栗山求/望田潤監修「パーフェクト種牡馬辞典2017-2018」

6/24,25の血統屋コンテンツ推奨馬の結果速報

2017-06-26 11:35:32 | 共有クラブ

■土曜東京10R八ヶ岳特別 リカビトス(一口・栗山)
■土曜東京11R夏至S ルールソヴァール(一口・栗山)
■日曜東京7R500万下 パルティトゥーラ(一口・望田)
■日曜東京8R城崎特別 ラヴアンドドラゴン(ディープ・望田)
■日曜阪神11R宝塚記念3着 ミッキークイーン(ディープ・栗山)

ルールソヴァールはサウンドトゥルーの全弟で、フジキセキ×Deputy Ministerのおなじみ砂黄金配合

サウンドトゥルーのオーナーの山田氏もこのニックスに注目しての購入だったとのことですが、しかも母母がダートのオープンで鳴らしたキョウエイヨシノですからまあ鉄板の配合といえます



岡田牧雄さんのフレンチデピュティ上手は血統をやる人の間ではつとに有名で、たとえばノルマンディーの馬でフレンチデピュティの血を引く馬は下記のように凄い確率で走っております

ブラゾンドゥリス(現役7勝)
ルールソヴァール(現役4勝)
エーデルメイシュ(現役3勝)
オルレアンローズ(現役3勝)
シュヴァリエ(3勝)
ピッツネイル(2勝)
キャラメルフレンチ(1勝)
グレイスフルワード(1勝)
グランティエラ(現役未勝利)
グロリアスヴァレー(未勝利)

もうどちらも満口なので書いてしまいますが、私が「一口好配合」で昨年ピックした4頭のうち2頭はフレンチデピュティの血を引いており、もちろんこのデータだけで選んだわけではなく、配合その他も吟味した上でのピックですので(^ ^;)

シークエルはクロフネ×フジキセキの砂黄金配合でジャングルポケットの牝系ですからクロペリオンでもあり、ジャスパーゲランはNorthern DancerやナスキロラトロやナスフリートやEight Thirty≒War Relicなどをクロスするきれいな父母相似配合で、どちらもフレンチデピュティの力馬っぽいところが表現されているのが牧雄さん好みなのかなあ…と勝手に想像してますが

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

第58回宝塚記念回顧~Burghclereのスタミナを粉砕したFlame of Taraのスタミナ

2017-06-25 17:46:56 | 血統予想

阪神11R 宝塚記念
◎6.シャケトラ
○10.キタサンブラック
▲7.レインボーライン
シャケトラについては「サドラー風味のヴィクトワールピサ」と評してきて、「捲りの馬だから春天ではなく宝塚でこそ買いたい」と書いてきた。道悪は鬼だし、ルメールは境港で内回り4角での物凄い加速を体感しているので、雨量が多ければ多いほど大金星の可能性が出てくる。
ゴールドアクターとシュヴァルグランはもう少し距離がほしいし、サトノクラウンとミッキーロケットは外回りベターだから、ノーザンテースト4×5のステイゴールド産駒で道悪の札幌記念でモーリスに迫ったレインボーラインを3番手に。

--------

今年の宝塚記念は「もしかしたらゴールドアクターが逃げるんじゃないか」とささやかれたほどで、私も当然スローの上がりの競馬を想定

ラブリーデイが勝った15年のように上がり4Fが11.7-11.0-11.6-12.4というようなレースになると、内回りの4角の加速だけは超一流ではないキタサンブラックを、内回りの4角の加速ならラブリーデイにヒケをとらないシャケトラが捲りきってしまうシーンもあるのではないか、境港で捲りの速さを体感しているルメールならそれをやってくる可能性はあるんじゃないか…という予想でした

レースは意表を突いた、というよりは押し出されるかのようにシュヴァルグランがハナに立ち、2角を回るあたりからペースダウンしはじめたように見えたのですが、向正ではサトノクラウンが前3頭に並びかけるまでにポジションを上げていき、そこからゴールまで11.7-11.6-11.8-11.7-11.8-12.2というロンスパ戦

