ハートの贈りもの―2017―黄金時代05年

2017-光あふれるニューアースを共同創造し、さらにアセンションを目指します。”一なるものの法”を学ぶサイトです。

そんなインフラ、必要ないでしょ。

2016-04-04 10:41:39 | その他コンスピラシー
このニュースは、つまらないなあ。

批判に取られるとイヤなので名前はあげませんが、今朝の〇○週報の記事です。わかりますよね。ハハハ。(*´∇`*)

太陽光発電や風力タービンで? 今さら? いずれ地球の環境に負荷をかけるそんな箱もの、大規模インフラ、これからは必要ないでしょう! 時代遅れ! ニューアースでは、地表の自然は、手つかずのまま保全されるはずです。多くの進化した惑星のようにね。

もっとスマート、もっとクリーン、パーソナルなフリーエネルギーが地球にも実在している。SSPでは使っている。完全ディスクロージャーで解禁されればいいだけのことです。

これを本気ですばらしいと思っているとしたら、彼はまったく部分的ディスクロージャー推進派か。。。

フリーエネルギーの真実のリークは始まっていて、スタートレック時代はすぐそこまで来ている。ちらちらと表メディアにも、その情報は顔を覗かせています。

私たちの意識的な選択・宣言で、人類の集合意識を、完全ディスクロージャーに同調させたいですね。


【 第4回 核安全保障サミット 】

いずれにせよ、「核安全保障サミット」 というのは単なる口実で、ここで主に
議論されていたのは長年続いたアメリカと中国の 「東西金融覇権争い」 、
延いては 「世界覇権争い」 の終結についてだったという。そして、それを
裏付けるヒントは既に表のニュースの中にも見つけることが出来る。

まず、このサミットの開催と共に、中国政府は50兆ドル(約5000兆円)規模
の 「世界電力ネットワークの建設」 を世界に提案している。
この構想は、「世界中から莫大な投資を募り、アジア、ヨーロッパ、アフリカ、
アメリカ大陸にあるソーラーファーム(太陽光発電所)や風力タービン(風力
発電装置)、電力所を結ぶ」 というもの。
www.nbcnews.com/business/energy/china-unveils-proposal-50-trillion-global-electricity-network-n548376

ここで提案されている「50兆ドル」という額は中国主導で設立された「アジア
インフラ投資銀行( AIIB )」 の資本金 (1000億ドル) の500倍、世界銀行
の年間投資額の約1000倍もの規模である。まだ 提案の段階だが、これが実現
すれば世界最大のインフラプロジェクトとなる予定だ。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

まだやってるよ、NHK・偽地震テロップ「午前8時46分(に起こしたい)」、瞑想集結プロテクト日本!

2014-04-03 08:03:44 | その他コンスピラシー
今朝(4/3)、7時6分か7分頃、NHKニュースの画面上に一瞬ですが、「午前8時46分、地震が発生しました」というテロップが流れたのに気付いた方、おられますか? 震源地は東北だったような。。

例の46分ねえ、ふふん、まだ「地震を起こしたい」勢力が悪あがきをしているようですね。

私たちの瞑想パワーで、日本列島全体を光で包んで、プロテクトしてしまいましょう。これを読んだら、この瞬間から、皆さんの愛とパワーを日本に、ガイアに送って下さい。よろしくお願いします。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

米・暫定政府の大統領はベイナ―で、、では、副大統領は?、、ロン・ポールだそうです!

2013-01-15 14:44:46 | その他コンスピラシー
先に取り上げた Removing the Shackle から、さらなる爆弾情報

暫定政府の大統領は、下院議長のベイナー氏だそうですが。では、副大統領は?

彼女はまだ、正式には明かせないそうですが、ヒントの一つは、「ピーターとマリーが飛行機に乗るとしたら、一緒に連れて行きたい人はだれ?」です。

ふふふ。年配の方なら、簡単ですね。

みんな、すぐにわかったようです。PPM、そう、答えは、ロン・ポール氏!

