★桃源深更深★~paradise into deep~

路は桃源に入りて深くして更に深し♪

映画『銀魂』を観る。

2017-07-20 03:05:20 | 観る
いや~もうすっかり夏ですね。(と何事もなかったように久々更新してみる)


さて先日、勘九郎丈の痴態、もとい、雄姿を拝むべく、映画『銀魂』を観て参りました☆

原作もアニメもほとんど観たことがないので、お兄ちゃんの再現性がいかほどのものか判断材料持ち合わせないままの鑑賞だったのですが。

(先日再放送されてたアニメは録画してあるのですが、余計な心配せず観られるしというのもあって、あえて観ないまま臨みました)

なんか、あぁきっとこれで正しいんだろうな!って確信しました。

根拠はお兄ちゃんが発する凄まじいまでの「やり切ってる感」。

いくら地がキャラとある程度被ってるとはいえ、フンドシ一丁姿なんてほぼ普段着(言い過ぎです)とはいえですよ、

あそこまでの変態ゴリラキャラ、お手本に忠実でなければなかなか出来るもんじゃあないと思いました。

ツイなんかでお兄ちゃんに関する感想読んでいても、

「凄いゴリラ」「ちゃんとゴリラ」「本物のゴリラ」

などと言った褒め言葉(?)が数多く並んでいて、ファンとしてはホッとした次第です。

実写モノは、ハズすとほんま怖いからなぁ…!((´・ω・`;))

こんなお仕事引き受けてしまった勘九郎丈の今後を心配してくださる声も多くてねぇ。

「未来の国の宝かもしれない人になんちゅうことやらせてるんだ」とか「勘九郎の無駄使い」だとか。

まぁでもあえて無駄使いというなら、近藤さんの戦闘シーンが一切なかったことくらいかなと。

あんなに動ける人に殺陣の一つもやらせないなんて、これはかなりの無駄使いですよ!

(まぁ本人のスケジュールがタイトでとても殺陣をつけてる時間なんてなかったからかなって気がしますが…)

後は本人がすこぶる楽しんでやってたから、ファン的にはどんどん使うたってくださいって感じです。


そうそう、「中村勘九郎の中村勘九郎」というフレーズがすっかり流行りと化してて楽しいんですけど。

ののてぃはといえばそのウワサの場面、お兄ちゃんの上半身を覆うあまりに美しい筋肉に観惚れてしまい、

ろくにモザイクの仕上がりを確認しないまま終わってしまいました。

ぶっちゃけ、お兄ちゃんのお兄ちゃんにはそんな興味ないから別にええんですけど。

まぁ、観れたら観れたでモウケもんって感じはしますよね。←


筋肉と言えば、冒頭の片足立ちも素敵でしたねぇ♪

そりゃちょっとはフルフルされてましたけど、普通、あんな長時間シャキーン!って立ってられへんよ。

その鍛え上げた素晴らしい体幹を、なんちゅーポーズに発揮してんのかなこの方は。ともう感心しきりでした☆

ちなみに、全身に塗りたくられてたのあれ、蜂蜜というより卵黄みたいで、より変態感マシマシやったなと。


あ、あとはカブトムシを追いかけての全力疾走シーン。

なんでもおぐりんは相当足が速いとか。そのおぐりんにピタリとくらいついててビックリです。

しかも(姿こそアレですけど)どこのアスリートですかって感じの、そりゃもう美しいフォームでね~。

これまた体幹の確かさを知らしめてたなと。

脅威の身体能力を持ち合わせていながら運動嫌いを公言して憚らない中村屋のご兄弟ですが、

もし歌舞伎役者の道を選んでいなければ、何らかのスポーツでテッペン獲ってたんでないかと思えてならないです。

いや歌舞伎役者選んでくれてほんま良かったんですけど!



