糸魚川フライングクラブ ノリのブログ

ラジコン飛行機検定への道のり(序章)(仮)

12月4日(日)曇り無風

2016年12月04日 | Tomcat rep...


  気が向いてDZエンジンの調子を見ました。


  前回の飛行会でハイが吹け切らなくてクリーニングしたものです。





  絶好調


  プロリン初飛行


  エレベーターを少し抑えたくらいで、操縦者以外は問題なし。 18MZもちゃんと動いてますよ。


  軽いですね~  スラストが少し足りないが軸は通ってます  一番の特徴は機体が走らない 


その辺りを詳しくご説明すると

  スピードが上がらないためパワーを掛けながら飛行できるので安定している  みたいな~



  安全第一  少し高めのスピードで着陸  不安の柔らかいグラス脚も問題なし


  アルティアとはタイプの違うフィーリングで全般にマイルドでした、


  舵角を増やしましたが挙動はやはり穏やか


  切れのアルティア  優雅なプロリン   



コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

12月3日(土)晴れ順風微風

2016年12月03日 | Tomcat rep...


  午前中に用事を済ませて午後から飛行場へ


  日向ぼっこがてら癒し系で遊びました






  〇坊さんの新作機 ガソリンエンジンでした







  イタリア スーパーバイク






  家内の同級生の旦那 多〇さんでした~  さすが狭い町だ~

  
  物凄いアフターパーツが多数盛られていて、奥様に報告しておきますね~


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

LED外し

2016年12月03日 | Tomcat rep...


  基板よりLEDを外し、減光器へ接続される配線に入れ替えます。


  








  honebuto さん こんな感じですが あまり伝わらないですね


  出来るだけ半田を吸い上げて、2層基板なのでパターンは剝がれやすいと思います。


  LEDを無理に持ち上げず、何度か吸引を繰り返して慎重に外してくださいね。


  
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

垂直尾翼 LED

2016年12月02日 | Tomcat rep...


    組み立てたものを慎重に分解して垂直尾翼にLEDを仕込みます



 左には赤と電球色には座堀りの厚みが確保できる位置から短く光ファイバーを付け足し




 右は赤だけ  これが点滅するのか?










 あ、胴体最後尾のキャップの赤い筒。  燃料排出口なので間違ってもライトを仕込まないようにね。


 危うく私が、






 ではまた




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

主翼開閉 最終回答

2016年11月30日 | Tomcat rep...


  


  どうも主翼の開閉が引っかかって、先のベアリング交換も決定打ではありませんでしたね。





  すべてのパネルをはめ込むと主翼を閉じたとき僅かに変形した尾翼前の黒いゴムに当たって完全に閉じない


  ベアリングの高さを変えても追いつかず、今度はどこかにストレスが掛かって開く途中でも動きが悪くなったり



  たぶんこれで解決という案です、干渉している個所が同じならば有効だと思います。



  主翼支点シャフトの高剛性化




  なんてことはない


  押さえビスを長くしてシャフトを貫通し下面パネルまで伸ばしスチールの芯としました


  代替のビスは2×10 ラジコン飛行機のパーツを流用しましたが大きなホームセンターで入手可能でしょう


  下穴を少し広げる必要がありますし、ねじ込みでプラのシャフトを折らないように注意して  自己責任おすえ





  これでセットしたクリアランスは変化せず、主翼の上下の遊びはほぼベアリングだけのものとなりました。


  数日試験していますが問題ありません


  更に


  内部配線も抵抗となり得ますので綿糸で固定してあります





  こちらもカットアンドトライの最終形です


  左右で取回しが違っていますがこれも意味があってのこと


  いずれにしても微妙ですが、シャフトに芯が入ったことで動作は安定しています。





  

  

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

クルー搭乗完了

2016年11月29日 | Tomcat rep...


  パイロット、RIOともに拡大鏡をのぞきながらの塗装でしたぁ









  ツルピカのヘルメットが自慢ですが写りませんでしたね、


  後席はキャノピーぎりぎりまで上がっています。


  RIO: 後ろ取られとるやないかいぃ

 Pilot: おめぇがどこみとるんぢゃ

  RIO: あ、もうチャフありませんから

 Pilot: それより給油口パネル無いの知ってっか~


    
    な~んて 夜中にブツブツ言いながら妄想が広がりますね。



※チャフ 電波を反射したり熱を発する物体
         お尻から空中に散布することで、ミサイルの誘導を妨害するもの。
         なにか姑息な感じで好き


※給油口パネル 空中給油ノズルを納める外装パネルの一種
        


コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

主翼ベアリング

2016年11月25日 | Tomcat rep...


  国産一流どころのミニチュアベアリング





  左がアシェット付属品です


  回転は軽いですが垂直軸の振れはそう大差ありません、やはりペアで使う前提の部品です。


  フラップが引っかかる場合はベアリングの遊びを考慮してフレームを少し持ち上げるしかありませんね。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

Tomcat pilot

2016年11月24日 | Tomcat rep...


  未塗装部品がタミヤパーツ


  あっちを削りこっちをカットして狭いコックピットへ








  スケール的な違和感はありませんね

  


  仮組み~




  後席RIOは2mmかさ上げしましたがもう少し上げても良いようです。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

主翼開閉 その後

2016年11月24日 | Tomcat rep...
  

  一応パネルや機首を組んで主翼の開閉はスムースになりましたが、一つ気になる点があります。


  付属の軸受けベアリング








  遊び、多くね?


  これも翼が完全に閉じない一因で、信頼できるブランドで発注しました。


  交換後の結果は後程ご報告します。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

トムキャット 主翼開閉動作不良の原因

2016年11月22日 | Tomcat rep...


  主翼の開閉動作は何度となく確認したはず







  グローブパネルと機首を接続した状態で何気なく翼の開閉をすると閉じる側が最後まで行かない


  少し指でアシストすると苦しそうな音で動くのですが、これではアシェット動画の指アシストと変わらないですね。


  どこかが僅かに干渉している。





  これを解決する前に開閉機構の根本的な問題をひとつ、ただ私だけの可能性もあります。






  画像の①のジュラパーツ、ナットを挟んでいる部品でガイドに沿って水平移動します。


  ただ、内装しているナットの精度が悪くて矢印の方向に首を振り、少しでも角度が付くとモーターがロックします。 


  長いナットを使えば解決するのですが、モーターはスポット溶接されているようで分解できずナットの交換はできません。


  この振れを抑える役目を果たしているのが②の翼とリンクしているシャフト


  翼を動かすだけの棒と考えて②の穴をスムースにするつもりでルーズにすると①の首振り現象が出ますので得策ではありません。


  シャフトが②に差し込まれる角度を利用してスムースに動くように調整可能です。


      ※ 矢印の向きは垂直方向
  


  では今回の不具合はどこが原因でしょうか。


  目視では全く分かりませんが、グローブパネルを少しづづ開くと最後まで動く位置がある


  これが怪しい  どこかに当たっている





  目途をつけてティッシュを挟んで干渉部分を探ります




  微妙~




  当たっていると思われる小さなエアインテークのビスを取り除き、突起部分を削ってうまく対処できたようです。





  配線の取回しは画像のとおりで決定しましたが基板の上に掛かるのがいまひとつです、


  低電圧の状況でもスムースに動いて欲しいですね。





コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加