手話通訳者のブログ

田舎の登録手話通訳者のブログです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

小学生時代/S先生

2017-04-19 12:17:53 | 手話
今回は手話とは関係ない話。
年寄りの昔話じゃ。

小学5年生と6年生の担任がS先生だった。
陰険な爺さん先生だった。

ある日、授業時間となって教室に入ってきたS先生は、黒板を見て顔色を変えた。
「Sのバカ」と書いてある。

「たいし、出てこい!」

ああ、俺だと決めつけやがったな。そう思いながら、先生の前へ。
いきなり、ビンタを食わされた。

「黒板に落書きするな、馬鹿者!」
先生、僕じゃありません。

すると、またビンタ。俺はS先生を睨みつけた。

「おまえがやったんだろう!」
先生、落書きは何回もしてますが、人の悪口を書いたことは一度もありません。

言い終わらないうちに、またビンタ。
唇が切れて血が出てきた。

「二度と落書きするな。わかったか!」
わかりません。

またビンタ。これを何回も繰り返した。
教室がざわつき始めた。級友のAが真っ青な顔をしている。ああ、落書きしたのはAだな。

「もういい!席に戻れ!」


授業後、Aが来た。「たいちゃん、ごめん・・・」

ぶん殴った。Aはよろめいた。

俺が何回ビンタされたか、知っとるか?
「・・・・・」
7発だ。
「ごめん・・・・・」
俺のパンチは、あのジジイのビンタ7発分だ。これでチャラだ。


この事件は「伝説の7連発ビンタ」と呼ばれ、俺は悪童たちのヒーローになった(笑)


以前、「俺は体罰を肯定する」と書いた。
しかし、体罰を奨励する気は毛頭ない。まして、S先生のような体罰は言語道断である。
本当に、生徒を愛し、生徒の将来を真剣に考えている先生が、教育として体罰を行うなら、俺は支持する。
以前のブログに書いたM先生が、そういう先生だった。

S先生は大嫌いだった。
M先生には数え切れないぐらい叩かれたが、恨みに思ったことは一度もないし、M先生が好きだった。

体罰はいけない?そうだろうか。
体罰よりも、言葉の暴力の方がはるかに罪が深い。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 小学生時代/M先生 | トップ | 中学生時代 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。