そんなこんなで、お兄ちゃんを始め、キャストの皆さんことごとくお役を全うされてて素晴らしいことこの上ないなと思ったんですけど。

映画の出来としてはねぇ。。。正直ここまで面白いと絶賛されるほどかというとねぇ。。。ちょっとねぇ。。。

なんというか、脚本が軽いというか、浅いというか、安っぽいというか。(いきなりその暴言はどうだろうね)

福田監督が日頃どういった映像作品を撮ってらっしゃるかは何作か拝見して知ってますし、あのノリ自体は決して嫌いではないんですけど。

むしろ深夜ドラマ枠とかでまったり観てるぶんには実にええ塩梅で、好きなんですけど。

でもこと映画作品となると、あの独特の、役者のゆるゆる感だったりグダグダ感頼みの笑いを延々見せられても、ちょっと白けてしまう。

思うに、問題はシリアスパートかなと。

なんかね~そこはかとなく、ぎこちないんですよね~。

あんまり描き慣れてない・撮り慣れてないのかなって感じがしました。

んーシリアスがもっとぐっと締まると、笑いの部分も緩急の一端としてもっと楽しめたかなぁと思うんやけどなぁ。


今回の好評は、もともと原作が持ってるシニカルな世界観においては実写化というネガティブな事案もネタになり得たことと、

これまた元となった原作のしっかりしたストーリー&キャラクター造詣&役者による役の再現性の高さに因るところが大きい気がします。

もちろん、役者さん達からあれだけの頑張りと開放感を引き出したのは他ならぬ監督の功績であり人徳の賜物やと思いますし、

どうであれ、この映画が成功したと言えることに変わりはないと思うんですけど。

純粋に映画作品として観た場合、ののてぃ的にはお金払って映画館で観るのは1回で十分って感じ。かなぁと。。。


とかえらそに辛口なこと書いてごめんやでお兄ちゃん、せっかくノリノリで演じてらっしゃるのに(´Д人)

お兄ちゃんの演技や頑張りや脱ぎっぷりには一切何の文句もないのよ。

あれ観れただけでも、映画館行った甲斐十分あったと思ってるのよ。

続編あるなら、今度はぜひ有無を言わせぬ男前シーンがあることを願います…☆


それにしても、あれが忠実に再現されていた姿なのだとすると、近藤局長とは相当な問題アリ人物やなと。

とりあえず、録画したアニメを観て確認してみようと思います☆
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ついしん。

2017-05-19 01:20:51 | つぶやく
中村屋にとって、ひいては歌舞伎界にとってなくてはならない人、獅童さん。

しっかり治して、しっかり養生して、それから戻ってらしてね。

焦らなくて良いからね。

でも絶対、戻ってらしてね。きっとね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

七くん生誕日☆

2017-05-18 23:34:09 | 良い日
お誕生日を記念して(?)、今日も今日とて一日松竹座に入り浸って参りました。えへ。


本日は中村七之助丈、34歳のお誕生日でございますっ☆

まことにおめでとうございます~~~♪♪

まだまだ観劇歴の浅いののてぃではありますが、貴方の華やかかつエモーショナルかつ繊細な芸の数々にはただただ感服するばかり。

日々大いに楽しませて頂き、感謝しております。

ますますのお美しさ、ますますのあざとさ、ますますのマイペースさでもって、我ら贔屓どもをますます悶え喜ばせてやってください!


あとこれは全くもってののてぃの個人的な心象でありますが。

今お兄ちゃんが中村勘九郎としてドン!と構えていられるのは、七くんの存在がほんっまにめちゃめちゃ大きいんやろなと確信しております。

貴方がほど良くのほほんとお兄ちゃんの隣にいてくれるから、お兄ちゃんがキリキリし過ぎず中村屋の真ん中に立っていられるんやろなと。

七くん、お兄ちゃんの弟に生まれてきてくれて、ほんまにありがとう♪♪


本日の1枚:これからも息の合った兄弟芸、楽しみにしております☆

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

五月花形歌舞伎@松竹座を観劇する。

2017-05-14 02:25:26 | お芝居
ただいま松竹座では五月花形歌舞伎が絶賛上演中♪

ののてぃ、既に3回ほどお邪魔しているのですが~。←いやさ狂いっぷりがお察し頂けようかというもの…

や~~~昼の部・夜の部、どちらも甲乙つけがたい面白さです♪♪


昼の部の観ドコロはね~。

まずは勘九郎丈の舞踊好きにはたまらん演目『戻駕色相肩(もどりかごいろにあいかた)』

きりりとしてときにコミカル、ときにダイナミックなお兄ちゃんの華麗なる踊りに終始お口ポカーン&おめめハァト状態です。

最後にトンデモ展開が待ち受けてて笑っちゃうんですけど、それを凌駕する圧倒的なカッチョ良さもあったりなんかしてねぇ!!