先の共和党大統領候補指名争いで、全米で熱狂的な支持を受けたにも関わらず、ロムニーの不正に敗れた下院議員です。

面白い展開になってきましたね。いつ、ディスクローズされるのでしょうか。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

独りごとだけど。。。何かとてつもなく大きなことが起きている。

2013-01-02 20:26:18 | その他コンスピラシー
2012年12月22日に突如として理想郷が出現しなかったことでがっかりした人々も多かっただろうが、私には今はそれが当然だったように思える。

人類の集合意識には、まだ一夜にして理想の世界を顕現するほどの力は無かっただけのこと。12月21日は、大きなエネルギーの降り注ぐ節目の日の一つとして捉えるべきだったようだ。そのことは、マシュー君や、Cobra からも、事前に告げられていた。

また、様々な予言で言われていたような大惨事を伴う地球の建て直し、それとは違うタイムラインを既に私たちは選んでいた。そのことも、多くのアセンション本に書かれていたような劇的な現象が起きなかった理由の一つだろう。

アセンションとはプロセスであり、12月21日を境に、5次元の波動が地球とその上に存在する人間を覆いつつあるのは本当だ。だが、それだけで私たちが完全意識に戻ることは難しいようだ。

代わって、シェルダン・ナイドルのメッセージが、刻一刻と、ブレイクポイントに近づいている。

今、非常に大きなことが起きている。大き過ぎて、私には全体像が掴めないけれど、少しずつ、その巨大な姿をネット上に現しつつある、そんな感じがひしひしとする。

パズルのピースとしては、私の直感では、

(American Kabuki + Removing the Shackles + Tom Heneghan + Ben Fulford) + (Cobra + Poof) = Sheldan Nidle のメッセージ

これらをつなぎ合わせれば、、、、といったところ。

このPeople's TrustWanta Fund通貨見直し合衆国から州脱退の動きなど、断片的な情報を寄せ集めれば、シェルダン、そしてCobra のメッセージに近づいてくる。

The 2012 Scenario でのインタビューによると、シェルダンはチャネラーではない。彼はシリウスからの転生者として生まれ、生まれた直後から、実際にシップ内で、シリウス人のメンターによって育てられたそうだ。

そして、彼の現在のメッセージは、実際に、彼も参加している銀河間会議の議事録として与えられている。

そしてまた、Cobra は、実際にプレアデス人と共に、地球解放運動を実践していると、私には感じられる。

彼らのメッセージの内容は、今の世界情勢と密にリンクしつつある。

近いうちに、きっと、私たちの想像を超えた手法・規模で、イベントは起きる。

記事として書くほど整理できていないけれど、私の直感による独りごととして。。。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

デービッド・アイク―高い波動の広がり、美しい進化が始まる

2012-12-28 16:10:24 | その他コンスピラシー


デービッド・アイクが語る、栄光に満ちた Beyond 2012

マヤ歴の終わりは、転換点であり、アセンション、振動数の上昇、高い波動が地球に広がり、定着してゆくにつれ、世界が素晴らしく変わってゆくことを強調しています。美しい動画です。

そして、実際に、それが始まったのです。チャネリング・メッセージは、各界からの祝福のメッセージであふれています。

21日の冬至の日、アセンション、皆さんはポータルをどのようにくぐり抜けられましたか?

Bliss (至福の喜び)を体験した人は多いようです。

アセンションとは振動数の上昇、次元の上昇のこと。

集合意識の選択に従って、穏やかな移行が起こっており、新しい振動数が今、徐々に浸透しつつあるところです。エネルギーの流入はまだ続いています。年末までは、アセンションのエネルギーは、この世界のすべてに注入され続けます。

以前も書きましたが、天界は、目覚めたら世界が激変しているような過激な移行は望んでいません。自分の想念で物事が実現する5次元へ、突然放り込まれたら、「暗黒の3日間」のように、自分の持つ恐怖により、周囲に実際に恐怖を顕現させてしまう人も出てくることでしょう。そのような混乱を起こさせないために、天界は、人類の集合意識の上昇を大事に大事に育んできました。そして、実務の多くを担当するスペース・ファミリーも、ゴーサインが出るのを、辛抱強く待ってきました。

あなたは、いかがですか?

