白髪翁日乗

白髪の禿頭翁が書きとめる気まぐれ日記、スライドショー(デジブック)のリンクで自作の俳句も時々披露することもあります

デジブック 『Ginza』

2014年09月30日 | 日記

デジブック 『Ginza』

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

好き嫌い

2014年09月29日 | 旅先から

中国で仕事を始めて丸2年が経過した、過日台湾から中国の工場に経営トップが来たので良い機会と捉えて、こちらからお願いして年齢?からくる疲労が酷く出来れば6カ月以内に中国大陸での仕事をやめたい旨話して快諾された。ということで2015年3月で中国通いも打ち止めだ(そううまくいくかな~?)それはさておき中国で仕事をして広い大陸を北から南まで国内線と新幹線で移動したが、日本人だからということで不愉快な想いをしたことは一度もない、逆に中国の若者たちから親切にされて感謝に堪えないというシーンの方がむしろ多かった(過去形で記載して良いのかな)テレビの反日ドラマなんか足裏マッサージに行ってマッサージの女性と一緒に「馬鹿だね~」と笑いながら楽しんだくらい、、荒唐無稽で本当にバカくさいし、作りも軽薄でプロパガンダのレベルではない、ちなみに「プロパガンダ=ある政治的意図のもとに 主義や思想を強調する宣伝」なのだが、この種の反日映画は宣伝になるどころか嘘くさくて逆効果が懸念される。親切にされた体験としては、ごく普通の青年が大きな荷物を抱えて難渋しているときに荷物を担いでくれたり、入国審査で大勢の現地の団体客と一緒になって困っていると警官がきて「日本人か?」と言われ「シー、ウオースイージーペンレン」と片言の日本語で返事すると、にっこり微笑んで「こちらにどうぞ」と特別に入国カウンターにショートカットして案内されたり、上海のローカル空港で雪で滑って転んだときに3人の男女の若者が助け起こしてくれて荷物を持って運んでくれたり、街角の大衆食堂のお姉さんがビールを注いでくれながら「お疲れさん!!」とほほ笑むなんてシーンが印象に残る、庶民レベルと共産党幹部、政府の立場では対応はおのずから違ったものになることは理解できるが、意図的に反日教育をしても人柄まで変えることは出来ないだろう。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

中国ビジネス

2014年09月22日 | 旅先から

中国に入って4日目だ、日本の休日を全部出勤して仕事をしている。業者を呼んで機械の仕様の決め事を議論する、また同業者に頼んで工場見学をさせてもらう、はたまた工程改善のために工場の現地作業者と話し合う、いずれのケースも言葉は北京語である(当然だ)此方は全く相手の話を把握できない(当然だ)向こうもこちらの会話をフォローできていない。日本語に堪能な台湾人スタッフが通訳をしてくれるのだが、正確にこちらの意思を伝えるのはビジュアルな手段に頼るのが最も確実である。Photoshopで加工した写真で「ここをこのように伸ばした形状で加工したいのだが」とかイラストを描いて「ここで中継をしてこのような形をしたフックでひっかけてニッパーで切る」などと説明すると非常に喜んでもらえるし、また理解度も正確であることに気付いた。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日本刀の手入れ

2014年09月08日 | 日本刀

日本刀の手入れ

間違っているかもしれません、もし間違えていたらご指摘ください。今まで自分が続けている日本刀のメインテナンス方法をご紹介します。いずれにしても500年以上守り伝えられてきた美術品を我々の世代でダメにしてしまってはご先祖様に申し訳が立ちません。

さびさせたり、刃こぼれを作ると研磨により表面を削る作業によらなければ回復できません。研磨をすればそれだけ本体を削り取るわけですから原形を損ないます。したがって日ごろの手入れが欠かせないわけです。大切なことは梅雨時や夏場は頻繁に鞘をはらわないことです。高温にさらすこともいけません。休め鞘(白鞘)に納めて温度や湿度の影響を受けにくい場所に保管しましょう。

油とり:日本刀は防錆のために植物油(椿油、丁子油)を薄く塗布します。酸化した油、定期的に汚れた古い油を取り除くために江戸時代から伝統的に「打ち粉」という砥石の粉をはたいて奉書をという厚手の和紙をもみほぐしたもので拭いとる方法が一般的な手入れ方法です。

最近の研磨剤は良いものが工業生産されていますので、打ち粉の代わりにセラミックパウダー、奉書の代わりに「ティッシュペーパー」を用います。

用意するもの:3000メッシュの研磨用セラミックパウダー

そして仕上げにはカメラのレンズの汚れを掃除する「無水エタノール」を薄く吹きかけてティッシュペーパーで拭いとります。新しい油はこれもカメラの手入れに使用する「セーム皮」を小さく切ったものに刀油をしみこませたもので全体に薄く塗ります。セーム皮は繰り返し使えますから小さめの密封容器に入れて保管しておきます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日本刀の妖しい魅力

2014年09月07日 | 日本刀

日本刀の妖しい魅力にとり憑かれて40年、ようやく現物を購入するだけの経済的な余裕が生まれてきた。普通だったら残された家族の苦労を思いコレクションを処分し始める年頃になって刃物を買い漁るなんてなんと言う爺なんだ?しかし前述にように日本刀というのは何とも魅力的な製品である、なかでも「誉れ傷」という相手の攻撃をくい止めるときに出来る峯の傷を眺めると「どのような男が使ったのだろう?無事生き延びたのか?」等と思いを巡らせていると夜のふけるのも忘れてしまう。

わが家に日本刀が3振ある。自分の身体に合せて入手した大刀2振りと脇差1振りだ。

①    脇差 無銘の平造り1尺4寸5分 伝古宇多

②    刀 無銘の鎬造り磨り上げ2尺1寸2分 伝古三原

③    刀 無銘の鎬造り磨り上げ2尺0寸5分3厘 伝古月山

大正の終わりころまでは我が家のような貧乏士族でも刀箪笥にはいつも10振り以上の刀がごろごろしていたと亡父が言っていました。亡父は曾祖父が使った新々刀「水心子正秀」を持っていましたが引揚げのどさくさで亡くしたと言っていました。私は身長が低いのでほぼ定寸(2尺3寸5分)かそれより少し短い物が取り扱い易いのですが、亡父は身長が175cmあったので刀の寸法は2尺7寸位必要だったのでしょう。子供の頃父が手入れしていた水心子はとても長い刀だったのを覚えています。江戸時代中期から幕末には長い刀が流行したらしいです。私の好みは脇ものの丸鍛えの古刀で地金に鍛え傷がある位の実戦向きの安物の刀です、粗末に扱われた刀を見ると悲しくなります。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加