永遠のゼロ厩舎『RAGGED KINGDOM』

日も長く暖かくなったなあと季節の変化を感じると共に、寒暖の差も激しく体調を崩しやすい時期。皆様もご自愛くださいませ。

Garbage 〜Run Baby Run〜☆

2017年03月27日 | 音楽
Garbage 『Run Baby Run』




オルタナティブロックはあまり聴かないけど好きな曲。

ヴォーカルのShirley Manson (シャーリーマンソン)はエジンバラ
出身の女性で、バンド名のGarbage はゴミって意味 。

お色気路線よりRamones のカバーとかPunk っぽいの曲の方が好きだな。



下の Ramones の映像とミックスして作ってあるMV
最高にカッコいい!

Garbage - "I Just Wanna Have Something To Do"




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日経賞は登録だけで大阪杯に★

2017年03月26日 | 出走情報
次走が気になっていたモンドインテロでしたが、日経賞は登録だけで
大阪杯(G1)を目指す事になりました。

うーん・・・正直とても残念です

メンバーはこんな感じ。




前へ行く馬も多いので、今日の阪神を見ていても晴れなら高速馬場の
強烈差し馬の勝利でしょう。
前が残ったとしても2000m以下が得意な馬が残るイメージ。

この辺りでそろそろマカヒキの復活もあるかもですね。

モンドインテロは距離も不足、33秒台とかで差してくる脚もなく
展開もまず向かないでしょう



一方の目指して欲しかった日経賞。

実際は前走までの疲れの蓄積で調子が上向かず、本気でここを目指すのは
急仕上げ過ぎて無理だったものの、結果は日経新春杯で2着だった
シャケトラが充実一途の感じで豪快な勝利




どう頑張ってもシャケトラにあのパフォーマンスされたら勝てないでしょうけど、
前走はそのシャケトラと3.5キロも斤量差があっての2馬身差。

今回はそれが1キロ差で出れたんですよねえ。
展開も35秒台の上がりの勝負だから十分対応出来たと思われます。

ディープ産駒でもこの馬は中山のこの距離絶対合うと思っています!


少し重賞では足りないのは事実ですが、クラブの宣伝だけでお祭り騒ぎで
G1出させるより、しっかり馬の将来の事も考えてレース選択して、
なんとか少しでも若いうちに一つ重賞を勝たせてあげたいと思っています。

重賞では勝ち切れず、かといって惨敗ではなく掲示板が多いうちの厩舎ですが
(107回出走で半数以上の56回が掲示板は確保 )

ダローネガ、ゴットフリート etc 旬な時に重賞を勝ち切れなかった馬の
その後をずっと見てきたから、尚更モンドインテロもか。。

と歯がゆい気持ちで一杯です。


なんとか、なんとか・・・今後は迷走しないようにお願いしたいと思います

********************************************************
2017/03/23 <近況>
4月2日の阪神・大阪杯(GⅠ)〔内田博幸〕
手塚貴久調教師「23日に内田騎手が騎乗して、南Wコースで時計を出し、併走馬
を追走し内に併せて同入しました。いい動きでしたね。ジョッキーが乗ったという
こともありますが、時計的には過去最高ではないでしょうか。これで内田騎手もいい
イメージを持って、競馬に臨めるでしょう。大阪杯に入らない場合に備えて、念の
ため今週の日経賞にも特別登録をしておきましたが、大阪杯に間違いなく入り
そうなので、予定通り来週行きます」 内田博幸騎手「いいフットワークをしてい
ますし、さすがにオープン馬という走りをしますね。来週が楽しみです」

2017/03/23 <調教タイム>
モンドインテロ  
内田博 3.23南W稍 66.8- 52.0- 38.3- 12.8[8]G前仕掛け   
オデュッセウス(古オープン)直強目の内を1.0秒追走同入



調子は戻って来たみたいだけど、あとちょっと何か足りないモンドインテロ。
無理な厳しい格上挑戦はやめて欲しいが。。。。

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

楽しみな毎日杯☆

2017年03月25日 | POG
強豪揃いと呼ばれた去年の牡馬クラシック戦線を思うと、
今年はなんとも小粒に見えますね。

トゥザワールドがクラシック挑んだ時も牡馬が弱い・弱いって言われたけど
その世代と似ているかも。
ハープスターが出れば全て勝てるみたいな前評判で、牝馬が強かった世代
というところも似ているかもしれませんね。


それでも毎日杯は少しだけ楽しみにしています。

* 最終 アルアイン・ガンサリュート・キセキ・クリアザトラック・
サトノアーサー・テイエムヒッタマゲ・トラスト・
プラチナムバレットのたった8頭だけに




POG馬は前走が惨敗で故障も心配したアルアイン。
マイル戦線からクラシックへ矛先を変えて来たのかな?

