毎日バッハをきいていこう!

一日一バッハ




復活節後第2日曜日にきくのは、鈴木雅明たちによる「主はわが信実なる牧者」です。このWV112(1731年4月8日初演)は、ヴォルフガング・モイスリンの同名コラール全5節を、そのままカンタータ全5曲の歌詞にあてた、いわゆる全詩節コラール・カンタータ。ホルンが華々しく響き(第1曲)、突き抜けた明朗さがあります。鈴木たちの録音は2011年、管弦楽と合唱はバッハ・コレギウム・ジャパンです。合唱も歌う独唱者は、ハナ・ブラシコヴァ、ロビン・ブレイズ、ゲルト・テュルク、ペーター・コーイ。合唱はパート4名、管弦楽は16名編成で、ホルンは、ジャン・フランソワ・マデゥフとグレイアム・ニコルソンです。

CD : BIS-SACD-1981(BIS Records)

BIS-SACD-1981

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




グスタフ・レオンハルトのチェンバロによる「フランス組曲」。1975年に録音されたアルバムから番号順(収録順)にきいてきて、今日は最後の第6番(BWV817)です。レオンハルトの演奏は、40年ほどまえのものですが、いまきいてもみずみずしく気品があり、とても楽しめます。近年の若いチェンバロ奏者にくらべると、くずしはひかえめで楷書的なところもありますが、そこはレオンハルトらしい絶妙な加減というべきでしょう。使用楽器は、デイヴィッド・ルビオによるパスカル・タスカン・モデルのチェンバロ。ただし、製作年は昨日の第5番での楽器とはことなり、1975年です。

CD : SICC-2054(Sony Music)

SICC-2054

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




グスタフ・レオンハルトがSEONレーベルに録音した「フランス組曲」。今週はこのアルバムを番号順(収録順)に楽しんでおり、これからきくのはト長調の第5番(BWV816)です。この第5番、くつろぎをもたらすような親密さと弾けるような楽しさがあり、お昼休みにきくには最適。使用楽器は、デイヴィッド・ルビオによる1973年製のチェンバロ(パスカル・タスカンにもとづく)で、録音は1975年です。

CD : SICC-2054(Sony Music)

SICC-2054

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




グスタフ・レオンハルトのチェンバロできいている「フランス組曲」。短調ばかりの前半をききおえ、今日からは長調ばかりの後半です。これからきく変ホ長調の第4番(BWV815)は、日だまりのような温かさがある組曲。使用楽器は、昨日と同じデイヴィッド・ルビオによる1975年製のチェンバロ(パスカル・タスカン・モデル)で、録音も同年です。

CD : SICC-2054(Sony Music)

SICC-2054

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




今週のは、グスタフ・レオンハルトによる「フランス組曲」を番号順に楽しんでいて、これからきくのはロ短調の第3番(BWV814)です。1975年録音のアルバムでは、レオンハルトはデイヴィッド・ルビオ製作の2台のチェンバロを使用しており、1台が1973年製、もう1台が1975年製(第3番はこちら)。ともにパスカル・タスカン・モデルの楽器です。その楽器をもちいてのレオンハルトの演奏は、ならでは気品があり、40年ほどまえの録音とはいえ、じゅうぶんに楽しめます。

CD : SICC-2054(Sony Music)

SICC-2054

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 前ページ