理屈じゃねぇ!!ザッツ歌舞伎!!!って感じ。

もう、もう、大好きだー!!!゚o.゚+☆ワア∩(*・´ω`・*)∩アァア☆+゚.o゚


そんでもって澤瀉屋さんのお家芸・宙乗りが拝める『金幣猿島郡(きんのざいさるしまだいり)』。

猿之助さんの元気溌剌とした恨みがましい演技(ナンジャソレと思われましょうが観て頂けば分かるはず…ほんまに楽しそうに祟ってるの…!)、

そして中村屋兄弟の、これでもくらえっ!!と言わんばかりの美しいイチャコラっぷり☆が恐ろしくふんだんに盛り込まれておりまして。

ほんまにな…たいがいにせなあかんで君ら…もっとやりよし…☆(* ゚∀゚)

ってニヨニヨする、そんな昼の部です。


夜の部の観ドコロはね~。

まずなんと言っても『野崎村(のざきむら)』における七之助丈の名女優っぷりな!!

もうさぁ、まんまと泣かされちまったのよぅオイラ。。。(ノД`)゚+.゚゚+.゚

ただただ好きな人を見送って立ち尽くしてるシーンにあんな情感込められる彼は、まちがいなく女優です。

お光ちゃんを泣かした久松&お染、許すまじ…!!ってガチで思うこと請け合い。


そんでもって『怪談乳房榎(かいだんちぶさのえのき)』。

早替わりに本水演出がミモノの、中村屋の人気演目。

これはもう勘九郎丈の奮闘ぶりがひたすらに素晴らしい!!

もはや早替わりがイリュージョンの様相を呈していて、ずっと目の前の舞台に立ってるのに途中お兄ちゃんを見失う勢いです。

さんざ忙しくとっかえひっかえ役を演じる中、舞台上に忽然と現れる滝壺の中でする見得がまた最っ高に男前でな~~~。

なんだろな、歌舞伎役者とはエンターテナーであらねばならぬのだなと実感するよね。

ちなみにお兄ちゃん、3つの役をコロコロと演じ分けるのですが。

ひたすら悪い三次の色気が相当ヤバイことに。。。でもヘタレ全開な正助も愛くるしく捨てがたい。。。いや、風雅をまとった重信先生もなかなかどうして。。。


とまぁそんな楽しいこと満開の松竹座へ、皆さんもぜひおこしやす☆(3階席@5000円でも十分楽しいよ♪)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

思うこと。

2017-04-18 03:18:59 | つぶやく
長年の友の身内が亡くなりました。

あまり言葉を交わしたことはないけれど、

顔を合わせるといつもニコニコしてくれました。

つい先日も。

誰の家族にも、そして自分自身にも、

いづれその時は必ず巡ってくるものと分かっていますが、

どうしたって寂しい悲しい。

でも、そういう感情を抱くことが出来るのも、

愛すべき家族に恵まれたからこそ。

最近年齢的に見送ることが多くなってきた中で、

そんなことを考えたりします。


心からご冥福をお祈りします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

330。

2017-04-11 01:01:32 | 良い日
はっと気づけば、ブログ開設13年目に突入。から1週間以上経過してまった。。。

最近めっきり更新が滞っておりますが、引き続き気が向いた時プラッと書き書きしますので、

今後ともぼちぼちよろしくどうぞ~。


恒例のこの1年のアクセス数集計☆↓

閲覧数:168265回

訪問者数:41172人

一日平均112人のお越しでしたー☆


ただいま赤坂では中村勘九郎・七之助丈が『夢幻恋双紙』を上演中★

ネタバレ避けるべく薄目でサラサラついったぁを読み流す日々ですが、なんやすげー評判良さげじゃないですか!

もう気になって気になって日々生殺し状態です。

はよ観たい~~~。


本日の3枚:近頃のこのご兄弟のけしからなさはまぢ目に余る。尊し。

  
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヒャッハー!!な日。

2017-04-04 03:10:23 | 良い日
これがテンション跳ね上がらずにいらりようか!!


2019年 大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」主演は中村勘九郎さん、阿部サダヲさん!