将来的には長い距離はどうかなとは思いますが、まだまだ諦めるには早いでしょう。

ガンサリュートはキャロットで一般で応募して落選したお馬さん
こんな距離走る馬とは思っていなかった。

いい馬には見えたけど、短距離弾丸馬かと思ってたから
本当に見る目がない。
と言うか募集時以降は注目して見ていないんですけどね。


POGで最後までアルアインと迷って選ばなかった馬がサトノアーサー

早くからの馬って風には見えなかったのと、去年はサトノダイヤモンドを選んで
失敗したので、サトノで躊躇したところも少々。。。

今のところ選ばなかったのは成功か失敗かよくわからない。
あまり忙して連戦しない方がいいタイプとは未だに思っています。

案外だったのがキセキ。

デビュー戦が鮮やかに見えたけど、そこからがさっぱり。

うーん、惚れたんだけどなあ〜

ルーラーシップ産は本格化が遅いのかな。

秋頃には見込み通りの馬に、少しでも近づいていて欲しい一頭であります。



以上、個人的な見解なので反論あってもそっとしておいて下さい(笑)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

阪神・川田騎手で2勝☆

2017年03月23日 | レース結果

ロードプレステージ

3月19日(日)阪神8R・4歳上500万下・ダート1800mに川田騎手57kgで出走。
10頭立て1番人気で2枠2番から平均ペースの道中を7、7、5、4番手と進み、
直線では内を通って0秒6差で優勝。2勝目を飾りました。

・川田騎手 「いつもより前目で運んで欲しい・・・との話を踏まえ、スタートから軽く
促して行く形。ただ、口が強過ぎて1コーナーまでは難しかったですね。それでも
向正面ではペースが流れて随分と楽に。余裕を持って最後の直線を迎えられたでしょう。
馬なりで勝つぐらいの感じだったものの、抜け出すと急にフワッとして・・・。ステッキ
を振り上げると今度は逃げるような素振り。幼い部分を残すのかも知れません。

言い換えれば、まだ良化の余地も。もう一段上のレベルで戦う為にも、これから
気性が成長してくれれば・・・と思います」

・杉山調教師 「トップジョッキーだけに、先入観を持たずに乗って欲しいな・・・と。
二の足が利かぬ点だけを伝え、引っ掛かる面に関しては触れずに送り出しました。
中央場所ながら幾らか恵まれた組み合わせ。とは言え、鮮やかな勝ちっぷりですね。
ロードさんにチャンスを頂き、ようやく結果を出せてホッと。可能ならば続戦で
行きたいと思うものの、レース後の様子を確認してから考えるのがベターでしょう」

≪2017年3月19日 阪神8R 4歳上500万下 ダ1800m 良 10頭≫
1着ロードプレステージ 57川 田 1.52.4    (7・7・5・4)37.8 452kg 0kg
2着コパノアラジン   54藤田菜 1.53.0 3.1/2(5・3・3・3)38.8 522kg 0kg
3着トウショウコマンチ 57鮫島良 1.53.0 首  (1・1・1・1)39.0 516kg+2kg




出資馬ロードプレステージが3月19日(日)阪神8R・4歳上500万下・
ダート1800mに川田騎手で優勝
待望の2勝目をあげてくれました

阪神ダートは過去一度しか使ってもらえておらず、京都よりは合いそうで試してもらい
たかったのと、初めてのトップJKで完勝!
今までは何だったのか?

小柄なので連戦や遠征も堪えていたのかな・・と思っています。
転厩効果あったよ〜。

ジョッキー談ではまだまだ気性の面で課題もあるようなので、把握してくれている
川田JKに引き続き乗ってもらえたら嬉しいのですが。。。難しいかな?

下はグリーンチャンネルWEBをスクショしたもの。













これまで川田騎手とは相性良くはなかったんですけどね。
この日は何だったんでしょ。

ソーディヴァインの方は

ソーディヴァイン

3/19(日)阪神12R 4歳上1000万下〔D1,400m・16頭〕優勝[3人気]
抜群のスタートを決めると、先行馬を見ながら2番手を追走。勝負どころも手応え
良く立ち回り、直線に入って満を持して追い出しにかかると、ソラを使って外の
馬に一旦は抜け出されるものの、ゴール手前でもう一度差し返して、待望の
3勝目を挙げています。

川田将雅騎手「リフレッシュの効果でしょうか、これまでにないぐらいの好スタート
でした。道中の手応えは抜群でしたし、折り合いを欠いて行きたがっていたわけ
ではなく、もっと走りたいという気持ちの方が強く感じましたよ。追い出しにかかり、
先頭に立つとソラを使って反応が鈍くなりかけましたが、外の馬が来るともう一度
やる気を出して脚を伸ばしてくれました
。これまではゲートの出がひと息だった
ために、追っ付けながら位置を取りに行っていましたが、今回のようにスッと
スタートが決まれば相手なりに走ってくれる馬ですから、上のクラスでも良い
競馬をしてくれると思います」

