西京極 紫の館

サッカー観戦、映画や音楽鑑賞、読書などなど、
日々のなんやらかんやらを書いてみようかな、と♪

永遠の0  監督/山崎 貴

2013年12月27日 01時05分39秒 | 西京極シネマ
【出演】
 岡田 准一
 三浦 春馬
 井上 真央

【ストーリー】
祖母の葬儀の席で会ったことのない実の祖父・宮部久蔵の存在を聞いた佐伯健太郎。進路に迷っていた健太郎は、太平洋戦争の終戦間際に特攻隊員として出撃した零戦パイロットだったという祖父のことが気に掛かり、かつての戦友たちを訪ねる。そして、天才的な技術を持ちながら“海軍一の臆病者”と呼ばれ、生還することにこだわった祖父の思いも寄らない真実を健太郎は知ることとなり…

【西京極の評価】
百田尚樹の原作小説には及ばないものの、主演の岡田准一はじめ芸達者な面々のおかげで胸が熱くなる事は出来ました。戦争で命を落とした幾多の犠牲の上に今の日本がある。逝った者の想いを継いで生きていく意味と命の重み…戦争を美化するのではなく、反戦を声高に叫ぶでもない。ただ生きる事の意味、それらの主題はしっかり描かれています。特に圧巻なのは田中泯さんの存在感。この点は原作小説では味わえない凄味を感じられます。他に特筆すべきはやはりCG。零戦と米軍機グラマンとのドッグファイト、そして迫力の神風特攻シーン。このCGを手掛けた白組はもはや日本のピクサー、ルーカスフィルムと言っても過言ではないでしょう。
最後に…ラスト、特攻していく宮部の表情に浮かぶ狂気の笑みが頭から離れません。狂うしかない…それが戦争の怖さなのかもしれません。

【総合評価】 ☆☆☆☆★(満点は☆5つ)
 ストーリー ☆☆☆☆★
 演出/演技 ☆☆☆☆★
 映像/特撮 ☆☆☆☆☆
 音楽/音響 ☆☆☆★★

人気ブログランキングへ
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (14)   トラックバック (58)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« プレゼント届かず… | トップ | 武器人間  監督/リチャード... »
最近の画像もっと見る

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ふじき78)
2013-12-29 09:50:40
やはり、田中泯さんが突出してたんですねえ。

ラストは狂った上の表情ですか。やはり原作を読む読まないで細かい解釈は違ってしまうんですなあ(私は原作未読なので)。逆にそれだけ映像のままで語ろうとし、言葉で語らなかったという事かも知れませんが。
ふじき78サンへ (西京極 紫)
2013-12-29 10:25:30
コメントありがとうございます。
貴殿ブログのレビュー、拝読させて頂きました。

ラストの宮部久蔵の笑みの貴殿の解釈、
誠に的を得た解釈であると思います。
謀らずも仲間の命を背負ってしまった彼には
あの選択肢しか残っていなかったのだと思います。

田中泯さんは…もはや反則級の演技ですね(苦笑)

原作では最後に久蔵の孫が、
司法試験に再チャレンジを決意するくだりで終わるのですが、
そのシーンは映画でもあって良かったのでは…と思ったりもしています。
トラバありがとうございます (しげもり)
2013-12-29 20:02:54
西京極紫さん、こんばんは。

折々のトラバありがとうございます。

戦争を美化するでもなく、反戦を強く訴えるわけでもない、確かにおっしゃる通りです。

まさに狂気の時代でしたね。
しかし、そんな中でも、人々は必死に”生きていた”のです。

今は一応は平和な時代ですが、”命”を全うする意味を考えされられました
日本インターネット映画大賞運営委員会と申します (日本インターネット映画大賞運営委員会)
2013-12-29 21:09:21
日本インターネット映画大賞運営委員会と申します。当方では第18回日本インターネット映画大賞を開催しております。もし宜しければ概要(http://www.movieawards.jp/)を読んで頂きまして投票(締切1月16日)のほど宜しくお願い致します。
しげもりサンへ (西京極 紫)
2013-12-29 22:57:15
トラバ返しとコメントありがとうございます。