あなたの中には、Surrender and Gratitude、すべてを神の意志に任せて、ただあるがままを喜び、感謝する、そのような安らかな気持ち、あらゆる人が、動物が、世界のすべてが、神の別の姿であり、自分と一体である、そのような一体感が広がっていますか?

それならば、3次元のホログラムではなく、5次元へ足を踏み入れていますね、きっと。

「何も起こっていないじゃないか、アセンションなんて詐欺だった。」 もし、そのようなことを言う人がいたとしても、言わせておきましょう。それが、その人が選ぶ、その人の目に映る世界であり、私たちとは見ている深さが違うのです。

マスコミのニュースだけを追っていれば、ネガティビティは残っているけれど、私には、自分、自分の周囲、日本に、世界に、少しずつだけれど、平和が、一体感が、愛を希求する気持ちが、日に日に強まっているのが感じられます。

よくここまで、無事にたどり着いたものだと、しみじみ喜んでいます。2012年は、奇跡の年でした。

イルミナティが必死になって何とか勃発させようと計画していた悪事は、いずれも水際で阻止されました。第3次世界大戦も、オリンピック・テロも、防がれました。世界のあらゆる領域に鉄壁の支配網を敷いてきたイルミナティですが、無数の裂け目が見えてきて、内部からも数々の秘密が暴き出されています。どれほど勇気のある人が何を証言したところで、少し前ならば、私たちの耳に届くまでには完全に握りつぶされていたことでしょう。

そして、数えられないほどの数の巨大地震が各地を襲ったにもかかわらず、人的被害は信じられないほど少数にとどまりました。天界からのメッセージにある通りでした。3・11の地震で大惨事を経験した私たちとしては、この被害の小ささは、奇跡としか思えませんでした。

本当に、私たちは守られて、奇跡の中に生きています。各地の古い予言や黙示録にあったような壊滅的大変動による世界の建て直し、3分の1、あるいは10分の1の人数での再出発、そのようなタイムラインから、調和を守って、全員がアセンドする選択肢を与えられる(なるべく多くの人を連れて行くことをガイアは望んでいます)タイムラインへと、無事に乗り換えることができました。

自分は今、ソウルとして選んだ正しい場所にいる、そのことを知り、神を愛し、神に感謝し、神がすべてを良い方向へ導いて下さる、それを信じて進みたいと思います。地球と人類の黄金時代に貢献したい、そういう積極的な気持ちで、この新しい振動数の中に根を下ろしていきたいと思います。

このアセンションで、完全意識まで取り戻した人は、まだほとんどいないのではないでしょうか。

完全意識の復活には、過去に切断されてしまった DNA の修復が必要で、それにはやはり、シェルダン・ナイドルのメッセージで伝えられているように、アガルタか、スペース・シップ内のライト・チェンバーの先進テクノロジーを利用するのが最も早道なのかもしれません。

AA マイケルによると、どのような方法でそれを達成するかは、「その人の望む通りに」ということですから、この先、ディスクロージャーが行われて、イベントが順を追って進行し始めれば、自分はどのような形で完全意識を回復するか、選択肢が見えてくることでしょう。

焦らずに、一歩ずつ、ですね。♪. ♪~♪ d(⌒o⌒)b♪~♪

日々、自分のすべきことをして、波動を高く保ち、愛と調和の中に生きていれば、自然とすべては、私たちの目の前で、素晴らしい展開を見せてゆくのだと思います。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

本当にそうなのかな??

2012-12-12 12:49:33 | その他コンスピラシー
尼崎連続遺棄 警察庁幹部「大変遺憾なこと」 角田容疑者自殺で
産経新聞 12月12日(水)11時45分配信


って、本当に自殺なんだろうか。留置所内って。。。

この事件、これまで表沙汰になるのを防いできた権力との闇の関係がありそうだから、この人にこの先、いろいろ喋られたら困る人たちもいたんじゃないのかな。密室での出来事だものねえ。「死にたい」なんて話、いくらでも作れるから。マスゴミも。。。あるいは、「自殺できそうな状況でもそのままにしておく」という、消極的な加担もあるしね。まったくもって、警察も信用を失っている。

