みちくさ茶屋

いらっしゃいませ。どうぞごゆるりと。

ヒプノセラピー体験

2017-03-30 | monologue
ご縁があってヒプノセラピーを受けてきました。

ヒプノセラピーは「催眠療法」のことで、催眠状態で自分の内面とコミュニケーションを取る心理療法です。
その中で「前世療法」をやっていただきました。

正直、こういうのってあやしさ満載というか、今まで「ホンマかぁ?」と疑っている節がありました。
その反面、「現実世界に戻って来られなくなったらどうしよう」という恐怖心もあって、つまりどこかでは信じていたみたいです。

せっかくの機会を得たので、やってみて感じたことを少し書きます。
あくまでも、私の感想であり、考えです。
人それぞれ千差万別なので、ご参考程度にしてください。

まず最初に、「催眠状態」について。
催眠といっても、現実の意識はハッキリとあります。
いろいろな映像を見ましたが、テレビでドラマを見ている、くらいの感じです。

ちょっとでも「こんなことやっても無駄」とか「ばかばかしい」とか思ってしまうと、もうダメだと思います。
あと、誘導してくださる先生との相性もとても重要で、簡単に言うと先生のことをイヤだなと感じてしまったらアウト。覚めてしまうんじゃないかと思います。
言葉は軽いですが、「ノリ」が肝心だと思いました。
アトラクションを楽しむような。

「前世療法」というからには前世の記憶をたどっていきます。
今回、私は「前世の私」と4人会いました。
あと、その家族とか、大事な人とか。

4人のうち2人が男性で、2人が女性でした。
詳しくは書きませんが、どれも「ああー、そうか、そういうことか」と納得したし、そのうち3人の人生についてはあまりにも多幸感があって笑いながら号泣してしまいました。
楽しくて楽しくて、幸せで、愛おしかった。
1人だけ、つらくてさみしくて(前世の感情)、かわいそうで(現世の感情)で泣きました。
でもきっと、その悲しい涙も、今の自分には必要なんじゃないかと思いました。

私はすべてフルカラーの映像で見ましたが、人によって、セピア色の静止画だったり、映像はなく感触だけだったり、音だったり、風が吹いているのを感じたり、さまざまだそうです。


そしてここからは、体験してみての私の解釈ですが、
あれが「前世かどうか?」は、わかりません。
私のただの空想かもしれない。

でも、あの4人が私の中にいることは確かで、それを知っただけでも良かったなと思います。

それぞれ、やんちゃだったり、ワガママだったり、夢想家だったり、親の愛に飢えていたり、そんな「彼ら」が「私」を構成してくれてるんだなと思うと、なんというか、心強いのです。
私はビジュアルで顔も見たので、これまでなら「私ってワガママだな……」と落ち込むようなとき、「ワガママなあの子が騒いでるんだな」と客観的に想像するようになったりして、単純に楽しい。

あと、私がお願いした先生は、最後に「未来もチラ見しますか」とおっしゃって、ええー、見る見る!と、数年後をほんとにチラ見してきました。
まあ、これも余興というくらいに。自分の中にある、「こうなるだろう」「こうあってほしい」という潜在意識なんでしょうね。

すごく感覚的な療法ですし、先生によってぜんぜん違ってくるので、気軽に「おすすめ!」とは言えません。
私も、今のところこれでもう充分かな、という気がしています。

悩み解決を期待するのではなく(もちろん、解決される方もいらっしゃいます)、自分で何かのきっかけをつかんだり、それにとらわれないでひとつの経験として役立てるには、興味深い療法だと思いました。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

311

2017-03-11 | monologue

あたりまえのように与えられた一日を

あたりまえと思うことなく

あの日のことを何度も思い出しながら

時間をしっかりと受け取って生きた


6年目の、今日。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

謹賀新年

2017-01-02 | monologue

あけましておめでとうございます。



2016年の夏ぐらいから、日付を書くときになぜか2017年と書いてしまっていて「まだ2016年なんだっけ?」という感じだったので、年が明けてようやくしっくりきます。

昨日まで2016年だったのに、すごい過去に思える。

2017年、一歩ずつ大切に踏みしめてがんばります

今年もどうぞよろしくお願いします。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

3年日記。

2016-12-27 | monologue
結婚して最初の元旦からつけている3年日記。
この年末で15年分の5冊が終わり、2017年から6冊目に突入します。



ここまでくると、ちょっとした自分史です。
感情的なことはあまり書いていなくて、どこに行った、何をしたなどを記録しているので、あとで読み返すと便利。
お店の名前とか、誰かの誕生日とか。

ぱらぱらめくってみると「そんなことあったっけ?」「これって〇年前だったんだ」と、つくづく人の記憶はたよりないものだと思いますが、だからいいんでしょうね。

2016年、「ありがとう」と「大好き」がいっぱいの一年でした。
感謝とともに、今年のみちくさ茶屋をしめくくりたいと思います。

みなさま、良いお年を!



