テレビ徒然記

面白いテレビ番組やドラマ、または映画を見た感想を、ミーハーにぼちぼち綴るブログです

シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ(2D字幕版)

2016-05-18 23:30:37 | 映画・DVD
やっと見て来ました!
今回、邦題はシビル・ウォーが先に来るのね。

アントマン、スパイダーマンは未見なんですが、彼らの活躍は楽しめましたよ!
(アベンジャーズ1作目の時も、キャップやハルクは未見でしたが楽しめたのと同様に)

登場ヒーローがたくさんですが、それぞれ見せ場があって良かったですね。

ヒーローが活躍する陰で、一般市民の犠牲者が出てしまう。どうするのか?という難しい問題で、
これが正解だ、という答えはなかなか出ないけど、観客に考えてもらう内容だと思いました。

で、エージェント13=シャロン・カーター=ペギーさんの姪とは!とビックリでしたが、
ペギーさん葬儀の時のシャロンちゃんのスピーチの言葉が、
そのままペギーさんからスティーブに贈られた言葉のようで泣けました(T_T)
あれでスティーブに迷いはなくなったかなと。初めから署名反対のようでしたけど覚悟が出来たというか。

対してトニー。彼ってメンタル弱いとこありますよね(^_^;)
でも、ハワードさん死の真相を知った時、息子としてはああなりますよね。私にも衝撃でした。(>_<)
(ウィンター・ソルジャーの時、伏線あったみたいだけど覚えてなかったので、本当に衝撃…)
でもでも、アイアンマンの胸のリアクターに、キャップがあの盾を突き立てた時はさ、
ハワードさんが二人の争いを止めたように見えたよ…(T_T)(私の妄想ですけど)
あのまま、スティーブとトニーは別れたままなのかなと心配したけど、スティーブから手紙が来て良かったです。

ブラックパンサーは、若き国王が自分でも戦っちゃうのかい、とビックリしました(^_^;)

ヴィジョンはちょっとワンダちゃんに惹かれてる?と思ったり。

ファルコンの「コスプレばっかり」には笑いました♪

ナターシャちゃんは本当に武器は装備してるとはいえ、ほぼ生身で戦ってるんでいつも感心します。
そしてアベンジャーズ1作目の時のように対ホークアイでしたねえ。

トニーがスパイダーマンをスカウトするシーンは良かったですね。
ピーターが超人的な力を手に入れたことへの戸惑いをトニーに吐露するところとか。
でも戦闘シーンではおしゃべりだったり、若者らしくて?良かったです。

アントマンさん、小さいだけじゃなく、巨大化までしちゃうんですね(^_^;)

バッキー、徐々に記憶は戻ってたのね。でもまた眠っちゃうなんて…キャップの危機の時は駆けつけて欲しいぞ。

そうそう!マーティン・フリーマンさんが出て来た時忘れてて、「そういえば出てるんだった!」と思い出して(^_^;)
シャロンちゃんの上司になるの?彼女共々、また出て来て欲しいわ!

キャップ主演の作品はこれで終わりなのかなあ?アベンジャーズ3作目にも期待です。

コメント   トラックバック (4)
この記事をはてなブックマークに追加

SHERLOCK/シャーロック 忌まわしき花嫁

2016-03-17 21:51:59 | 映画・DVD
やっと見て来ました!

BBCシリーズのキャストによる19世紀版正統派?ホームズかと思ったら、
シーズン3と4を繋ぐような構成になってて、面白かったです!
脚本が上手いなあと感心しました。
ただ、シリーズを見ていない人は、わからない部分もあるかな?という感じですね。
元々はBBCでスペシャルとして放送されたものですし…ともかくも見れて良かったです。

主要キャラはもちろん、モリーやアンダーソンやスタンフォードさんも出て来て良かった!
特にモリーはカッコ良かったですね!
ラストの廃教会でアヤシイ儀式をやってるのか?というところは、85年の『ヤング・シャーロック ピラミッドの謎』の
アヤシイ組織が過ぎってしまいました(^_^;)
ホームズ譚にはアヤシイ組織が出て来るから、雰囲気は似るのかな。

