野あざみの記

このブログは備忘録のつもりで書いています。

足摺岬

2016-10-29 23:21:07 | 日記

 

四国に行ったが、マイクロバスが、いったいどこを通って行ったのかなど

私は、ほとんど分からなかった。

足摺海底館には行ったが、足摺岬が見える場所へ行ったのかどうか分からない。

ネットで足摺岬を検索してみたら、私が撮った写真とよく似ていた。

 

(↑ネットで調べた足摺岬)

 

私が見たあの灯台は足摺岬の灯台だったのか?それとも違うのか?

 (↑私が撮った写真・これは足摺岬???)

 

『足摺岬』には、少し思い出がある。

子どもの頃、父が『足摺岬』という歌をよく歌っていた。

確か春日八郎さんの歌だった。

 

♪ つらい別れも 男であれば

涙 見せずに 行く俺だ。

土佐の高知の あの娘(こ)の声が

呼んで 呼んでいるよな 足摺岬 ♪

 

昨夜、「足摺岬 春日八郎」で検索して、その歌を聴き

父の事、そして母の事を、懐かしんだりした。

今日は母の祥月命日。母が亡くなって丁度10ヶ月。

 

夫、サツマイモや落花生を収穫していた。

 

昨日雨が降ったので雨漏りの状況を見に行った。

茶の間が、やはり雨漏りしていた。

このまま放置できない。困ったものだ。

他はそんなにボロボロではないのだが・・・

(母が買ってくれたピアノ・・・)

 

 

『大分県』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 意地悪ばあさんになりつつある | トップ | アサギマダラがまだ来ている。 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お早うございます (ブラ・ニンです)
2016-10-30 08:33:31
ほぼ2ヶ月早く我が母は先にみまかりました
その後に義母も、、、
下手をすると、こちらも危ういような年代になっては居ます
思い出は思い出として、毎日を生きて行かねばなりませんですよね こちらは家内がパーキンソンなので、まだ動けるから、今の内に心を通わせる事をして行きたいと思います
滅多にコメントしないのに、お母様の祥月命日の記事を拝見して、、、
お体をおいとい下さい
ブラ・ニンさんへ (あざみ)
2016-10-30 14:24:33
ブラ・ニンさん、こんにちは。
コメント、ありがとうございます。
ブラ・ニンさんもお母さま、そして義母さまを
この1年内に亡くされたのですね。
お気持ちお察しします。
何かにつけ、ふっと思い出したりしますね。
奥様に代わっての、素晴らしい料理の数々、
いつも感心しながら拝見しています。
うちの夫、料理上手だと思っていましたが
ブラ・ニンさんの方がはるかに上手です。
お互い日々を楽しみましょうね。

コメントを投稿