詩の現場

小林万利子 「詩のブログ」 詩をいつも目の前に

イマジズムの詩掌編(6)

2017-06-18 | イマジズムの詩
16)
春の川が
サラサラ流れる
光は水底(みなそこ)にとどき
水玉のように
回転しては流れゆく

サラサラ サラサラ
夕映えの川面(かわも)

ここは、光の産卵の場所だ、
と、風が教えては
通り過ぎてゆく



17)
花となり
実となるまえに
あなたに会いにきた
夕べの風
が、ドアをノックする
明日咲く花は
どんな色を想像しようか
無明の風には
誇らしげな褐色の太陽
青い水滴
もんき蝶が話す花言葉
枯葉の放つ緑色の夢が
詰まっているに
ちがいなかった



18)
風は何度でも、吹いてくる
風乗りに、失敗し続けても
風はまた、吹いてきてくれる
風はついに、
大きな羽を取り出して
これに乗るように
差し出してくれる

傍らで
鳥達が、半ば呆れ顔で
それなら、乗れるでしょ、
と心配しながら
美しい飛び姿を見せて
飛んで行く


ありがとうございます。応援してネ♪
にほんブログ村 ポエムブログ 現代詩へ
にほんブログ村
『ポエム』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 言の葉つづり 小篇(21) | トップ | イマジズムの詩掌編(7) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

イマジズムの詩」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。