Naomi's Letter

ソプラノ・佐竹由美のブログです。
定期的に公演や、近況をお知らせいたします。
どうぞごゆっくりおくつろぎください!

「ダナエの愛」稽古場終了

2015-09-24 | コンサートのお知らせ
「ダナエの愛」新宿・花伝舎での稽古が終わりました!
後は、オーケストラ合わせがあって、いよいよ東京文化会館へ舞台は移ります。


写真は、指揮者の準・メルクルさんと、演出の深作健太さん。


(深作さんのFBより、お写真を許可を頂いてお借りしました)

毎回、毎回、シュトラウスの音楽の美しさにノックアウトです。
深作さんの演出も、とても素敵で楽しいです。
是非、見て頂きたいなと思っています。

私のシーンは、ダナエが最初に登場する場面の2重唱で、テンポ感もあります。
シュトラウスの美しい音楽の裏には、技術的な難しさも潜んでおり、以前出演した「エジプトのヘレナ」でも感じましたが、少しのテンポの違いでも表現の幅を出すことが難しくなります。
後はそのことも踏まえつつ、自分の歌の表現がより深まっていけるよう、これからはその調整をしていきたいなと感じています。

ダナエの佐々木典子さん。
とても素晴らしいです。

内側に秘められた強さというか、音楽の表現が芯が通っていて、演技で多くを語らなくても声で全てを語っているというか…
上手に書けませんが、胸が熱くなります。
同じ世代として、感じる物が近いのかしら…(失礼!笑)

かと思いきや、舞台ではとっても可愛らしい表情もされます。
きっと本番に向かって、もっともっと高みに登っていかれるのでは…なんて想像しています。


そして、ミダス役の菅野くん。
我が組で一番お若いのに、落ち着いていらっしゃって、ブリリアントな輝きのある素晴らしいテノールです。


ユピテル役の大沼くん。
体格がとても良くて、悪役(?)がお似合い。
歌唱も毎回、うーーーん!!と唸ってしまうほど、堂々とされていて良いお声。


王女さまたちは、とても良いチームワークで、毎回笑わせてくれます。
愛らしい皆さんです。
ここでは内緒だけど…3幕のシーン、楽しみ~!!

王様役の高田くんは、借金作るようなダメダメ王様を見事に演じていますし(笑)、メルクール役の糸賀くんも、軽快な身のこなしで良い味出しています。

王女様達の伴侶の王様たちは、皆若くて、毎回稽古でからかって楽しんでいます。

本当に沢山の人達がひとつのオペラに関わりながら、それぞれの力を最大限に出そうと頑張っています。

「ぶらあぼ」のレポートに稽古風景がアップされていますので、お読み頂ければ幸いです。

ダナエ稽古レポートVol.2

ダナエ稽古レポートVOl.3


少し前に、佐々木組で懇親会をしました!
良いチームワークになって来ましたよ!



どうぞよろしくお願いいたします。
ジャンル:
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 9月ですね | トップ | 深まる秋 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL