ミサワホームに家を壊されました

ミサワホームに家を壊されましたが、なんやかやとでたらめを並べたて逃げ回っております 皆さんが被害に遭わないよう手口を公開

理解していたプロデューサー

2016-12-16 21:18:48 | ミサワホームの悪質手口
口封じに遭いました この話をどんどん広めていただけると助かります!



まずは わん!クリック↑ お願いします

ご協力感謝いたします




こちらは我が家にクズ家屋の件で取材に来た毎日放送のディレクターの音声
です



クズ家屋は自分たちのコスト本位


ひとの家をわざと壊し、






こういうことばかり繰り返している便後紙を出して放置



あとは被害者の家が崩れる細工をして自壊するのを待つ




というきわめて悪質なもので


そうした行為を理解していましたが、



どういうわけか放送されたものは






事実とまったく異なるといっていいものでした





どうして毎日放送は事実を捻じ曲げ、クズ家屋寄りの内容をわざわざ流したのでしょう?








ひとの家をわざと壊し、崩れる細工をして組織ぐるみで放置しているやつらがこんなこと↓を書いている



ゴミ屋の異常な大将の言
https://www.misawa.co.jp/misawa/kigyou/goaisatu.html
>住まいという字は人偏に主と書きますが、もともとは鳥の「巣」の字を使った「巣まい」だったそうです。鳥の巣は、もちろんヒナを育てるためにあります。親は、かわいいヒナを風雨や外敵から守るために巣づくりをしています。
このような住まいづくりは、元来、子どものために行うべきだとゴミ家屋は考えます。子どもを心身ともに健やかに育てるためには、「巣まい」づくりの原点に返り、子どもの視点に立った住まいづくりを行うことが大切です。
この考え方は社名の「HOME」にも込められています。単なる器としての家(HOUSE)ではなく、家族のふれあいが感じられるような、暮らし方までトータルに考えられた住まい(HOME)を提供する。それはクズ企業が創業以来掲げている住まいづくりの理念です。
これからもゴミホームは、お子さまの人格形成の場を創造していくとともに、お客様の財産形成を考えた住まいづくり、地球環境問題への取り組みを最も重要なテーマとして、グループの総力を結集し、豊かな生活価値をお届けできるよう努力してまいります。






ほんとにこれ以上ないくらいにどうしようもないクズども





というのはこういうやつらのことをいう





非常に危険な不具合とゴミですが




トヨタの広告ほしさにマスごみが役に立ちません







ちなみに、そのマスごみを押さえる原資


大量に何も知らない消費者にコスト抜きまくりで売りつけたものからでています


これ、もっと周知しないと


ひとが死にます
しね







これ以上の連中はいないというような悪質なゴミ
家を建てているわけです



うちはこんなくだらないゴミどもに


家を壊されて、大切にしていた庭を台無しにされたまま


もう3年もつき合わされています







家は動き(け)ませんので、隣にゴミ家屋が来た時点で終わりです



みなさんも被害に遭わないように、この話をバンバン広めてクズどもが横に来ないようにしましょう





後ろにトヨタがいるので広告料が減るのを怖がってマスコミがこの話を認識しながら触りません




みなさんもこの話をマスごみを止めてる意味がなくなるくらいに広めていただければ助かります





『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 異常なクズ企業 | トップ | 福島原発作業後に甲状腺がん... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ミサワホームの悪質手口」カテゴリの最新記事