手話通訳者のブログ

田舎の登録手話通訳者のブログです。

小学生時代/M先生

2017-04-18 08:53:44 | 手話
今回は手話とは関係ない話。
年寄りの昔話じゃ。

俺は体罰を肯定する。
今の時代とは完全に逆行する考え方じゃの。
だから、嫌われ、疎まれ、軽蔑される。

小学3年生の時の担任がM先生であった。
ちょっと変わった先生で、「教師ってのはいい商売だ」などと、子供たちに語る人であった。
当時は今と違って、教師という職業は「聖職」と呼ばれていた。
だから、教師の仕事を「商売」などと表現する変わり者はM先生だけであった。

180センチを超える身長で筋骨たくましい先生であった。
M先生は怒ると子供でも容赦しない。
俺は悪戯好きの悪童だったから、よく、怒られた。

ある日、黒板に落書きをして、そのままにしておいた。
授業が始まり、M先生が入ってきて、落書きを見つけた。

「誰がやった?」
はい、僕です。
「出てこい!」

M先生のビンタ炸裂。
すごい威力だった。
小柄だった俺はすっとばされ、隣の席まで飛んでいった。

こんなことは日常茶飯事。
でも、M先生を悪く思ったことはない。
むしろ、悪いことは悪いとはっきり言うし、生徒に対しても男だろうが女だろうが、悪いことをすれば容赦なくビンタをぶちかますM先生が好きだった。

M先生とは今でも年賀状のやりとりをしている。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 手話通訳者指名/ろう者と親... | トップ | 小学生時代/S先生 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。