九州神社紀行-ブログ

北九州近郊を中心に神社および周辺風景の撮影日記です。

大和大国魂神社(兵庫県南あわじ市)

2008-10-03 13:10:46 | 神社参拝ー近畿
 大和大国魂神社(兵庫県南あわじ市)を掲載しました。

 大和大国魂神社(やまとおおくにたまじんじゃ)
【鎮座地】〒656-0422 兵庫県南あわじ市榎列上幡多857 旧淡路国 三原郡
【御祭神】大和大圀魂命
    (配祀)八千戈命 御年命 素盞嗚尊 大己貴命 土御祖神
【例祭】 四月一日 例大祭
【旧社格等】県社
      式内社 淡路國三原郡 大和大國魂神社 名神大
【御由緒】
 大和大国魂神を祀る。
創祀は不詳であるが、第四二代文武天皇慶雲元年(704)諸国及び諸社に銅印を下したものが当社に現存されているので、それ以前と考えられる。『文徳実録』
 仁寿元年(851)に官社に列し、『類聚三代格』に貞観元年(859)従一位勲八等の神階がみえる。
 延喜の制では名神大社に列し、淡路国正税のうちより八〇〇束を祭料に充てられた。永万元年(1165)当社より神祇官へ炭薪の貢進があり永く中央と深い関係を
有し、淡路国二の官と仰がれた。
 古くより当社に民衆群参宴遊して桜花を賞することがあり、土御門天皇の庁宣に、元久二年(1205)東神代八木両郷が法華桜会の舞楽料田に充てられた旨がみえる。
江戸時代領主蜂須賀氏崇敬篤く、元禄一五年(1702)に社領二反を寄せられたのをはじめ、しばしば社殿の造営、修復を行っている。
 例祭四月一日。
 (神社辞典より)

 兵庫県南あわじ市(旧三原町)にあります。神戸淡路鳴門自動車道の「西淡三原IC」から東へ3Kmほど榎列上幡多地区の小山に鎮座しています。
 
 旧鳥居は400年以上経過し平成7年1月17日の阪神淡路大震災で修復不能となったため、現在の鳥居が平成10年12月吉日建立されました。

 参道から社殿鳥居をくぐると広い境内、長い参道の奥に社殿が見えます。
 境内は県社にふさわしく広くゆったりとしていますが、社殿はこじんまりとしています。

 拝殿 
 奈良県天理市の大和神社(大和坐大国魂神社)を勧請した神社で淡路二の宮とされる古社です。

 神社拝詞拝殿内に掲示してあります。
 
 拝殿間口より奥行きが長い構造です。

 拝殿から本殿 
創始年代は不詳ですが、文武天皇慶雲元年(704)諸国および諸社に銅印を下賜したも
のが当社にも現存していることからこれ以前とされています。
 江戸時代領主蜂須賀氏により社殿の造営、修復がしばしば行われ繁栄しましたが、明治維新を契機に中絶、明治6年県社に列し、明治10年本殿その他建物が新築されています。

 花塚
社殿左手前にあります。弘化五年(1848)建立の「花ざかり 山は日頃の 朝ぼらけ」という芭蕉の句碑が建てられています。

  拝殿から境内
 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 伊弉諾神宮(兵庫県淡路市) | トップ | 自凝島神社(兵庫県南あわじ市) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。