トルコから石灰棚を眺めながら生活する日記

ラム子のロカンタ(日本食食堂)、
ゴールデンレトリバーとカンガル犬との日常を綴ります。

東京オリンピックに出場宣言!

2016-08-26 20:00:42 | 日記
今日のパムッカレ

『サプライズ!』の続き。

あ~、そういや、息子さんの名前聞くのを忘れた。

ブログによくコメントを下さる方の息子さんがトルコに留学をされており、
お母様の強い勧めで、ラム子の食堂に寄ってくれた。

で、バスの時間まで、十分あるので、
もう一度、石灰棚に登ると仰る。

ならば、ケントも連れて行ってとお願いしたところ、
快く引き受けてくれた。
ケントは去るもの追わず、来るもの拒まずなのだ。

ところが、ケントは石灰棚じゃなく、
人造池へ向かってしまったらしい。
それで、石灰棚を断念して、池でケントに付き合っていたみたい。



泳ぎ始めたら止まらず、
なんと2時間も泳いでいたみたい。

画像提供次男くん。





























おーい! 他人のせいにするんかっ?


次男くん、ケントのために2時間も付き合ってくれてありがとう!
私なんて、さっさと歩いて、行っちゃうもの。そんな次男くんの忍耐力に金メダル

私、オリンピックって興味無いんだけれど、
今回、閉会式での、次期開催国である日本のPR動画だけ見た。
格好良かった~。日本凄い。10分程度なので、是非、見てください。
鳥肌もんです。私は10回以上、見入っちゃいましたよ。



また、遊びに来てね!お弁当を持って行ってもらおうと思ったけれど、忙しくて作れなかった。
ゴメンなさい。

にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへにほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へにほんブログ村
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

サプライズ!!(かなり私信です)

2016-08-24 21:24:36 | 日記
今日のパムッカレ







ブログにコメント下さるJoeさんの息子さん(トルコに留学中♪)が
寄ってくれましたよ。

お母様には事後報告ということで

お母様に身だしなみがなっていない!(髭剃っていない)と怒られるかも?と
心配しているようですが、
トルコって、旅先でも日本のように何でもすぐ必要なものが、
手に入る環境じゃないので、
お許しを

息子さんには顔出し許可いだだいておりますが、
joeさんのほうで不都合がありましたら、
仰ってくださいませ。


にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへにほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へにほんブログ村
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

結婚式第2弾

2016-08-23 00:17:13 | 日記
今日のパムッカレ

甥っ子(次兄の次男)の結婚式が終了した。
ああ、よかった。義父が無事で。
ホント、死にそうな顔をしていたから、こりゃ結婚式流れるかもと危惧していた。
今じゃ、あれを食いたい、これを食わせろと、食欲旺盛である。

土曜日夜にクナゲジェという花嫁の家の近くの会場で花嫁中心のパーティが行われた。
毎度のこと、これには私は出席せず。だって、遠いんだもん。

翌日、昼過ぎ、婿側が車列を作って、花嫁を迎えるために出発した。
今回は11台。
昨日は結婚式があちこちで行われたみたいで、花嫁カーを何台も目にした。


この車、はるばるドイツからやってきた。ドイツ在住の親戚の車。
トルコ人は見栄っ張りだからね~。





この花嫁の家も遠い。片道1時間かかる。
広いトルコはどこへ行くのも先ず峠を超えることになる。




花嫁の実家へ到着。近所の人たちも出て来て、お見送りをする。
花嫁は家族と別れの挨拶を交わす。日本でいう、御父さん、御母さん、お世話になりましたと
三つ指をついて・・・という感じかな?

婿の家に到着し、早速、祖父母に挨拶。

ひー、暑そう。私には耐えられないや。


義母はいつも緊張するのか、写真映りが悪いけれど、今回だけは笑顔になった。

夜18時から、披露宴。
近所の会場で行われ、食事が振る舞われた。1,000人以上用意されていたはず。









婚姻登録所の役人を派遣してもらい、
婚姻式が執り行われた。トルコの結婚式はこれ重要。
トルコは一夫一妻制である。

役人の前で宣誓をする。
汝、健やかなる時も病める時もこの者を愛する事を誓いますか?のようなもの。
花嫁、花婿からそれぞれ選出した
二人のサインも必要。







花火が打ち上げられた。カメラの腕が悪いもんで、これが精いっぱい。



そして、ケーキカット




儀式の合間合間にダンスが入る。


そして、ご祝儀タイム。



お祝いの花輪ならぬ、観葉植物






一番左で踊っているのが、義姉(夫の兄嫁)で60歳違いにも関わらず、ピョンピョン跳ねて踊りまくっていた。私より元気元気で体力あるな。

今月甥っ子の結婚式が2件続いたけれど、
みんなの衣装が違う!!しかも、子供も違う衣装を着ていた!!

私なんて、一着しか持っていないから、それを使いまわしをすること、4回以上。



今回、会場が車で数分程度の場所だったこともあり、
義父母も参列した。

こういう結婚式で、久々に顔合わせもあって、
みんな楽しそう。私は非常に疲れた。

なんてたって、口内炎、肩痛、足裏痛の3重苦ですから!!



甥っ子は公務員なわけだけれど、当初は海外への新婚旅行を考えていたみたい。
でも、非常事態宣言により、公務員の海外渡航は禁止になり、断念。


にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへにほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へにほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1万円のクスリ

2016-08-20 18:27:15 | 日記
今日のパムッカレ

明日から涼しくなるみたい。
このク●暑い日々が終わるのかと思うと、ほっとするけれど、
このク●暑い日々から抜け出して、避暑地に行く夢も絶たれたわけだ。

ところで、

肩の調子が悪い。
伸ばすと激痛が走る。
40肩なのか、それとも、以前バランススクーター(電動式スケボー)をやり、
転倒した際に、右肩を強打したものなのか、不明。







先日、病院へ行き、レントゲンを撮ってもらったけれど、
異常はないとのことで、多分、40肩を疑われ、
保険の効かない薬を処方された。


それが99リラ!!日本円だと4,000円くらいだけれど、
トルコの感覚で行くと、1万円!!

着替えもままならないので、試してみることにした。

で、激痛は治ったけれど、今度は鈍痛が続く。
3か月服用するそうなので、効果は3か月後に期待することにした。

暑くて冷たいものばかり摂り過ぎのせいか、
はたまたクスリのせいか、口内炎が出来て、なかなか治らない。

でもって、最近、ツーリストが増えて来て
多少忙しくなったせいか、足裏痛がぶり返してきた。

つまり、肩痛、口内炎、足裏痛の3重苦なのである


昨夜隣街のカラハユットへアイスを食べに行った。

にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへにほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へにほんブログ村
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

カトマンズの日本食屋さん『絆』

2016-08-18 23:40:26 | 日記
今日のパムッカレ

ネパール、カトマンズの日本食屋さん『絆』のオーナーさんが
食堂に来てくれました!

4日間、毎日通ってくださって、ありがとうございました。

残念ながらネパールには旅したことがありませんが、
いつか行ってみたいです。

その日本食屋さんは、、
日本人のオーナーさんがすべて出資。ネパール人夫婦に全任しており、
売り上げの一部をどこかに寄付しているのだとか。


そのお店も、不安定な収入である山岳日本語ガイドのネパール人の生活を自立させる目的で
日本で修行もさせたとのこと。

日本人旅行者いわく、カトマンズの日本食料理店はは非常に多く、レベルが高いものらしい。
そのレベルを引き上げているのは、『絆』なんでしょうね。

なんといっても、安い!!
私、海外では外国料理は高いのは当たり前だ!と
豪語しておりましたが、まさにそれを覆すような値段。

天丼なんて海老が2本入っていて、350円ですって
しかも、海老はネパールでは安くはないとのこと。
親子丼は250円。
とにかく500円以上がない!!