メイキングも見れてファンにはお得でした♪
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

真田丸・第9回「駆引」

2016-03-10 18:52:56 | 真田丸
出浦さんは昌幸パパのどこに惚れ込んだんでしょうかねえ。コロコロ考えが変わる昌幸パパなのに(^_^;)
まあ出浦さんが一貫して昌幸パパの味方というのがブレないのでいいんですが。
で、黙ったままの信繁に「機嫌でも悪いのか?」なんて聞く出浦さん。
機嫌って(^_^;)と思いましたけど、信繁の気持ちを察していてそんな風に声をかけたのかな。
そして信繁を気にしつつも、長男として父に行き過ぎた?意見をする弟に「いい加減にしろ」と窘める信幸兄さんいいよね!
優しすぎると言われた信繁、えーと芹沢鴨一派暗殺の時の山南さんがよぎったんですが(^_^;)

優秀な家臣の高梨さんですが、娘きりちゃんと信繁のことになると人間味が出ますよね。
全然高梨さんの思惑通りに運んでないのが今のところ気の毒です(^_^;)

昌幸パパの考えに乗ってくれた室賀さん。いい人にチェンジ?ヤバいフラグなの?(^_^;)
お互いに顔が好かん、と思っていてどっちもどっちね!(^o^)
昌幸パパを褒めますが、本人の前では言わない室賀さんがいいですね♪「黙れ小童!」が流行語になるといいね(笑)

梅ちゃんの「源次郎さまには死んでほしくない」という想いには共感出来ますし、百姓の作兵衛の戦はイヤだという気持ちが本音ですよね。
しかし梅ちゃんがいいなーと思っていたんですが、きりちゃんの素直になれなくてケンカになってしまうところもいいなーと思ってきたので困るわ(笑)
意地張ったり思ったことをズバッと言っちゃうきりちゃんも可愛く見えて来ました!饅頭投げるのは怖いけど

氏直くんも戦国のヤンキーか?あのしゃべり方にも慣れましたけどね

悩む昌幸パパ。馬のいななきとか音だけで信玄の存在を演出するのが良かったです。

信尹さんは有能なエージェントですよね!!カッコイイわ!!

家康がつい約束をした、ついって(^_^;) いや楽しみですけど。

氏政さん、雑魚とか言ってますけど裏切りですげー機嫌悪くしています。そりゃそうだよな。
でも真田家は北条などの大名から見ると、雑魚なのね…。

軍議の場で、「恐れながら!」と申し出る信繁。立ち直った弟を頼もしく思う信幸兄上が優しくてカッコイイわ!!(≧▽≦)
軍議も盛り上がったし、徳川に続々と勝利の知らせが来て、めっちゃ昌幸パパの思惑通りに運んでる!
と思わせておいて、徳川と北条の和睦に「ええっ!?」と驚く兄弟。
事実はドラマより奇なり、ですな(^_^;)

今回の私的MVPは「よっしゃー!」と喜んだ家康様。(^o^)
信長に対面する前の昌幸パパとの化かし合いは、緊張感あってシリアスだったのに、伊賀越えといい、この喜び方といい、
ギャップ萌えです(笑)

そんな家康様と対面する信幸兄上との次回がめっちゃ楽しみです!!


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

真田丸・第8回「調略」

2016-02-28 22:15:03 | 真田丸
オープニングクレジットで斉藤由貴さんの名前を見た時に、「今回は家康が出る♪」と喜んだ私です(^^ゞ
そして初っ端から家康組のシーンが!あの曲は本当に家康のテーマ曲ですよ、サントラに「家康という男」で入ってます♪
今回のサスペンス劇場の癒しのパートでしたね。(^o^)

真っ黒でうそつきの昌幸パパ。室賀さんの「よう言うわ!」は視聴者の代弁でもあるね(^_^;)
汚れ役の叔父上・信尹さんですが、兄・昌幸さんのためなら何でもやるぜ!というブレないところはカッコイイです。
演じているのは元劇団四季の俳優さんだとか。声の通りがいいなあと感じていたらそうだったのか!
叔父上今後大丈夫か?と心配したので調べると、長生きするようです。
信尹さんを疑ってる直江さん。こわいよー(^_^;)
この話、まだ信繁が人質で上杉に行く前だった。人質で行った時にウソついてたことがバレるじゃん。大丈夫か?
その辺どう描くのか期待もありますけど(^_^;)

ウザいきりちゃんですが、今回のしゃべり方で氏直ぼっちゃんもウザかったですよ(^_^;)
氏直くんもねー、偉大な父上がいるからねー、虚勢を張ってるようにも見えます。
でも2代目仲間の織田信忠くんの方がまだ殿らしかったなあ。

