九州神社紀行-ブログ

北九州近郊を中心に神社および周辺風景の撮影日記です。

自凝島神社(兵庫県南あわじ市)

2008-10-05 15:59:52 | 神社参拝ー近畿
 自凝島神社(南あわじ市)を掲載しました。

 自凝島神社(おのころじまじんじゃ)
【鎮座地】〒656-0423 兵庫県南あわじ市榎列下幡多415番地 旧淡路国 三原郡
【御祭神】伊弉諾命 伊弉冉命
    (合祀) 菊理媛命
【例祭】
【旧社格等】無格社
【御由緒】
 自凝島神社(おのころじまじんじゃ)略記
御祭神 伊弉諾命(イザナギのミコト)
    伊弉冉命(イザナミのミコト)
合 祀 菊理媛命(キクリヒメのミコト.別名ククリヒメのミコト)

 当神社は、古代の御原入江の中にあって、伊弉諾・伊弉冉命の国生みの聖地と伝えられる丘にあり古くから、おのころ島と親しまれ、崇敬されてきた。
 古事記・日本書紀によれば、神代の昔,国土創世の時に二神は天の浮橋にお立ちになり、天の沼矛を持って海原をかき回すに、その矛より滴る潮が、おのずと凝り固まって島となる、これが自凝島である。
二神はこの島に降り立たれ、八尋殿(やひろでん)を建て、先づ淡路島を造り、つぎつぎと大八洲(おおやしま)を拓かれたとなっている。
また、古書に誉田大王(応神天皇) 淳仁(帝)天皇の参幸されたことが伝えられている。

御神徳 健康長寿・良縁堅固・夫婦和合・安産の塩砂
例祭日 春大祭    五月三日
    夏祭     七月八日
摂 社 八百萬神社祭 九月一日
 (神社由緒書より)

淡路島の南部に位置する南あわじ市のほぼ中央、榎列下幡多にあります。神戸淡路鳴門道「西淡三原IC」から東に3km榎列小学校のそばの小丘に鎮座しています。

 境内
大鳥居をくぐると右に社務所、正面階段の参道上に社殿、この社叢の森全体が「おのころ島」とされています。
 おのころ島とされている伝承地は紀伊水道の沼島(ぬしま) 、紀淡海峡の友ヶ島の中の沖ノ島 、淡路島本島そのもの 、播磨灘の西島等々多数あるようですが、ここもその一つです。ただ内陸部の平野の真ん中で不思議に思いますが、ここの地形が小島に見えることからおのころ島とされたようです。

    社号標
階段の参道入口左にあります。「磤馭盧島神社」と日本書紀の表記であります。

 服部嵐雪の句碑昭和31年(1956)嵐雪250年祭記念の建立です。
服部嵐雪は蕉門十哲の一人で承応三年(1654)当地榎列のお生まれです。
 「梅一輪 いちりんほどの あたたかさ」とあります。

 拝殿 
階段を上るとわりと狭い境内、社殿もこじんまりとしています。

 本殿本殿は樹木に覆われ全容は見られません。
御祭神伊弉諾・伊弉冉命はこの地で国生み、神生みをされたとされています。

 社殿全景社殿はが生垣と板垣に囲まれています。

  境内社、八百萬神社
 本殿裏にあります、二神が生まれた御子神が祭られています。

  鶺鴒石
 二神が交合しようとしたがその方法を知らなかった、その時、つがいの鶺鴒(せきれい)がこの石にとまり頭と尻尾を振って、二神に「交(とつぎ)の道」を教えたとされています。(日本書紀、国生み 一書(第五)
 当社の周囲にはこのほかにも、天の浮橋遺跡、葦原国遺跡など国生みにまつわる場所があります。

 御神木社殿右柵の中に厳重に保管されています、詳細は不明です。

 参道階段の参道は樹木に覆われて薄暗く独特の雰囲気があります。

 参道から大鳥居
昭和57年3月、日本発祥の地を顕彰して建立されました。高さ21.7m、柱間
口12.6m、鉄筋鉄骨造りです。
 京都の平安神宮、安芸の宮島と合わせて日本3大鳥居といわれています。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大和大国魂神社(兵庫県南あ... | トップ | 大麻比古神社(徳島県鳴門市) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。