こんなCDを買った!聴いた!

最近購入した、または聴いたCDについて語ります。クラシック中心です。

ラトル・BPOのベートーヴェン交響曲

2018年11月18日 23時31分00秒 | ベートーヴェン
先週の日曜日は、家族で奈良へ。まず北の京田辺の蟹満寺で白鳳の釈迦如来像、観音寺で天平の十一面観音像を見ました。どちらも立派です。そして奈良では再建なった中金堂を拝観。建物のわりに内陣が寂しかったです。でも、流石の興福寺。たくさんの仏像をお持ちですねえ。そして、第70回正倉院展。相変わらず多い人。なんだか近年は見どころが少ないかな、と思うのですが…。と言っても、『越前国正税帳』などの文書は毎年のよう . . . 本文を読む
コメント

内田光子さんのシューベルトを聴きました。

2018年11月11日 22時48分02秒 | シューベルト
3月に西宮の芸文センターで、クリスティアン・ツメルマンのリサイタルあり、そのチケット発売が過日ありました。発売当日になってもプログラムが未定で、それはないだろう、と思っていました。会員先行発売だったので(私は会員ではない)、一般発売になったら申し込もう、演目も不明なんで、すぐすぐには割り切れにならないだろうと思っていました。すると、会員販売のみで完売。うーん、大した人気なんですねえ。参りました。加 . . . 本文を読む
コメント

三回連続のゼルキンです。

2018年11月05日 22時57分24秒 | ベートーヴェン
先週の日曜日に、倉敷市真備町に7月豪雨災害復興支援ボランティアに参加してきました。現地では、ガレキを捨てていた公園の清掃。土中にガラスなどのガレキが混じっているの除去すること。これがなかなか大変で、掘れば掘るほどガラスなどの破片がでてくる。また、家なども、一見無事だったんだとホッとしたのですが、よく見ると1階部分はほとんど洪水が押し寄せたために破壊されている家ばかり。今回に豪雨災害の凄まじさを再認 . . . 本文を読む
コメント

ゼルキンとカザルスのモーツァルト

2018年10月28日 23時04分32秒 | モーツァルト
まだ日本シリーズがありますが、マリーンズにとっての主な今年の行事は、今日のドラフトでおしまい。そしてマリーンズ、阪神・樂天と競合の末、大阪桐蔭の藤原くんを1位指名。外野手が欲しかったので、よかったです。そして、日体大の東妻、早大の小島と、即戦力投手も獲得。まあ上出来でしょうね。ここ数年のドラ1は中村、石川、平沢、佐々木、安田と、なかなかなんですね。平沢、安田、藤原がクリーンアップを打つのを見てみた . . . 本文を読む
コメント

ゼルキンのシューベルト・ピアノソナタ

2018年10月21日 17時55分54秒 | シューベルト
今季ペナントレースも終了しました。マリーンズ、59勝81敗3分の5位。最下位だった去年は、54勝87敗2分ですから、若干良かった。前半は5割前後だったのが、後半は石川・ボルシンガーが離脱・不調で、負けが込みましたね。9月以降は負けばかり。やっと中村・井上が中核打者として独り立ちしたが、貧打戦は克服できず、投手も有吉、酒居、二木など頑張るが、安定感がない。中継ぎもコマ不足。やはり、大がかりな補強がな . . . 本文を読む
コメント

クーベリックの「ジュピター」

2018年10月14日 18時22分14秒 | モーツァルト
9月初旬から、ひょんなきっかけからジョギングを始めました。最初は実にしんどく走れなかったのですが、数回するとほんとに楽に走れるようになりました。一日でも休むと次がしんどくなるのでできるだけ毎日走ろう、と言う感じでした。4㎞ほどで時間にして30分弱。これだけで体調は随分よくなりました。しかし、3週間を過ぎた頃から、左膝が痛くなり、今は中止しています。始めた途端にこんなことになり、情けないですが、筋力 . . . 本文を読む
コメント (2)

小菅優さんのベートーヴェン ピアノ・ソナタ

2018年10月07日 23時56分06秒 | ベートーヴェン
2日から5日まで沖縄出張でした。後半は台風25号で大荒れの天気となり、日程の変更を余儀なくされました。5日の帰還も飛行機が飛ぶか心配でしたが、なんとか無事帰れました。2日目に南城市にある、琉球王朝最高の聖地といわれる斎場御嶽に行きました。聞得大君の就任儀礼などが行われたと言います。巨大な石のもとに祭祀遺跡や遺物があり、これも磐座の信仰なのかなと思いました。また沖ノ島の信仰もこんなものなのかなあとか . . . 本文を読む
コメント (2)