正直なとこ、サダヲっちは来るんちゃうかなぁと予想してた。
お兄ちゃんも、身体能力の高さはおりがみつきやし、諸々のタイミング的に何かの選手の役で出演はあるんちゃうかなぁと思ってた。
でも流石にね、W主演を望むほどののてぃも図々しい人間じゃあございません。
それが…ですよ!!
いやいやこれ、一体何のご褒美ですのん?
ののてぃ、世界の危機でも救いましたっけ??
ってなくらいご褒美感溢れる本日のこの発表。
とりあえず、あと3年は是が非でも死なれへん…!!!

張り切って記事巡りしてみますたぉ♪

そっか、サダヲっち、勘三郎さんの時が大河初出演かぁ☆
不思議なご縁があるもんですねぇ。
勘九郎さん、演じることに恐ろしくストイックマンなのは存じておりますが、
あんまり痩せ過ぎないでね。あとそんなまっくろくろすけにならなくてもええよ。
って言うても無駄やと思うけど。

そう言われれば、くんくのドラマでは久しく観てませんでしたねサダヲっち。
まぁ舞台やら映画やらやってたから、全然そんなブランク感じひんけどね。
「あなたも、あなたもかんくろうさんですよね?」って。(*≧∇≦*)
カンザパパ、直談判しそう。晩年やるって言い張りそう。(*≧∇≦*)

最後の方の、「僕と官九郎さんで~」のくだり、「勘九郎さん」よねきっと。
くんくを官九郎さんって呼んでるの、聞いたことない。

サダヲっち、裏方のお仕事に興味を持ち始めたとな??
以前は監督とか全然興味ないって答えてたのにね~。大人になったね~~~。(?)
「今日もつまんなそうに聞いてる記者さんがいる」ほんまそういうとこよう観てるよなぁ( ̄∀ ̄*)

くんく、何がそんなに面白かったん??( ´艸`)

勘九郎さん、去年の12月に「大河に出演の話あるよ」って聞かされて、さらにその翌日「主役だったよ」と言われたとか。
本人に向かってなんでそんな情報小出し?そういうもん??


あーもー今からプロモーションが楽しみで楽しみで♪
お兄ちゃんとサダヲさん、仲良くなってくれると良いなぁ☆
仲良くなった暁には、是非ともグループ魂と中村屋兄弟のナカムラヤコントを…!!←ののてぃがここ数年抱いている密かにして無謀な願い

で、志ん生師匠はどなたがなさるんでせうね???

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

3月11日。

2017-03-11 22:34:59 | 普通の日
死者:1万5893人

行方不明者:2553人

避難生活者:12万3168人


表面的にはすっかり平静を取り戻したかように見える日本ではありますが。

くれぐれも騙されちゃあいけない。復興なんてまだまだ成し遂げてない。

6年前と、なんら状況の変わらない土地・人々がいることを、今一度しっかり心に留め直しておかなければ。


国=総理大臣の言うことは一切信用ならないという異常な状況に慣れつつある日本人が、悲しいね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ついしん。

2017-02-15 05:43:23 | つぶやく
東京で元気な歌声やコントやダンスを観せてくれたエビ中の松野さんが急逝されたとのことで。驚きました。

何の落ち度もないのに夢半ばにしてこの世を去らねばならなかった彼女を思うと、どうしたって理不尽さを感じずにはいられません。

残されたご家族やメンバーも、本当に辛いでしょうね。。。

ずっと応援してきたファンの方々も。。。

命はままならぬものとは言え、なんだかなぁ。。。もう。。。


今はただ、ご冥福をお祈りしたいと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

港カヲルのソロライブ☆

2017-02-15 05:38:50 | ライブ
本日の1枚:サイン入り頂戴しました♪ゝ(▽`*ゝ)(ノ*´▽)ノ

港カヲル 人間生活46周年コンサート ~演奏・グループ魂~
2017.2.1@国際フォーラム&2.7@オリックス劇場

カヲルさん一世一代の晴れ舞台!ということで、東京・大阪両会場にかけつけて参りました☆
やー初めて行ったフォーラムは、デカかった!
発券したチケットが42列やった時点でデカいんやなーと認識はしてたんですけど。
実際会場入りしてみて改めて、無茶しよるでほんま(・∀・)ヒエーってなりました。
でも、完売したんよねー??
凄いなぁ。あんな得体の知れんイベントにようあんだけ集まったよなぁ。←自分オンザ棚