そうですね、戦争のあった時代に生きると云う事は
どれほど精神的にも肉体的にもしんどかったか…
平和な時代に生きる僕らには想像するしかありません。

大勢の犠牲の上に築いたこの日本に生きる僕らの責任は
平和が永遠に続く様、出来る事をやっていくしかないのかもしれません。

『風立ちぬ』のキャッチコピーではありませんが、
“生きねば!”ですね。
Unknown (dekochin)
2014-01-05 12:47:15
TBありがとうございます。
こちらからもTBさせて頂きました。
よろしくお願いいたします♪
dekochinサンへ (西京極 紫)
2014-01-05 16:10:38
TB返しありがとうございました。
今後とも宜しくお願い致します。
うーん、 (sakurai)
2014-01-13 14:20:09
あれは、狂気の笑みと言うよりは、己の生き場所と死に場所を得た満足の表情と、飛行機乗りの矜持の笑みに見えました。
大河に投ずる一滴であろうと、これが特攻隊の意地みたいなもんをみせたろかいい!みたいな。
まあ、映画を見ての勝手な解釈ですが。
てか、准ちゃんファンとしては、あれでもう垂涎っす。
おばさん、年甲斐もなく完全にKO!まじめによかったです、はい。
百田さんの本でなんでかこれだけ読んでないんすよ。
これを好機に出来た幸運を味わいたいと思います。

今読んでるの終わったら、次に読む予定ですが、終わんない・・・。JKローリングの新作、、、。長くて、くどいんすよ。
sakuraiさんへ (西京極 紫)
2014-01-13 18:10:53
コメントありがとうございます。

>己の生き場所と死に場所を得た満足の表情と、
>飛行機乗りの矜持の笑みに見えました。

なるほど~。
でも、やはり僕の解釈は満足した笑顔には見えませんでしたが…

岡田准一くん、NHK大河「軍師官兵衛」でもがんばってますね。
もうジャニーズタレントというより立派な俳優さんです。

J.K.ローリング、新作発売されてるんですね。
知りませんでした。
また映画化されるんでしょうか?
狂気の意味、教えてください (zames_maki)
2014-01-18 17:00:52
この映画ひどく退屈な特攻美化映画だったので教えてください
>宮部の表情に浮かぶ狂気の笑み
宮部は気がおかしくなって、それまでの「命は大事」から逆転し、特攻したのですか?なぜ宮部が特攻したのか、あなたの受け取りを教えてください

>ただ生きる事の意味
映画のメッセージは何ですか?もし「人間頑張って生きなければいけない」であるなら、どうして主人公は教え子に特攻を辞めるよう説得しないのですか?歴史的にそうだと言うなら、「主人公の命大事で戦闘忌避」の設定
もおかしいですよね、ここだけ「ともかく特攻する」になるのは明らかに不自然で意図的に思えますが?

>戦争を美化するのではなく、反戦を声高に叫ぶでもない
映画が特攻そのものには反対せず「ともかく特攻する」様を描く事の意味を考えてほしい。又あなたは特攻を知っているのですか?実際の特攻はベテランは特攻させず若い下手な奴に行かせる、故障どころか練習機や爆撃機を特攻に使う状態。また故障で帰還すれば「特攻に反抗的」とみなし部隊から隔離し、誰もしらない場所に幽閉する、実質的な戦果はほとんどない、という醜さ・残酷さ・無意味さ、です。

こうした歴史的事実と比較するとこの映画は明らかに特攻(戦争)を美しく見せる=美化する、ように思えますが如何ですか?
 また見に来ますのでよろしくお願いします。
zames_makiさんへ (西京極 紫)
2014-01-18 21:14:28
コメントありがとうございます。
貴殿のブログでの映画『永遠の0』の感想も拝読しました。

まず、僕は戦後生まれなので、太平洋戦争について
真実を知っている訳ではない事をお伝えしておきます。
歴史小説等からの知識が加わった程度だと思います。

その上でこの映画について感じた事を書きました。
貴殿はとにかくこの映画に対して
否定的な視点から分析されている様ですので、
個々のご質問にたいして僕がどう反論しようとも納得はされないと思います。

