々)
 顔で笑って、心に殺意。 評価(好き度):=80点 東宝シネマズ二条にて鑑賞。 「戦場のピアニスト」「ゴーストライター」の巨匠ロマン・ポランスキー監督が、ヤスミナ・レザの大ヒット舞台劇を、4人のオスカー受賞&ノミネート俳優の豪華共演で映画化したコメディ...
おとなのけんか (rambling rose)
小学生の子供同士のケンカで一人が前歯を折る怪我をしてしまう。怪我を負わせた子供の両親カウアン夫妻は、相手ロングストリート家に謝罪に出向き、そこでは和解の話し合いが行われた・・はずだったが・・?!