いきなり脳腫瘍~病名が聴神経腫瘍→髄膜腫→右脳腫瘍。手術後に東日本大震災~

病気の告知から入院・手術と順繰りに回想…はブログの頭(2012.4.7開始)の方なので、脳腫瘍目当ての方はさかのぼってね

七十がらみのおばさんから、話し掛けられ過ぎる件

2017-06-24 13:17:20 | 自分のこと
時々書いているが、近所の七十過ぎの方を中心に、
長い立ち話に引きづり込まれそうになることが多い。
平日は朝出て夜帰宅なので大丈夫だが、
休日は要注意だ
少し視線を外す、急いでいる振り等の小芝居を駆使し、
挨拶プラス二言以内で切り上げるようにしているが、
諸般の事情でそうも行かないことも多い。
話題は、先方の健康問題が一番多いか。
近所の人だから、露骨に拒否も出来ず難しい・・・
が、最近、見知らぬおばさんからも、
近所のスーパーで話し掛けられることが続いた。
先程も、とうもろこし98円(税抜)を選んでいたら、
「採れたてだねえ。
一人暮らしだから面倒でねえ・・・」
・・・こっち覗き込んでいるし、私だよ
寂しい一人暮らしのお年寄り・・・
5分でも10分でも相手すべきなのはわかるが・・・
時間だけでなく・・・気持ちの余裕が、ない
恐らく・・・私は彼女たちのこども世代で、
若過ぎず話し掛け易いのだろう。
私の行く道なのも承知しているが・・・
今の状況では・・・無理だ

三十代前半の頃の、私です↓
もちろん薄ぼんやり写真で
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

限りある命、やりたくないことは、やらない

2017-06-23 22:16:07 | 自分のこと
小林麻央さんのことは、昼休みに聞いた。
難しそうだとは感じていたが・・・合掌。
普通の悲しみが沸き起こり、そこは省略します。
そして私が、
立派なおばさんになるまで生きてこられたのも、
当り前のことではない、と痛感。
脳腫瘍が発覚した6年半前は生と死を強く感じたが、
記憶も薄れ、生きていることが当り前になっていた。
ここで、やりたいことをやる
とかっこよく書きたいところだが、
その前に、
やりたくないことは、やらない。
もちろん、生きていく為に、
やりたくなくても、やらなければならないことは、
沢山あるが、そうでもないことで、
気乗りしないが付き合いで、とかは止める。
そして徐々に、
生きていく為に、
やりたくなくても、やらなければならないこと自体を、
減らしていきます
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

今シーズン、警察ドラマ見過ぎ

2017-06-15 22:33:30 | 医療情報・医療ドラマ
普段特に興味がある訳ではないのだが、
それぞれに見所があるので
で、脳腫瘍摘出手術で入院したときに、
叔父夫婦に看てもらったのだが、
その叔父が警視庁勤務だった。
私が入院時は、叔父はリタイアしていたが、
現職時は、厳しい部署に配属されていた。
もちろん具体的な話を聞いたことはなく、
とっくの昔にリタイアしたとは言え、
部署名をズバリ書くのは控えるが、
聞けば、「引いてしまう」イメージだ。
実際、現役時代は目つきが鋭かった。
それが私に付き添った時は、
すっかり人の好いおっさんになっていて、
私が開頭手術を終えて、
頭部血だらけで台車で戻ってきたのを見てビビり、
医者や看護師が次々と説明しているのに、
その場から逃げ帰りそうだったとのこと。
私はもちろん麻酔で意識がなかったが、
後で叔母(叔父の妻、私と血の繋がりはない)から
聞かされた。
叔母はしっかり対応しているのに、
叔父は「帰ろうよ」と繰り返していたとか。
・・・仕事で修羅場をくぐってきたはずなのに、
姪っ子の流血-と言ってもケガではなく、
治療の結果なのだが-は、別物なのかー
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

よろしければ、過去ログをお楽しみください

2017-06-11 21:01:25 | ブログ、Facebook、ネット全般
このブログの話だが、
5年近く毎日投稿していたのだが、
春頃からだんだんまばらになってきた。
私には公開NG項目が、とりわけ多いのです
当り障りのないことを書いてきましたが、
それも虚しくなってきまして
私と母の健康管理や介護履歴として使っているので、
お休みを宣言する程、
ご無沙汰することはないだろうが、
一定数の読者さんがいるようなので、
書き溜めた5年超分の記事を読んで頂けると・・・
時系列に読むのはきついと思いますが、
カテゴリーを見て頂き、
気になる項目があったらクリックして、
まとめ読みしてくださいませ
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

久保田利伸 『LA・LA・LA LOVE SONG』

2017-06-07 22:33:16 | エンタメ
久保田利伸 『LA・LA・LA LOVE SONG』


やっぱり良い曲だわ~
この曲が主題歌のドラマ「ロングバケーション」も
名作だった、突っ込みどころ満載だが
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