昌幸さんに付き従っている出浦さんもブレないですよね。昌幸さんに恩義でもあるのかなあ…。

梅ちゃん、薪割に力が入る・兄上へのツッコミ「上杉です!」が面白かったし、しっかりしてるし、きりちゃんにイラッとしてるね(^_^;)

そして今回のヒロイン・春日さん…いい人は戦国時代を生き延びられないって教訓でしょうか(T_T)
サルスベリが美しくも悲しい演出になっておりましたな…。

景勝さんもいい人ですが、直江さんがガードしてるので安心かな(^_^;)

信幸・信繁、また二人で色々話したんでしょうね。サントラに「ふたりでひとつ」というタイトルがあるんです。泣ける…。
お風呂でさっぱりしたけど真っ黒なパパを前に、息子二人は何を思うのか…で続くと思ったら家康組のオチが!(^_^;)

昌幸の策略だって思い付くあたり、家康さんは本当に三方が原の戦いで真田にひどい目に合わされたのね(^_^;)
↑はドラマっぽい流れだけど、面白かったので許す♪(^o^)

次回はなんだ、恋の駆引きも含まれるのか?(^_^;)
家康さんと北条さんのにこにこ顔合わせも不気味な感じで期待です!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

真田丸・第7回「奪回」

2016-02-25 21:24:16 | 真田丸
今回は…きりちゃんのうっとうしさが話題になりましたね(^_^;)
きりちゃんも自覚はあるようですし、私もイラッとしました。
でもイラッとした後に、三谷さんも演出も演じる長澤さんも、わかってやってるんだろうなーと思い直して。
今はまだ10代なので、今後成長するんだろうと思って見守ります(^_^;)
あと、とりさんが「これくらい気が強いほうがいいかもね」なんていう眼差しがあって、そこは良かったです。

滝川さん、いい人だ…おかげで昌幸パパが読み違えましたね。
城ふたつを返したことは史実だったようですが、ドラマの昌幸パパが勝手に奪い返したのは創作だったようです(^_^;)
小国ゆえのパパの読み違えなのかもしれませんね。

あの1、2話の勝頼さまを見ると、とりさんの一発で木曽さんを許すのは違うだろー!と思うんですが(^_^;)、
木曽さんも悪いだけではない一面があったということですね。

真田の郷に帰って来た信繁と信幸兄さんの会話が良かったです♪
「いっぱいいっぱいなんだ」って現代っぽい言葉ですけど、許せちゃうなー。
信幸兄さんもそういう弱音を弟には言えるってことだよね。
兄弟同士でも争ってしまう戦国時代に、この真田の兄弟は仲良しでいいですね♪

次回はパパの黒い部分を信繁が感じるってこと!?上杉の人質時代(短かったようですが)の話になるのかな?
ていうか、まだ1582年が続いてるもんね…期待です!

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

真田丸・第6回「迷走」

2016-02-14 22:11:52 | 真田丸
今回は前日にブラタモリを見てたので、信濃が周辺の武将たちから狙われるのがすごくよく分かったし、沼田城のことも出て来たので良かったです!

姉上を助けられず、鼻っ柱を折られた信繁の挫折感とか、落ち込み、そして自信を失くしてしまった気持ちを梅ちゃんに告白するところは良かったです。
父や兄には弱音を吐けなかったのね。
昌幸パパに、信濃に生まれたことや父上の息子として生まれたことを誇りに思います、って素直に言うところも◎。
おかげで昌幸パパも覚悟を決められた、みたいな流れになりましたし。パパは大事なことは3回言うのね!

まっすぐな信幸、優しい兄上の信幸も好きです♪

出浦さんが信繁の頭をポンポンするのに、ほっこりしました。出浦さんの子供はいるのかなあ?自分の子供には厳しかったりして。

佐助の登場シーンがカッコイイ!!

素直になれないきりちゃん、ちょっと梅ちゃんにリードされた!?

前回伊賀越えでおにぎりラブラブだったのが、今回はマッサージらぶらぶになっておりますな(^_^;)
家康さん&家臣ズ…面白すぎる
この家康さんがどういう風に天下を取りに行くのか、積極的に行くのか、ひょっとして成り行き任せで行くのか、期待ですね!

そうそう、実は木村佳乃さんのインタビューを読んでいたので、松が助かることは知ってまして(^_^;)(ネタバレしてるなんて思わなかった…)
でも行方不明は史実らしいですね。(@_@;)
創作かと思わせたミタニさん流石やな!

