ボランティアセンターのYさんを支える会

なごやボランティア・NPOセンター(指定管理者NPO法人ワーカーズコープ)の『ホームレス職員』ことYさんを支える会です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『名古屋ボラんぽセンター連続解雇事件』のインフォメーション

2010-03-16 | Yさんを支える会について

      

■インフォメーション

最新情報
ボランティアセンターのYさんを支える会の最新情報、次回の行動予定などです。
Yさんを支える会について
ボランティアセンターのYさんを支える会の呼びかけ文です。

■様々な『事件』(下から順に発生しています)
Yさん『しらんまに解雇』事件
事件当局による『査問』の結果、病気療養中のYさんが、知らない間に解雇されていた事件です。仮処分申請中。
情報流出? Yさん監禁査問事件
NPOセンターで発生した経緯不明の情報流出事件を、すべてYさんの責任とするために当局が監禁査問した事件です。当局側の情報管理の杜撰さを全てYさんの責任にしようとしています。
労働者代表選挙・選挙結果捏造
全国から一時増派されてきた職員達により、労組代表をはずして、強引に労働者代表選挙が行われました。当り屋まで発生しました。
内部告発に逆切れ・架空講座事件
当局は、参加者のいない主催講座に職員を参加させて、名古屋市に人数を水増し報告をしていました。
脳内出向』事件
Yさんの激減したシフトの補完策として、当局は出向を提案。ところが出向先には仕事がありませんでした。
『組合潰し』…当局側職員の大増員・Yさんシフト削減・多数の嫌がらせ
8人ほどの職場に、全国から同数近くの職員が『応援』として赴任してきました。この常識破りな『応援』により、職場で多数派だった労組は一気に少数派に。
さらに、労組書記長Yさんのシフトは何故か削減され、賃金は20万円から8万円台に…

『交流感電池』発禁?事件
KY解雇事件を乗り越え、職員一同は奮闘して情報誌を作成。大好評を得ます。ところが『名古屋市から発禁にされた』と称して、当局側はその発行を禁止します。
『KY解雇』事件
熱心に勤務していた職員が、突然『空気が読めない』ことを理由に解雇されます。本当の解雇理由は当局が『何者か』にたいして『空気を読んで解雇』したのだという噂も…

■その他の情報
そのほかの『珍事件』
NPO法人ワーカーズコープは、ほかにも色々な珍事件を起こしています。
NPO法人ワーカーズコープとは?
NPO法人ワーカーズコープ(労協センター事業団)について。
NPO法人ワーカーズコープの、他の事件
NPO法人ワーカーズコープ(労協センター事業団)は、各地で似たような事件を起こしているようです。
そのほかのニュース
NPO法人ワーカーズコープや指定管理者制度に関連したニュースです。
『労働者協同組合』について
労働者協同組合(ワーカーズコープ)という「しくみ」について。
NPO法人ワーカーズコープ(労協センター事業団)のほかにも、世の中にはたくさんの『ワーカーズコープ(労協)』があります。

●『名古屋ボラんぽセンター連続解雇事件』のインフォメーションを作成します。
現在、仮処分申請をして闘っている『Yさん、しらんまに解雇事件(仮称)』は、
わかりにくい事件である、ということを何人かの方に、ご指摘をいただきました。

この事件は、なごやボランティア・NPOセンターの指定管理者交代直後に発生した
『KY解雇事件』以後、連綿と続いてきた、NPO法人ワーカーズコープ(労協センター事業団)による、組合つぶしの延長線上に発生した事件ですので、過去のいきさつがわからないと、わかりにくいのも事実です。

また、一連のNPO法人ワーカーズコープ(労協センター事業団)による組合つぶし事件も、水増し講座、脳内出向、当たり屋まで出た労働者代表選挙など、常軌を逸した事件が次々と発生しており、常識と分別のある方には想像を超えており『理解に時間のかかる』問題でもあります。

そこで、Yさんを支える会は、過去の事件や、NPO法人ワーカーズコープについて、資料をまとめて、アーカイブ化することにいたしました。少しづつ更新してゆきますので、ご期待下さい。
この『まとめ』は、サイドバーにもメニューとして表示されています。

ジャンル:
速報
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« なごやボランティア・NPO... | トップ | 『解雇されたら税金で暮らせ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。