Category : しびれるMovie


こっちゃんポイント ★★★★★

鑑賞環境  試写会 
上映時間 134分
製作国 アメリカ
公開情報 劇場公開 (SPE)
初公開年月 2006/04/08
ジャンル ミュージカル/コメディ

最低のミュージカルをプロデュースせよ!?1959年のニューヨーク。落ちぶれた大物演劇プロデューサー、マックス(ネイサン・レイン)の事務所に会計士のレオ(マシュー・ブロデリック)が訪れた。帳簿を調べたレオが、ショウがこけたほうがお金が儲かるという摩訶不思議な事実に気づいたことで、マックスのやる気が充満。レオを巻き込み、大金をせしめようと、初日=楽日を目指す史上最低のミュージカルのプロデュースが始まった!そしてまたとない史上最低の脚本「春の日のヒトラー」が見つかる。 

 

(goo映画より抜粋)


永遠のトッチャン・ボーヤ マシュー・ブロデリック
もはや何もせずして顔だけで笑える ウィル・フェレル

この二人だけでもぅ、お腹いっぱいだよぉ! O(≧∇≦O)(O≧∇≦)O ウキャウキャ

こりゃあ面白い!マジでこっちゃん好みですッ! ヒューヒュー!

事前におともだちがこの映画を観て大変お喜びになったという情報をキャッチ!そりゃあ期待も高まっていたのですが、ここ最近になっておすぎ先生唐沢寿明(弟子になったの?)によるキモい・トーンのCMが流れ始めたこともあり、実は直前になって一抹の不安が過(よ)ぎったのでございます。

「オイオイ、本当に大丈夫なのかい?この映画。。。。。(* ̄◎ ̄*)¥」

ところがドッコイ、スットコドッコイでした!

なんの、なんの。こりゃ、オモロイ!
笑って、笑って、その上また笑って。ホロリとさせる暇がないくらい笑わせてくれるんです。

特にマシュー・ブロデリックの頑張りにはホント頭が下がる思いです。恐らく過去、彼の出演作のどれにおいても、この映画「プロデューサーズ」が一番”頑張った”作品と言えるのでは無いでしょうか?(またしても想像入ってます)

唄って、騒いで、叫んで、抱きつかれて、脅えて、泣いて、フックに吊り下げられて...エトセトラ。(='m') ウププ

ホント、ここまでハジけたマシューは、今まで見たことありませんね。
今回は小心者の会計士・レオの役です。その小心っぷりがタダものではございません。幼少の頃から手放したことがないという青い毛布の切れ端を唯一の心の拠り所(よりどころ)とし、それを人に触られただけで自分を見失ってしまうほど情緒不安定な人物です。

そんな彼が、演劇プロデューサーのマックスネイサン・レイン)の所へ、帳簿の整理にやってくるところからお話はスタートします。彼は今やスッカリ落ちぶれ、色仕掛けで(といってもそんな色男でもないけど)お年寄りから”出資”を半ば騙し取るような毎日を送る有様。

こんな二人が出会ってタダで話が済む訳がない!レオが帳簿を開きながら口にした”一言”が引き金になり、二人はショービジネス界での”裏の荒稼ぎ法”に情熱を注ぐことになるのでした。

レオとマックス、二人の掛け合いは、ほとんどが叫びまくってるような会話ばかりなので、ヤカマシイっちゃぁヤカマシイのですが、この”間合い”が実に絶妙で非常にヨロシイ!上手いですよね~。
この「プロデューサーズ」は、映画自体の作りも、どの役者の演技も実にイキイキしています!

ホント、久々に「”イキ”の良いハリウッド映画を堪能できた!」ってカンジがしますよ。
どのシーンを切ってもピチピチしてますモン。

この映画の監督は、舞台版「プロデューサーズ」の監督兼、振付師もやっているスーザン・ストローマンという人。何だか細くて穴が開いてるような名前です。
そんな彼女がやはり”映画版”でも同じく監督、振り付けを担当しています。実際、舞台と映画では色々と演出なども違ってくるとは思うのですが、この見事な映画の出来には驚いてしまいました!
というか、映画を観に来たつもりが完全に舞台を観ている気分に丸め込まれてしまいます。

特に、今回の試写会はステージの上にスクリーンがあるようなホールで催されましたので、まるでマシューやネイサンがスクリーンから飛び出し、本当にステージ上で踊って唄ってくれてるかのようにも見えました。
Oh!いっつ・まじっく....。( ̄∀ ̄*)

この映画「プロデューサーズ」の話の内容は公式HPなど他を参照してもらうとして、とにかく「オラぁ、ミュージカルは絶対観ないんだ!」というタモリのような人以外には大声でお薦めできる映画です。

とにかく”ナチ・カブレ”のウィル・フェレルが面白すぎる。登場最初のシーンからもぅ大笑いです!
彼の飼っている伝書鳩まで熱演でしたからね。(笑)


あと、”最低の演出家”を初めとする”ゲイ軍団”の棲みつく あの屋敷...。

ここはバケモノ小屋かッ!( ̄∀ ̄*) こういうのをホントの「悪魔の棲む家」と言うのかもしれません。
何だか、フレディ・マーキュリーエルトン・ジョンみたいなオッサンまでおりましたが・・・キモ杉マスッ!
でもオモロイわ。(笑)

そこにきて、コノ上の方が一番笑えた!

コレはもう完全にチャップリン超えてます!「こんなヒトラー見たことない」っていう強烈なインパクト!
あり得ない”総統”の誕生です!