氏政さんが必要以上に悪く見える(^_^;)

真田にとってはぽっと出感のある秀吉なのね。真田視点が面白いですよね。

次回は合戦シーンがあるのでしょうか。楽しみです!
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

真田丸・第5回「窮地」

2016-02-07 21:21:22 | 真田丸
今回はコメディパートが多かったですね(^_^;)
私は面白く見たけど、重厚な大河ドラマを期待している人にとっては不評なのかなあ…(心配)

家康さん…現実の伊賀越えはあんなもんかもしれないね(^_^;)
殿といえど、険しい山を越えるのは、かっこよくいられないだろうし(^_^;)
服部半蔵も雑というか、力で押し通しましたね(^o^)
握り飯のシーンで家康と忠勝が米粒を食べ合うのは、深い意味があるの!?可愛かったけど(^-^;)

「父上の本心をお聞かせください」「まったくわからん!!」
昌幸パパいいね!
でも、息子の前では本音が言えるんだね。だましたりもするけどさあ、やっぱり嫡男として信頼してるんだよ。
カタブツ信幸だけど、ちゃんと愛されてるんだよ。

景勝さん渋い!直江兼続さんイケメンやなー声が低めでビックリした。

きりの父の高梨さん。まさか家臣の方から娘と婚約を…とか言いだすのかと思ったら、奉公か。あーびっくりした。
梅ちゃんときりちゃん、結構あれは信繁を巡っての駆け引きのようにも思えた。

信長の息子の自刃のシーンが(T_T)
三谷さんは偉大な父を持った2代目を描くと言っていたので、織田信忠の最期は見せてくれたのね…。
なんだか、前回の昌幸との対面の時に、あー信長の息子っぽい、と感じたので演じた玉置玲央さんが上手かったのではないかと。

信繁、安土と京を行ったり来たり。どのくらいの距離なんだろう。
姉上には逆らえず、他の人質さんまで助けましたが、大丈夫?
次回松さんはどうなるの!?気になります。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

真田丸・第4回「挑戦」

2016-01-31 21:53:16 | 真田丸
今回も面白かったですね!

本能寺が早っ!とか、あれだけ?と話題沸騰ですが(笑)
それとまた『独眼竜政宗』の時のことを書きますが(^_^;)、政宗は信長の噂を聞いて憧れてはいたんだけれども、信長討ち取られましたーという知らせを聞いてショック受けてましたけれども、本能寺が燃えるイメージシーンさえなかったような。
だって遠い所の事件ですもんね。
今回も安土に信繁がいて、あの折檻シーンが強烈に残っていたのか夢に見ちゃってましたが(^_^;)、重要なのは信長が死んじゃってまた真田はどーすればいいんだーということがメインですからねー。
織田に恭順して3ヶ月も経ってないよね?関わりは薄い方なので、本能寺はさらーっと流されちゃうわねえ。

しかし光秀はMなの?と思うほど、痛めつけられたのに微笑んでなかったか?と見えたのは私がおかしいのかと若干悩んでいたら、こんな記事が→こちら
なーるほどね。三谷さんのこだわりなのねー。

そして今回も昌幸パパ@草刈さん良かったですね!
家康との化かし合いの緊張感がハンパない!
しかし息子たちの前で見せる頼もしさは、力のある大名の前では無力となってしまうというか…。
家臣や叔父の前では悔しさも見せるようですね。
アナ雪じゃなくて穴山梅雪に「おう!」って…彼の裏切りに対してはどう思ってたんでしょうね(^_^;)

家康@内野さんのファンになってしまいそう!昌幸の本心を見極めようとやり取りするシーンは「顔近いよ!」とツッコミながらも見応えありました!
折檻シーンでは怒る信長を恐れて押さえられず見守るしかなくて、信長が去った後に光秀を介抱するのは優しかったですね。(何もできなくてごめんね、という罪滅ぼしもあったかも?)
あと、信繁が家康と気付かずに会話するシーンも面白かったです。将来は…と思うと今から感慨深いシーンでしたね。
弓立てに車を付けるって、教えていいのかしらー。本多さんが早速アイディアを頂きそうよ!
信繁@堺さんはまだ10代の頃だから、無邪気でもいいか。父や家康を見つつ経験を積んでいったらいいのよね♪
「私が考えました!」と言うと、家康が感心して褒めてくれそうだったよ!気のせい?

