糸魚川フライングクラブ ノリのブログ

ラジコン飛行機検定への道のり(序章)(仮)

F-4J Ⅱ ノーズギア動作テスト

2017年06月25日 | Tomcat rep...


  注意深く動きが軽くなるように擦り合わせて組みましたが、やはり一筋縄ではゆきませんでした。







  まず駆動電圧が4.5Vと完成時よりも0.5V低く、モーターのスピードとトルクもまだ低い。


  アシェットではこの条件で完全動作を確認しておけと言うこと。



  わたしの問題点はノーズギアを出すときに最後まで降りきらない


  パーツや組み立てかたの違いで当てはまらない可能性もありますが、主だった調整個所です。




  A モーターシャフトへ注油

    部品番号 18-05  プラスチックを侵さないシリコン系グリスを少量塗布、


    作動面すべてにグリスがと思いましたがこの部分だけで十分なようです。


  B 車輪格納庫と当たる部分を擦り合わせ

    部品番号 16-01  黒矢印の面を研磨。


  C ラックギアがダイキャスト部品とわずかに干渉

    干渉面を削りますが、ギアよりもダイキャストの肉厚に余裕がありますのでボディー側を削った方が安全です。


  どれひとつ無駄な修正がなくて複合的な原因でした、車輪が降り切らない場合はご参考になるかと思います。


  すんなり とは行きませんね、ここまでの修正を通して動作不良の原因はパーツの精度と塗膜の厚みを考慮していないこと。

  
  動く部分は組込む都度確認と修正が必要鴨


  まだトムよりもマシか


  ではまた。



  
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

週刊 F-4EJ改をF-4J Ⅱに改造する 22~25号

2017年06月21日 | Tomcat rep...


  
  広島試験販売




  1/16 トムキャットが常に翼を広げている状態よりデカい

  https://deagostini.jp/sdkmt/

  見なかったことにします。





  来ました

  この色を見るとテンション上がりますねえ





  これを見るとテンション下げ~




  気を取り直して部品紹介


  
  22号左翼の翼端灯を組み立てる





  23号左外翼部を組み立てる




  24号右翼の翼端灯を組み立てる




  25号右外翼部を組み立てる




  パーツ全景







  想像どおりの構成でトムキャットと同じく光ファイバーでライティングするようです。


  今回は翼端を折りたたむのでその辺りファイバーをどう処理しているのか注目です、ダイレクトにLEDを埋め込むに


  しても一工夫必要な個所ですね。

  
  次の26号は7月12日発売  モーター(取り置きパーツ)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

F-4J Ⅱ 微調整

2017年06月20日 | Tomcat rep...


  どうも腑に落ちなかったノーズの造形、

  タミヤを計測して正確にカットしたのにどうも間延び感がぬぐえない。


  原因はキャノピーのデフォルメ、アシェットが微妙に小さい。



  ダイキャストの部分を1.5mmカット  実機寸法で48mmは結構影響します。




  それに合わせてパテ盛り修正







  微調整の割に結構な作業となりましたが納得のバランスです。



  さて、内職の材料入荷  メタリックの調色は気が重い




  ブルーメタにピンクかよ~ 



  プチ解説

   ブルーメタかよ~  ブルーに限らずメタリックは調色している色と吹き付けの色、明るさが違って難しい。

             主に金属粉がカップの中で立っていたりするが吹き付けるとほぼ平面になるので

             必ず明るく、色調も異なって見える。

             逆算できれば苦労はしないが吹きながら調節しか手はない  たぶん。


   ピンクかよ~    以前はすごく苦手な部類の調色でした、色、明るさを合わせても彩度が異なったりする、

             くすんだピンクなんて今は苦になりませんよ~ たぶん



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

瞬間接着剤ロングノズル

2017年06月19日 | Tomcat rep...


  尾翼センター付近の割れ補修の小ネタ






  プランクを剥がしてパッチするほどではないが表面からの接着では強度が足りない


  プランクの割れ部分がリブの奥。


  こんなときはロングノズル   別名ノイズレスチューブとも言ってます






  割れ位置までの長さでカットすると接着場所のガイドにもなり開口部よりプランク裏側へ瞬間を数滴落とします。




  実際はファイバーカメラでモニターするかライトで照らして滴下は最小限に。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

6月18日(日)フライングクラブ飛行会 曇り微風

2017年06月18日 | Tomcat rep...