さてこの度の祭典は2部構成とのことで。
第1部はカヲルさんソロコン、と銘打たれていた訳ですが。
哀しいかなそれでしまいまで押し通せるはずがないということは、もちろん暴動さん百もご承知。
そこは抜かりなく随所に破壊さんを初めとしたメンバー・ゲストを散りばめ、飽きが来ないよう構成されておりました。
第2部は魂さんによる通常ライブということでね。
気づけばライブはずいぶんとご無沙汰してて、しかもあんな小奇麗な座席付きの会場でかなり勝手が違ってたりして、
テンション上がり切らんのちゃうかなーと思ってたんですけど。
自分の破壊さんラヴっぷりナメてました。しょっぱなから全然「ウキャー☆」ってなりました。
青いライダース姿、すこぶる素敵やったしー☆☆
大阪ではいつものペタッとゼントではなく、フワッとポンプゼントでカッチョ良かったしー☆☆(下剋上スタイル影響か?)
お声は高いとこスコーンと突き抜けてたしー☆☆
ドSっぷり健在やったしー☆☆
あぁやっぱ破壊さんってばスーパーウルトラどストライク過ぎるわ…!(o´д`o)=3ととっぷり再確認いたしました。
そうそう、職務質問歌う時、東京でお帽子被ってはらなんだけど、手配ミス??大阪は普通に被ってはりました。

東京公演は、とにかくゲスト盛りだくさん。
司会の谷原章介さん、流暢な司会進行の腕前もさることながら。
カオルさんの下ネタに一切怯まないどころか超絶爽やかにカウンターかましてらして、恐れ入りました。大丈夫なんでしょうか。色々と。
例:カヲル氏「彼若い頃デ○ヘル嬢呼んだりしてねー」谷原氏「違いますよーマ○ヘルですよ☆(★^ω^)ニッコリ」
例2:(子供が6人いるって話から)カヲル氏「じゃあ6回はS○Xしたんだねー」谷原氏「んー7回はしたかな☆(★^ω^)ニッコリ」
レポーターのラバーガールさん、なんともフワっとしたお仕事でやり辛かったでしょうに、コントも含め小気味良い笑いを提供してくれてました。
審査員(何を審査していたのかは不明…)席のカヲル氏ご両親、息子の混沌とした雄姿を苦笑いで眺めていらっしゃる姿が微笑ましかった。
同じく審査員席の顔田パイセン&美和公さん、何しにいらしてたんでしょうか。

パフォーマンスでは、登場1発目のゴスペラーズの出オチ感と来たらまずこれ。
それは綺麗なハーモニーをそれはハチャメチャなカヲルさんの歌唱にピッタリ合わせて下さっててさすがでした。
あっちゃんの登場はもはやデフォと言っても過言ではなく、どキンチョーを身に纏った佇まいも含め、安定のパフォーマンスでね~。
すっかり魂さんの信頼も厚い様子。
(とはいえ大阪公演の出演は東京公演の打ち上げで(破壊さんの一方的な交渉?により)決まったみたいですが( ´艸`))
カヲルさんと向井さんのデュエットはですね、なんか普通にカッコ良くてですね。
ぶっちゃけ観てる側はどう反応すれば良いものかと少々戸惑ったり戸惑わなかったり…と言った点も含め面白かったです。
翔やん&エビ中の女子達とのコントタイムはまぁ、ちょっと間延びした感もありましたけど。
サダヲ氏へのかなりな無茶ブリ=いじくり先生とか、カヲルさんの全身から醸し出される中年おじさんの悲哀とか、
翔やんの相変わらず…な演技力とか、普段ご縁のない若さ弾ける女子のキャピキャピパワーとか、色々楽しませて頂きました。
アンコールで登場した中村屋華左右衛門さんとオオムコウ軍団のやりとりには、内臓よじ切れるか言うくらい笑いましたよ。
もうね、良々が色々と酷過ぎたよね。。。*´∀`)´∀`)*´∀`)*´∀`)
そんでもってラストは、カヲルさん渾身の子守唄を、なんとリアルお子様達(被り物をして登場)とゆったり熱唱。
二人とも、とても滑舌がよろしく(特になまずちゃんはカヲルパパも羨むほど)、堂々とパフォーマンスされてて度胸あるなぁと。
それになんか、カヲルさんが普通に愛されパパなのが伝わってきて、ホロリと来ちゃったわ。。。