松を人質に、と信幸が推したのは、信繁の作戦(しげまさ兄を松に付いて行かせる)に気づいたのか、密偵に相応しいと思ってか、どっちだろうね(^_^;)

身分を考えなさい、というきりの父上は正しいよね。身分のある時代だもんね。

次回は伊賀越え!『江』の時、家康一行に無理やり江が一緒に付いて行ったあれかな(^_^;)
信繁も安土脱出作戦か?来たばかりなのに大変だけど楽しみ!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

真田丸・第3回「策略」

2016-01-24 21:44:38 | 真田丸
真田家って兄弟仲がいいんだね?
昌幸の弟さんは兄の方針に素直に従い、信繁から鑑とされてるし、昌幸の叔父の矢沢さんも「のるかそるかは真田家の家風じゃ」みたいなことを言って従ってくれるし。矢沢さんの兄(真田幸隆)の息子が家督を継いでるわけだ。矢沢さんは養子に行ったんだね。(調べたよ気になって)
矢沢さんの息子が三十郎だから、確かに信繁とは親戚になるんだ、なるほどー。(今さら)

しげまさ@高木さん、よく逃げられたなあと感心(^_^;)
しかし今後がさらに気になる!

家康さん、あの音楽は家康のテーマ曲なの?(^_^;) 今のところコメディリリーフみたいになってるけど、キリッとしたところも見せるし、さすが内野さん!
本多という家臣が二人も出て来て…親戚?そのうち調べよう(^_^;)

きりちゃん、梅ちゃんが出て来ましたな。きりちゃんはあの高梨さんの娘なんでしょ?そうは見えなかったり(^_^;)
力持ちな梅ちゃん可愛いです♪

昌幸パパの策略とは思ったんだ。ただ、出浦さんまで味方だったとは気づかなかった!出浦@寺島さんオイシイ役回りでしたね!

パパに翻弄される信幸。妻のこうさんの「源三郎さまは真田の嫡男…」と最後まで言えず同じところで咳き込むのが2回続いたので、ミタニさん(^_^;)と思ったんだが、「真田の嫡男」の役目を本当にちゃんと妻は分かってたんだとギャグなシーンじゃなかったんだと感じさせられました。
で、自由なパパと弟に苦労させられっぱなしですけど、関ヶ原の前を思うと切ない…。
大泉さん毎回良いですね!

周りが良いので、信繁@堺さんについては、まだのんびり見てられます。いや先の事を考えると切ないけど、きりちゃんともども、成長していく姿を見守りたいですね。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

真田丸・第2回「決断」

2016-01-17 21:58:12 | 真田丸
私はツイッターをやっていませんが、#真田丸でみなさんの実況や感想を読むと満足してしまい、感想書かなくていいやーとなってしまうのですが(2回目にして書くのをザセツしそう)、頑張って書きます(^_^;)

・1、2回のヒロインは勝頼さまでしたね。もしくは全2回大河ドラマ『武田勝頼』だよ…(T_T)
平岳大さん、今度大河に出る時は長生きする役をやってほしいですわ。もっと見たかった…。

・内野さんが演じるとイケメン家康だわーでもちゃんとたぬきっぷりも見せてくれてさすがです。今後が楽しみ♪
家康の家臣の内情には詳しくないですが、本多と石川の台詞なしのバチバチぶりと、石川の「徳川家中は一心同体」というのに、何かあるのねと思わせるのは上手いですね。

・小山田@高木渉さんはどーなるのでしょうね?ラブラブな奥さんとの再会はあるのか!?(調べるのがこわい

・家族の危機に颯爽と助けに現れた昌幸パパ!カッコイイ!と思ったら、くじ引きでのギャップが面白い
オイシイところを持っていくね!
でも主役がまだ10代の時はお父さんが主役並に目立っていいんだよね。政宗もそうだったし…(つい懐かしんでしまう)

・父と弟の間で苦労する真面目な兄さん、頑張れ!

堺さんだけでなく、周りの方ももちろんいいので、ドラマ全体が面白いです。
これに大人になり、立派な武将となっていく堺さんが見られると思うとワクワクしますね♪
三谷さんらしいメリハリのきいた(笑いと切なさとか)展開は、私は好きだけど、年配の方はどう感じていらっしゃるのかなあ?
でも年配といっても、私もすでにアラフィフだし、今の60代・70代でも80年代前半の大河世代なのかな?楽しめてるといいなあと思います。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加