薄利多売らしい。

でもね、
WIKIでネパールを調べてみると、


1日2ドル未満で暮らす貧困層は2200万人と推定されており、国民の70%を超えている・・・


ということは、
250円の親子丼さえ、高価になっちゃうネパール人も多いってことですね。

出店は経費を抑えるためにフードコートに入り、
そして、持ち帰り中心にしているそう。
外国人旅行者はもちろん、ここ数年は、地元の人も食べに来てくれるんだそうな。
日本人の評判もいい。

うちの食堂の外のメニューを見て、たっけー(高い)と叫んでいる日本人は
ネパールからやってきた人かな?

でも、安いと言ってくれる日本人もいるので、要はその人の価値観、
どこを旅して来たかにもよりますね。例えばヨーロッパから来た人には
安く感じるでしょうし、イランやインドを旅してきた人には
トルコの物価に驚愕しているのでしょう。

とにかく、トルコは税金が高いんです。
看板に税金、従業員の社会保険料も高いし、
所得税も高い。


『絆』の日本人オーナーさんは、
もともと起業家。都内の自宅ビルの階下に、ふれあいカフェという
親子で楽しめるカフェを栄養士のお嬢さんと一緒にオープンしているんだそう。
そこも利益を度外視。

トルコじゃ、お金持ちはケチな人が多いけれど、
この方の懐の深さには脱帽です。

七福神の中に紛れ込んでいても違和感なさそうなお顔でしょ?


普段は日本に滞在していて、今、世界旅行中♪
期間はなんと、2年!!

奥様は?
亭主元気で何とやら~だそうです。

数年前にも、トロントで日本食レストランを開業し、
引退した日本人ご夫婦が、こちらにお越しくださり
お話をさせていただきましたが、

私が、夫婦で旅行出来る身分になるなんて夢のような話、
だって、とにかく経費を払う日々で全然貯まらないのだからと
言うと、

自分たちも一生懸命に働いてきた、
経費を払えるってことは、それだけお金が循環しているのだから
いいことなのだと、仰ってくださった。

私がお金持ちになったら、
トルコの犬収容所にいる野良犬たちに
毎週一回でもいいから、美味しいご飯を食べさせてあげたいな。




にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへにほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へにほんブログ村
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

ケント、9歳になりました!

2016-08-16 23:59:10 | ケント
今日のパムッカレ

2007年の9月下旬にケントは我が家にやってきた。
そこから逆算して生後40日ということで、
誕生日は8月16日だろうと私が決めたのだ。

いい加減なブリーダーだから正確な
誕生日が記録されていないのだ。






最近は突然の訃報ばかりで、
悲しい。ブログを通してなので、お会いしたことが
ないのだけれど、涙がボロボロごぼれる。
人間の訃報を聞いても、涙は流れないのに。

ケントを譲ってもらったときから、
最期をいつも想像して来た。

私のペットはこれまで4歳以上、生きたためしがなかった。

羊のラムちゃんは病死

オス羊のきみまろは凶暴化し、
殺され、食べられちゃった



そして、先代犬のポチは事故死。これはかなり苦しい死なせ方をしてさせてしまった。
今でも懺悔懺悔の日々です。


エフェスは5歳で行方不明だし。





これまでケント、
5歳まではまだある、10歳まではまだ時間がある、と
自分に言い聞かせて来た。

で、いつの間にか9歳になった。
この先何年一緒にいられるかは分からない。
いつかの日をいつも覚悟している。

今日はケーキを買いに隣町のデニズリに行った。
チョコ味かブルーベリー味にするか悩んで
そういえば、社員の誕生日が近かったこともあり、
二つ買うことにした。











にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへにほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へにほんブログ村




コメント (18)
この記事をはてなブックマークに追加

今日(昨日)のバイトくん♪

2016-08-14 22:01:50 | 日記
今日のパムッカレ

今日はかなり涼しい。


久々のバイト君採用です。


で、お仕事は???