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「カインとアベル」ノベライズ発売中です。

2016-12-22 | work
フジテレビ月9ドラマ「カインとアベル」ノベライズを書かせていただきました。




上巻が出たときに「ノルウェイの森」みたいですね~とよく言われたのですが、下巻がそろってますますそんな感じになりました。
クリスマスっぽくて時期的にもオシャレ

文庫版を手掛けたのは今回が初めてです。
持ち運びやすいので、通勤や通学途中の電車などで楽しんでいただけたらいいなと思います。

扶桑社より発売中です。
書店で見かけたら、お手にとってみてくださいね



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017年上半期 占い特集★

2016-12-16 | work

マガジンハウスより発売中の「an・an」
2017年前半占い特集、星占いの監修ページで
執筆参加させていただいています。




どなたさまも、キラキラした上半期を!



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ソファの旅立ち

2016-12-02 | monologue
結婚してから16年間使い続けたソファとお別れしました。
このソファには、私のまどろみと読書とテレビ視聴と考え事と育児の時間がたっぷりしみこんでいます。
夫も息子も、それぞれにそれぞれの時間をしみこませていることでしょう。
ありがとう、おつかれさまでしたヾ( ´―`)



コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

月9ドラマのノベライズ、発売されます。

2016-11-25 | work

ドラマノベライズを書かせていただいています。



今回は、文庫本の上下巻で、
上巻が11月29日に発売されます。
(Amazonは27日のようです)

詳細は→こちら


私にとって4作目のドラマノベライズですが、
脚本が届くのがこんなに楽しみだったのは初めてです。

下巻はただいま、執筆中です。
最終回あたりで出ます。

どうなる、最終回!?
私もまだ知らない!!


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

フォーラム南太田まつり、出店参加します。

2016-10-09 | artwork
「フォーラム南太田まつり」にて、曼荼羅ぬりえセラピーで参加します。

日時:10月16日(日) 10:00~16:00
場所:フォーラム南太田(男女共同参画センター横浜南)
(京浜急行南太田駅から徒歩3分、市営地下鉄吉野町駅から徒歩7分)




「暮しの手帖」の編集者さんのトークイベントもあるそうです
おおー、そんな目玉企画が…!!

会場となるフォーラム南太田は、3階建てのクラシックで素敵な建物。
普段はたくさんあるスペースでいろいろな催し物が行われているのですが、今回のまつりは、建物丸ごと全部使っての大イベントです。

ハンドメイド雑貨、小物、お菓子などの販売のほか、アロマセラピーや筆文字、そばうち体験、おひるねアートの実演、コンサート……などなど、楽しい企画がいっぱい。

その他の出店は以下のとおり。
40店舗以上あります!





見にくいかな?

詳細はフォーラム南太田のHPに載っています。
チラシの拡大もご覧いただけますので、どうぞ。


こちら➞ フォーラム南太田まつり2016


まつりは入場無料、曼荼羅ぬりえセラピー参加費は500円(小学生以下300円)です。
3階わいわい広場(大研修室)にて行います。

私は10時から16時まで基本的にずっといますので、お好きなお時間にいらしてください。
ぬりえセラピーの所要時間は、おひとり20~30分です。

曼荼羅ぬりえとは?
医学的にもリラックス&デトックス効果が認められているアートワーク手法のひとつです。
幾何学模様の図案を選んでいただき、思うままにぬりえを楽しんでいただきます。
そこから見えてくるものを、一緒に探っていきましょう。



こんな感じです。
今回は図案を増やしたいと思います。



チアリング・リーフの販売もしますよ~♪

たけうま書房さんとご一緒するので、古書のほか、たけうま書房オリジナルトートバッグも予定しています!
どうぞお気軽にご参加ください


Art Leaf M(アートリーフ・エム)のHPはこちらです→Art Leaf M


ハンドメイドサイトminneに出店しています→Art Leaf M's GALLERY



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

映画「君の名は。」感想【ネタバレ満載】

2016-09-23 | movie

息子とふたりで「君の名は。」観てきました。
すごく良かったので、久しぶりに映画の感想など。

※ネタバレ満載です。
まだ知りたくないよという方はご注意ください。




さて。


いきなり本題ですが、
この映画で何がいちばん良かったかって、
ふたりがちゃんと会えた
ってことに尽きると思います。

「片割れ時」に対面を果たしたふたりが、三葉が名前を書こうとした瞬間にまた離れてしまう…
このとき私、「やっぱり運命って変えられないってことなのかな」と悲しくなったのでした。
主題歌が「前前前世」というからには、来世でまためぐりあってお互い気づくってオチなのかなーと。
でもちゃんと会えてよかったーー(゚ーÅ)

起承転結の「転」あたりでようやく、瀧と三葉には3年の時間軸のズレがあることがわかるんだけど、「なんで入れ替わっているときにスマホ画面やカレンダーで気が付かなかったのか?」という疑問は湧きますね。
でもたぶんこれって、入れ替わってるときは「夢(夜見るやつ)」みたいな状態だからなのかなと。
夢見てるときって、辻褄が合わなくてもけっこう受け入れちゃうし、時代とか自分の年齢さえもよくわかないというか気にならないし。

