ジョンポール常時林檎 音のこと なんやらかんやら 雑記

さても さても うららかな 春の海のごとく
のたのたと まったりと ふんわり ゆったり

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

哀愁のラックケース加工

2015-05-01 23:49:11 | 音ネタ塵芥集

というわけでございまして、2015年度の黄金連休皆様いかがお過ごしでしょうか。
畑おこしに縁石運び、アンテナ線張りにお買い物と、今や実家周辺のお年寄りの便利屋、
夕陽のブロガー、ジョンポール常時林檎でございます。

先日入手のUSBオーディオI/F、UR248はスタインバーグFromじゃーまにー実はYAMAHAインドネシア。他のI/Fと共に2Uショートラックケースに収めんと、イージーに考えまして他の注文もあっていつもの音yehさんに。

いやあ、てっきり収まると思ったんですな。ろくに測りもせんと。
来てみて収めてびっくり。フタできまへん。閉まりまへん。
背面のBNC端子が突っ張ります。前面は余裕。諦めて他の2Uに入れ替えるかとも思いましたが、あきらめの悪さは生まれつき。

しかしまあ、わざわざ音yehさん古典PROのラックケースを選ぶ自分にも問題があるとは思うんですが、なんとかならんかなあ、このカッター並みの切断能力を誇るフタ部分のエッジ加工は。
何回指切ったかわからん。とりあえずこのラックケース買ったらまずはヤスリでエッジ落としをして指でなぞって傷つかない程度磨きますことをお勧めします。その前に、このラックケースはお勧めしません。価格以上の苦労があります。でもってネジ穴が微妙。今回のように長いボルト使うと穴の方向がズレていればまともに入りません。(付属のラックねじなら大丈夫でしょうけど。)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

春来りなば。

2015-04-10 17:24:24 | 男のギター道

まあ毎日楽器修理と、そのための道具をこさえる日々ですが、この手の道具、米国の専門店がおおもとです。カタログやらネットでの価格は国内で買うより3割くらい安いのですが、送料やら手数料で結局同じくらいかかります。ま、しかしまとめて注文なら一ヶ所ひと手間で済むってのがいいとこですかね。
こういう道具があったらいいなあ、というツボを押さえた道具が次々にマイナーチェンジされて出てきます。その度に欲しくなるんですが、この手のお道具は自分の作業内容、作業環境に合わせて改造するか自作するか、となってしまいます。楽器の形はそれほど千差万別、一台一台微妙に違うもんなんですなあ。




iOSが8.3となりましていろいろバグ対策されとるようですが、Google検索の文字入力は相変わらず引っかかります。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

修理の為の工具作り。エジプトの墓泥棒。

2015-04-07 16:16:15 | 男のギター道

再開したブログですが、ここんとこすっかりギター修理(改造)の為の忘備録となっておりますが、
フレット打ちと並行しての工具をあれこれ作っております。
初めてギター修理した時の学習により、今回はサウンドホール側から打ち込んでおります。
これによって、溝の幅、深さ、フレットのR、などチェックをしつつ、問題点を洗い出し、工具をさらに工夫、作成という手順でございますが、こういうことに手を染めると自分は楽器をもって 何をやりたいんだろう?という疑問にかられますが、一度かかるとそれこそ寝食を忘れるほど没頭してしまうことから、これも道楽でございますな。



ギターリペア、製作家御用達のお店Stew&Mac社のフレットプレスですが、市販のCクランプに取り付けられるよう改造しました。でもってフレットに直接当たり、指板に押し込んでいくジグを、指板のRに合わせて作製、これはホームセンターの3mmアルミプレートを切断して指板Rで成型、打ち込んだフレットに両面テープでサンドペーパーを貼って研磨、フレットに当たる凹を付けます。と、色々作るんですが、やはり最後はハンマー打ちとなりますわな。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

自作道具は続く

2015-04-07 00:01:51 | 男のギター道

フレット溝が広くて、フレット足を拡げてフィットさせたい。というフレット難民さんへのお道具は、あることはあるのですが国内のお店で買うと12,500円超えで、直接注文すると色々含めてやっぱり同じくらいかかります。てなわけで

自作。

いちおうフレット足は拡がります


まあ微妙な力加減が要りますが…
しっかし楽器の手入れのために部品を交換、その装着のために道具を自作。その都度あれやこれや工具、ツールなどが必要になるもんで結構な時間とお金がかかります。これならばプロに頼んだ方が結局お得ですな。などということを何度思い知らされ、この先何度思い知ることになるんだか。

…そしてフレット打ち2台目。
今度はフレット溝が狭くて打ち込み難くて、指板が黒檀材で硬くてもろい。というさらなるハードルがおじちゃんを待っていたのであった。
南無三。

作業BGVは

これ某大陸では
男女糾察隊ってタイトルで放映されてるんですな。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

とかくフレットというもの

2015-04-04 23:58:47 | 男のギター道


全国1千万のフレット打ちファンの皆様、こんばんは。
去年購入したはずと思い込んでいたフレットタングクリンパー(フレットの足の幅を拡げる道具、フレット足幅より指板フレット溝が広くてゆるい場合に使います)が、完全な勘違いで、記憶力がすでに何かの兆候を示している哀愁の52歳。ジョンポール常時林檎でございます。

やっちまったなあ。ということで、フレット打ち。このギターだけフレット溝がちょと広い。フレットゆるゆるやん。わざわざ米国から取り寄せるのもなあ。どっか国内ショップで…と探しましたがなかなかありやせん。
しゃあない。溝にタイトボンド流して乾燥したとこで再度溝切りでもって打ち込みという流れですね。今回からフレットを一定のRつけて曲げる道具やら、フレットを指板に圧着させるプレスもあります。しかし打ち込みはプラスチックハンマーが早くて確実ですわな。打ち過ぎ、打ち損じの凹みも確認できますし。さすがにフレットに一定のRがつくといい感じで高さが揃ってきます。手で曲げるとやはりバラツキが多く、合わせるのが容易でないですわ。
弦のビビリ、弦高などに関わってきますのでこの工程は慎重に行きます。



慎重に行きますとか言って作業中はテレビ代わりのPC動画でございます。1977年NHK大河ドラマ「花神」。遠山の伝七親分が和蘭陀の歌を、イネ・リリー松岡さんと歌っております。かと思えば、雅俊さん三味線抱えて「ふれあい」ならぬ🎵三千世界の~、を秋吉おうのさんにラプソディー。
この頃の大河は司馬遼太郎さんモノが結構幅利かせていて、これは「花神」ですがいろんな原作からエピソード引っ張ってきてますね。土方歳三さんの最期はほぼ「燃えよ剣」からですし。

さてまた戻ったら2台目にかかりやすか。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加