僕は特攻をかっこいいとも思いませんし、
戦争をしたいと思ってもいません。
特攻への受け取りと映画感想が矛盾している (zames_maki)
2014-01-23 17:35:43
お返事ありがとうございます。しかし
>僕は特攻をかっこいいとも思いませんし、
>戦争をしたいと思ってもいません。
というお返事と映画の感想が矛盾していませんか?
また自分は戦争の事を知らないと、言っているが実際には、この映画で描かれた事が戦争なんだ、と思っているようにしか思えません。

映画の受け取り方は個人の自由です、しかしあなたがこの映画の製作者や、百田尚樹氏に騙されているのなら、それを指摘し正すのが、自分としてすべき事だと感じています。

ただ「感動した」ではなく特攻の事を知った上で考えてほしいのです(例えば弊ブログの1/8「若者観客の「永遠の0」の受容はここが問題」)。特攻はそれをやらせた組織と政府を批判すべきであって、それを使ってお涙ちょうだいのウソで、美化すべきではないと思います。


なるほど! (izumi)
2014-10-22 11:35:23
こんにちは。
TBありがとうございました。
ラストの表情!なるほど、そういうことでしたか。
教え子たちを亡くしたことへの絶望感を感じつつも、最後はやはり家族への愛のみだと思い込んでしまって、“狂気”よりも“家族への愛”にしか考えが至りませんでした
なるほどです、納得しました。ありがとうございました!
izumiさんへ (西京極 紫)
2014-10-24 23:32:39
こちらこそコメントありがとうございました。

ラストの宮部の笑みですが、どう見ても満足した表情とは受け取れなかったもので…

でも本当のところはどうなのか?それは解りません。
僕自身、死に直面した事がありませんので…
あくまでこれは僕の勝手な解釈ではあります。
izumiさんの解釈である“家族への愛”が正しいのかもしれません。

…でもやっぱりあの笑みは怖い笑みです。
岡田くんにその演技の意味を訊いてみたいですね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