いつも使っている犬用シャンプーが40リラ(1,600円気分は4千円)に値上げされていたんで
一番安い20リラ(800円気分は2,000円)私とオヤジのシャンプー15リラ(600円

水道の水ではなく、パムッカレ温泉のお湯を汲み上げて、ホースを使ってケントを一気に洗った。









ケントを夕飯(トルコ料理)と引き換えに洗ってもらった。
ガラガラ食堂につき、これ以上、人件費を払える余裕がないので、
ご飯が報酬。

休学して世界を周っているイケメン大学生。
昨夜はイスタンブール行のバス出発時刻まで
時間を持て余していたようなので、
バイトをお願いした。

トルコの後は、インドへ飛ぶんだって。
どうか、気を付けてよい旅を!



にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへにほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へにほんブログ村
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ブルサから可愛いお客様♪

2016-08-13 23:02:37 | 日記
今日のパムッカレ

ブルサのお家のhisosariさんご一家
が、お友達と一緒に食堂に
寄ってくれました。

hisosariさんは、ブログから想像していた通りの
可愛らしい穏やかな雰囲気を持つ女性でした。






ブルサ名産の栗にトルココーヒー、ありがとうございました。

ここからの画像はhisosariさんたちとケントが石灰棚へ一緒に登ったものです。
hisosariさん提供です。






ケント、溺れている?




hisosariさんのご主人とケント



短い時間でしたが、とっても楽しかったです。
いつかブルサに行きたいです!



にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへにほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へにほんブログ村
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

。゜゜(´□`。)°゜。ワーン!!

2016-08-12 23:15:00 | 日記
今日のパムッカレ




先日、朝停電となった。
寝室のエアコンを消すことはしなかった。
消さなくても、勝手につくことはないだろうと
思い込んでいたから。

で、出掛けた。

停電のことなんて、すっかり頭の中にはなく、
玄関を開けた途端に、我が家は今日はなんて涼しいんだろうと、
家の中に入ると・・・・

エアコンが点けっぱなしだった。
しかも窓全開

復旧したのが13時だったらしいから3時間以上も、エアコンが点けっぱなし。
しかも、窓全開

オヤジ(夫のこと)には内緒だよ

また、
食堂には貯水槽がある。
断水時には、大助かりなんだけれど、
うっかり水道の元栓を閉めないまま、貯水槽を開けると、
水が復旧したときに、貯水槽が溢れ出てしまうのである。

で、やってしまった。

すぐに気づけばいいのに、厨房にいると、音が消されちゃうのである。
お客が少ないのに、なんという出費があああああああ



一昨日のこと、
つい忙しくなると、ミスを犯す私。
久々の弁当作りに勤しんでいると、
雨が降り出した。お客様の出発時間も迫って来た。

更に新しいお客様が入って来て、大慌て。
で、弁当料金を間違えた。

なんと、それを翌日の明け方、ふと思い出した。
会計が間違っていたことを

5リラ多めに頂いちゃったのだ。
いろいろサービスしたし、雨の中、車でペンションまで
送ったし・・・いいかなあと思いつつ、ああ、それでも、余計にもらっちゃいけなかったよね。
反省です。折角食堂を3回も来てくれたのに、最後の最後で、ミス。
ごめんなさい


にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへにほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へにほんブログ村
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

今さら言われたってねえ・・・

2016-08-11 22:51:40 | 日記
今日のパムッカレ

先日は如何にトルコ人が外国人に対して、寛容かを語りましたが、
今日はちょっと閉鎖的な人もいるという話。

昨夜、突如現れた、義母の妹。
パムッカレから8キロほどのカラハユットという温泉街で
ペンションを経営している。


昨夜、全身黒装束でやってきた。
もう如何にもイスラム原理主義者といういで立ちで。
顔は隠していなかったけど。

義母は7人姉妹の長女。
その黒装束なる人物が何番目の妹かは知らない。

2番目と7番目だけ知っている。
2番目は数年前に亡くなっているし、7番目の妹は唯一、スカーフをしないから。

たまたま義母を訪問していた7番目と黒装束が対峙した。
兄弟、家族が多ければ、思想もいろいろ。
7番目の妹はどちらかというと世俗主義者。

黒装束の叔母様が、今度は、いきなり、夫に食堂で酒出しているでしょ?
あんたの嫁はなんでイスラム教に改宗しないの?と、言いだした。
火の粉が降りかかる前に退散した私。

今さら言われたってねえ、結婚してからもう10年よ。
いつか改宗するだろうと期待されていたのかな?