パドックでも“ザ・ナスキロ”と形容すべき独特のしなやかな並足で歩いていたサトノクラウンの最大の武器は持続力に富むストライドで、だから京都記念連覇に香港ヴァーズ制覇にダービー3着と、これまで高パフォーマンスを出してきたのは大箱の持続戦ばかり

たしかに道悪は上手なほうですが、馬場が渋っても昨年の宝塚やQエリザベスでは凡走しているように、鋭角なコーナーで急かして乗るとダメなところがあるので、4角で最速ラップを刻むようなレースでは苦しいだろうと私はみていました

以下「競馬道Online」の有力馬解説より

--------

サトノクラウン
ベストコースは大箱2400m
全姉ライトニングパールはチェヴァリーパークS(英G1・芝6F)勝ち馬。父マージュはセントジェイムズパレスS(英G1・芝8F)の勝ち馬だが英ダービーでも2着に入線、愛ダービーを勝った女傑サルサビルの3/4弟で母方はスタミナの塊だ。だから牝駒はスピードの勝ったタイプも出るが、牡駒はヴィヴァパタカ(Qエリザベス二世C)やインディジェナス(香港国際ヴァーズ)などしぶとい中距離馬が多い。サトノクラウンの場合は母ジョコンダⅡがサーアイヴァー4×4でナスキロ血脈が多く、ここからしなやかなストライドを受け継いだので大箱の2400mがベストコースだろう。香港ヴァーズでは直線でジワジワ伸びてハイランドリールを差し切ってみせたが、あの脚を阪神内回りで再現できるかどうか。

--------

しかしコーナーで番手を上げられないならば、その前に直線部分で押し上げてしまえ…というのはあの春天のゴールドシップなんかと同じような発想で、結果的にそれがサトノクラウンが大好きなロンスパ戦をも誘発することにもなった

これが事前の作戦だったのかレース中の閃きなのかはわかりませんが、終わってみればレースを支配したのはユタカでもルメールでも祐一でもなくミルコ・デムーロだった

自分のゾーンのレースになったときのサトノクラウンの打点の高さと、自分の感性や閃きがハマったときのミルコの打点の高さ、これをまざまざと思い知らされた今年の宝塚記念でした

キタサンブラックは馬場が渋ったのとロンスパ戦になったのが大きな敗因とは思えないし、まあとにかく大阪杯のパドックが素晴らしすぎたのでそれと比べると…というのは一つありますかね

ゴールドアクターは馬の気にまかせて運んだらあの位置になったという感じで有馬記念ぐらい走ったと思いますが、シャケトラはピッチ走法なのでこういう長い区間11.8ぐらいのペースを刻みつづけるレースには向いていないし、ミッキークイーンが最後3着に追い込んできたのをみても、今年は「ストライドがピッチを制する」宝塚記念だったかなと

サトノクラウンの配合については、それこそセレクトセールで落札されたときからベタボメしてきたのでもう詳しくは書きませんが、全姉ライトニングパールはチェヴァリーパークS(英G1・芝6F)に勝ったスピード馬で、全姉弟で全く異なるタイプに出ても大レースを勝ってしまうほどに優れた配合なのです

香港で勝った後かな、ノーザンの中の人たちにサトノクラウンについていろいろうがかう機会があって
「望田さん、セレクトのときから取り上げてくれてましたよね」
「この馬の配合大好きなんですよ。でも私、思いっきり好マイラーと書いてます(^ ^;)」
「いやいや、姉ちゃんがアレだし、牧場内でもマイラーという評価でしたよ。香港ヴァーズ勝つとは誰も思わなかった」
「ですよね~、今セレクトの写真見直してもやっぱりマイラーに見える…」
「あれから胴が伸びたんですよ。東スポ杯のときはもう中距離馬の体型で驚きました」

私は東スポ杯を見た後も2000mぐらいの馬かなあ~と思ってたんですが、そのころからMahmoudさんは「典型的な欧州12F型の末脚の伸ばし方をする」と評してましたね

