宇宙のめいぐると

PEACE,LOVE & UNDERSTANDING!!
MUSIC,CINEMA & FOOTBALL!!

2016 Movies Best 10

2017年01月07日 18時56分47秒 | BEST MOVIE
今年もマイペースでお送りしますね。

さて第1弾は2016年映画ベスト10です。
2016年に私が劇場で鑑賞した79作品の中から選出しました。


10.最愛の子

ピーター・チャンが実話をベースに子を想う親の姿を描いた「最愛の子」が10位。
誘拐された3歳の子が3年後に発見された時には実の両親の顔を忘れていた…。
主要人物は誰も悪人がいないのに、皆ことごとく不幸になってゆく様が切ない。
個人的には家族会のリーダー格を演じたチャン・イーが白眉。
彼はジャ・ジャンクー作「山河ノスタルジア」でも好演。



9.灼熱

旧ユーゴ民族紛争の暗い影の中で生きる3つの時代の男女を全く同じ俳優で描き、
カンヌ映画祭『ある視点』部門の審査員賞を受賞した「灼熱」。
素晴らしく牧歌的なロケーションの中、車の疾走シーンだけ洗練された画作りだったのが印象的。
未だ全世界で繰り広げられている隣人との憎悪と争い、それを無くすのは愛とちょっとした勇気なのだと教えてくれる。
曇り空に一筋光が射すようなラストが素晴らしい。



8.弁護人

我らがソン・ガンホ兄貴が元大統領の故ノ・ムヒョンの弁護士時代を演じて韓国内の映画賞を席巻した「弁護人」。
叩き上げの弁護士が馴染みの店の息子の不当拘束で、国に闘いを挑む人権弁護士となってゆく。
前半の下衆パートをじっくり描いた後だけに、クライマックスの法廷シーンの熱量がとてつもなく活きてくる。
そして隣国が遠くない過去の80年代に未だ軍事政権だった事に驚かされる。



7.キャロル

パトリシア・ハイスミスが当時別名義で発表した小説をトッド・ヘインズが映画化した「キャロル」。
とにかく主演2人に尽きるが、特にルーニー・マーラがリスベットとは真逆の女性を演じて素晴らしい。
1952年を見事に映し出す美術、そしてしっとりした映像は既にクラシックの風格。



6.さざなみ

シャーロット・ランプリングが久々にアカデミー主演女優賞ノミネートを果たした「さざなみ」。
結婚45周年を迎える夫婦に訪れる過去の波紋。波紋は広がるにつれ大きな波となり…。
映画が終わる頃には夫婦の心理的立場がすっかり逆転している事に気付かされる。
少ない台詞の中に表情だけで心理描写を伝える演技は素晴らしく、これは舞台に置き換えても有効かも。



5.永い言い訳

西川美和の新作は先行した小説が直木賞候補にもなった「永い言い訳」。
不倫相手と情事の最中に妻を亡くした衣笠幸夫は、同じく遺族である陽一とその家族と接するうちに人生観が変わってゆき…。
主演の本木雅弘も良かったが、竹原ピストルの存在感がとにかく凄い。
近すぎて見えない事は往々にしてあり、無くした時にその存在に気付く。
観後感の爽やかさは昨年イチかも。



4.彷徨える河

コロンビア映画初のアカデミー外国語映画賞ノミネートを果たした「彷徨える河」、監督はこれが長編3作目となるシーロ・ゲーラ。
先住民のカラマカテを狂言回しに、2つの時代に渡って文明人との邂逅を描く。
果たして画面に映し出されているのは現実か、はたまたシャーマンの頭の中か。
失われてゆくモノへのレクイエムとも言えよう。
モノクロの映像がアマゾン川のゆったりとした流れに相まって独特の感覚を覚える。



3.裸足の季節

こちらも「彷徨える河」同様アカデミー外国語映画賞ノミネートの「裸足の季節」、監督は本作がデビュー作となるデニズ・ガムゼ・エルギュヴェン。
トルコの小さな村に住む若い5人姉妹が、古い慣習に縛られながらも自由を目指す物語。
ソフィア・コッポラの「ヴァージン・スーサイズ」を引き合いに出されるのも分かるが、
本作はより前向きで輝かしい未来に溢れている。原題「MUSTANG」がとにかく秀逸。
スコアを担当したウォーレン・エリスの楽曲も素晴らしい。



2.エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に

前作「6才のボクが大人になるまで。」はそこまでハマれなかったが本作はどストライク!の
「エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に」、監督はリチャード・リンクレイター。
野球で大学推薦を果たす主人公の入学前の3日間を描いた本作は、とことん騒がしく、下劣で、不真面目。
だがその中に人生の大事な教訓と真理が詰まっている。
ラストクレジットまでチャーミング、正にスラッガーズ・デライト!!



1.チリの闘い

そして私の2016年ベストは「チリの闘い」がブッチぎりの1位です!!
製作年は1978年なのですが、これ以外の選択肢は考えられませんでした。
1970年にチリで成立した社会主義政権の行く末を3部作、4時間半もの映像で描く。
政権に対する民衆の支持と熱量、そして裏で暗躍する隣国や敵対勢力の影。
市井の人達の表情は決意に満ちており、その行動力は正しく国を支えていた。
我々にもいつだって目の前に選択肢はあり、正しい方向に決断するだけなのだ。



以上のような結果になりました。


ちなみに10位以下は、
淵に立つ

ルーム

マジカル・ガール

この世界の片隅に

グランドフィナーレ

怒り

ハドソン川の奇跡

セトウツミ

クリード チャンプを継ぐ男

リップヴァンウィンクルの花嫁

でした!!

今年はどんな素晴らしい作品に出合えるのでしょうか。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (58)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2015 Movies Best 10 | トップ |   
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TBありがとうございました (Aliquoi film)
2017-01-08 08:44:12
1位、4位、8位はその映画の存在をこちらで初めて知りました。すごく面白そうですね
今年はいい映画を教えてもらいに時々覗かせていただきます
よろしくお願いします
虎猫の気まぐれシネマです。 (なな)
2017-01-08 16:10:02
TBをありがとうございました。
チョイスから,好みのツボが似ているように感じました。
「最愛の子」私も感動した作品です。
ソン・ガンホさんも好きなので「弁護人」観てみたいです。
Unknown (ここなつ)
2017-01-09 11:25:13
初めまして。ここなつと申します。
2016年のベスト、「渋好み」とお見受けしました。私の好きな作品もいくつもランクインしておりましたので、ついついコメントしに伺った次第です。
「チリの戦い」は私も鑑賞したかったんですよね~。でも機会を上手く作れず…。
近現代史のことを描く作品は、力作が多いと常に思っております。
ブロガーの選んだベスト10 (aq99)
2017-01-24 21:21:27
2016年ブロガーが選んだ映画ベスト10ができあがりました(ついでに2015年も)。
お時間が、ある時にでもご覧くださいませ。
では、今年のベストもワールドワイドによろしく。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

