糸魚川フライングクラブ ノリのブログ

ラジコン飛行機検定への道のり(序章)(仮)

[ハコスカ] フロントウィンドウ、ハンドル連動フルオープン!~基本構造編~  

2016年12月20日 | Tomcat rep...


  トムキャットの部品配布が遅れていますので konaki さんにちょっかいを出します


  わたしからのご提案







                                              転載フリー


  黄色とグリーンの2枚のギア


  ハンドルと共にドア内張りに組み込みます、ガラスガイドは切り取った溝付きパーツをガラス下へ接着。


  あくまでも基本概念で、不安は沢山あります


  まずギアをガラスと内張りの間に収めて、しかも軸受けは片持ち


  ガラスの上下も遊びの少ないガイドではさみ、しかも抵抗なく上下しなければならない。


  材質の選定から加工精度までかなりの難題です、わたしならばキットオリジナルを選ぶかな~




ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アシェット スバルインプレッサ | トップ | アシェット 週刊 トムキャ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
凄ーい! (konaki。)
2016-12-21 00:10:12
実は私も「ギヤドライブ」構想を目論んでいたのですが、
判りやすい構造図(画像)にやられました!
また問題点も共有できて感謝です!

確かにキットオリジナルが無難なんですが、
ブログで「挑戦します!」なんて書き込んでしまったので、やるだけやってみま~す。(;^^)ヘ..

なんかMP4/4の時の掛け合いを思い出しました。\(^O^)/
Unknown (nori)
2016-12-21 00:25:59
やっぱりチャレンジしますか

内張りとウインドガラスの隙間がどれ程か分かりませんが
ギアの入る余地はあるのでしょうか。
内張に立てるシャフトも難題ですが一番シンプルな構造
だと思います。

コメントを投稿

Tomcat rep...」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。