手話通訳者のブログ

田舎の登録手話通訳者のブログです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ナンチャッテ手話通訳者

2015-01-31 20:26:46 | 日記
「こんな人間が手話通訳をやってるなんて・・・」
残念なことだが、どこの地域でも、変な手話通訳者がいる。
たいしもかなり変だが(笑)

いや、真面目な話、本当に深刻な問題である。

派遣者に力量があれば、こういう通訳者は派遣しないようにするし、定期的に通訳者資格を更新するなどして、手話通訳者の品位を貶めるような人間は排除するが、現実的に、ここまでできる派遣者は珍しい。

手話通訳者は地元のろう者と親しくして、こういう情報、つまり問題あり手話通訳者の情報を得ておくことが大切。
あまりにもひどい場合は、派遣者に連絡して対処してもらう必要がある。
告げ口みたいで気がひけるが、やらなければならない。

手話通訳者が困るだけならいいが、ろう者に迷惑がかかるからだ。

ただし、わしらの地元のように、派遣者がいい加減だと、どうしようもない。
派遣者が無能であれば、手話通訳者指名を完全解禁するしか方法がないと思う。
ダメな手話通訳者は誰からも指名されず、活動する場を失う。それでいいと思っている。

当然ながら、優れた手話通訳者が増えてくれば、俺自身、指名されなくなって、排斥される可能性はある。
覚悟は、できている。
その時は、笑って、去るのみだ。
喜ばしいことではないか。

でも、そんな日は、来ないような気がする。
自惚れかもしれないけど(笑)



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

壁をぶち破れ!

2015-01-30 05:31:55 | 日記
俺一人が騒いだところで、何かが変わるわけではない。
実際に、
「たいしさん一人が熱くなっても、何も変わりませんよ」
と冷笑されることもしばしば。
それでも、おかしいことは「おかしい」と声をあげる。
無視されても、敵視されて潰されそうになっても、声を上げ続ける。

声を上げ続ければ、何かが変わる可能性がある。

現実に、地元で、変わったことがある。

かつて、派遣者が手話通訳者に連絡する際、
「派遣センターです」
とのみ、名乗っていた。


あんたは“派遣センター”か。名前がないんか?
「・・・・・」


年に数回、手話通訳者に派遣者からファックスがくる。
このファックスも、発信者として「派遣センター」としか、書いていない。
返信ファックスをする時、必ず、
「発信者の個人名も書いてください。それが常識です」
と書いて返信した。



民間企業のことをイメージしていただきたい。
例えば、ヤマト運輸とか、佐川急便とか、電話をかけてきた場合、ほぼ100%、
「ヤマト運輸の鈴木です。お世話になります」
というような形で、自分の名前を名乗る。
名乗るのが当然なのだ。
なぜか。
責任を明確にするためだ。


わしら地元の派遣者は、今までに何度も、手話通訳者が送付した報告書を紛失している。
これは、大問題である。
なぜ、紛失してしまうのか。
担当者を決めていないからである。
「赤信号、みんなで渡れば怖くない」
という心理である。
担当者を決めずに、みんなでやっているから、何か問題が発生した時に、責任が誰にあるのか、まったくわからないし、自分たちもそれでいいと思っている。


何度も何度も何度も何度も言い続けて、ある日、派遣者から電話があり、
「派遣センターの○○です」

おお!
名乗るようになったやんか!!


このように、小さなことでも、コツコツと、諦めずに主張していくことが大切だと思っている。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

手話通訳者が受け取るお金

2015-01-29 05:05:55 | 日記
「手話通訳者って、通訳やってお金もらうから、確定申告してるの?」

こういう疑問をお持ちの方もおられると思う。
確定申告、してへんよ。

国税庁サイト
https://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/tsutatsu/kihon/shotoku/36/02.htm

上記のサイトに出ているけど、税務当局は、手話通訳者が受け取るお金については、
「報酬又は料金に類似するが該当しないもの」
としている。

所得税基本通達204-6 法第204条第1項第1号に掲げる原稿の報酬その他の報酬又は料金に該当するかどうかについては、おおむね表6のとおりである。(昭46直審(所)19、昭49直所2-23、平5課法8-2、課所4-6、平19課法9-9、課個2-20、課審4-32改正)

上記の通達の通りである。
この表6に、「手話通訳の報酬」と記載されている。


ただし、注意していただきたいことがある。
上記は通達である。法令ではない。
通達とは、
「国税庁が示したひとつの見解」
に過ぎない。
従って、“手話通訳の報酬はすべて課税されない”というわけではない。


ただ、わしらのような田舎の登録手話通訳者は、まず、課税されることはない。
赤字だから。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

手話通訳者のブログ/報告とお礼

2015-01-29 05:04:32 | 日記
日記・雑談カテゴリで155位にランクインしました。
いつも読んでくださっているみなさんのおかげです。
ありがとうございます。

今後ともよろしくお願いします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

手話通訳者のブログ/報告とお礼

2015-01-29 05:03:02 | 日記
手話・点字カテゴリで4位にランクインしました。
いつも読んでくださっているみなさんのおかげです。
ありがとうございます。

今後ともよろしくお願いします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加