終わってみれば「非サンデーサイレンス」と「1/8サンデーサイレンス」の決着でしたが、こういう持続戦特化の中距離馬は「1/4サンデーサイレンス」ではなかなかつくれないと思うし、もう今後は凱旋門でもキングジョージでも、とにかく欧州2400mの大レースに的を絞ってもらいたいかなあ…と





サトノクラウンの配合について全部語るとと一晩かかってしまうので簡潔に(^ ^;)、母ジョコンダがMr.Prospector3×4とSir Ivor≒Hopespringseternal3・4×4で、父父ラストタイクーンがNearco4×4・5、自身はこの2頭を通じるナスキロとTom FoolとBusandaに関する非常に密なニアリークロス継続クロス

一方で父の母Flame of Tara(愛ダービーに勝った女傑Salsabilの母でもある)のところだけはMr.ProspectorもTurn-toもNorthern Dancerも入らず、HyperionとDonatelloとFair TrialとAloeの組み合わせを代々強力にクロスしていて、この部分がまさに1/4異系になっている





母父Rossiniはロベールパパン賞(仏G2・芝1100m)に勝ったスプリンターですが、キタサンブラックも父ブラックタイドの母母BurghclereがHyperionとDonatelloとFair TrialとAloe的なスタミナが満点で、母父がスプリンターのサクラバクシンオーなので若いころは距離不安をささやかれたのも同じ、そして母のスピードで先行し父のスタミナで粘る脚質に完成したのも同じ

ディープインパクト牝馬にサトノクラウンを配すると、Sir Ivor的ニアリークロスの継続と同時に、この重厚なスタミナ血脈のニアリークロスも生じるわけですね

コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

日曜のボツ予想~は馬場を見てからですね

2017-06-25 10:13:25 | 血統予想

ロイヤルアスコットでデビュー2連勝を飾ったSeptemberは、母ピーピングフォーンがデインヒル×Sadler's Wellsで牝系がBest in ShowでNorthern Dancer3×3とBusanda≒Mr.Busher5×5



ディープインパクト産駒としてもかなり欧州仕様の配合といえ、ミッキーアイルやフィエロを更に欧州仕様にしたような配合といえるでしょう
ピーピングフォーンは愛オークス馬で、デインヒル×Sadler's Wells×Blushing Groomという累代はFrankelをほうふつさせるもので、September自身は見てのとおり典型的な「3/4Northern Dancerクロス,1/4サンデーサイレンス」
やはり種牡馬Frankelにまず必要なものは、Monsunやサンデーサイレンスのような優れた非Northern Dancer血脈だろうと思うし、Unbridled's SongでもMacho UnoでもLonhroでもフジキセキでもメジロマックイーンでもポトリザリスでもいいんですけどね

--------

稲城はひとまず◎ストロングレヴィル
前走も◎にした馬で再来年の目黒記念が楽しみなハーツクライ産駒ですが、なかなかのジリ脚持続型だけに上がりだけの競馬になると○ヴァンクールシルクにナデ斬られてしまうかも…これはヴィクトワールピサ×フレンチデピュティの成功パターンの配合ですね
まあ馬場を見てからですが、ストロングはキャサリーンパーの牝系で母父エルコンドルパサーですから、走りを見ても馬場が渋るのはプラスかと




奥尻は◎ロードスター
前走がちょっとだらしない負け方でしたが、Sharpen Up5×3など父母相似配合になっていて、母父がマイラーのSelkirkなので小回り向きの小脚型、中井くんが好位インで捌けば



UHBは前走直線追いづらかったスズカプリオールでもういっちょといきたいんですが、最近はパトロールをいつでも見れるしこういうのは人気が落ちないですよね…もうひとひねりできるか思案中

阪神はまた降ってきたようですが、阪神も東京もボツ予想は馬場を見てからここに書こうかなと
「No.1予想」では宝塚記念を、「厳選予想 ウマい馬券」では宝塚記念と阪神7Rを予想していますので、日曜もよろしくお願いします