58 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
今年の映画ベスト10(洋画編) (映画好きパパの鑑賞日記)
 2016年は290本の映画を劇場で鑑賞しました。とにかく邦画の当たり年。21世紀に入って最高の年といっても過言ではありません。そのため、昨年は邦洋あわせてベスト10を選んでいたの......
今年の映画ベスト10(邦画編) (映画好きパパの鑑賞日記)
 空前の大豊作だった今年の邦画。ベスト10ではおさまりつかないほど、名作、傑作、佳作が目白押しです。邦画の危機みたいなことがいわれますが、今年のラインナップをみていると......
HAPPY NEW YEAR! (ヨーロッパ映画を観よう!)
今年もよろしくお願いいたします。そして見に来て下さる皆様に今年もありがとう!と感謝したいと思います。年々見に来て下さる方が増えて、ブログを続ける励みになっています。(......
2016映画、私的ベスト5!! (馬球1964)
2016年に観た全映画作品から選んでみました。今年も観た作品自体が少なかったですね~!!
2016年度、年間マイベスト10+α (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
2016年度のマイベスト10発表です。
2016 MY BEST MOVIE TOP 10 (日々“是”精進! ver.F)
総括… 詳細はφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201612280000/ ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー オリジナル・サウンドトラック [ (オリジナル・サウンドトラッ......
漫然と選んだ2016年映画ベストテン(^^;)。 (元・副会長のCinema Days)
 年の瀬になり、まことに勝手ながらここで2016年の個人的な映画ベストテンを発表したい。 日本映画の部 第一位 この世界の片隅に 第二位 海よりもまだ深く 第三位 オー......
2017年1月度みたい映画 (C’est joli ここちいい毎日を♪)
明けました~ 去年はなんかいろいろ見れない時期もあったりと映画がなかなか見れなかったので、 今年は1月からじっくり行きたいですね。 はじめての富山にできたシネマカフェ:ほ......
2016年ベストシネマ10(洋画編) (京の昼寝~♪)
2016年ベストシネマ10(洋画編)   2016年は洋画28本、邦画44本で洋画の本数が少なかったですね  洋画は公開前に惹きつけられる作品が少なかったような気がし......
2016年ベストシネマ15(邦画編) (京の昼寝~♪)
2016年ベストシネマ15(邦画編)   洋画に比べると邦画は良い作品があった年だと思います。  特に後半戦に良い作品があったような気がします。  毎年毎年、シネコン......
2016年 マイベスト映画 10作 (マープルのつぶやき)
JUGEMテーマ:洋画   今年のマイベスト映画を10作を選んでみました。 毎年通り劇場鑑賞とDVD&Blu-ray鑑賞全てから、 あれこれ悩んだ結果です。   第1......
My Best Movie 2016 (西京極 紫の館)
昨日が仕事納め。 年内、映画を観る予定はもうないので 毎年末恒例、僕の今年のベストムービーです。 今年、劇場で観た映画の本数は79。 昨年より6本多い自己記録更新。 実を......
新年のご挨拶&2016ベスト (映画B-ブログ)
新年明けましておめでとうございます、 今年もよろしくお願いいたしますm(_ _)m。 2017年元旦 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 2016年の劇場での映画鑑賞本数......
2016年 個人的Best&Worst (だらだら無気力ブログ!)
2016年劇場で観た作品でBest10とWorstを上げたいと思います。
極私的に選んでみた2016年の映画ベスト10 (映画批評的妄想覚え書き/日々是口実)
  『ザ・ウォーク』   『ヘイトフル・エイト』   『リップヴァンウィンクルの花嫁』   『レヴェナント:蘇えりし者』   『SHARING』   『ディストラクシ......
2016年振り返り (勝手に映画評)
さて、今年も残すところ、あと僅かとなりました。 と言う事で、2016年鑑賞映画の振り返りです。 2016年の観賞作品ですが、以下のとおりです。 年間で、80本見たようで......
2016年上半期に印象に残った作品 (いやいやえん)
【2016年上半期に印象に残った作品】 【サスペンス・スリラー】 パラドクス 【アクション・SF】 ターボキッド コードネームU.N.C.L.E. カンフー・ジャングル 【ドラマ】 ......
2016年下半期に印象に残った作品 (いやいやえん)
【2016年下半期に印象に残った作品】 【ホラー】 ザ・ボーイ〜人形少年の館〜 ソムニア -悪夢の少年- 死霊館 エンフィールド事件 クランプス 魔物の儀式 【サスペンス】 ......
映画・今年のBest10 (Days of Books, Films )
Best10 Films in 2016 今年は秋以降、いくつかの事情が重なって
2016年日本映画ベスト10 (佐藤秀の徒然幻視録)
昨年に引き続きではなく、ルールが変わった日本インターネット映画大賞とは別にして今年見た基本的に劇場新作公開86作品から。昨年に比べ13作品減った。けれど、今年ほど邦高洋低......