  暑くなく風も穏やかで絶好の飛行日和となりました


  参加者数も過去最高








  いつも仲良しの二人




  帰りには久しぶりにキジのよし子も  慣れてしまって近くでも逃げなくなりました



コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ディフレクター矯正

2017年06月16日 | Tomcat rep...


  ゆがみの位置を狙って加熱矯正です





  冷却~




  何度か確認しながら加熱を繰り返し


  完成~ 




  ガタつきもないし開閉もスムース。


  トムキャット主翼のスラットと同系の素材ならば気温が上がっても戻ることはないようです。


  少しアルティア補修




  日曜には飛行出来ますね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アシェット F-14 ブラストディフレクター

2017年06月16日 | Tomcat rep...


  125号 ディフレクターが歪んでる。





  大まかに画像の方向に曲がっています


  デッキとディフレクターが逆の方向に曲がっているのでキッチリと閉じない。


  ピンを差し込んでしまうと修正が難しくなるので注意が必要ですね。


  台座の方は加熱しないと戻らないみたい、 主翼スラットを思い出します。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

OXAI WHITE

2017年06月15日 | Tomcat rep...


  勝手にOXAIホワイトと名付けてますが、少しブルー係った白


  最初の頃はベースの白にスカイブルーからダークブルーまで何種類も


  つくりましたが最後の詰めが決まらない。





  一番近いものを並べるとOXAIの白がグリーンっぽく見えます、


  だったら青と黄色 と 現在に至る。


  同じOXAIでも微妙に違いがあって作り置きは無駄になってしまいます


  都度調合しますが、計算ずくで  ウソ  


  なんで白と緑ぢゃないの? と 思うでしょ しかも3色混合なんてロクなことないし 


  白に青を加えてターゲットとの明るさだけを揃える


  つぎに黄色を少しづつ足して色調と言いましょうか色味を合わせて完成です。


  単純に緑だけを混合しても明るさが揃うとは限らないからで~す


  なんのこっちゃ でしょうが忘れないように覚書きしました。


  いろんなアプローチがあるのでしょうが私の手順でした  アルティアなんて後回しでちゃんとやってます  ̄ー ̄)/







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

週刊 アシェット トムキャット 123 125

2017年06月15日 | Tomcat rep...


  地道に123号デッキと125号ブラストディフレクター 着弾


  デッキの外装パーツが揃いました








  あとは電源ポストやデフレクターに取り付く油圧シリンダーなど細かなものを待ちます。


  どうも手動の匂いがプンプンしますねぇ




  電動化のプランは幾つかありますが、一番手っ取り早いのがラジコン用のサーボモーターをサーボテスタと組み合わせて


  デフレクターを上下させる。  ボールナットの本体主翼開閉に習った機構もアリか


  機体制作に熱くなっていた時期ならば電動は必須だが、今となっては 手動 でも良いかな~


  123号の読み物 F-4JⅡ 海兵隊機の記事が載っていますね、こっちの方が旬のネタですねぇ。



  何気に検索すると


    さすが秋月電子  ピッタリの基盤が  http://akizukidenshi.com/catalog/g/gK-01809/


    デッキの厚みに制約があり、駆動トルクとの兼ね合いでサーボの選定は限られます。


    さらにそのままサーボを接続するとスピードが速すぎてリアリティーに欠ける、そんなときはロースピードサーボ


    で調べてみてください。  飛行機の引き込み脚用スピードコントローラーなどがヒットするはずです。


    スピコン搭載上位機種はこちら    http://akizukidenshi.com/catalog/g/gK-09192/


    市販品オンリーで電動化が可能ですが、、  ま、手動もアリか。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アルティア ランディングギア台座補修

2017年06月15日 | Tomcat rep...



  良くある壊れ方で、爪付きナットが補強材を割って貫通しています。


  幸い単純な割れ方なので一旦台座を外して補修、例の新型接着剤に期待して補強材は外しました。


  うまく行けば重量増は僅かに抑えられそう








  脚を取り付けて力を加えてもびくともしませんがソフトランディングに越したことはありませんね。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加