長女である義母は何も言わないのになあ・・・。
それとも、私だけが知らないだけであって、
姉妹や身内から異議申し立てとかあったりして。

改宗しても早々に離婚している夫婦もたくさんいるし、異教徒同士問題なく
結婚が長続きしている例だって多い。


↑これ怒られちゃうかな?別に揶揄しているわけじゃないです。
オヤジにも聞いてみた。自分としては、何とも思わないと。


そうそう、たまに『彼女はトルコ語話せないの?』と、ヒソヒソと囁かれることに
毎回反発していた私。トルコに居させてもらっているという謙虚さが足らないことに
気づいた。だから、もう気にしないことにした。



にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへにほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へにほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ゴミ箱に捨ててくれたらいいんだけど・・・

2016-08-10 22:08:33 | 日記
今日のパムッカレ










にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへにほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へにほんブログ村
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

暑い暑い結婚式

2016-08-08 21:58:11 | 日記
今日のパムッカレ


こないだの土曜日は義姉(夫の実姉)の息子、つまり甥の結婚式だった。

トルコの結婚式は夏が主流で、多分、星空の下で踊りまくりたいからかな?

とはいえ、暑い暑い。
金曜日の夜にはクナゲジェという花嫁の実家で花嫁主体のパーティーが開かれた。
お祝いの花火も打ち上げられたとのこと。
私は食堂があったので、参加しなかった。

翌日、土曜日は近所や親戚、友人に花婿の実家で食事が
振る舞われた。

その後、車列を組んで、花婿が花嫁をもらいに行く儀式が始まった。

ミニバス2台含む9台でお迎えに行った。
トルコ人見栄っ張りが多いので、御迎えの車が多いほうがいいらしく、オヤジ(夫のこと)が少なすぎる!!と嘆いていた。
観光業は悲惨な上に、トルコ、ガソリンが高いから仕方ないよ。

私たちの結婚式なんて、なんと身分相応にシンプルだったか。
自分たちはのは、どうでもよかったんよね!

いやー、花嫁の実家、遠い遠い。
パムッカレから40キロほど離れた集落なのだ。






パムッカレワインで有名な土地である。
実は、その村、義父の出身村。(義母はパムッカレ出身)

酪農、農業が中心で、自給自足で生活していそうな、その村出身の
人間はパムッカレに多い。

義父は、故郷をもう一度みたいと
義姉に言っていたそうな。

今すぐにでも連れて行きたい心境だけれど、
二週間後にもう一人の甥っ子の結婚式が控えているわけで、
故郷を見て満足してポックリなんて、困るんで
一か月後に連れて行ってあげるからと約束した。

私は村へ行くまでの道のり、写真を撮りまくった。
義父にとりあえず、写真で満足してもらうためにだ。






花嫁は両親との別れの挨拶をしたところ。なもんで、二人とも目がウルウルしている。

花婿のお迎えの車はオヤジと私の愛車よ!!
おかげで、私たちは甥っ子の車を使うことになり、エアコンがあまり効かず、
余計に暑かった。







パムッカレに戻り、彼らにとっては祖父母に挨拶。


夜は19時30分から披露宴。いわゆるサロンという結婚式場を借りたので
野外じゃないけど、エアコンが効きまくり、踊らない私はさぶかった。





ご祝儀は金貨か現金。お金持ちな二人。私たちの後にも長蛇の列だったから
これ以上お金が増えているな。


オヤジと姪っ子。

2週間後にもう一人の甥の結婚式がある。
こっちの嫁も1時間以上かかるところに住んでいる。ふー
あら、失礼


結婚おめでとう!いつまでもお幸せに!
お嫁さん、去年、イランとの国境近くのワン(日本では地震で有名?)に
新任教師として赴任したばかり。結婚を機に、デニズリに戻れるんだそうな。良かったね!


にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへにほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へにほんブログ村
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

たまにはトルコのいいところを記事にしよう!

2016-08-05 00:14:12 | 日記
今日のパムッカレ

先日、持病の定期診察へと国立病院へ出向いた。

診察日を決めて、早朝にオヤジ(夫のこと)が診察番号を
取りに並ぶのである。

で、今回は31番。

診察は9時開始だから、10時半に病院に入った。
すると、まだ、15番、つまり15人しか終了していなかった

朝食も食べていなかったので、どこかで時間を潰すこととなった。
それで、30分ほどウロウロして、待合室へと戻ったら、
18番まで終了という表示が出ていた。

がっくりと肩を落として去ろうとした矢先に、
待合室にて腰かけていた年配の皆様方が、

『あなたの名前、何度も呼ばれていたわよ』と
教えてくれたのだ。呼ばれていた名前がトルコ人ではなく、
外国人だったので、みな記憶に残っていたらしい。

これ、日本だったら、誰の名前が呼ばれようが気にも留めないし、
知らせてあげようとも思わないでしょうに。

そういえば、たまに私の主治医は私をなぜか優先して診察してくれるのだ。
トルコでは、役所関係以外は、外国人に親切とも言える。
道で迷っていると思えば、聞いてもいないのに、色々と教えてくれたりする。
お節介とも言う?

また、

オヤジオフィスと食堂の間の道路は、交通量が少ないせいか
子供の遊び場と化し、10人近い近所の子供たちが自転車を乗り回したり、
ローラブレードに、サッカーに興じたりと賑やかな通りだ。

日本だったら、訴訟に発展しそうな騒がしさだ。
私も昼寝中にやられると怒鳴りたくなるけどね。


子供たちの溜まり場と化した路地


昨夜は、シャンウルファというトルコ南東部に位置する街から
やってきたトルコ人家族。若い夫婦に5歳の男の子と1歳の女の子の家族が
食堂で料理が来るのを待っていた。

昨夜はサッカーの日だったようで、4歳から10歳くらいの子供たちがボールを競って走り回っていた。
食堂から5歳の男の子は、近所の子供たちを羨ましそうに眺めていた。

で、いつのまにか、その男の子が楽しそうに参加しているのだ。
料理が運ばれると、母親に呼ばれ、泣く泣くレストランに戻って来くることとなった。

ところが、食堂の入り口には、ケントが居座っていたもんで、
男の子は怖がって入れないでいた。すると、近所の子供たちのうち一人(多分5歳児)が
『ケントは何もしないよ』と言い、戸惑っている5歳の子の手を取って、ケントの横を通り、
一緒に食堂の中に入ってくれたのだ。




この村ではイジメは無い、と思う。
親が売春婦だろうが、刑務所服役中だろうが、金持ちも貧乏人も
仲良く遊んでいる。喧嘩しても、1時間後には仲直りしているし。

ここは観光地なせいか、知らない人間を全く警戒しない。それどころか、すぐに友達になろうとするトルコ人。
外国人には、興味津々で、穴があくほどに見つめられるけれど、
いつでも、彼らはstranger(見知らなぬ人、他人)を受け入れようとしてくれるのだ。

日本人は常に相手に対して思いやりの心を持っている人が多いと思う。
でも、トルコ人のそれは、もう反射的に何も考えずに行動している親切心が多いんじゃないかな。
これをすると相手が喜ぶんじゃないかなという計算は無い。ただ、本能なんだよね。
電車の中で、席を譲る行動が速いこと、速いこと。


私たち日本人は計画通り、予定通り、事が成されないことに恐怖を覚え、時間を守ってもらえないことに
怒りを覚える。日本人(私も!)は時間を守るのが当たり前だと思っている。だから、相手にも同じことを望むのだ。
その通りにならないと腹を立てる。


でも、トルコ人自身約束を守ることにこだわらない。(そうじゃない人もいますよ!!)
だから、相手に対しても怒ることはしない。
人間、いつ何が身に起こるかわからないから。約束だって守れないこともあるさと。
これ、ビジネスが関わっていたら、大問題でしょうが。


先日、1時間近く停電があった。久しぶりのことだった。エアコンが切れて暑いわ~くらいなこと。
トルコ人、停電だろうが、断水だろうが、動ぜず。仕事に支障をきたそうが、しょうがないと諦める。

結局、私は何が言いたかったんだ?