それとも、単に、アセンションを間近にして、波動が低過ぎるため、地球を去ったのだろうか。。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

えええっ!知らんかった~。

2012-11-14 12:48:18 | その他コンスピラシー
司法取引か。。。

オザワ氏どうのこうのは、私にはわからないけれど。

こっちの人の胡散臭さは、さもありなん。

◆2012/11/14(水)② 『石原彰晃物語』

もう、こんな党に入れる人、いないでしょ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

闇の終わり: 次々に暴露されるイルミナティ内部情報―アセンションを知っていて阻止しようとしていた

2012-11-06 12:09:25 | その他コンスピラシー
NWO / イルミナティの悪行が、どんどん明らかになっています。ご紹介まで。

闇の奴らが行ってきた数々の秘密プロジェクトに、途方もない金額がつぎ込まれてきました。

BLACK PROJECTS : FOLLOW THE MONEY

NWO の内部告発者による画期的なリークです。奴らが、アセンション(地球と人類を含む太陽系の進化)を阻止するために用いてきた HAARP やケムトレイルを始めとするスーパーサイエンス・テクノロジーの詳細が暴露されています。ここで重要なのは、奴らが、アセンションの到来を知っており、かつ、それを我々に知らせないままに、阻止しようとしていた、という事実なのです。

'Top Secret Insider' Reveals All - Part #1 - November 5th, 2012

NWO について。その驚くべき歴史。

Eustace Mullins – The New World Order (Full Length) - Everyone should take the time to listen to this. No matter what you have read, this is different and eye-opening. -J










コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「リビア米大使殺害」もやらせテロ、イルミナティの悪あがきでしょ

2012-09-13 13:04:11 | その他コンスピラシー
リビアの米領事館襲撃に「アルカイダの特徴」、米下院情報特別委員長

炎上する領事館内に取り残された駐リビア米国大使、死の真相は

実際には、何が起きたのかわからない。。この記事を書いた記者自身が、微妙に、疑問点を浮かび上がらせています。

そうでしょう。そうでしょう。どう見ても、イルミナティの最後の悪あがき、何とか第3次世界大戦を起こそうとする内部犯行、やらせテロでしょう。アルカイダの名前を出すところなど、見えすいていますね。

世界最強国家、米国の領事館ですよ、しかも、もともと危険が一杯だと認識しているはずのリビアで、わずかな人数の武装グループごときに大事な大使が殺されるお粗末など、通常ならありえないでしょう。

そもそものイスラム侮辱映像の製作自体が闇のスキームで、それを広める人々は、そのエージェントなのでしょう。

覚醒した人々は、もう、騙されませんね。



他にも、リビアの人々の写真が。
コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

銀行の驚くべき犯罪の数々。ええっ、こんなに!

2012-08-03 21:09:21 | その他コンスピラシー
英語ですが。

大手銀行が犯してきた、とんでもない罪の数々。想像力の限界を超えていました。。。

まさに、ここは、プリズン・プラネット、だったんですねえ。。涙)

Stunning Crimes of the Big Banks: Worse than Your Wildest Imagination
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

デンバー乱射事件の犯人は別人?LIBORスキャンダルの証言封じ?

2012-07-29 16:38:11 | その他コンスピラシー

Colorado Massacre Linked To Historic Bank Fraud - Killer Does Not Appear To Be James Holmes


Wealth doesn't trickle down – it just floods offshore, research reveals



デンバー乱射事件の犯人は、ジェームス・ホームスではない、という説が有力になりつつあります。

彼の父で犯罪科学者のロバート・ホームズが、LIBOR スキャンダルの詐欺の規模を明らかにするコンピューター・アルゴリズムを開発し、規模を明らかにするどころか、その金の大半が、オフショアの(闇の勢力の)口座に流れ込んでいたことまで、突き止めたようです。それを、数週間のうちに、米国上院の調査会で、証言することになっていたとか。

つまり、父、ロバート・ホームズに対する脅迫として、息子のジェームスが犯人に偽装されたのではないか、と推測されています。

写真を見ると、別人と言われていますから、とすると、本当のジェームスは何処にいる??
彡彡彡(TдT)彡彡彡

光が強くなっているせいで、このような犯罪の裏側も、あっという間に暴露されますね。
コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

ロンドン五輪、一体どれだけのイルミナティのシンボルが?

