みちくさ茶屋

いらっしゃいませ。どうぞごゆるりと。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

note、始めました。

2018-05-30 | monologue

noteを始めました。

こちら

雑記とお知らせを書いています。



コメント

ニコニコ生放送、ゲスト出演させていただきました。

2017-12-16 | book
先日、ニコニコ生放送のトーク番組「お黙りなさいと言われる前に」にゲスト出演させていただきました。

MCは新田哲嗣さん。
実物はもっとイケメンです
(今さらなんですが自分のブログで顔出しするのがまだ恥ずかしいので、私は星つきでご勘弁を)





1時間番組でしたが、新田さんのリードであっというま。
本のお話をたくさんさせていただきました。



スタジオの中はこんな感じ。
目の前にモニターがあって、視聴者さんの書き込みが読めるようになっています。


良い経験をありがとうございました。
今後も精進して励みます

コメント

お知らせ

2017-08-25 | work
ご報告です。
シドニーの日本語情報誌JaparaliaでWEB連載していた「12coloured Pastels~12色のパステル~」が、大幅な加筆改稿をして書籍化していただけることになりました。




「木曜日にはココアを」
8月26日(土)宝島社より発売です。

素敵な装丁は、NHK朝ドラ「ひよっこ」のタイトルバックで人気のミニチュアアーティスト、田中達也さんが受けてくださいました。
売れっ子でお忙しいのに、作品をきちんと読み込んでくださったんだなぁ……ということがすごく伝わるデザインで、ラフを見せていただいたときには感激のあまり号泣しました。
物語や登場人物のキャラクターが見事に的確に表現されていて、何度見ても幸せな気持ちになります。
私には、この12色の子たちが動いて見えて仕方ありません。

小説の内容は、WEB原稿にだいぶ手を入れています。
12色のカラーをテーマにした12話の独立した短編集ですが、通して読むとそれぞれつながってひとつの物語になっていきます。
WEBではお隣同士のお話に出てくる登場人物がリンクしていく構成だったのを、書籍では全体的に人物を絡ませています。最初に出てきた人が後から別のつながりで……ということも。新しいキャラクターも登場するので、そこもお楽しみいただければ。


書籍化のお話をいただいたのが3月で、なんだか信じられない気持ちのまま慌ただしい日々が始まりました。自分にまだまだ足りない部分がよくわかりましたし、いろんな意味での覚悟もできたように思います。

たくさんの方々に助けていただいて、無事に完成した一冊です。
今はただただ、全方位に感謝しかありません。

これからも、地道にこつこつと小説を書いていきたいです。
私は天才肌ではないので、ひとつずつていねいに向き合って精進していくしかないのだと思っています。天才だったら、もうとっくの昔にデビューしているはずなのです。でも私は、作家になりたいと14歳から思い続けて33年かかりました。私にはその長い年月と経験が必要だったのだと、今はそのことをしみじみとありがたく感じています。
そしてだからこそ、
書きたいことが、たくさんあります。

最後になりましたが、これまでWEBを通して私の文章を読んでくださった方々に心より御礼を申し上げます。励ましのお言葉や感想など、本当にありがたく思っています。ありがとうございました。




今朝、Japaralia編集部さんから届いたお花!
びっくり! 感激です。
私のほうがお礼しなくてはいけないくらいなのに。

「12色のお花とかも考えたんだけど、これからの作家人生、真っ白の状態から色を増やしていってほしい」とのメッセージをこめて白中心のアレンジメントにしてくださったそうです(゚ーÅ)
この本の最終章が「ホワイト」なのですが、それにも絡め、「物語はここで終わりではなく、ここから彩られますように」とのこと。
まるでキャンバスですね……(^-^) 
(WEB版にはなかったのですが、書籍化にあたり「CANVAS」というシドニーの日本語情報誌を登場させています。Japaraliaがモデルです。)

遠くまで届いて、たくさんの方の手に取っていただけることを願っています。

コメント (6)

「あなたのことはそれほど」ノベライズ発売&ラジオ出演

2017-06-28 | work
TBS火曜ドラマ「あなたのことはそれほど」
ドラマノベライズを書かせていただきました。



2組の夫婦、4人それぞれの視点で書いています。

ノベライズは、いつも脚本をいただいてすぐに原稿を書くので、私も先を知らないまま進めることが多いです。
今回も「最終回はどうなるんだろう?」と思いながら、そわそわしてました。

いくえみ綾さんの原作コミックはまだ連載が終わっていないので、ドラマとの違いも早く知りたい
上下巻とも、祥伝社さんより発売中です。


それに伴い、昨日、かわさきFMの「たみたろうの一日」という番組に、本の宣伝でゲスト出演させていただきました。




生放送だったのでビビって事後報告(^^;
とっても楽しかったです。

収録後は、パーソナリティーのたみたろうさんと軽くランチしながらお話させていただきました。
たみたろうさんはラジオでもご活躍ですが、書家・詩人・筆文字アーティストでもあります。

お仕事のことやこれまでのご経験など、とても充実したお話ができて嬉しかったです
コメント

ヒプノセラピー体験

2017-03-30 | monologue
ご縁があってヒプノセラピーを受けてきました。

ヒプノセラピーは「催眠療法」のことで、催眠状態で自分の内面とコミュニケーションを取る心理療法です。
その中で「前世療法」をやっていただきました。

正直、こういうのってあやしさ満載というか、今まで「ホンマかぁ?」と疑っている節がありました。
その反面、「現実世界に戻って来られなくなったらどうしよう」という恐怖心もあって、つまりどこかでは信じていたみたいです。

