糸魚川フライングクラブ ノリのブログ

ラジコン飛行機検定への道のり(序章)(仮)

アシェット ファントムF-4J化 

2017年03月28日 | 週刊 スバルインプレ...


  面倒なキャノピーライン


  今日はフロントだけ





  1/32といえども小さい


  マスキングする自信がありませんのでラインごとに塗り重ねます







  うまくいったようですね  


  あとはたやすいと思います たぶん。









コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アシェット F-4JⅡ 

2017年03月28日 | 週刊 スバルインプレ...


  F-4ファントムの方は配布が遅れてますね


  進まないのでこんなのを組み立てました、


  タミヤファントムの中央増槽タンク  600USガロンセンタータンクだそうです。





  これもファントムのイメージなんですが、電源供給がトムキャットと同じならば取り付けが出来るか未定です。


  J型で翼下の370ガロン2基はアリなのですが、できればこれを付けたいですね。


  昔よりもプラモ作りが上達しているようです ( ̄°° ̄)


  この分野もいつかは真剣に取り組んでみたいね。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

入荷~

2017年03月24日 | 週刊 スバルインプレ...


  不足してきた直線用テープ


  わたしは徳島のカモ井産業3303を使います





  フリーハンドで50cmくらいは定規並みに直線が引けます




  この辺りは皆さん経験でお気に入りがあるでしょう、糊残りもないし粘着力も適度で愛用しています。





  さて、F-4J化計画


  こちらもお気に入りのガイアカラー





  微妙な機体色は一気に作っておかないと調色に苦労しますので大量買い付けです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

DeAGOSTINI 週刊クラシックカーをつくる 創刊号

2017年03月21日 | 週刊 スバルインプレ...


  蔦屋に電話して取り置きをお願いしましたよ、


  3連休の絡みで発売当日入荷。


  ブログ一番乗りをめざしたのに~  konaki さんが速かったですね。



  ひととおり流して読みました、Web情報以上のことは見当たりませんが


  箱がデカい














  組み立てガイドは通常の大きさなので2号以降小さくなるのではないでしょうか。


  たぶんメルセデスのカタログのような写真はこの大判で発行したかった


  なので創刊号だけ大きくしたのだと思います、それほど情熱を、というかモデルになった車に敬意を払っているように思えます。


  一番乗りを逃したのでじっくり読んで部品の評価をしますが、あら捜しのようなことはいたしません。


  では 後ほど



  早速組み立て、さほど問題もないのですが


  個体差の範疇ですが1-Bのスリットが部品と正対して左側の一部が僅かに盛り上がっている、


  あまり気になるレベルではありませんしプラパーツなので加熱修正は容易でしょう。


  

  次にエッチングパーつをはじめ4か所の部品穴が位置的にタイトです、


  エッチングパーツには極力チカラを加えたくないので穴合わせは相手のグリル1-Bを少し絞って合わせた方が安全みたい




  1-Bと1-Cも結構タイトなので動画の組み立てガイドを是非みて下さい、結構キツイです。



  メッキはガイドよりも良い仕上がりだし、オーナメントやグリルの印刷を含めて総じてガイド越えをしています。


 

  もう一つ感心したのがグリル後ろ端のテープ





  蝶板でセンターから跳ね上げるボンネットフードが当たる面の保護テープでしょう、


  細かな配慮ですね。


  タイヤの質感も問題ない


  大きな判断材料はやはり3号のフード、その後のチリの合い具合。  


  そのあたりだと思うよ~


  蛇足ながら、ガイドはやはり手が加えてあって現物の塗装は結構凸凹 な場合  うぅ、エンツォを思い出した あれはひどかったね。


  黒一色なので比較的やりやすいのですが、ウレタンクリアを吹き付けて研ぎ出し、コンパウンドという工程でしょう。


  いまのところ神の味噌汁。


  だけど何で クラシックカーをつくる なんだろう


  敢えてメルセデス770を控えめにしたタイトル  意図がいまひとつわからん、


  あれか 私たちの上の世代が チョビヒゲのイメージに直結するからか  


  あくまでも個人の感想です。







  
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

3月20日(祝)晴れ 右微風

2017年03月20日 | 週刊 スバルインプレ...


  搬出のトラックは土曜日も動いていました、日曜、祝日が休みみたいですね


  5月までに片付くとは思えないのですが





  

  トラックの出入りが無ければ川沿いに十分なスペースがあります






  春霞







  冬のあいだに描いていた飛びはすべて妄想だと確認


  3時間ほど貸し切り状態で存分にあそびました。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新潟パイロット販売 ベンツ770

2017年03月19日 | 週刊 スバルインプレ...


  これはちょっとデアゴのシリーズとはアプローチが違う匂いがしますね。


  組み立て動画もオルファのマットではなくて味のある工作台、北原さんのコメントと沿うアピールで


  次第に形になってゆくプロセスを楽しめる極上の精密模型。






  海外の企画ではないかと思いますが、世界に先駆け新潟から  おぉ


  konaki さんから命を受け順次レポートいたします。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

週刊 航空自衛隊 F-4J をつくる! 6号の誤り

2017年03月17日 | 週刊 スバルインプレ...


  ちまたで6号の指示ミスが話題ですね





  LEDバックライト基盤の上下を間違え、その後接着の指定だからやり直しが難しい



  この手のキットには良くあること という寛大派と アシェットに対応を求めるかたもいらっしゃいます。


  もちろん購読中止の選択もあります、わたしはまだ6号まで進んでいませんがアシェットの対応を見たいですね。



  F14のLED破壊基盤のときのようで、同じ対応ならば責任が無さすぎ。 途中解約にしても実損が発生していますよ


  どんな組織なんでしょうか、ごまかしや言い訳の相談ばかりしているように感じています。


  定期購読者には6号に関係するパーツを再配布が妥当ですね。



  H2Aロケット33号 いつもどおり




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

フライングクラブ飛行場の見通し

2017年03月15日 | 週刊 スバルインプレ...


  クラブ員情報ですが、がれきは5月くらいに撤去されるようです。


  贅沢な望みなのですがやはり飛ばしたいですね。







  定期購読始めました
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

トムキャット甲板ベース LED照明の組み込み

2017年03月14日 | 週刊 スバルインプレ...


  配置を決定して5φの穴を明けるだけ









  おぉ まさに滑走路










  配線をまとめて残りのパーツを待ちます、イメージ通りのベースができましたね。


  うれしくて明るさ全開ですがもう少し絞った方がリアルに見えます。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

LEDの選定

2017年03月14日 | 週刊 スバルインプレ...


  点灯させて比較するしかありません




  右が光角60° 左が15°





  ぜんぜんわかりませんね



  画像レベルを操作しても





  どちらでも  べつに



  斜めから見ると60°は光源が奥、15°の方はレンズ上方に光源が見えます。


  
  矛盾しているようですがやはり15°の方は光が収束されているように見えますが真横からも光が見える。


  60°は拡散しているが真横からは光は見えない、よって60°を採用します。



  


  このまま5φの穴をあけて差し込むと頭が出すぎるのでスペーサーを探しました、


  市販品もあるかと思いますが私は6mmナットを使用。






  ここで小ネタ


  画像のような普通のナット


  業界では8割ナット って言います


  ナットの厚みが径に対して8割、つまり6mmナットなで厚みは4.8mmということです。


  10割ナットの場合は呼び径と同じ厚みがあります。




  同じものを6個


  終わり頃に上手になったりしてね




  
コメント
この記事をはてなブックマークに追加