トルコ人は何も考えずに行動し、前向きな人が多いって?
褒めていないって?


ところで、
義父の具合が悪い。
80半ばだからね、何があってもおかしくないんだけれど、
今月、甥の結婚式が2件あるから、何とか踏ん張ってちょうだい。


にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへにほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へにほんブログ村
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

可愛いお客様♪

2016-08-02 18:10:33 | 日記
今日のパムッカレ

小池新都知事おめでとうございます。
小池さんが勝利すると確信していました。
テレビ東京のWBS時代からファンです。

小池さん、トルコ風呂改名運動を支えてくれたんですよね。
今後も足を引っ張る輩が絶えないと思いますが、
ぜひ、負けずに、いい政治をして欲しいです。

さて、
先日、フランス在住のご家族(奥様は日本人)がお越しくださった。
美人のお嬢さん二人、足がながーーーい

12歳と10歳?なのに、色気いっぱい。誘拐されないでねー。

日本人奥様が、ホテルのプールサイドで、
食堂を宣伝してくれた御蔭で、他にも同じホテルから
2家族来てくれました。


そのうちの一家族がアメリカ人。
この坊や魔の2歳児。ご飯粒つけまくって食堂で暴れまくっていたけれど、
『オイシカッタ』『アリガトウ』と、日本語を口にしたのです。
奥様は日本語を専攻して、日本語ペラペラみたい。

でも、ご主人いわく、奥様はシャイとのことで、私には日本語で話しかけて来なかった。
ご主人から僕たちは日本が大好きなんだと言われて、日本人として嬉しいですね。

すみません、よくアメリカの悪口を書いている私ですが、
アメリカ人は好きよ。






日本で英語教師をしていたアメリカ人の若いご夫婦は只今スイス在住で、
サンフランシスコ在住のご両親とはイスタンブールで合流し、パムッカレに来たのだそうです。

この一年で、一番美味い料理だと、リップサービスも忘れず、実に気持ちのいいお客様でした。


にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへにほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へにほんブログ村
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

私も手打ちうどん、作った!

2016-08-01 00:09:19 | 日記
昨日のパムッカレ


私も手打ちうどん、作った!

正確には
従業員に指示して、作ってもらった!

実はかれこれ10数年前にトルコでうどんを試みたんだけれど、
コシもなく、だんごのような味だったので、諦めた。
作り方は実家の母から教わっていたんで、
水や小麦が違うからだと決めつけていた。

今のようにクックパッドなんて無かった時代よね?あった?

セルチュクのアヤコさん


うどんを捏ねているのを知り、早速(また)真似た。

うちの従業員、握力があるからか、しっかりと捏ねて
ちゃんと伸ばし棒で、生地を広げてくれたから
まるできし麺みたいになった。

次回はもっと太くしてもいいかな。
コシもあって、ツルツル。






望遠レンズしかないので、至近距離が撮れない!!

アメリカ人のお兄ちゃんにウサギのゆで卵を
長崎チャンポンラーメンに入れたら、喜んでくれた。

食堂のウドンは乾麺を使っていて、
イスタンブールから取り寄せているんだけれど、
必ずしも在庫があるとは限らず、
それも悩みの種だった。

バカ高いし、それにゆで時間が20分近く。
自家製なら、ガス代も抑えて、トータルコストも安く済むな。
客が少ないから、値下げしてもいいかも。

ありがとう、アヤコさん!



にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへにほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へにほんブログ村
コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加