58 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
永遠の0 (Akira's VOICE)
命を生む零。  
『永遠の0』 (2013) (相木悟の映画評)
語り継ぐべき特攻隊員の遺志! 歴史を語り継ぐ意義、その中から浮かび上がる「生きろ!」というメッセージが心に届く良品であった。 本作は、いまや売れっ子作家となった百田尚樹のデビュー作となる同名ベストセラー小説の映画化。何度か別稿でも記したが、百田氏は『....
永遠の0~脱力低空飛行 (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。百田尚樹原作、山崎貴監督。岡田准一、三浦春馬、井上真央、濱田岳、新井浩文、染谷将太、三浦貴大、上田竜也、吹石一恵、田中泯、山本學、風吹ジュン、平幹二朗、橋 ...
映画「永遠の0」を観ました!!(2013-20) (馬球1964)
映画「永遠の0」を観ました!!息が出来ません!!
『永遠の0』 2013年12月7日 東宝試写室 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『永遠の0』 を試写会で鑑賞しました。 面白い映画でした 戦争ってなんだろうと考えてしまいますね。 【ストーリー】  祖母の葬儀の席で会ったことのない実の祖父・宮部久蔵(岡田准一)の存在を聞いた佐伯健太郎(三浦春馬)。進路に迷っていた健太郎は、太平洋戦争...
永遠の0 (あーうぃ だにぇっと)
永遠の0@イイノホール
映画 永遠の0 (こみち)
JUGEMテーマ:映画館で観た映画    ゼロ戦が旋回する姿や航空母艦が水上を走っている姿は   美しかった。そして宮部久蔵の人物像を追って行って判った事実は悲しいものでした。そして、祖母松乃と清子を支えた賢一郎や景浦が ...
『永遠の0』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「永遠の0」□監督 山崎 貴□脚本 山崎 貴、林 民夫□原作 百田尚樹 □キャスト 岡田准一、三浦春馬、井上真央、濱田 岳、新井浩文、染谷将太、       三浦貴大、上田竜也、吹石一恵、田中 泯、山本 學、風吹ジュン、    ...
永遠の0 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★☆【4,5点】(P) 映画のラストで冒頭の葬儀シーンの重さを知ることに。
映画『永遠の0』観たよ~ウゥッ・・・(´;ω;`)  (よくばりアンテナ)
わはは。 公式HPで自分の名前入りのポスター画像が作れるっていうんでやってみた♪ ま、そういうことです。 原作で さんざん泣いたので、 まともに作っていれば絶対泣いちゃうってわかっていたので、 映画が始まる前からハンカチ用意してました。 隣の人も...
永遠の0 (花ごよみ)
百田尚樹の同名小説の映画化。 監督は山崎貴 主演は岡田准一。 この小説の主人公、 宮部久蔵を演じます。 孫の健太郎には三浦春馬。 井上真央、染谷将太、新井浩文、濱田岳等が共演。 健太郎(三浦春馬)が血のつながった 祖父である宮部久蔵(岡田准一)が、 な...
永遠の0 (2013) 144分 (極私的映画論+α)
 岡田君・・・すごい役者根性です
永遠の0 ★★★★★ (パピとママ映画のblog)
零戦搭乗員の悲劇を描いた百田尚樹のベストセラーを、『ALWAYS』シリーズなどの監督・山崎貴が映画化した戦争ドラマ。祖父の歴史を調べる孫の視点から、“海軍一の臆病者”と呼ばれたパイロットの真実の姿を、現代と過去を交錯させながらつづっていく。主人公の特攻隊員役...
『永遠の0』 (こねたみっくす)
生かされている命。それは永遠に続く。 宮部久蔵少尉の物語だけが特別ではない。日本の未来を憂い、信じた成果も挙げられずに散っていった多くの英霊たち全員にこのような語り継 ...
映画『永遠の0』★「必ず戻る」~永遠の約束~ (**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**)
      作品について http://cinema.pia.co.jp/title/159874/ ↑ あらすじ・クレジットはこちらを参照ください。   映画レビューです(ネタバレ表示ですがボカす) http://info.movies.yahoo.co.jp/userreview/tyem/id3...
永遠の0 (萬歳楽の酒飲み日記)
