やみくも着物ライフ

突然着物に目覚めてしまったわたし。細かいことはいいの、とにかく着物が着たい!そんな乙女心を綴ったペイジ・・・

お買いもの大作戦

2009年10月14日 | 着物旅(海外)
ほわわ〜ん楽しかったわ、連休。
毎日いい天気で、太陽の光いっぱい浴びてきました〜

さて、お話の続きですね。
トランク無しで飛んじゃえ〜・・ってとこまででした。


わたしはポシェット、ダーリンはザックを持ってます。
何が入ってるかというと・・

パスポート・航空券(eチケット)ボールペンの最低セット。
クレジットカード2枚、ワールドキャッシュカード、日本円と外貨用の財布
それと、わたしが精魂傾けて作った掌サイズの情報ノート(100均のノート)

・・これで何とか旅は続けられる

逆に、アイマスク・耳栓・圧縮ソックス、ドリエルなど機内の快適グッズだけは充実してました
他には、ハンカチ、ティッシュ、濡れティッシュ、マスク、カメラと携帯。
悲しかったのが、忘れてきたトランクのカギ

で、化粧品関係がとっても貧相でパウダーファンデーションのみ。
くぅ〜・・液体持ち込みが厳しくなければ、フルセット持って入ったのにぃ。
とにかく、日本を発つ前に化粧品だけは何とかしないとベトナムで無駄な時間を費やすことになる。

さっそく関空内ドラッグストアで調達しました。
クレンジングと基礎化粧品のセット(機内持ち込み用にパックされてる)
と口紅、アイシャドウを買いました。
やれやれ、これで安心。
万全ではないけど、何とか体裁は整えられる。


そしてベトナムはホーチミンに到着。
ホテルにチェックインすると、バスルームでアメニティを確認して
近くの国営デパートに繰り出しました。
歯ブラシもシャンプー&コンデもホテルので十分だったので、
日焼け止めクリームと下着のみ買いました。

日焼け止めは何とロート製薬。
ミニボトルで使いやすそうなのを手に取ったら日本製でした。
日本はこういうチマチマしたおままごとサイズを作るの得意ですね。
お家芸とも言えるんじゃないかしら。
とにかくショートトリップには助かります。
ブラボー

さて、おパンツおパンツ。
と売り場に行ってみましたが、どれも手触りがよろしくない。
何かこうしなやかでないっつーか、がさついているっつーか、木綿の質が悪い気がするんですね。
使い捨てにするわけじゃないんだから、もっとちゃんとしたのが欲しいな〜とあたりを見回すと、
一角にどっかのブランド系のコーナーがありました。

東南アジアにはワコールやトリンプなどの工場があって現地デパートなどで売ってることがあるのでそれかな?
と期待したけど、遠目にも華やかさがない。
行ってみたらボクサーでした。
げげっ、ボクサーかよ

でも他に選択肢もないので、仕方なく色だけでもかわいいのを買いました。
何と若い販売員さんがブランド名入りの袋に入れてくれたのはちょっと驚き。
300円くらいだったのに・・

ダーリンも自分用にTシャツとパンツ調達してました。
Tシャツは東南アジア旅行恒例の“1ドルTシャツ”。
今回は「SAIGON」と、でかでかとロゴが入ったわかりやすいものでした。

「わたし、ボクサーパンツだし・・
というと
「オレのん、グンゼ
お互いビミョ〜なブランドでございました。


ベトナムはお買いもの天国です。
あとのものは徐々に買い足していきました。
サンダル、シャツ、ワンピース、帽子、バック・・・

ダーリンは着るものは要らない!って言ってその後まったく買わず。
ポロシャツなどは、ホテルのクリーニングに出しました。
襟つきで200円ほど。
余談だけど、東南アジアのクリーニングは格安なので、
旅行最終日に全部クリーニングに出すと家に帰ってから楽ちんなの。
(5星はそれなりにお高いですが)

水着・・これ意外に苦戦。
ナイキやアディダスがあったら買おうと思ってたけど水着は置いてませんでした。
むむむ・・残念。となると、これはご当地ものか・・・
ベンタイン市場の北側に水着ショップ通りがあるので行ってみました。
閉店間際に飛び込んで、2・3試着したけどどれもこれも・・

「もうシャッター閉まるぞ〜」とダーリンが言うので、許せるもの一枚チョイスしてレジへ。
ダーリンも「なごみが買うならいっしょに」と試着もしてない海パン買いました。
わたしの700円、ダーリンにいたっては220円。
「途中で溶けたらどうする?」って聞いたら
「この値段なら、溶けてもいい」ってダーリンが答えました(爆)


さ、着るものやフェイスケアは何とか調達ができました。
では後のものは?

携帯の電源・・三日目に死亡
時計と電卓を携帯に頼っていたので不便でありましたが、
ダーリンが二つ持ってて温存していたので、後半はダーリンにお任せ。
デジカメはバッテリーマーク点きながらも何とか最後まで生きてました。

日傘はあきらめ、日焼け止めと帽子&ストールで対応。
そうそう、それにインフルエンザ予防のためのマスクが排気ガス対策に役に立ちましたよ
ベトナムの人はみんなしてるの、模様の入ったマスク。

虫よけスプレー&キンチョールミニ、まったく必要無し。
あればいいけど無くてもぜんぜんOKなものでした。













ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ベトナム日和 | トップ | 旅先で友と会う »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (midori)
2009-10-15 22:32:11
なごみさん
こんばんは〜
ベトナム楽しそうですね〜♪
これは一度行ってみないと!と思ってしまいましたワン
やはり、なごみさんの旅日記は最高です
Unknown (たはら)
2009-10-16 11:00:24
ベトナム行きたいです。
良いなー・・・。
あ、へえ〜 (もも姉!?)
2009-10-17 11:56:54
そうかー。化粧水も持ち込み用のパックってのがあるんですね!

私も水着現地調達ですごい困ったことがあります。
完全にその国ではお子様サイズでしたの。
胸のカップはないし、(もともと胸もないけど)柄はポップ(幼稚ともいう)だし、友人には爆笑されました。
でも、700円なら許せるかも・・・
私の結構高かったから(4000円くらいだけど)悲しいわあ。
あ、溶けるのは勘弁やけど・・・(私の場合は周りが可哀想
こんにちは〜 (なごみ)
2009-10-17 12:50:07
>midoriさん
洋服と雑貨を買うならホーチミンはお勧めですよ。
お仕立てもすごく安いの。
お店のハシゴして一日終わっちゃいます。
でも、男性にはちょっと手持無沙汰かな

>たはらさん
ぜひぜひ、お出かけください。
着物に使えそうな小物もいっぱい見つかりますよ。
出張名目で・・・

>もも姉さん
うん、ベトナムもサイズ小さいの。
立体カットっていう概念もないのかな〜
それと水着用アンダーショーツってのが存在してなかった!
郷にいっては郷に従ったけどね

おかげさんで、水には溶けなかったんだけど、もう出番はないと思います。
もも姉さんのお子様水着4000円はイタイね〜





コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む