せっかくの機会を得たので、やってみて感じたことを少し書きます。
あくまでも、私の感想であり、考えです。
人それぞれ千差万別なので、ご参考程度にしてください。

まず最初に、「催眠状態」について。
催眠といっても、現実の意識はハッキリとあります。
いろいろな映像を見ましたが、テレビでドラマを見ている、くらいの感じです。

ちょっとでも「こんなことやっても無駄」とか「ばかばかしい」とか思ってしまうと、もうダメだと思います。
あと、誘導してくださる先生との相性もとても重要で、簡単に言うと先生のことをイヤだなと感じてしまったらアウト。覚めてしまうんじゃないかと思います。
言葉は軽いですが、「ノリ」が肝心だと思いました。
アトラクションを楽しむような。

「前世療法」というからには前世の記憶をたどっていきます。
今回、私は「前世の私」と4人会いました。
あと、その家族とか、大事な人とか。

4人のうち2人が男性で、2人が女性でした。
詳しくは書きませんが、どれも「ああー、そうか、そういうことか」と納得したし、そのうち3人の人生についてはあまりにも多幸感があって笑いながら号泣してしまいました。
楽しくて楽しくて、幸せで、愛おしかった。
1人だけ、つらくてさみしくて(前世の感情)、かわいそうで(現世の感情)で泣きました。
でもきっと、その悲しい涙も、今の自分には必要なんじゃないかと思いました。

私はすべてフルカラーの映像で見ましたが、人によって、セピア色の静止画だったり、映像はなく感触だけだったり、音だったり、風が吹いているのを感じたり、さまざまだそうです。


そしてここからは、体験してみての私の解釈ですが、
あれが「前世かどうか?」は、わかりません。
私のただの空想かもしれない。

でも、あの4人が私の中にいることは確かで、それを知っただけでも良かったなと思います。

それぞれ、やんちゃだったり、ワガママだったり、夢想家だったり、親の愛に飢えていたり、そんな「彼ら」が「私」を構成してくれてるんだなと思うと、なんというか、心強いのです。
私はビジュアルで顔も見たので、これまでなら「私ってワガママだな……」と落ち込むようなとき、「ワガママなあの子が騒いでるんだな」と客観的に想像するようになったりして、単純に楽しい。

あと、私がお願いした先生は、最後に「未来もチラ見しますか」とおっしゃって、ええー、見る見る!と、数年後をほんとにチラ見してきました。
まあ、これも余興というくらいに。自分の中にある、「こうなるだろう」「こうあってほしい」という潜在意識なんでしょうね。

すごく感覚的な療法ですし、先生によってぜんぜん違ってくるので、気軽に「おすすめ!」とは言えません。
私も、今のところこれでもう充分かな、という気がしています。

悩み解決を期待するのではなく(もちろん、解決される方もいらっしゃいます)、自分で何かのきっかけをつかんだり、それにとらわれないでひとつの経験として役立てるには、興味深い療法だと思いました。


コメント

311

2017-03-11 | monologue

あたりまえのように与えられた一日を

あたりまえと思うことなく

あの日のことを何度も思い出しながら

時間をしっかりと受け取って生きた


6年目の、今日。



コメント

謹賀新年

2017-01-02 | monologue

あけましておめでとうございます。



2016年の夏ぐらいから、日付を書くときになぜか2017年と書いてしまっていて「まだ2016年なんだっけ?」という感じだったので、年が明けてようやくしっくりきます。

昨日まで2016年だったのに、すごい過去に思える。

2017年、一歩ずつ大切に踏みしめてがんばります

今年もどうぞよろしくお願いします。

コメント

3年日記。

2016-12-27 | monologue
結婚して最初の元旦からつけている3年日記。
この年末で15年分の5冊が終わり、2017年から6冊目に突入します。



ここまでくると、ちょっとした自分史です。
感情的なことはあまり書いていなくて、どこに行った、何をしたなどを記録しているので、あとで読み返すと便利。
お店の名前とか、誰かの誕生日とか。

ぱらぱらめくってみると「そんなことあったっけ?」「これって〇年前だったんだ」と、つくづく人の記憶はたよりないものだと思いますが、だからいいんでしょうね。

2016年、「ありがとう」と「大好き」がいっぱいの一年でした。
感謝とともに、今年のみちくさ茶屋をしめくくりたいと思います。

みなさま、良いお年を!



コメント

「カインとアベル」ノベライズ発売中です。

2016-12-22 | work
フジテレビ月9ドラマ「カインとアベル」ノベライズを書かせていただきました。




上巻が出たときに「ノルウェイの森」みたいですね~とよく言われたのですが、下巻がそろってますますそんな感じになりました。
クリスマスっぽくて時期的にもオシャレ

文庫版を手掛けたのは今回が初めてです。
持ち運びやすいので、通勤や通学途中の電車などで楽しんでいただけたらいいなと思います。

扶桑社より発売中です。
書店で見かけたら、お手にとってみてくださいね



コメント

2017年上半期 占い特集★

2016-12-16 | work

マガジンハウスより発売中の「an・an」
2017年前半占い特集、星占いの監修ページで
執筆参加させていただいています。




どなたさまも、キラキラした上半期を!



コメント