公式サイト  http://www.eienno-zero.jp/index.html 原作の百田尚樹著同名小説は未読。 予告編に惹かれたのと、ジャニーズ?1俳優と思っている岡田君が主演と聞いては見逃せない。 祖母の葬儀の席で会ったことのない実の祖父・宮部久蔵(岡田准一)の存在を聞いた....
『永遠の0』('13初鑑賞106・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆☆ (10段階評価で 10) 12月21日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 12:45の回を鑑賞。
永遠の0 (はるみのひとり言)
試写会で観ました。原作未読、サザンの曲が流れる予告でもうお腹いっぱいで、映画はそこまで感動しないんだろうなとちょっと冷めた状態だったんですが・・・すごく良かったです!感動しました。ウルウルなりっぱなしでした。祖母・松乃の葬儀で実の祖父の存在を知った健太...
永遠の0/岡田准一、三浦春馬 (カノンな日々)
百田尚樹さんの同名ベストセラー小説を岡田准一さんの主演で『ALWAYS』シリーズなど手がけてきた日本のVFXの名手・山崎貴監督が映画化した作品です。今夏に零戦開発者の堀越二郎さん ...
『永遠の0』 (時間の無駄と言わないで)
映画館で泣いちゃった。 でも邦画にありがちな重い病気か人死にで泣かせるタイプじゃなかった。 そもそも特攻隊っていうあざとく狙っていけば幾らでも涙を搾り取れる題材なのに結 ...
映画「永遠の0」 (FREE TIME)
映画「永遠の0」を鑑賞しました。
「永遠の0」☆青い空に泳ぐゼロ戦 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
今年の本屋大賞で話題の百田尚樹原作のベストセラー小説「永遠の0」だから、気になっていたのだ。 とはいえ、ジャニーズアイドルとイケメン若手俳優の起用では、期待も薄いなぁーと思っていたのも正直なところ。 ところがっ!!こんなにいい映画だったとはっ!
永遠の0 (だらだら無気力ブログ!)
最後の所は蛇足かな。
「永遠の0」祖父の生きた足跡を知った先にみた生き抜く努力の先に本当に守るべき者たちの姿がある事を残された人たちに継承していた (オールマイティにコメンテート)
「永遠の0」は2004年に祖母を亡くした孫の娘と息子がかつて祖母の夫であった祖父の太平洋戦争での足跡調べていく事でかつて祖父がどんな人物であり、何を託して行ったのかを知 ...
「永遠の0」 戦争を語り、戦争を聞く (はらやんの映画徒然草)
太平洋戦争が終結し、すでにもう65年以上の月日が経っています。 あの戦争を経験し
「永遠の0」、百田尚樹原作の0戦の映画です。 (ひろの映画日誌)
おススメ度 ☆☆☆☆ 特に若い人には見て欲しい意味で ☆☆☆☆☆ かなりの資料を丹念に調べて書き上げた百田尚樹の原作。これパクリだとの批評もありますが、それだけ、現実に即した映画です。 祖母が死んだことから、姉弟の祖父が実際の祖父ではなかったという話で...
『永遠の0』を新宿バルト9シアター9で観て、イビツだとしても好きよふじき★★★★(ネタバレあり) (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★★★おそらくイビツな映画】 原作未読。 これには泣かされる。 でも、私はひねくれ者だから、 映画としては変な作りじゃないかって異は唱えておきたい。 ...
永遠の0 (とりあえず、コメントです)
百田尚樹著のベストセラー小説を山崎貴監督&岡田准一主演で映画化した戦争ドラマです。 原作がとても良かったので、この物語をどのように映像にするのだろうと楽しみにしていました。 丁寧に主人公の心を追った展開に、静かに激しい時代の波に引き込まれていくような作品...
「永遠の0」 (ゆっくり歩こ。)
岡田くんは好きではありません 戦争関係の映画も好きじゃない・・・ なのでこの映画は観に行く予定、ありませんでした 山崎貴監督と知ってそぉなの と そんじゃ観なくっちゃ~! ってわけで行ってみました ラストへの持ってき方が上手いですねぇ 原作も同....
永遠の0 (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
2013/12/21公開(2013/12/10試写) 日本 144分監督:山崎貴出演:岡田准一、三浦春馬、井上真央、濱田岳、新井浩文、染谷将太、三浦貴大、上田竜也、吹石一恵、田中泯、山本學、風吹ジュン、平幹二朗、橋爪功、夏八木勲 [Story]祖母の葬儀の席で会ったことのない実の祖父...