一方の大阪公演。
司会はレイザーラモンRGさん。これまた楽しい司会っぷりでした☆
達者なお喋りに加え、出てくる度にキャラをとっかえひっかえ、一人モノマネマラソン開催の様相を呈しておりました。
パフォーマンスでは、東京限定ゲストが担っていた役ドコロをメンバーでカバー。
個人的には、破壊さんの出番が多かった大阪公演がより楽しかったです♪♪
しょっぱなの魂メンバーによるポストゴスペラーズなコーラス隊とか、すんごい良かったよー☆
ののてぃ、破壊さんのコーラス声に耳を傾けるのが大好きマンなもので(^ー^* )フフ
カヲルの子守唄で、お子様達の代わりに破壊さんとバイトくん登場したのも嬉しいアレンジでした♪
カヲルさんに甘える破壊さん、すこぶるめんこかった…!!゚.+:。(〃ω〃)゚.+:。
まぁぶっちゃけ、パフォーマンスのクオリティーとしては東京のが上やったかなと思いますけど~。
大阪は、諸々ザツな仕上がりというか…勢いで乗り切った感がかなりね…(*-▽-)
でも、そこいらも含めた辺りが片手間バンド・グループ魂の個性であり面白がりドコロかなと☆

それにしても、第1部終わりに唐突にブっ込まれたダブルダッチタイムは盛り上がったなぁ!!
なんで?なんでそれやろうと思ったん??
さっぱり謎でしたけど、カッチョ良かったわぁ♪
特に破壊さんの、いかにも日頃からやってますけど?感な!
そんな訳ないのに、なんでああいうグルーブこともなげに出せちゃうんでせうね??
もう何度目か分からんけど、惚れ直したばい☆(*´艸`*)

相も変わらず大いに身体を張ったステージングを観してくれた魂さん。というか主にカヲルさん。
あれですかね、暴動さんは寄る年波にあえて逆らってこー(逆らえコノヤロー)!的スタンスなんですかね。
ある意味、真性のパンクですね。
こちらも体力の続く限り、喰らいついて行きたいと思います☆

そんなこんなでカヲルさーん、お誕生日おめでとうございましたー♪♪ヾ(。・ω・。)ノ


そうそう、ついでに聴いてやって下さい。
実は大阪公演で思いがけないサプライズがあったのです。。。
ののてぃ、2階のお席やったんですけどね。。。
着席してぼーっと開演を待ってたら、斜め前の座席に背の高い男性が現れて、あらおっきい人来たなーってふとお顔見たらね。。。

ののてぃのイチオシ若手歌舞伎俳優、坂東新悟丈でしてん・・・!!゚o.゚+☆ワア∩(*・´ω`・*)∩アァア☆+゚.o゚

やーもービックリしたよねぇ!
あんなもん(ヲイ)観に来はるなんてねぇ!
新悟くん前にして、さすがに諸々のコール&レスポンスは控えめに叫んだよねぇ!(叫んだのか)
始まってからもついつい様子を窺ってしもたよ。でもだって目の前おるからしゃあないよ。
ほぼほぼ着席してのご鑑賞やったけど、楽しそうにしてはったよ♪
アンモナイト音頭でノリノリで手拍子してはって萌えたよ♪
ペニジャパの時、うっすらノッてはってわろたよ♪
中村屋コントで爆笑してはって和んだよ♪
会場出る時後ろ歩く形になって背中眺めつつ歩いててんけど、めっちゃ内股歩きでかわゆかったよ♪♪
や~思いがけない遭遇に、大そうテンション上げて貰いました☆
近々松竹座にお邪魔して、舞台に立つ彼もしげしげ眺めてきたいと思います!(^^)/

ちなみに、新悟丈のお隣にまちゃまちゃ嬢が座ってらしたのが(お知り合いではない様子でした)、なかなかシュールな絵面やったなと。


本日のもう1枚:裏もかわゆい♪


コメント
この記事をはてなブックマークに追加