詩の現場

小林万利子 「詩のブログ」 詩をいつも目の前に

言の葉つづり 小篇(20)

2017-06-18 | 言の葉つづり 小篇
17-78)
古代人が砕いた
木の実は苦く
海水は辛い
なまこや
トチの実ドングリの実
蒟蒻芋を食用にしたのは
命綱を手にしたからだね

蒟蒻芋の産地では
今も蒟蒻玉を
お土産に持たせてくれる
庭先に摘んである山の実
酸っぱい苦い実の毒性は
人類の夜更けに
発酵していった



17-79)
青空と雲を追いかけて
太陽が東の地平線から上り
西の水平線へ沈む日が
幾度となく過ぎていった

青と白の間を
行ったり来たりしながら
雨に打たれているが
肩に止まった透明な雨を
鏡に映せば
まだ1度も
手にしたことがない
白い色と青い色が
映っている



17-80)
雨が降るように
そろそろ君が戻ってくる
なぜ時間は巡るのか、誰も
答えを教えてくれなかった
サヨナラには訳があって
涙の国の門をくぐるのは
君にとっての
僕にとっての
たった一つのバラを忘れない為
棘は僕達の心に
楔のように刺さって
流れ星に
君の帰り待っている



17-81)
きみに会えた、ということは
そういうことだよと
話しかけてくる

1本だけの、あの星に咲く薔薇を
忘れてはいけないんだ…
星の王子さまが置いていった薔薇は
現実に咲くどの花よりも
心に
鮮やかに咲き出して
すると、
あの1本の薔薇に会うみたいに
あれから、1人のきみを見つけ
1匹の猫を見つけ
窓の外に来る1羽の鳥に
出会えて



17-82)
海辺を歩く
ザーザー漏れの袋を下げて
ボタンが取れたシャツ
綻びたジーンズ
紐の取れたスニーカー、

だから拾って行くのです
割れた貝殻を
鳥が落としていった羽を
陽に光るガラスの破片を
自分の欠けた場所にしまっていったら
もとの私よりも膨らんで
優しくなれそうで



17-81)
誰かが
そっと
言葉を手渡していった
意味がわからなくて
置き忘れていたが
ある時、急に色鮮やかな雨のように
降ってきて

今日、
電車の窓に拡がる夕焼けが
見たこともない程
美しくて
どんな言葉が隠れているのだろう、
それは、
貴方に届ける為の
言葉のように



17-82)
硝子は一日中、
光を待っていた
光の孕んでいる色を
知り尽くし
夜になれば
集めた色の全てを
月に返してあげた

太陽と月は
遠く離れて
姉と妹のようだった
寝息を気にしながら、
太陽は錦に輝く衣を
月に届けた
地球の硝子に
反射させて。
光の欠片が
地上に煌めき



17-83)
銀色の魚が
川をのぼっていく
時々 白い腹を翻し
黒い背びれが
川の流れの連続面を
切り離していく

満月の夜
川のなかに
虹色の魚が生まれるとしたら
私たちの心も
その時、
虹色の光で
いっぱいになっているに
違いない



17-84)
夜は物語を沢山知ってる
アダムとイヴが
楽園を去った日を
そっと見守っていたのは夜
夜は休息と誕生を繰返す
隣家にミキちゃんが生まれたのは
昨日の夜
疲れた母の体を
いつまでも
抱き抱えてた
眠れぬ人の横で
星を降らせては
深い森のように
夜は、私たちを包んでいた


ありがとうございます。応援してネ♪
にほんブログ村 ポエムブログ 現代詩へ
にほんブログ村
『ポエム』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 言の葉つづり 小篇(19) | トップ | 言の葉つづり 小篇(21) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。