ある宇和島市議会議員のトレーニング

阪神大震災支援で動きの悪い体に気づいてトレーニングを始めいつのまにか、トライアスリートになってしまった私。

【論文取り下げ】難波先生より

2014-03-11 09:02:14 | 難波紘二先生
【論文取り下げ】
 3/7のメルマガ「プレィジャリズム」で、「STAP論文の取り下げ」を訴えたら、3/10になって山梨大の若山教授が論文取り下げと自分が保管するSTAP細胞を第三者機関による検証のために引き渡すことを表明した。
 http://jp.wsj.com/article/SB10001424052702303565804579430742111973848.html
 http://image.itmedia.co.jp/l/im/news/articles/1403/10/l_yuo_yamanashi.jpg
 3/10夜のテレビは「報道ステーション」の該当部分だけを見たが、何とも釈然としない報道だった。「現代のベートーベン」と同様に持ち上げてきた手前、引っ込みがつかないのだろう。
 これで理研も、遅れに遅れている調査結果の公表を至急に迫られることになるだろうから、事件は意外に急速に終息に向かうかも知れない。

 若山教授の新たな発言のニュースを最初に流したのが、日本メディでなくてNYTだというのも興味深い。NYTもBOSTON GLOBEもWPも、当のネイチャー誌でさえもニュース担当記者は初めから「両義性」のある記事、つまり不正な論文であっても記事がこけないような報道に徹していた。日本語メディアのような「イケイケドンドン」の悪のり記事は書いていない。
 この間、ネットで提起された数々の疑惑や問題点については、日本の記者たちも知ってはいたが、引っ込みがつかなくなるので書けなかった。WSJに抜かれため、あわてて素知らぬ顔で後追い記事を書いているのが真相だろう。
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20140310-OYT1T01144.htm
 これでネットの住人からまた日本メディアは揶揄されるだろう。ちゃんとした検証記事に期待したい。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 3/11/2014:急転直下/難波先... | トップ | 【STAP細胞論文の反響】難波... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL