アートセラピー「心のお絵かき」の世界

アートセラピストで妻で母で女の、楽しく豊かでゆるい人生後半日記。

「キンダーブックの90年」展

2018-01-11 16:31:14 | 美術・芸術
今日は、TOPPAN 小石川ビル内にある印刷博物館で開催中の「キンダーブックの90年」という展覧会を
見てきました。



飯田橋から歩いて10分くらい。お散歩にはちょうど良い距離です。

幼児向けの質の高い絵本を、90年も出版し続けるなんて、もはや偉業といって良いと思います。

キンダーブックには「観察絵本」という冠がついていたと、今日初めて知りました。

したがって、どの時代の絵本の絵を見ても、農作業、乗りもの、動物、年中行事等、絵はすばらしく丁寧で、正確です。

しかも、丁寧で正確というだけでなく、なんともいえず優しくて暖かいのです。

絵に添えてある文章も、美しい日本語で、まるで詩や歌のように軽やかです。

日本は、子供を大切にする国だってすごく感じました・・・。

もう、内容なんてすっかり忘れてしまっているけれど、幼稚園で配られるキンダーブックを楽しみにしていて、
家に帰ると、何度も何度も眺めていたことは思い出せます。

小さいときに、こういう美しい絵や言葉を与えられるというのは、心に宝物を与えられるのと同じだと思います。

両親にも、キンダーブックに関わってくれた大人の人達にも感謝しなくちゃね。

たとえ、どんな絵本か忘れてしまっても、キンダーブックなんて雑誌を読んだことも忘れてしまっても、
幼い頃に心に入った美しいものは、ずっと消えないで、身体の奥、心の奥でひっそりと輝き続けて、
その人の心をそっと支えてくれていると信じたいものです。

50年以上も前に夢中になって眺めた絵本を、50年以上たった今も、同じように夢中になって
眺めることができる、すてきな展覧会でしたよ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

国立近代美術館併設のレストラン L`art et MIKUNI

2018-01-07 15:36:41 | 日記
国立近代美術館で熊谷守一展を鑑賞した後、ちょうどお昼近かったので、併設のレストランに行ってみました。

こちらは、コース料理しかなくて、しかもかなりお高いというのは聞いていましたが、
はたして本当にそうなのかを知りたくて、まずはちらりと覗いてみました。

すると、やはりそうでした。

ランチは¥3500のコースと¥5500のコース、この2種類しかメニューにありません。

しかも、行った日は1月4日で正月営業だったため、¥3500のコースのみ。

強気だなぁ・・・。

12時15分前でしたが、窓側の列が3テーブルほどお客さんがいただけで、あとは空いていました。

空いていて静かな感じが良かったのと、せっかくお正月だしという気分で、入ってみました。

通されたのは明るい窓側のテーブルで、皇居のお堀の景色がよく見えました。

テラス席の間近まで桜の木々がせまっていて、お堀端の桜とともに、桜の季節には素晴らしい景色の中で
お食事が楽しめそうなところです。

ちなみに、お花見の季節の席の予約は、ほぼ1ヶ月前の2月28日くらいからのようでした。

美術館に併設されてはいますが、美術館に入らなくても、お堀沿いの道からも入って食事することは
できます。

サラダ、パン、パスタ、白身魚のポワレ、デザート、コーヒーと小さな焼き菓子、という内容でした。







どれも彩り美しく、美味しかったです。

特に私は、3種類のキノコと豚肉のパスタが美味しかったなぁ~。

嬉しかったのは、ちょうど腹八分目になるような、やや少なめの量だったことです。

この年になると、もうそんなにたくさんは食べられませんから、やや少なめの量の美味しいものを
ゆっくり味わって頂けるのは、たいへんありがたかったです。

主人は男だから、少し物足りなかったかしら?と思い聞いてみると、やはり、このくらいの量で
ちょうどいいと喜んでいました。

この値段のこのメニューだけなので、入口で引き返す人もいましたが、結局12時半過ぎには満席になっていました。

すごいね。

お正月ではない普段の日はどうなのかしら?

企画展の無い常設展示の時はどうなのかしら?

興味のあるところです。

ただ、なんとなく、店の雰囲気やテーブルの感じが「お一人様」向きでない感じで、ふだん一人で行動する私は
ちょっと勇気がいるかも。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

熊谷守一展

2018-01-06 15:45:29 | 美術・芸術
皆さま、あけましておめでとうございます。

いまだ体調不安定な時があり、なかなか続けて更新できなかったりの日々ですが、
のんびり続けていきたいと思っておりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

さて、今年初めての展覧会は、国立近代美術館の熊谷守一展でした。

正月あけの4日に行ったのですが、昨年行った、ゴッホだの北斎だのの上野の美術館の混雑ぶりに比べると
空いていて、落ち着いて見ることができました。

ここは、最初から最後までワンフロアで見ることが出来るので、体力的にも楽ですね。

で、そのワンフロアのたくさんの部屋に、年代順に並んだ守一の作品がびっしり並んでいるのです。

とにかく展示作品数が多いの。

ファンにはたまらないでしょうね。

そして、刻々と変化していく熊谷の画風について詳細な解説がついていて、とてもわかりやすいのです。

学芸員さんの研究努力に、心の中で拍手いたしました。

守一の描く動物さんたち、牛、山羊、馬・・・は可愛いですね。(はて、犬は無かったような?)

