ミサワホームに家を壊されました

ミサワホームに家を壊されましたが、なんやかやとでたらめを並べたて逃げ回っております 皆さんが被害に遭わないよう手口を公開

ゴミどもの異常な手口(まとめ)

2016-11-05 20:10:04 | クズどものクズっぷり
口封じに遭いました この話をどんどん広めていただけると助かります!



まずは わん!クリック↑ お願いします

ご協力感謝いたします



みなさんも被害に遭わぬよう

クズ家屋とゴミ便の非常に悪質な意図的手口を知っておいてください


クズどもは顧客の健康度外視でわざとコスト本位の粗悪品を売りつけます



http://www.asyura2.com/0304/health4/msg/281.html
>入江さん一家(入江さん夫婦、長男16歳、長女13歳、次男11歳)は、1993
年、ゴミ家屋で住宅を注文建築し、1994年3月末に入居(寝屋川市)した。
入居当初から、鼻にツンとするにおいがしていたが、新築のにおいだと思っていた。

 しかし、5月末から気温が上昇するにつれ、家の中の刺激臭が強くなり、雨の日以
外は窓を開けっ放しにしていた。さらに気温が上がると、3階の子ども部屋の刺激臭
がとくに強くなった。入居当初から家族全員に表われた目、鼻、喉の痛みや頭痛、吐
き気などの症状がひどくなり、3人の子どもたちは頻繁に鼻血を出し、洗面器で受け
るほどだった。

入江さんが、家族の症状は家のにおいが原因だと強く感じたのは、一つの事件からだ。
7月初めの休日に、家族で2時間程度の外出をした。そして帰宅して玄関を開けた途
端に、頭を突き抜けるような強烈な刺激臭があった。2階へ駆け上がると、飼ってい
た12匹のハムスターすべてが口から泡を吐き、白目をむいて死んでいた。入江さん
一家はこの恐ろしい光景に背筋が凍ったという。



そして、健康被害が生じたあとは


顧客の’信用’を逆手にとり、

ゴミ屋をうっかり信用したことを利用します



http://www.asyura2.com/0304/health4/msg/281.html
> 裁判を検討していたとき、ゴミ家屋は、『日本にはガイドラインにホルムアル
デヒドしかないし、しかも判例がない。健康被害に関しては、国の基準もないから、
そちらが裁判に負ける』と裁判の取り下げを求めてきた。
 また、『パッチテストで反応が出ていても、家を買う前にそのテストを受け、無反応を証明していないので、もともと入江さん一家に化学物質過敏症である可能性がある』と言う。しかし、現実には家を買う前にそんなテストを受ける人などいない。



シックハウスになるとわかってて買うバカはいません


この↑家族もクズ家屋がこんなにひどいクズ企業だとは知らずに、
うっかり契約してしまったのでしょう


普通はこんなこと流しているやつらがこどもに被害が及ぶようなことをするとは思っていませんので、そうした記録をとっていません



クズ家屋とゴミ便は


一般顧客のそうした素直な信頼を悪用して粗悪品を売りつけるというわけです



基本にぶいバカ向きです







ちなみに、一度売りつけると(うっかり契約してしまうと)「逃げられないようにしてある」とクズ便自身が叫んでいるビデオを’京都パナソニック事件’のオーナーが上げていましたが、



http://const.fukuicompu.co.jp/trouble_construct/


比較的アクセスの多いここで触ったからか、急遽対応することになり、映像をひっこめてしまいました

しかし、ゴミ便がメチャクチャした欠陥建築被害者はパナショップの自宅兼店舗でしたので、長期間放置されたため、いままた休業期間中の補償でもめているそうです


ゴミどもしつこいから、もっとあとで閉じればよかったのに・・・)






