白髪翁日乗

白髪の禿頭翁が書きとめる気まぐれ日記、スライドショー(デジブック)のリンクで自作の俳句も時々披露することもあります

パリとも今日でお別れです

2010年01月31日 | 日記
1週間滞在したパリも今日でお別れです。何事もなく無事滞在を終われそうなのですが、まだまだ油断は禁物です。シャルルドゴール空港まではホテルから150mのところにあるRER(パリ郊外行きの近距離鉄道)のリュクサンブール駅から直通で40分です。ホテルの選択もこのようにRERやメトロの利便性を考えておけばいいということなのですが、落とし穴もあります。フランス人は安全な人たちなのですが、出稼ぎや違法滞在それにロマなど窃盗やすりを職業?にしている人たちが大勢います。鉄道やメトロも日曜日やウイークデイでも深夜近くなれば決して安全とはいえません、ましてや大きな荷物を引っ張っての移動は問題があるので今日は近くのタクシーセンターからタクシーで空港まで行きます。日曜日は割増運賃ですがそれでも60ユーロ程度ですから、2人で乗れば鉄道運賃の2倍くらいです。(もう少し高いかな?)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

サンジェルマンデュプレ

2010年01月31日 | 日記
パリ最後の夜はサンジェルマンデュプレで牡蠣を食べます、色々な店があって迷うのですが、客引きの上手さでギリシャ系のお店に入りました。頼んだのはシーフードグリルと生牡蠣です、一人6個合計12個の牡蠣を食べました、本当に美味しいです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

パリ市立カルナバレ美術館

2010年01月31日 | 日記
パリ市立カルナバレ美術館に行きました、お目当てはフランソワ・ジェラールが描いたレカミエ(ジュリエット・レカミエ)夫人像です、レカミエ夫人の肖像はダビッドが描いて未完の作品をダビッドの弟子が仕上げたものがルーブルにありますが、運刻斎としてはこのジェラールの作品の方に魅力を感じています。もう12年も前に始めてこの絵を見たときにはとても感動して暫く絵の前から動けなかったことを覚えています、このときも確か2月の始め頃のとても寒い日にきています。その場でレターセットを買って日本まで手紙を書いた記憶があります。レカミエ夫人はリヨン生まれ、1793年に30歳以上年上の銀行家ジャック・レカミエと結婚しましたが、ジャックは事実上ジュリエットの実の父で、彼女を自分の正統な相続人とするために結婚したのではないかといわれていました。19世紀の初め頃彼女のサロンには、元王党派を含む多くの文人や政治家が集まったことで知られています。その殆どはジュリエットの美貌に惹かれての行動だったといわれています。ナポレオンもかなりご執心だったようですが1811年にそのナポレオンと対立してパリを追われて故郷のリヨンに移ったと言われています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

パリのホテルはカルチェラタン

2010年01月30日 | 日記
パリのホテルはカルチェラタンにあります。正確にはパンテオンを取り囲む細い路の一角でCujasと言います。周辺はソルボンヌ大学など研究機関や大学が集中しており、昔から学生街として有名です。夕方にはそこいらの安い酒場=ビストロで学生のグループが大騒ぎをしています、学生街ですから安くて美味しいお店が一杯です。運刻斎も夜毎にそこいらの安いお店でワインを飲んで、ムール貝を食べて、オニオンスープで体を温めています、パリには何度も来ています(おそらく今回が87回目です)がパリでオニオンスープを食するのは初めてです。しかもどのお店も愛想がよくて勘定が安い!!カルチェラタンはセーヌ川左岸、5区と6区にまたがる区域で、カルチエは「地区」、ラタンとは「ラテン語」のことであり、早い話がラテンクオーターですね、ラテン語を話す(=教養のある)学生が集まる場所という意味です。今日はサンミシェル通りをセーヌ川方向に下り、サンジェルマン通りを過ぎてすぐのレストランで烏賊、エスカルゴ、オムレツを食べました。ワインはシャルドネーです、これで勘定は47ユーロです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

シャルトルの大聖堂

2010年01月29日 | 日記
シャルトルの大聖堂に行きました。シャルトルはパリの南西約80kmにある旧い街です。私は欧州駐在時代にフィリップスとお付き合いがあった関係で、シャルトルにあるフィリップスの工場に何度かきていますが仕事ですから有名な大聖堂を見る機会もなく本当に、今回初めて大聖堂(カテドラル)を見ました。フランス国内において最も美しいゴシック建築のひとつと考えられている大聖堂ですから見ないわけには参りません、しかもここは早い時期に確か1979年にユネスコの世界遺産に登録されているのです、今日は朝8時30分にホテルを出てモンパルナス駅まで国鉄(RER)とメトロを乗り継いでモンパルナス駅(フランスの国鉄とメトロは相互乗り入れなんてありません)でTGRの往復切符を買います、フランスではジパングクラブに入らなくても割引になりました、顔を見るだけでパスポートの提示も要求されません「わし67歳やよってに運賃割引あるんですか」ときくと切符売り場の美人の姉ちゃんは「もちろんですシニア割引が適用されます」と言うので運刻斎は調子に乗って「それやったらヨメはんは今年65歳やけどやっぱり割引なるでっか?」というと「当然です」とのこと、2人分で40ユーロ=5200円でした、ざっと計算して3割引です。詳しくは聞かなかったけど60歳以上で割引が効くみたいですね、ヨメはんは見栄を張って62歳と言いたかったらしく「余計なことを」と怒っていましたが割引をみて納得です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加