2012-07-29 13:58:27 | その他コンスピラシー


ロンドン五輪、一体どれだけのイルミナティのシンボルがあるか?ということで、盛り上がりそうです。

Fun with the Illuminati…”How Many Illuminati Symbols Can YOU Find in the Opening Ceremony??”

なお、余談ですが、エリザベス女王が、レプティリアンから戻りきれずに、レプティリアンの目を残している時の写真が、時々報道されます。

もし、この目が真に人間としての病気だったら、完全に失明しているはずです。

スペース・ファミリーに対して、「ディスクロージャーを認める代わりに、免罪を」要求したそうですが、大衆の中には、既に彼女の正体に気づいている人々がたくさんいます。





Queen sports bloodshot eye at polo (ヘラルド・サン) From: Press Association June 18, 2012 7:27AM


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

こんなに証拠がいっぱいあるのに、何故騙される?

2012-07-23 20:49:25 | その他コンスピラシー




素人の私には、↓初めて聞く話もありました。

まだまだ信者は多いみたいだけど、一体いつまで騙され続けるのか?――感情に左右されず、事実を直視して!!

ついでですが、小沢一郎は世界政府派のエースだと思っています。

そうですよね、客観的な証拠は、すべて、小沢一郎=イルミナティ黒いよ、黒い、この人

多くの国民がまだ騙されている様子なのが耐えられなくて、ついつい、この件だけは、まだ記事にしてしまう私です。はあ~。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

イタリアの黒貴族13血族と黒法王こそが、地球を支配してきた闇の正体だ

2012-07-20 20:35:01 | その他コンスピラシー
ペンタゴン・インサイダーの Drake や、レジスタンス・ムーブメントの Cobra は、地球の低層アストラル界に巣食った闇のエネルギー体、Archon について、「まずは、敵の正体を知ることが大事だ」、と言っています。

「奴らの名前が明らかになれば、住所や所在を調べて、その行動を監視する人々が増えるだろうから」と。

そして、以下のリンクの者たちが、闇のエネルギー体、Ankle Biter (これから、私は、Archon ではなく、そう呼びます)が取り憑いた地球の13の血族だそうです。気持ちが悪いのが苦手な人は、別に知らなくてもいいと思いますよ。私はただ、コンスピラシー・ファクトに、格別、興味のある方に向けて、情報提供をしています。

The Jesuit Vatican New World Order – Bloodlines

全く馴染みのない名前ばかりですよね。最も高位の「イタリアの黒い貴族たち」です。奴らは、表舞台に立たないよう、巧妙に姿を隠してきました。Ankle biter は、この者たちの血族の中、主要な地位の者として、繰り返し転生してきて、この13家系を通じて、世界を支配してきたということです。

ビルダーバーグだの、300人委員会だのは下部組織、エリザベス女王やロスチャイルドも、奴らの子分に過ぎません。逆らえば、チョン、一巻の終わりです。

そして、もちろん、その中心には、Black Pope (黒法王)、悪魔教・ルシフェリアンのイエズス会総長がいます。

The Most Powerful Man In The World?  The “Black” Pope  Count Hans Kolvenbach―The Jesuit’s General 4/15/00 RICK MARTIN

今では、コルベンバッハは、次の者に交代していますが。

ただ、レジスタンス・ムーブメントの Cobra によると、「トップ・リーダーは、5月5日にローマで逮捕され、ただちに地球の外へ、セントラル・サンへ連行されて行った(もう処置された?)」と言っており、イルミナティは、その者を、儀式で崇拝してきたので、今は、既に存在しない者を崇拝している状態だそうです。

Layers of Conspiracy
 訳はこちら

イルミナティ、NWO の存在だけでも、陰謀論として、世間では長らく笑い飛ばされて来ましたが、とんでもない、事実は、その裏に、本物のまさしく悪魔(と呼んでいいのでしょうね)が潜んで、地球を乗っ取ろうとしていたわけです。