[映画まとめ語り 『ハンガーゲーム2』『プレーンズ』『永遠の0』(時間無くマジ寸評)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆・・・『ハンガーゲーム2』  面白かった。  独裁国家が、自国の統治を盤石にするために、1年に一回、選ばれた国民の殺し合いのゲームを行う中での、それに選ばれたヒロインの物語、の前作で勝ち抜いてからのその後の続編。  前半は、なかなか肝心のハンガーゲー...
映画「永遠のゼロ」 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
2013/12/25、109シネマズ木場。スクリーン3。 岡田准一、三浦春馬、吹石一恵、夏八木勲、井上真央、風吹ジュン、平幹二郎、浜田岳。 * 祖母、松乃の死、葬儀で泣き崩れる祖父、賢一郎(夏八木勲)。 控室で健太郎(三浦春馬)は母、清子(風吹ジュン)と...
永遠の0 (いやいやえん)
これは戦争ものじゃなくて、ヒューマンドラマでしょうね。 司法試験に落ちて進路に迷う健太郎は、祖母の葬儀の日に驚くべき事実を知らされる。実は祖母にはなくなった夫がいて再婚だったというのだ。 本当の祖父の名前は、宮部久蔵。60年前の太平洋戦争で零戦パイロ...
永遠の0 (勝手に映画評)
130万部の同名の大ヒット小説の映画化。本日二本目。そして、今年(2013年)最後の作品です。 実は(と言うか、当然に)原作も読んでいて、今回の映画鑑賞のために再読してみました。泣きました(苦笑)。 その原作の感動がどこまで、映画で描かれていたtかというか、う~...
永遠の0 (居心地)
我が家の恒例行事 「お正月には映画でしょ」が今年も敢行された。 今年の映画は待ち侘びていた≪永遠の0≫ 我が家は3人とも原作を読んでいる。 主役の岡田君が余りにもピッタリの配役なので 早くから期待は高まっていた。 *-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-...
永遠の0 (にきログ)
さて、こちら年末年始の戦争もの映画ですね 私は数年前に原作をすでに読んでいて、今回の映画も楽しみにしていました ちなみに原作の感想はこちら 読んだのが数年前だったため細部はうろ覚えでの鑑賞でした あらすじ 祖母の葬儀の席で会ったことのない実の祖父・...
永遠の0 (心のままに映画の風景)
司法浪人の佐伯健太郎(三浦春馬)は、祖母松乃の葬儀で、賢一郎(夏八木勲)が実の祖父ではないことを知る。 本当の祖父は、太平洋戦争で特攻により戦死した宮部久蔵(岡田准一)であると教えられた健太郎は、姉の慶子(吹石一恵)に、宮部について調べてみようと誘...
永遠の0 2Hドラマ(中身60分)で良かったかな。 (No War,No Nukes,Love Peace,Love Surfin',Love Beer.)
【今年1本目】 妻と約束していたので今年最初の映画はこれになった、ファーストディで109シネマズ湘南。 元旦のテラスモール湘南はすっごい大賑わい、孫への買い物をしたり、あらと&うっちーとこの王子への出産祝いをむちゃくちゃ思い入れ込めて(妻には「それでええ...
「永遠の0」 (ここなつ映画レビュー)
次男がこの作品を観たいと切望した時、原作未読の私は、戦争を美化した話だったら嫌だな、と思ってなかなかうん、と言えませんでした。 戦争は、怖い。でも戦闘機はカッコいい。単純な小学生男子の発想。特に戦闘物が好きな次男にしてみれば、ゼロ戦が戦闘する所、見た...
永遠の0 (そーれりぽーと)
先に観に行った甥っ子(小学六年生)が絶賛していた『永遠の0』を観てきました。 ★★★★★ 戦争を知らない世代の日本人に命の尊さと戦争の愚かさを改めて訴え掛ける、とても大切なメッセージのこもった映画です。 こんな命の礎の上に戦後反映した国家の総理大臣が、散...
永遠の0 (♪HAVE A NICE DAY♪)
戦争を扱った作品だから・・・どうしようかな~・・・と思いながらも 観に行って来ました。 やっぱり切なくて号泣ではないのだけど 何度も涙が。なので終わって鏡を見たら しっかりと泣いた目になってました。 この戦争があった時代というのは、本当に お国の為に命を...
「永遠の0」 (元・副会長のCinema Days)
 山崎貴監督らしい、突っ込みの足りない映画だ。司法試験の受験に失敗して悶々とした毎日を送る青年・佐伯健太郎は、祖母の葬儀で母と姉から自分には戦死した実の祖父がいることを知らされる。本当の祖父は戦時中に特攻隊として戦死し、祖母は娘である健太郎の母を連れ....
『永遠の0』 (sora的日常生活)
今年の1本目の映画は『永遠の0』です。 原作は百田尚樹さんの小説。 映画は小説と導入部分は違っていたけど、 根幹部分は同じでした。 岡田君、ストイックなほど役になりきっていましたね。 ラストの岡田君の表情が頭から離れません。 彼のように、沢山の人が戦....