そして、そういうことも含めて

人は忘れてしまう

というのがこの映画の大きなテーマだったんじゃないかと思うのです。

夢ってすごく、あいまいで、一生懸命覚えていようと思っても、朝起きて「この世界のリアルな自分」の活動が始まったとたんに、消えてしまう。
人に「こんな夢を見たよ」って話そうとしても、うまく伝わらなかったり。

現実世界でもわりとそういうところがあって、人の記憶なんて本当に危ういものです。
最後のほうで奥寺先輩が言った「瀧くんと一緒に岐阜に行ったときのことをあんまり覚えてない」というようなセリフが効いてるなと思いました。

それでも、それでも……

DNAに沁み込んだ記憶は、ふとしたときに出現する
とも、思うのです。


自分(の脳?)では忘れたと思っていることも、どこか奥底では完全に消去はされてなくて。
「初めて会うのに、なんだかずっと知ってる人みたい」とか、「初めて来たのに、なんだかなつかしい場所」とかって、それこそ「前世」の遠い記憶なのかも。
自分でもわからないけどどうしてこんなに気になるんだろう?っていうのは、きっと理屈じゃないところで求めていることなんだから、素直に従っていいんだなと……映画を観終わってあらためてそう思いました。


まあ、私がちょっと足をバタバタさせちゃったところを言えば、
手に名前書こうって言ったのに、なんで「すきだ」って書くんだよ~~! しかもひらがなで~!
それじゃあ、「スキダ君」じゃないかー、ちゃんと「好きだ 瀧より」まで書きなさいよ。
そして三葉も、なんで瀧がそれ書いてるときに見ないんだよー。あっ、黄昏時で暗かったのかしら。

あと、「スマホの日記でやりとりする」のは、アナログなおばちゃんには心配で心配で。
スマホ日記はそれはそれでいいとして、ちゃんと「交換日記」のノート作らないとさー。
スマホなんて、人間の記憶より危うくてモロいものよ。電池切れるだけで使えないんだから。
案の定、彗星が落ちたあと、三葉の日記は消えちゃうし……って、このへんは、ノートでも文字がどんどん消えていっちゃったりするのか。

でもそういう細かいところはどうでもいいんですよ、だってファンタジーだから。
「ご都合主義」って意見もいくつか目にしたけど、都合よくいくのがファンタジーだから。
ご都合主義ばんざい、ハッピーエンドでよかった!
終わってシアターを出たとき、入口で次の回を見るために並んで待ってる人たちに「良かったよ! いやほんと、良かったよ!」って言ってまわりたいくらいでした。


組紐とへその緒のリンクも素晴らしかったし、中学生だった瀧が三葉とそんなに背が変わらないところ(片割れ時に対面したときは、瀧のほうが背が高い)など、ひとつひとつがていねいに描かれていて、一秒も目が離せなかったです。
なんといっても映像が美しすぎてため息が出る。
電車やふすまなど、扉が開くときのスライドが何度もアップになって、すごい躍動感だった。
畳の目の細かさ、網戸のリアルさ、雨の日のアスファルト、目を奪われるような紅葉……数えきれないくらい「もう一回観たい!」と思う風景がたくさんあります。
テッシーが三葉(中身は瀧)と作戦会議している部室(?)も、あふれかえる小道具や壁の張り紙など、一時停止してじっくり見たい。
余談だけど、この「美しい映像(動画)を一時停止してじっくり見たい」という欲望は、ジャニヲタ癖かもしれないなぁ…


映画は基本的にひとりで見るのが好きなのですが、たまに誰かと一緒に行くと、終わってから話をするのがまた楽しいですね。
ロッテリアに寄ってお茶しながら、映画について息子と少し語りました。
息子が「三葉が3歳年上ってことだよね」と言っていたのが面白かった(笑)
そうだね、それってなんかちょっと、いいよね(*^^*)

私は奥寺先輩と司くんがくっつくのかなーと思ってたけど、そんなに安直じゃなかった。
先輩は誰と結婚したのかなあ。

それと、私が「瀧の声、神木くん合ってたね」と言ったら突然息子が
「始まってすぐに気が付いたんだけど、サヤちんの声優さん(悠木碧さん)、すっごいいっぱいアニメで声やってる人で、ポケモンとか妖怪ウォッチとかまどか☆マギガとか▽▲〇※☆□……!!!」
と止まらなくなってしまい、それも面白かった。
アニメ映画の声って声優じゃなくて俳優や女優になりがちなので、アニヲタの息子には興奮ポイントだったみたいです。

もうひとつ、瀧の友人「高木くん」が、「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」のポッポみたいだったと息子が言っていて、家に帰ってから調べたらキャラクターデザインが同じ方なんですね。納得。


ロッテリアを出たあとは、ふたりでカラオケに行って「前前前世」を熱唱しました。
映画を観たあとにこの歌詞をかみしめると、また味わい深いです。


それにしても、日本のアニメーションは本当に素晴らしい。
こんな作品を13歳で見ることができる息子を少しだけ、うらやましいなと思います。



これ、公式サイトのトップ画面にもなっている絵だけど、本編にこんなシーンはなくて……この階段、大人になってやっと出会えたふたりが言葉を交わす場所だったんだね(^-^)



コメント
この記事をはてなブックマークに追加