猫の作品は一際多くて、守一は猫が好きだったんだにゃあ、とわかります。

どれも力が抜けて、それでいて生きることを心から楽しんでいるみたいで、見ていてとっても癒やされます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

人生には、取り込む時期と吐き出す時期がある

2017-11-25 15:21:20 | 日記
私がアントロポゾフィー医学での診察を受けようと思った訳の一つには、舌痛症に加えてヘルペスまで
右顔面に出たのは何故なのか知りたい、という気持ちがありました。

何か右側にだけ問題があるのだろうか?・・・と。

先生の説明はこうでした。

幼少時から母により与えられた辛い思いをひたすら溜め込んでいた私の身体は、人生後半に入って、
つまり50過ぎた頃から、今度は吐き出すことに転じたんだそうです。

舌痛症もヘルペスも、その「吐き出し」の一環なのだそうです。

そして、首から上の右側というのは左の腎臓からの影響を受けるのだそうです。

左の腎臓は、おばあさんやひいおばあさんなどの女性からのエネルギーを仲介する場所。

私は母との関係が深刻でしたし、思い返せば、母は実の母との関係も最悪でした。

母は、実母が104歳で亡くなった時、その顔を見ようともしなかったし、通夜も告別式も
行きませんでした。心底実母を憎んでいた様子でした。たぶん今も。

そんなわけで、私の左腎臓の受け取るべきエネルギーは、健全ではなかったのでしょう。

それで、顔の右側ばかりに「吐き出し」が起こっているそうなのです。

そういうことなんだ・・・。

がっくりあきらめ顔の私に、先生は快活におっしゃいました。

「でもね、もう吐き出しは終わりの方に来ているからね。」

そうなんだ。ずっと嫌なことが続くわけではないんだ!では、この先希望を持とう!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

腎臓は、先祖からのエネルギーを仲介する場所なのですって

2017-11-24 13:49:13 | 日記
引き続き、アントロポゾフィー医学での診察を受けていた時の話です。

腎臓は、もうひとつ、ご先祖様からのエネルギーを受け止め、私に送り出してくれる
役目も持っているんだそうです。

左の腎臓は男性の先祖からのエネルギーで、社会的にきちんとやっていかれるように、
その人をサポートするエネルギーなんだそうです。

右の腎臓は女性の先祖からのエネルギーで、その人本人の骨や歯を作ったり、
子供を産んだりお乳を出して飲ませたり、といった「生きる」「育む」ための
エネルギーです。

そんなことを現役のお医者さんに言われて、正直本当にびっくりしました。

でも、先生は真剣でした。

「医者なのにこんな怪しげなこと言って・・・。」
みたいな、ちょっとうしろめたいような恥ずかしいようなそぶりは、微塵も無かったです。

特に、右の腎臓の話をされている時には、力を込めておっしゃいました。

「自分でやってるわけじゃないんだよ。あなたのおばあちゃんやひいおばあちゃんたちが、力を送ってくれるから
あなたは生きて、子供を産んで育てることができたんだよ。」

まさか、と思いました。

私は毎日お仏壇にお線香を上げてお参りしますが、それはご先祖様達があちらの世界で幸せでありますように、
という思いだけでした。

だいたい知らないご先祖様の方が断然多いし、こう言ってはなんですが、婚家のご先祖様にはそんな親しみも
感じませんでしたしね。

でも「自分がやってるわけじゃないんだよ」という先生の言葉は、深く心に刺さりました。

おごってはいけないのですね。

生きてるって、自然に生きられているように錯覚してしまいますが、よく考えてみれば
とんでもない話です。

ましてや自分の力で生きてるなんて、ちょっと考えるだけでも、ありえないことがわかります。

目に見えない様々な力、ご先祖様だったり、さらに大きな大いなる存在の力を絶え間なく受け続ける
ことで、今日も今も生きているのが真実の有様なのでしょう。

しかも、それとわからないほど、つまりそんなこと全然考えもしないほど、自然にスムーズに
そういったことが行われているわけです。

そして、そのエネルギー受け渡しの重要な役割を担ってくれているのが、腎臓なんだそうです。

知らなかったわ~。

そんな大事な役割を毎日毎分毎秒! 腎臓さん、ありがとう!!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加