高次元からのメッセージでは、「すべての事実が明らかになれば、ライトワーカーたちでさえも、激流に飲み込まれるかもしれない」と言われていますが、どれだけ覚悟していても、確かにこの先、ものすごくおぞましいものを見せられることになりそうです。

私たちでさえも、そうなのですから、陰謀論の「い」の字も知らずに来た人たち、無邪気にバチカンを信じてきた信仰篤き人々にとっては、まさに驚天動地、発狂ものでしょうね。私たちは、今のうちにカンテラに油を足し、もっともっと光を強くして、その日に備えていなければ、と思います。


コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

Fear Monger 第3報; ○○は、3・11のシナリオを知っていたのか?

2012-07-05 15:48:01 | その他コンスピラシー
再び、 Fear Monger(恐怖の煽り屋)シリーズ。

ふ~ん、○○は、NWO の子分で、日本を売った(原発の)ドン、正力・邉恒・氏家、そのパシリだったのか。

ベンジャミンさんによると、3・11は、NWO の仕業。福島の原発テロを、日本政府からお金を引き出す脅しに使ったという。そして、物理的な破壊のみならず、それによって、さらに、日本社会をパニックに陥らせることも、NWO は、目的としていたのよね。オウムのサリン事件と同じく、社会を激しく動揺させて、いずれ、世界統一政府へ向かう土台を築こうとしていた。

ということは、○○も、全部、この筋書きに乗っていたのかな? 放射能恐怖をどんどん煽って、日本の社会を不安定にするように、指令を受けていた? だって、後ろにいるのが原発 NWO のドンでしょ? あまりにもメンツが、揃い過ぎている。偶然にしては、でき過ぎる。

またまた、私の発達しちゃった(笑)想像力によるものだけど、もしかしたら、○○って、3・11の裏を、知っているんじゃない?! 放射能データを集めているっていうけど、誰に頼まれてるの? イスラエル?

いずれにせよ、叩けば、いっぱい、埃が出そうな人ですね。この話、広めちゃいましょ。

これ以上、目立った場所にいると、彼のところに、「逮捕部隊」が行くかもね。あるいは、ナノ粒子を、撒かれちゃうかな。いや違う、今は、「エネルギー・コンテナ隔離」に作戦変更、だった!笑) 

こういう手合いには、「エネルギー・コンテナ」への隔離が、一番、有効かもしれません。

さて、ここのサイトの福島4号機・倒壊恐怖の話だけど、私のサイトに来ている方は、その恐怖に巻き込まれないで下さいね~。

スペース・ファミリーが、「もう、惨事は起こさせない」と、言っているのを知ってますよね。クロークして姿を隠しつつ、連日、放射能除去に、UFO が来て、懸命になって働いてくれています。数え切れないほどのチャネリング・メッセージで伝えられていることです。私は、まったく、何にも、怖くない!

それから、この鷲さんの記事の「台風が、放射能を洗い流す」。これは、本当ですね。

しかも、放射能だけに限りません。いわゆる、その地に溜まっている「ネガティブ・エネルギー」を、洗い流してくれるんです。だから、この異常気象で、豪雨や、山火事に見舞われている地域は、ある意味で、必要な浄化が行われている場所なのだそうです。

◆2012/06/29(菌) これまでの「あらすじ」など。
飯山一郎と○○が乱闘中! 裁判沙汰にも!
などという文字がネット社会のあちこちで踊っているらしいが…、
実際は、鷲が一方的に喧嘩をうって、これに○○氏が激怒して…、
「弁護士を通じて対処します!」(ガチャン!)という電話をかけてきた。
その直後、米国の○○事務所から「訴えます!」という電話が入った。

それでも鷲は連日、○○氏を厳しく批判している。
その○○氏はジャーナリストを自負し筆力もあるし、ブログを毎日
更新し、ツイッターの読者だって3万人もいる。
それなのに今回の“乱闘”のことについては、まったく何も書かない。
反論、弁解、説明、否定、議論…、いっさい何もなし。

