歳を重ねると楽しいとか賢くなるとか・・・・みんな戯言なんだよ。

感じるままに、赴くままに、流れて雲のごとし

汝、殺すことなかれ・・・

2017-07-08 | 映画

「軽く呑ってくか?」

「ちょっと、予定があるんです・・・・」

 

忘れていた。今日は金曜日だった・・・・しまった。

昨日は事務所に顔を出さなかった。一日間違えていた。

そんなことを思い浮かべては消し去った。

やっぱりな・・・・醜いな僕は。

苦しいときが過ぎれば人は何もかも忘れるのだ。

楽しみだけを追い求める奴の思考回路は決まっている。

トップを走ったりはしない。

誰かの後ろにいて、もろにアゲンストを受けない。

そんなポジショニングを心がけている。

狡いと言えば身もふたもないけれど、いつかはアゲンストに立ち向かわなければならない。

「癒す」ことを知らない。それは「癒される」ことばかり考えているからなのだ。

 

そんな卑しい気分を変えたくてこの映画を観た。

アメリカ人は凄いと思う。

「君の気持ちなんかわからない。でも、その考え方は分かる」

こんな心根が一部の人間に確かにあると言うことだ。

良心的兵役拒否者。

この映画のテーマだ。

戦争には参加するけれど、人は殺さない。

国を愛するのは殺す奴ばかりではない。

殺さなくてもこの国を愛しているのだ。

 

今も昔も変わらずに問う人たちがいる。

敵が攻めて来たらどうする?

主人公は言う。

「わからない。」

そして挑発される。殴られる。

殴り返さない。

「臆病者!腰抜け!」と罵られる。

殴り返さない。

時と場合ではないのだ。どんな時でもどんな状況でも

殴り返したりはしないのだ。

それは「心根」なのだ。信念などと大それたコトではないのだ。

やさしさに勝る強さはないのだ。

誰もが認めたくないことには目をつぶりやり過ごす。

恐怖の前では己の身を守ろうとし逃げ出す。か、殺すか・・・・

地獄のような沖縄戦で衛生兵として戦った一人の男。

 

メル・ギブスン。

少し見直した。

 

世界で一番下品な大統領はこの映画を観たのだろうか?

やられる前にやっけろ!叫ぶのだろうか?

誰もが拳銃を腰にぶら下げ、侮辱を受ければ一対一の決闘だ!

そんなことしか言えないのだろう。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 早すぎる台風に戸惑うことな... | トップ | 舞台演劇が苦手なわけがわか... »

コメントを投稿

映画」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。