ダウンした

2017-06-02 12:56:14 | 日記
仕事は一日、お休みを取った。
忙しいのはいつものことだが、
ストレス案件が続き、
昨日残業中に洗面所の鏡で顔を見たら、
目元が疲れて酷い状態だった。
こういうときは、後遺症で聴力が低下している右耳、
も(手術前とは違う感じの)耳鳴りがしたり、
はっきりした頭痛とまで行かない違和感があったり、
私の弱点は、摘出手術した箇所だと自覚する。
とにかく、今朝無理だったので、仕事は休んだ。
今日明日は、横浜開港祭でもあるが、
その辺りを歩き回るのも無理だー
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

近所の、介護支援専門員/介護福祉士

2017-05-28 11:43:35 | 介護
昨日は9時から、
毎月のケアマネ訪問と、一緒に、
車椅子の福祉用具業者も半年毎点検に来た。
前回は昨年10月15日だったから、本来は先月なのだが、
先月のケアマネ訪問時に、
三者会議で今月一緒に来ると言われたので、
特に車椅子の不備もないし、言われたままにした。
結局、点検はほぼ後ろ倒しにされている
昨日は早朝、母を風呂に入れたが
(毎週、ほぼ土曜の朝に入浴)、
「もう無理だから、寝たまま風呂に入れてもらうよう、
デイサービスに行く。
お前が休みで送り出してくれる日(つまり、週末)に、
近く(うちから数分のデイサービスも実施の施設)に行く」
と言い出した。
その施設は、6年半位前に、要支援2でデイサービスに
行ったことがあり、当時既に座位が厳しいのに、
長時間の座位を要求されて3回で辞めたのだ。
「今回は介護度が上がっているから、
対応が違うだろう」と。
ケアマネにそのことを伝えると、
「行く気になってくれたんですね」
と喜び、早速、目の前でその施設に電話し、
土曜も(デイサービスの)空きがあることを確認、
契約の運びとなりそうだったが、
そこは難しい母のこと、
「施設見学をさせてください」
と私からお願いした。
14時にケアマネも同席し見学、結局、
サービス中ずっと寝たままは駄目、
お風呂も寝たままではなく、
座って自分でできることはやって貰う、と言われた。
母の様子を見て、これは無理だとわかったので、
考える時間を貰い週明けにケアマネに連絡する
ことにしたが、母曰く
「要支援2の時と同じだ。
あの時でさえ、無理だったのに」
・・・私も、そう思った。
見学して、よかった、無駄な契約をせずに済んだ。

で、この記事のタイトルの意味。
対応してくれた、施設責任者の女性が、
なんと同じマンションの、
中でも近くに住む40歳位?の、女性だった。
貰った名刺には「介護支援専門員/介護福祉士」とあり、
ネットで調べてみると、
介護支援専門員はケアマネ、
介護福祉士も国家資格、なんですね。
小さいこどもを育てながら、
住まいから数分の介護施設で介助仕事から、
こういうキャリアの築き方もあるんだ脳
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

THE BACK HORN - 未来

2017-05-26 22:01:35 | オダギリジョー


疲れているときに、癒される曲
映画「アカルイミライ」の主題歌。
2003年公開、黒沢清監督、
出演はオダギリジョー、浅野忠信、藤竜也。
どこまでが現実で、どこからが幻か、
判別できない内容だった。
コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加

アニサキス、生魚介類・禁止令

2017-05-23 21:45:07 | 飲食
母は連日テレビでアニサキスの報道を見ていて、
「アニサキスになったら、すごく痛くて、
内視鏡でないと取れないんだって。
とにかく、生の魚貝には何でもアニサキスが居て、
テレビでは営業妨害になるから言わないけれど、
食べるなってことだよ」(原文ママ
と、私に生魚介類・禁止令を出した。
Facebook見ると、友人達は普通に、
刺し身を食べたり、寿司屋でつまんでいるのだが
母をひとりで看る生活なので、
日頃から食べる物には気を付けているが、
駄目・・・か



コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

脳腫瘍ネットワーク退会

2017-05-20 13:38:56 | 脳腫瘍(仕事復帰後)
明日は年一回の総会・交流会が、
初めて我が地元、で開催されるが、
行かない、と言うか、退会します。
見た通り、脳腫瘍の患者会、だが、
二度総会に参加して、
対象はほぼ、’悪性’脳腫瘍の、
生きるか死ぬかの患者である。
私のような、良性腫瘍で、
手術が成功し命の危険は全くなく、
後遺症が残っても(私の場合は、右耳の聞こえ)、
自立して社会生活が送れる、
なんて者は、事実上の対象外。
私自身、総会で他人事に感じたし、
必死に参加している人(多くは患者本人ではなく、
その家族。何故なら、本人は参加すら無理だから)
に対して、失礼である。
この団体の設立も、
こどもを悪性脳腫瘍で亡くした親御さん達で、
脳腫瘍に限らず重病のこども、を
支援する活動をされてる方もいて、
頑張って頂きたいのは山々だが、
今の私は、自分のことで手一杯、
少し余裕ができたとしても、その余力は、
介護支援の方に向けたい。
今自分が困っていることに切実になる、
仕方がないと思う、人間だもの。
あと・・・設立者と少し関わってわかったが、
患者会で特定の政党支持が目立つのは・・・
違うんでないかい
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加