詩の現場

小林万利子 「詩のブログ」 詩をいつも目の前に

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

言の葉つづり 小篇(21)

2017-06-18 | 言の葉つづり 小篇
17-85)
コトンと土の上に着地した
秋の実りの1粒が
夏を迎える夕方には
フサフサと大きな葉脈をうねらせ
野草や木々の葉に変わりました
ゆらゆらと風に揺れ
時間を染め上げていくのです
生きているということは
生命を運び繋いでいるということ
あなたから私へ
小さな実りの先へ



ありがとうございます。応援してネ♪
にほんブログ村 ポエムブログ 現代詩へ
にほんブログ村
『ポエム』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 言の葉つづり 小篇(20) | トップ | イマジズムの詩掌編(6) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

言の葉つづり 小篇」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。