永遠の0 (迷宮映画館)
泣いた!泣きおさめ。
永遠の0 (to Heart)
この空に願う、未来――壮大な愛の物語。 製作年度 2013年 上映時間 144分 原作 百田尚樹 脚本 山崎貴/林民夫 監督 山崎貴 出演 岡田准一/三浦春馬/井上真央/濱田岳/染谷将太/新井浩文/三浦貴大/上田竜也/吹石一恵/山本學/橋爪功/夏八木勲 零戦搭乗員の悲劇を描いた百田...
『永遠の0』を見ました。 (まさおの「1分で読める日記」)
 お正月休みの1月4日(土)にアレックス シネマ高槻に『永遠の0』を見に行きました。 息子が塾に行くので娘を映画に連れて行こうと 言っていきたい映画を聞くと 『ルパン三世VS名探偵コナン』を見たいと 言うので嫁と一緒に行ってもらいました。 非常に面白かった...
【永遠の0】語り継ぐ物語 (映画@見取り八段)
永遠の0     監督: 山崎貴    出演: 岡田准一、三浦春馬、夏八木勲、井上真央、濱田岳、新井浩文、染谷将太、三浦貴大、上田竜也、吹石一恵、田中泯、山本學、風吹ジュン、平幹二朗、橋爪功 公開: 2013年12月21日 2013年12月25日。劇場観賞。 原作は百田尚...
永遠の0 (映画的・絵画的・音楽的)
 『永遠の0』を吉祥寺オデヲンで見ました。 (1)戦争物の映画は正直あまり見たくはないのですが、評判がとてもいいものですから、映画館に出向いてみました。  物語(注1)は、司法試験に4回落ちている健太郎(三浦春馬)が、姉の慶子(吹石一恵)と一緒に、自分の血の...
永遠の0 (タケヤと愉快な仲間達)
監督:山崎貴 出演:岡田准一、三浦春馬、井上真央、濱田岳、染谷将太、吹石一恵、風吹ジュン、橋爪功、夏八木勲 【解説】 零戦搭乗員の悲劇を描いた百田尚樹のベストセラーを、『ALWAYS』シリーズなどの監督・山崎貴が映画化した戦争ドラマ。祖父の歴史を調べる孫の視...
映画 「永遠のゼロ」 (徒然なるまま”僕の趣味と遊ぶ”)
昨年12月21日に封切られたあと、あちこちで物議をかもし、興行成績7週連続1位という記録を出したとされる映画 「永遠のゼロ」 を見てきました。いつものように、僕は、この映画の原作もストリーも知らずにぶっつけ観賞です。この映画が戦争賛美の映画とも云われて...
永遠のゼロ (LIFE ‘O’ THE PARTY)
原作は未読。 だから純粋に映画だけに関してのわたくしの印象・
永遠の0 (B-scale fan's log)
公開中 山崎貴監督     出演 岡田准一、三浦春馬、吹石一恵、     井上真央、吹雪ジュン、夏八木勲 他 新評価 3.0 (いい映画) ずいぶん前に書店で「店員が薦める本」とあったで、 戦史好きとして手に取ったものの、そっと戻した小説。 映画化で話題な...
永遠の0 (まてぃの徒然映画+雑記)
原作を読んでいたけれど意外と映画の評判もいいので観てきました。原作と比べると現代のシーンが多いなあと思ったけれど、吹石一恵が可愛かったので良しとしよう。 宮部久蔵(岡田准一)の凄さを語るエピソードが結構カットされていたのも、映画の構成上やむを得ないの....
【映評】永遠の0[監督:山崎貴] (自主映画制作工房Stud!o Yunfat 改め ALIQOUI film 映評のページ)
55点(100点満点) この映画は2013年の年末に鑑賞しました。結果的に松本で観た最後の映画になりました。 たいした期待はせず、特撮を楽しんで、ちょっといい話に涙腺が緩めばヨシとしよう、くらいにハードルを相当下げての鑑賞でしたが、それすら下回るがっかりな映画で...
映画「永遠の0」レビュー(岡田准一、海軍航空隊一の臆病者と言われた男の真実) (翼のインサイト競馬予想)
映画「永遠の0」のブルーレイを見たのでレビュー記事(感想)を書いてみたいと思います。(ネタ
永遠の0 (ただの映画好き日記)
司法試験に落ちて進路に迷う佐伯健太郎は、祖母・松乃の葬儀の日に驚くべき事実を知らされる。
<永遠の0> (夢色)
泣き過ぎて目がパンパンで 頭ぐちゃぐちゃのままだから、順不同で つれづれと。*最後の春馬君、とっても良かったな。良い顔してた。叫ぶように泣いてたあの最後。そしてあり得ない 宮部との遭遇。あのシーン、本当に良かった。賛否両論かもしれないけど、私は良いシー...
永遠の0 (空色のきもち)
映画「永遠の0」を観る。 同じ、ひとりの人をみるにも、人によって捉え方は違うわけで。 ある人にとっては「臆病者!」 別の人にとっては「生きることにこだわって、生かそうとしてくれた人」 太平洋戦争で特攻隊として死んでいった祖父のことを 孫姉弟が当時の人達に....