○○氏の態度・姿勢は、ジャーナリストらしくない。
彼は本当にジャーナリストなのか?!
○○氏に関して、沢山の情報が入ってくる。
こんなメールもあった。
先生、お久しぶりです。
めっちゃ(バック)がヤバイ相手と喧嘩してますね。(笑)
しかしまあ初っ端から相手は師の事を(情報戦、話術)なめていたので、
先の先手を取られてどうしようかさまよっているのでしょうね。(大笑)
そして、さまよっているなか、もう落とし所を用意している師の先見と
喧嘩術に、彼の時間枠が全然ついていけず、多分そうとうショートして
いそうですね。(笑)
相手の器量がそろそろ見える頃かな?
窮鼠猫をかまれることだけは気をつけて下さい。笑(偉そうに)
このメールに、鷲は次のような返信をした。
ですが、蟷螂の斧でも、カマキリ自身は結構なスリルを味わえるので
ワクワクしてます。
ドキドキ感はないです。これは馬鹿ということですが…(爆)
次のような一節が書かれたメールもあった。
○○相手の喧嘩は、正力日テレが今もバックにいるので
ヤバイですから用心してください。
次のメールは、二人の子供の母親からのメールだ。
○○の所属する正力日テレから、働きもしないのに給料が
出てると言う事は・・・
情報収集した内容から、センセーショナルな健康被害の情報だけを
ブログで公開して、みんなを煽って、それを餌に、さらに、情報収集を
してる、という印象を受けます。
鷲のところに集まる情報は、みな「○○氏の胡散臭さ」を指摘して
いる。
○○氏の胡散臭さは、「めっちゃ(バック)がヤバイ!」という疑惑
を本人がキチンと説明しない姿勢から発生している。
だから、○○氏には「説明責任」がある! と鷲は思う。
(つづく)

◆2012/06/30(奴) ♪ なーーんでか?
○○氏のことを鷲がどんなに厳しく批判しても、彼はシカト。
経歴・識見・文章力、いずれも申し分なし。ジャーナリストであることを
公言し、ブログも頻繁に更新し、ツイッターでも3万人の読者をもつ…。
そういう○○氏が、鷲のブログを読んで大激怒したが、それきり。
その後は、否定、反論、弁解、説明、議論…、いっさい何もなし。

○○氏の「運動」において、何か問題が発生したときは、アメリカ
事務所の代理人に任せて、本人は一切シカト! 何もするな!
そういう決まりがあるのかなぁ?
そういう組織なのかなぁ? …と思いたくなってしまう。
これが○○氏が「めっちゃ(バック)がヤバイ」という噂の万華鏡だ。

さて…、
○○氏が今も所属している?という疑惑の『日本テレビ、日テレ』。
このTV局は、日本を原発王国にした最重要人物 正力松太郎の設立だ。

正力松太郎は、ヒロシマ・ナガサキ・ビキニの惨禍によって、“反米帝”
と、“核アレルギー症”になった日本の状況を変えるために、読売新聞と
日本テレビを総動員して原子力の平和利用の大キャンペーンを展開
してきた。
原子力の平和利用とは原発のことだ。

この原発賛美のメディア・キャンペーンの効果は抜群! 凄かった。
どんなに凄かったか?! 証拠がある。
証拠とは、日本列島の断層地帯の上にまで築造された54基の原発だ。

つまり…、
日本テレビと読売新聞は、日本の原発推進の総本山なのだ。

ところで…、
正力松太郎の原発賛美運動の片腕?として豪腕をふるってきたニ名の
人物こそ、読売新聞のドン・ナベツネこと渡邉恒雄と、日本テレビのボス、
氏家斉一郎である。

ナベツネの永遠の盟友氏家斉一郎が日テレ内に設けた「謀略機関」の
“細胞”として、また“パシリ”として、取材活動というよりは、“謀略活動”
に専念してきた人物こそ○○ という男なのでR!

