ミサワホームに家を壊されました

ミサワホームに家を壊されましたが、なんやかやとでたらめを並べたて逃げ回っております 皆さんが被害に遭わないよう手口を公開

毎日新聞の論説委員に

2015-11-03 06:03:26 | ミサワホームの悪質手口
口封じに遭いましたこの話をどんどん広めていただけると助かります!



まずは わん!クリック↑ お願いします

ご協力感謝いたします



わたしは別に反原発というわけではないのですが、
反原発のひとたちにとっては都合のよい本を書いているおかげでときどき反原発団体に呼ばれます


ある日反原発団体の集会でしゃべった際に

そこに毎日新聞の論説委員が来ていました
その団体にずっとくっついている人物だそうです


「うちの日野が」とかいっていたので、そこそこ偉いひとなんだろうなというのはわかりましたが、

その論説委員、わたし、福島から来た学校の先生と懇親会で並んで座っていて

わたしの本が止められた話や「福島に生まれたというだけで将来結婚できないんじゃないだろうか!?」という福島の女子高生の悲痛な叫びを紹介していた福島の学校の先生が「福島では『避難するとがんが増える』と帯に書いた本が書店に平積みにされている話などを横で聞いていても食いついてこなかったので、
(低線量被曝の危険について説いた本は発行や広告さえ止めて、「避難するとがんが増える」とかわけわからんこと書いた本は書店に平積みなんですから、やってることは昔の戦時中と変わりません。ほんとひどい話ですよ)

「あ・・こいつエセだな(ネタとして反原発団体にくっついているだけ)」とすぐに思いました


実際、ミサワのこの話をしていた反原発団体のメインの方がこの論説委員を紹介してくれましたが、











やはり思った通りエセでした(笑)


反原発団体にくっついていて放射線と石綿ネタが専門の新聞記者にとっては

この件なんか最高のネタになると思うのですが


報ステの古館と古賀の件でもみられたように
マスコミというものは金や圧力で平気で主義主張を変えたりするものです








毎日が大好きな石綿ネタ



役人が悪質な業者といっしょになってもみ消す

最高のマスコミネタと思うのですが、




流されたものは、途中からミサワに都合のよい内容に急きょ作り変えられたようなものでした

自分たちで連れてきた建築士さんからミサワの顧問弁護士についての話を聞いていたのに
2:25辺り

そして、どういうわけか番組の最後で西というアナウンサーが何者かにおびえるように

「先ほどの石垣の件ですが、石垣が壊れた原因は不明だそうです」と

わざわざ個別のコンテンツについて番組の最後に言い訳コメントを入れなおすという異様さ


や圧力というのはコワイものですね







後ろにトヨタがいるので広告料が減るのを怖がってマスコミがこの話を認識しながら触りません




みなさんもこの話をマスごみを止めてる意味がなくなるくらいに広めていただければ助かります





ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« くい打ち業者の実態調査、下... | トップ | 捏造の科学者 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。