コメント (101)
この記事をはてなブックマークに追加

土曜のボツ予想~ダートの追い込み馬が伝える東京芝向きのナスペリ斬れ

2017-06-24 09:52:35 | 血統予想

オルフェーヴル産駒のJRAデビュー第一号がサンデーサイレンス3×3、ゴールデンサッシュ=サッカーボーイ3×3、ノーザンテースト4・5×5のモカチョウサンというのは、ある意味順当というべきなのでしょうが、追い切りで初めて実馬を見た印象だと“ノーザンテーストの柔らか煮”みたいなイメージかな
今のところ1人気に支持されていますが、オルフェの仔じゃなくてもどんな走りをするのか注目したい配合馬ではありますね



垂水は◎シルバーステート
母がNashua≒Nantallah6×4で自身はHail to Reason4×4とBull Leaの薄いクロスですから、Robertoの父と母父と母母父をクロスした配合でRoberto的な機動力が抜群
姉のヴィルジニア(Hail to Reason5×4)も「こんなに脚が速く動くGalileo産駒がいるのか」というぐらいのピッチ走法で走ります



だから同じ母父Roberto系のディーマジェスティやゼーヴィントのように捲りが本領だと思っていますが、前走の予想でも書いたように外回りで直線が長くても上がりだけの競馬になるとピッチがストライドを制するわけで、ここもペースは上がりそうにないので圧倒的な回転の速さで抜け出してしまうのだろうと
相手も外1800mなら人気2頭なんでしょうが、馬券的にちょっと手を出してみたいのが○ボールライトニング
2歳時に京王杯2歳Sを勝ったダイワメジャー産駒ですが、最近のレースぶりをみると母方のナスキロ柔さでジワジワとストライドを伸ばしてくるので、今は距離コース適性的にはアストラエンブレムなんかと近いイメージで、大箱1800でゆったり運んだほうが楽そうなんですよね



八ヶ岳は◎リカビトス
ディーパワンサやラプソディーアやスズカゼと同じく「母や母父がマイラーのディープブリランテ牝駒」で、2歳時に新馬勝ちしたのも同じ
ただしこの3頭が「父中距離×母マイラー」らしい小脚のきいた先行型機動力型なのに対し、こちらは新潟外マイルをストライドで差し切って新馬勝ち
あの脚が明らかに外回り向きの斬れ味だったので、前走は中山内回りでどうなんかな~と斜めに構えて◎レッドレーゼスから入ってみたら、やはり加速しはじめたのは直線半ばからで、それでも全部差し切ってしまったのには脱帽(^ ^;)





母のエンシェントヒルはダートの凄い追い込みでオープンを張った馬ですが、フォーティナイナーとBest Turnを通じるナスペリオンのクロスで、産駒には芝向きの斬れ味をけっこう伝えるようで、上のコルコバードもステイゴールド産駒ですが東京向きの斬れ方をしますよね

他のレースはこれから考えますが、「No.1予想」では大沼Sを、「厳選予想 ウマい馬券」では大沼Sと出石特別を予想していますので、今週もよろしくお願いします

コメント (48)
この記事をはてなブックマークに追加

競馬道OnLine G1スペシャル予想~宝塚記念

2017-06-23 20:08:55 | 血統予想

3月に発売された『パーフェクト種牡馬辞典 2017-2018』(自由国民社)の関連企画として、同書の編集を担当した競馬道OnLineのサイトにて、この春も高松宮記念から宝塚記念まで、栗山求と望田潤がG1レースを交代で予想します

今週の宝塚記念は望田潤の担当で、有力馬3頭(キタサンブラック、サトノクラウン、シャケトラ)の血統分析と直前予想を行います

有力馬分析は無料公開、予想は有料会員のみ閲覧できますので、よろしければご覧ください(血統分析で取り上げた3頭がそのまま予想の順位となるわけではありません)

小倉圭輔さんと小島友実さんの見解もぜひ参考になさってください
http://www.keibado.ne.jp/sp2016/

土曜の「No.1予想」は大沼Sです。入稿済ですのでよろしくお願いします

コメント
この記事をはてなブックマークに追加