アンジェラ・ヒューイットの平均律を聴く。

2018年09月30日 16時30分25秒 | バッハ
先週の金曜日、東京に行ってきました。5月に行ったアンジェラ・ヒューイットのバッハ平均路ツグラヴィーア曲集第1巻に続き、第2巻の演奏会に行きたい、ということでした。残っている夏季休暇をもらいました。 それで、木曜日の夜11時半に三宮からの夜行バスに乗りました。そして、8時に八重洲口に到着。夜まで時間はたっぷりあるので、江戸城を見ようということで、まず9時半からの皇居一般参観に加わりました。普段は入 . . . 本文を読む
コメント

福浦の2000本と、バッハのカンタータ

2018年09月23日 21時50分08秒 | バッハ
マリーンズの福浦和也選手が2000本安打を達成しました。おめでとうございます。1994年に千葉の習志野高校からドラフト7位で入団。1997年から一軍出場。1998年には規定打席の到達し、2001年には首位打者となり、2006年まで連続6年三割を打ちました。その後はケガもあり、2012年以降は、200打席にも届かかず、2軍暮らしも多くなり年間安打も50本に届かないシーズンが続きました。もう2000本 . . . 本文を読む
コメント (2)

スクロヴァチェフスキ、今度はブラームス。

2018年09月16日 22時04分34秒 | ブラームス
スポーツ界の醜聞、止まることを知りませんね。レスリング、アメフット、ボクシング、新体操、バスケットボール等々。パワハラやスキャンダル、いろいろあって、興味本位で見るのはそれなりにおもしろいのですが…。これほど頻発するのは、2020東京五輪を控えて、スポーツ界がメダルをとにかく取ることを至上命題にしてることと関係するんでしょうか。五輪が有形無形で多方面にプレッシャーを与えていることではないか、と思っ . . . 本文を読む
コメント (2)

ヒューイットによるモーツァルトのピアノ協奏曲

2018年09月09日 21時24分48秒 | モーツァルト
先週は、台風21号が関西を中心に被害をもたらし、その翌々日には北海道で震度7の地震が発生。もう、自然災害に振りまわされる日本列島でありました。被害に遭われた皆様に心よりお見舞い申し上げます。しかし、今年は兵庫県には20号に続き、二度も台風が上陸し、大きな被害をもたらしましたが、北海道の地震も大変な土砂崩れが発生。山が一変した画像には驚きました。こんなに自然災害が頻発する時代になったんですかねえ。も . . . 本文を読む
コメント (2)

シェリングとモントゥーのブラームス

2018年09月02日 17時42分58秒 | ブラームス
過日、四国への旅行のときに、別子銅山に行ってきました。約300年間に銅約70万トンを算出し、住友財閥の発展、ひいては日本資本主義を支えた銅山でした。標高750mの東平地区に、往時は4000人の人が住み、銅採掘に従事。小中学校や演芸場までもある町が、この山中にあったとはとても想像できない、「東洋のマチュピチュ」です。しかし、こんな劣悪な生活環境の中、過酷な労働に従事した多くの日本人によって、明治以来 . . . 本文を読む
コメント (6)

残暑厳しき折に、「ます」

2018年08月26日 18時43分25秒 | ヴィヴァルディ
百回目の夏の甲子園大会も終わりました。春夏連覇の大阪桐蔭、また金足農も見事でした。個人的には金足農を応援していましたが…。決勝戦、さすがの吉田くんも連投で力尽きた感ですね。いろんな意見がありますが、私は日程、特に準決勝と決勝の間に一日は休みを入れて欲しい。できるだけいいコンディションでやって欲しい。連投などを投手に強いることは、前世紀の遺物ですよ。連日甲子園のみで行うことも…。まあそこまでは無理で . . . 本文を読む
コメント (2)

CDが割れたことについて

2018年08月12日 17時32分51秒 | ヘンデル
先週の日曜日。息子の結婚式がありました。まあ、めでたいことですが、なかなか結婚式ってお金がかかりますね。わずかな時間のために、これほどまでとは、まあほんとにたいへんですねえ。加えて、高い割には式場がイマイチでしたねえ。この猛暑の中、屋上で記念写真を撮ったり、また冷房が驚くほど効いていないとか、まあいろいろありました。ともあれ、息子にとっては、新しい生活の出発には違いなく、一生に一回のこと(だといい . . . 本文を読む
コメント (2)

SPからの復刻したワルターのモーツァルト、

2018年08月05日 21時36分08秒 | モーツァルト
8月になりました。5日からは甲子園の高校野球も始まりますが、この酷暑の中、炎天下での運動ってもう正気ではないな、ですね。しかし、今年は百回大会ということで、特に朝日新聞やテレビは加熱気味。高校球児をスターやアイドルのように扱うなど、すべてにおいて異常です。体調のことなど含めて、甲子園で行うのは、ベスト8から。それまでは周辺の球場で分散開催する。となれば、日程的にも余裕ができる、と思うのですが、まあ . . . 本文を読む
コメント