2016年外国映画ベスト10 (佐藤秀の徒然幻視録)
昨年に引き続きではなく、ルールが変わった日本インターネット映画大賞とは別枠で今年見た基本的に劇場新作公開87作品から。昨年に比べ15作品減った。面白そうな作品が少なく、今......
極私的 2016年 映画 ベスト10! (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
完全に毎年のお楽しみ化している、映画ベスト10です(since 2008) 今年もかなりの豊作だったなと! 1行目はタイトルとブログのアップ時のサブタイトル、2行目は今回のコ......
2016年辛口邦画ベストテン (新・辛口映画館)
 年末恒例の辛口ベストテンの発表です。諸事情がありブログにレビュー書いていない作品が多数あります。
2016年辛口洋画ベストテン (新・辛口映画館)
 年末恒例の「辛口洋画ベストテン」の発表です。諸事情がありブログにレビューを書いて無い作品があります。
2016年映画マイベスト20(10位〜1位) (自主映画制作工房Stud!o Yunfat 改め ALIQOUI film 映評のページ)
前回に引き続き2016年の映画ベストテンです。 【ベスト20】 1位 サウルの息子🇭🇺(ネメシュ・ラースロー) 2位 オマールの壁🇵🇸(ハニ・アブ・アサド) 3位 裸足の季節🇫🇷🇹......
今年のベスト1・・・映画編 (あーうぃ だにぇっと)
年末にあたり今年も映画鑑賞の総括を試みることにした。
2016年の映画ベストテン and more. (Akira's VOICE)
ベストその他いろいろ!
2016年度 個人的映画BEST♪♪ (みはいる・BのB)
大晦日の恒例行事、今年鑑賞した初見映画の総まとめです。 総計で114本 打ち分け:洋画63本、邦画51本 劇場鑑賞:90本 それ以外:24本
2016 unforgettable movies (ノラネコの呑んで観るシネマ)
2016年は、端的に言えば「日本映画奇跡の年」だった。 例年なら1、2本あれば良いというレベルの傑作が、ほとんど月替わりで現れる、しかもメジャーからインディーズ、内容もアニ......
2017新年明けましてと昨年ベスト3 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
皆さま、新年あけましておめでとうございます。 昨年は別のSNSへ移行していくブロガーさんも多く、ぐっとコメントも減ってすっかり寂しくなった一年でしたが、そんな中でも当......
NEW YEAR 2017 & 2016_BEST MOVIE (お気に入り洋画・日本映画) (映画雑記・COLOR of CINEMA)
2016年 洋画・日本映画ベスト10 ●2016年_お気に入りベスト10 (邦洋ミックスモダン)① この世界の片隅に ② ダゲレオタイプの女 ③ キャロル ④ 永い言い訳 ⑤ ブルックリン ⑥ シング
2016年マイ・ベスト・テン (ハリウッド映画 LOVE)
去年さんざんぼやきましたが、今年は熟練が退職したので激動の一年でした!いまだにわからないことが発生して携帯に電話して問い合わせてる次第です。ザ・ギフトのようにしつこく......
2016年度 ベストテン発表 (MOVIE KINGDOM Ⅱ)
謹賀新年 本年もよろしくお願いします まずは恒例昨年のベストテンから トータル52本と少ないながら選ばれたベストオブベスト2016 第10位 「ヤクザと憲法」 大阪の暴力団事務所に......
2016年 マイベストシネマ (虎猫の気まぐれシネマ日記)
2017年もよろしくお願いいたします。 西日本は,穏やかで暖かい年の暮れです。世間のニュースはあたたかいものばかりとは限りませんが,それぞれが置かれた場所で精いっぱい......
【cinema】maru's BEST MOVIE 2016 (・*・ etoile ・*・)
【cinema】maru's BEST MOVIE 2016 今年もあと数時間で終わりということで、恒例のBEST10を出してみた 今年は現時点(2016.12.31 21:54)で233本鑑賞。去年より42本増えたとはいえ、劇場鑑賞は27本......
2016年映画鑑賞記録  (FREE TIME)
2016年も多くの映画作品を鑑賞しました。 今回は自分が2016年に鑑賞した映画を振り返ります。
2016年洋画部門ベスト10ランキング選出 (パピとママ映画のblog)
今年も後、数時間でお終いですね。 今年は皆様にとっていかがな年でありましたでしょうか。私は持病で入院、退院を繰り返しながらも、何とか12月まで無事過ごしてまいりました......
2017年新年のご挨拶と、2016年邦画部門ベスト10ランキング選出 (パピとママ映画のblog)
新年明けましておめでとうございます。皆さまには、幸多き新春をお迎えのこととお喜び申し上げます。 本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。 2016年劇場鑑賞作品から、1......
2016年映画予想外ベスト10&ワースト10 (佐藤秀の徒然幻視録)
昨年に続き、今年観た中で、(事前予想とか前評判とは裏腹に)予想外に良かったベスト10作品と予想外に悪かったワースト10を洋画、邦画の垣根を越えてピックアップしてみた。作品の絶......
2016年マイ・シネマ・ランキング! (シネマ親父の“日々是妄言”)
 さあ、大晦日です。今年もあんまり更新できませんでした。すみませんm(_ _)m。でも、やっぱりこれだけはやらせていただきます。一応自分的に年末恒例行事ですので…。今年は127本......