日本の原発推進の総本山にいて“パシリ”をやっていた人物が、いまは、
「放射能は恐い! とにかく東京から逃げろ! 逃げないヤツは馬鹿だ!」
と、善良無知な女性や母親たちをオドしまくり、恐怖のどん底に落とす。


♪ なんでだろーぉ、なんでだろー、なんでだ なんでだろーー♪
つーか、
♪ なーーんでか? と訊きたい昨今。

◆2012/07/05(木) ヒロシマの放射能は…
相変わらずの千客万来で、鷲は接客サービスで超多忙である。
セルビアから、ドイツから、はては藤原肇先生までがお見えになった。
よって、本日のエントリーは、短文で簡明に書く。

さて、昭和20年。この年は記録的な長雨と豪雨の年だった。
とくに夏は、7~8月も連日の長雨だった。8月6日は珍しく晴れたが、
晴天は続かず、9月になっても雨、雨、雨の日々だった。

9月17日には、室戸台風や伊勢湾台風と並んで昭和の三大台風の
ひとつに数えられる枕崎台風が日本列島を縦断した。

とくに広島では死者・行方不明者が2,000人を超えるなど甚大な被害
をこうむり、原爆による残酷な災厄に追い打ちをかけた。

しかし、反面、昭和20年の記録的な長雨と豪雨と台風は、ヒロシマの
大地に降り積もった放射性物質を徹底的に洗い流してくれた。

60~70年は草木が生えない!と言われたヒロシマの大地に、わずか
1年たらずで緑が回復してきたのは、雨と風。自然の恵みだった…。
原爆による放射能は、人間には残酷で重篤な後遺症を残したが…、
大地に生える植物は、短期間のうちに見事に甦(よみがえ)ったのである。
(つづく)

◆2012/07/05(木) やさしさのないシトは敬遠がしたほーがEー
○○クンだが、少々気が触れてきたようだ。

29日。あの歴史的なデモの日、○○クンは熊本から東京に呼び
もどされ、ユーチューブの動画の削除作業をやらされた。

その後、官邸前の原発再稼動反対デモの様子を見に行き、その感想
をツイッターでつぶやいたが…、「たった4万5千人しかいない!」とか、
「警官もノンビリしていた」、「警官が慌てるようなデモでないと駄目だ」
などと、市民の自発的なデモをクサす読売とか日テレの目線。

○○クンは、発言を批判されるとキレにキレまくって、最後は…、
僕は官邸前デモに行きませんし、行くこともお勧めいたしません。
などと、イタチの最後っ屁。ツーか読売丸出し。
ついに本性をあらわしてしまった○○クンでした。

鷲も本性をあらわして、本音をいうと…、
僕は○○ブログを読みませんし、読むこともお勧めいたしません。
さらに○○クンのツイッターのフォローもやめたほーがEー! と。

「とにかく東京は居るだけで危険だ! 早く逃げなさい!」
と、逃げるに逃げられない弱者を脅迫し続ける○○クンの言動は、
まさに「恐怖の煽り屋」(Fear Monger)、悪質だからである。

○○クンの「運動」には、講演会場の確保と運営や、土壌などの
汚染測定事業についても、バックに「大きな力」がはたらいている。

彼のブログのサブタイトルには、「放射能防御を進めます」という文言
があるが、彼の「仕事」は放射能の恐怖を過剰に煽り、「逃げろ!」と
ひたすら連呼することである。

そうして、意識の高い人たち(意高母)から、放射線障害データを収集
することである。そのデータは、一体どこに報告されているのか?

データは集めるが、データ提供者に対して適切な「ケア」をすることを
○○クンは一切していない。
○○クンに与えられた「仕事」は、意識の高い人たちを囲い込む
運動なのだから、これは仕方がない。

ともかく、○○クンを信用して「症状」をメールで報告する、などと
いうことは厳禁! である。個人情報の収集が目的なのだから…。

「逃げろ!」と○○クンが連呼する、その逃げ先は「岡山」が暗示
されている。この「岡山」には、いったい何があるのか?
あとで分かるが、重要なキーワードであることは確かだ。

ともあれ、○○クンの言動には、弱者を本気で助けよう! という
人間としての優しさが全くない。むしろ非情である。冷酷ですらある。

逃げるに逃げられない! こういう人達に、「東京にいるのは馬鹿だ!」
と、ののしる。冷酷である。


コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加