西村真幸調教師「一息入れたことで体調が良くなり、見映えが良くなっていました。
揉まれると良くないのは川田騎手も分かってくれているので、丁度良いポジション
でレースを運んでくれました。4コーナーに差し掛かるまで手応え抜群でしたから、
そのまま押し切ってくれないかと思っていましたが、やはり先頭に立つとソラを
使ってしまいますね。スピードが鈍る前に外から来てくれたことで、もう一度
やる気を見せてくれましたし、今回のような接戦の方が最後まで力を出し切って
くれますから、上のクラスでも頑張ってくれると思います。休養明け初戦でしっかり
勝ち上がってくれましたし、このまま続戦させたいと思いますが、トレセンに
戻って状態をしっかり確認してから、今後の予定を検討したいと思っています」

2017/03/22 <近況>
次走予定 阪神4月2日 鳴門ステークス〔川田将雅〕
西村真幸調教師「毛艶が良く、体調面がとてもしっかりしていたので、これなら
休養明けから力を出してくれると思っていましたが、ゴール手前まで競り合う形に
なったのも良かったですね。相手が強くなれば強くなるほど、集中力を切らさずに
走ってくれるでしょうし、準オープンに昇級しても良い競馬をしてくれると思います。
レースの疲れは見られませんし、状態も変わりないので、4月2日の阪神・鳴門
ステークスに向かいたいと思います。川田騎手から次走も騎乗したいとオファー
がありましたので、引き続きお願いしています」





最後何時ものパターンなら差されているんでしょうけど、よく粘りましたね。
体調や展開の恵みもあっただろうけど、騎手の力添えもあったかなと思います。

何しろ前走が酷かったもので(^^;;
誰とは言わんし、責めてもいないんですけどね。

次走はまたしても中一週でダート1400m

うーん、疲れは大丈夫なのかなあ。

そろそろ上のクラスではマイル試してもらいたいんですけどね。
今まで芝も入れて11戦、全部1400m ってえのも珍しいかも。



ということで、どちらもよく頑張りました。
これでやっと勝率がギリギリ10% に戻りました。

束の間の休息とは思いますが、少しホッとした
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

結果以上に内容が残念★

2017年03月20日 | レース結果
非常に危ない一番人気でファルコンSに挑んだナイトバナレットでしたが、
結果が出なかった以上に、その内容が残念でした。



これまでの内容を見ても、出遅れ癖、遅い流れなら引っかかる、一瞬の脚しか
使えない etc から、距離短縮でしかも長い直線はどうかなあと思っていましたが、
結果は大きな出遅れ →周りの流れ無視の早くからの大外ぶん回し
→ 最終コーナー回った頃には既に息切れ という最悪の結果でした


うーん、これではNHKマイルカップの何の予行演習にもなっておらず、
ひいらぎ賞で負けた馬のワン・ツーだったスプリングSに出ていた方が
まだマシだったかもしれませんね。

NHKマイルに使う(本気で目指す)ならここを試すのはわかるんですけど、
それならそれで後に繋がる乗り方をしてもらいたかったです。


例えばこのレース。

2016/12/17 中山9R ひいらぎ賞(2歳500万下)【アウトライアーズ】


スプリングSのワンツーが入れ替わった結果になったひいらぎ賞。
(スプリングSはウインブライト→アウトライアーズ)

このレースナイトバナレットは、出遅れ気味→大きく引っかかる→岩田騎手が
がっつり抑える→前がつっかえるも内をするする抜けてきての3着。


この時も騎手批判は多かったものの、私はレースを見てイライラしたものの
今後に繋がるレースができたなと思って、収穫があったと思っていました。

内で詰まるよりは結果惨敗でも大外ぶん回しして欲しいと思う一口さんも
いらっしゃいますが、上のクラスになればなるほどそれでは通用しません。

そのレースでちょっとでも賞金稼ぐとか結果を出して欲しい人も多いですが、
特に若い頃の悪い癖はつきやすい。
馬込みに入れなくなったり、楽な競馬をする癖はつきやすいので出来るだけ
して欲しくないです

結果が出ていない騎手は、馬を育てるよりまず結果を出さないと乗り替わりに
なるので焦るのはよくわかるのですが、人馬共にもっともっと成長して
もらいたいと思います


しかし、ナイトバナレットは過去の馬では性格は違いますが、競馬内容は
スナッチマインドに凄く似ていますね。

若い頃は出遅れ、遅い流れでは引っかかる、かといって早く抜け出すと
気を抜いて走らなくなった彼女。。。


スナッチくんみたいな大きな斜行はないですが、とてもよく似ています。

スナッチマインドもなかなか勝ち切れなかったけど、クラスが上がっても
即対応して重賞制覇目前まで行ってくれました。
脚質や距離適性も似ています。

今回は1400m は短い印象を持たれた人もいるでしょうが、将来的には
マイル前後で一瞬の脚を使う馬になるはず。
流れによっては(或いは我慢が効くようになれば)長い距離も持つかもですが
ストライドを伸ばすタイプじゃないし、やはり距離が伸びると上のクラスでは
プラスにはならないでしょう。

気性は似ないで欲しいですが、まだまだ上を目指せる素材だと思っています。

出来ればスナッチマインドと相性の良かった浜中騎手が乗ってくれたらな(笑)



まだまだこれからの幼い子、ナイトバナレット
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加