2016年 映画 ベスト10 (気ままな映画生活 -適当なコメントですが、よければどうぞ!-)
今年は仕事が少し忙しくなり映画見るのもかったるくなったりで 本数は右肩下がりでした。 それでも、今年の最後に東宝のパスポートを発動して 年末に駆け込みで4本見ました。 今年......
2016総括マイベスト映画レビュー (オールマイティにコメンテート)
2016年もいよいよ4日あまりとなってしまいました。今年は色々バタバタ裏で忙しくしている事もありようやく年間総括に突入する事になりました。今年は54作品鑑賞と11年連続50本......
2016年度・ベスト20 ワースト10発表 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 )
 あけまして おめでとうございます。  本年もよろしくお願いいたします。 さて、私の昨年度ベスト20を発表いたします。例年通り、HPに掲載しているのと同じ要領で、邦・洋......
「2016年ベスト・ワースト映画☆昨年以上に悩みましたがこれが限界SP」 (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
2016年も終了間近となりました。毎年恒例の映画ベスト・ワーストを発表する時期がやってまいりました。今年はダントツこれだ!というよりまんべくなく良作というのが多く、選抜が難......
2016年マイベスト20 (銅版画制作の日々)
皆さん、お正月をどのようにお過ごしでしょうか? さて今年は何とか昨年のベストが発表できるだけの作品を鑑賞することが出来ました。傾向としてはホラーものが目立ちます。昨年......
2016年こんな映画見ました~ (こんな映画見ました~)
2016年、見た映画が少なくてベスト10という訳にはいきません。 ただ、自分の記録として印象深かった作品を上げておきたいと思います。 DVDも含まれてますので、私が今年見た映画の......
2016年のベスト10です。 (こねたみっくす)
「PPAP:People Pick up an Animation Pictures.」とばかりに『君の名は。』が興行収入200億円突破を達成し、あの『シン・ゴジラ』さえもがその存在感を薄くされた2016年。 個人的には「PPAP:Precio......
2016年のワースト10です。 (こねたみっくす)
続編の歩む道は所詮決まっているのか。何年ぶりとかなど関係なく、その前作を楽しんだファンの気持ちを尽く裏切ってくれた作品が多かった2016年。売れっ子俳優を主役にテキトーに......
2016 私の好きな作品♪ (to Heart)
自分が失敗して、悔しかったことも、 誰かに傷つけられて、胸が痛かった日も、 時が過ぎれば、少しオトナになって思い出せる自分がいる。。。 貴方の‵16は平穏でしたか? 個人......
2016年面白かった映画マイベスト10 (ポコアポコヤ 映画倉庫)
今年も色々ありがとうございました(^○^)  また来年も宜しくお願いします!      2016年 面白かった映画ベスト10です
映画:「映画鑑賞作品まとめ2016」♪。 (☆みぃみの日々徒然日記☆)
平成28年12月30日(金)。 映画:「映画鑑賞作品まとめ2016」。 高速バス移動に慣れ、揺れても音がしても狭くても ぐっすり眠れるようになったからか、いつの間にか爆......
2016年、この映画がアレだ! (SGA屋物語紹介所)
2016年も残すところあとわずか。恒例の一年の総まとめ記事参ります。いつもは観た
「2016年度日本インターネット映画大賞・日本映画部門」投票 (|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο)
日本インターネット映画大賞の日本映画部門に投票2015年はココ、2012年はココ、2011年はココ、2010年はココ、2009年はココ、2008年はココ、2007年はココ、2006年はココ今年からTwitterでの投票......
2016年ベスト10&ワースト10&more...(短評付き) (銀幕大帝α)
【2017年謹賀新年】 2016年銀幕大帝αベスト10 (1/1~12/31の間でリリースされた劇場公開新作DVDの中から選出) 1位:『映画「俺物語!!」』(レンタル開始日:2016-04-27......
My Best Movie of 2016 (映画!That' s Entertainment)
    My Best Movie of 2016■口上今年は、劇場で23本、家でのWOWOWなどでの鑑賞を合わせ、全部で186本の映画を鑑賞しました。一昨年から減った昨年よりもさらに減りました。これは恐ら......
2016年 ブロガーが選んだ映画ベスト10 (『パパ、だ~いスキ』と言われたパパの映画日記)
今年は、去年休んだんで2015年のものと、「バックトウザフューチャー」2・3の様に同時制作してたら、予想以上に時間かかりまして、えらい遅くなってしまいました。その間、キネ......
2016年 ブロガーが選んだ映画ベスト10 (『パパ、だ~いスキ』と言われたパパの映画日記)
今年は、去年休んだんで2015年のものと、「バックトウザフューチャー」2・3の様に同時制作してたら、予想以上に時間かかりまして、えらい遅くなってしまいました。その間、キネ......
20156年を振り返って<映画>  (はらやんの映画徒然草)
そろそろ2016年も終わりますので、恒例の1年間の振り返りを行いたいと思います。