ゴミ便付き企業はわざとひとの家を壊します


業者は違いますが、逃げ方や使う文言はほとんど同じです



うちの家も「ぼくらの常識が世間の常識!」などと叫びながら、質の低いクズ業者が壊しました



ちなみに、ここでいう’ぼくらの常識’とは


ひとの家をわざと壊しても、ゴミ便を出して延々と事実を捻じ曲げ、警察だろうが、検察だろうが、法廷だろうがごまかし続けて逃げ切るぞという意味です





こいつらの悪質な点はそれだけではありません



http://const.fukuicompu.co.jp/trouble_construct/






ひとの家をわざと中途半端に崩しておき、雨や地震などで崩れる’細工’をして放置しておきます





崩れた場合、’所有者責任’というのを使って被害者自身に片付けさせる、あるいは事故が起きた際に被害者自身に責任を負わせます


うちの東側が通学路であることを認識しながら

わざとその方向に崩れるよう細工して放置しているのです




仕方なく、自分でなおそうとしても

相手がクズ家屋だとわかるとなぜか手を出したがりません





タチの悪い知恵袋と組んで、すべて計算ずくではじめから仕掛けています




http://const.fukuicompu.co.jp/trouble_construct/







最悪、被害者が死んでしまえば、訴える人間もいなくなるという寸法です



こうした話トヨタの広告力を使ってもみ消しましたが、






クズ家屋のゴミ便はよそでもまったく同じ手法で仕掛けています





家が崩れるとひとはつぶされて死にますが、これらはすべて’専業の知恵と経験’を使った組織ぐるみの計画的犯行です





クズ家屋オリジナルといってもよいでしょう

http://www.asyura2.com/0304/health4/msg/281.html
> 裁判を検討していたとき、ゴミ家屋は、『日本にはガイドラインにホルムアル
デヒドしかないし、しかも判例がない。健康被害に関しては、国の基準もないから、
そちらが裁判に負ける』と裁判の取り下げを求めてきた。
 また、『パッチテストで反応が出ていても、家を買う前にそのテストを受け、無反
応を証明していないので、もともと入江さん一家に化学物質過敏症である可能性があ
る』と言う。しかし、現実には家を買う前にそんなテストを受ける人などいない。



これは司法の異なる案件はそれぞれ’個別に’扱うという性質を悪用した


クズどもによる意図的犯行
です



どんどん情報共有して、バカな検察を動かしましょう



共通因子はゴミ便ですが、



http://const.fukuicompu.co.jp/trouble_construct/






最後に「自分は弁護していただけ」といって逃げます


こういうのはマスごみに扱わせるのが一番です




そして、マスごみが扱わないなら、

それを問題にした方がよいでしょう


わたしの周りには県の弁護士会の会長や非常に優秀な建築士などもいますが、


それでもトヨタの広告力にはかなわないので、


ほとんどのみなさんも大切な生涯資産である家を壊され、


口を封じられて


家をつぶして殺されかけるからです




ちなみに、うちの家は神戸の一等地に建っていますが、


クズ家屋とかかわってるということで’事故物件’扱いされて、まともな買値がつかなくされています




ゴミ屋はひとを死なせてでもコストを抜く特殊なやつらが運営しているからです







つまり、ゴミ屋が横に来た時点で

あなたは終わってるということです



神戸市も何かをこわがって
’虚偽報告による’工事許可取得であることを認識しながらまともに対処しません



わたしもこんなゴミどもに殺されるわけにはいきませんので、

今後いろいろと出していきます



ちなみに、山口さんの第3次団体↑の名前が書いてあります




みなさんも被害に遭わないよう


できるだけこの話を広めてください





トヨタの広告ほしさにマスごみが役に立ちませんので







ちなみに、そのマスごみを押さえる原資


大量に何も知らない消費者にコスト抜きまくりで売りつけたものからでています


これ、もっと周知しないと


ひとが死にます
しね







これ以上の連中はいないというような悪質なゴミ
家を建てているわけです



うちはこんなくだらないゴミどもに


家を壊されて、大切にしていた庭を台無しにされたまま


もう3年もつき合わされています







家は動き(け)ませんので、隣にゴミ家屋が来た時点で終わりです



みなさんも被害に遭わないように、この話をバンバン広めてクズどもが横に来ないようにしましょう





後ろにトヨタがいるので広告料が減るのを怖がってマスコミがこの話を認識しながら触りません




みなさんもこの話をマスごみを止めてる意味がなくなるくらいに広めていただければ助かります





ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ゴミ屋とカス便の手口 | トップ | ゴミ屋の弊害(石綿地域住民編) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

クズどものクズっぷり」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。