ホント、涙出ちゃいました・・・笑いすぎて。(つд⊂)エーン オカシスギルヨー

ただ、湯屋サーモン...じゃなかった、ユマ・サーマンに関しては思ったほどは活躍はしてませんでしたネ。いえ、こっちゃん的には出番が足りなかったということです。この辺はちょっとだけガッカリかな。もちろん”役”はシッカリありましたけど。しかも今回は”超テンネン”入ってます。(笑)でも周りの俳優のせいか、何だか彼女の背の高さばかりが目立ってました。あんなに大きかったんですね彼女。Ψ( ̄∀ ̄)Ψ ソコマデトハシラナンダ...

 

そーゆーワケで、この映画「プロデューサーズ」絶対的にお薦めです!こっちゃんは大してボキャブラリーも無いので、画像ばっかの記事になってしまいましたが、あまりに映画が面白すぎてとても言葉では表現しきれません。

何より感心させられるのは、終わりの終わりにまで、徹底的に”サービス精神”が織り込まれてるコト。映画が終わってエンドロールが流れ始めても、まだまだ席を立たない方が良いと思います。バックに流れる歌も笑わせてくれますし、”終演後の舞台挨拶”的ショットまで用意されていますから。

ここまでやってくれれば大したモノ。きっとお客さんのほとんどは大満足で帰ってくれるでしょう。

もしかして、ここまでヤルのが”ブロードウェイ流”なのですか?!
思わず「さすが!」と唸ってしまいました。

またしても宣伝では、同じミュージカルと言うだけで「シカゴ」や「オペラ座の怪人」が引き合いに出されていますが、それに関しては「もはや比べるコト自体がナンセンス」だと観客の方は皆知っているハズ。作品それぞれに”味”があり”良さ”があるワケですからね。

しかしながら、あえてこの映画「プロデューサーズ」を一言で誉めるとすれば、「この映画はとにかく底抜けに明るい!」ことでしょうね。これはもぅ”唄う喜劇”です。そこが、こっちゃんにはとても良かったんですねぇ。 

試写会が終わった時も、周りはとっても楽しい雰囲気でした。
みなさん存分に楽しめたようですね♪
きっと少々の悩みがあっても、この映画なら吹き飛ばしてくれるかもしれません。
そんな空気を作ってくれる素晴らしい映画。
2時間14分の楽しい夢の舞台に直行できます。

思わず、面白すぎて時間を経つのも忘れちゃいました。

 

《2006.08.16記事一部改訂》

【作品】プロデューサーズ

 



Comment ( 54 )  |  Trackback ( 51 )
     
« 大統領のカウ... 連理の枝 (2006) »




 
コメント
 
 
 
いちば~ん ()
2006-04-06 14:25:07
見たい、見たい、見たい、見たい~



マシューだよ~

見たいよ~



メル・ブルックスだし~





テロのあった年に、ブロードウェーで

みんなの気持ちが少しでもたのしくなればと

いち早く、舞台を復帰させたニュースが

TVで流れたときに



この、ミュージカルがしょうかいされてて

マシューがでてたんで~



みた~いって思ってたの~



こっちゃんみたんだね~

うらやましいぞ~
 
 
 
やったー (かるろぐ)
2006-04-06 19:41:09
やっぱり★満点でんな、これは。

もう面白い雰囲気はバッチシだもんね。

公開されたら観に行かなくちゃ。



ミュージカルのオリジナルになった、メル・ブルックスの「プロデューサーズ」も面白いんだよねぇ~。

これは期待どす。
 
 
 
おすぎですっ (Swan)
2006-04-06 20:06:35
私も試写会に応募したんだけど、どうなったかな~

これ観たいです!!



唐沢さん、おもしろいね~~
 
 
 
みたーい!! (奥さんは顔が長いです kino)
2006-04-06 20:59:08
元祖ダーリンのマシューがそこまでがんばってるとあらば

観るしかないでしょう!

うふふふふ いくつになっても童顔だ、マシュー!

ちなみに奥さんは顔の老けたサラ・ジェシカ・パーカー。

何?ウィルも面白かったって??

楽しみだ~!!!

 
 
 
これは (m52387177)
2006-04-06 21:56:48
絶対見たい映画だよね。

まぁ、みんなそうだよね。(´▽`*)アハハ



早く公開されないかな?

 
 
 
こっちゃんもっ♪ (miyu)
2006-04-06 22:23:40
い~っぱい楽しめたみたいで良かった良かった♪

ご紹介ありがと~ございますm(_ _"m)ペコリ

こっちゃんは演出家さんにヤラレちゃったのね。

あたしは会計士さん&毛布にヤラレちゃいました(´▽`*)アハハ

確かに言葉じゃ表現しにくい楽しさだよねぇ~。
 
 
 
大好き~。 (かぼちゃ)
2006-04-07 01:35:40
こんな映画が大好きです!

なんも考えることなく、楽しめるし、

唄って踊って、ランランラン♪

ザッツ、エンターテイメント!

なんか、観たくなってきたぞ~。

 
 
 
あれ、 (はんな)
2006-04-07 03:47:56
これ日本でもミュージカルやってなかった?

それと同じのかしら。

その券あったんだけど、行けなかったのよね。



映画は見逃さないようにします。

なんたってこっちゃんポイント☆5だもん。
 
 
 
反響ゾクゾク~♪ (【お返事】こっちゃん)
2006-04-07 10:43:08
▼るさんへ

いや~

まったくもって、コレるさん向きですよ。

ほんと、ミュージカルでしかもこんなに笑えて

もう幸せ絶頂になっちゃうでしょうね。

この明るさこそが本来のハリウッドの良さなんだと思います。

こんな映画をいっぱい観たいと思いますね。



これは遠出してでも観る価値ありますよ。

単なる映画を観る満足感を超えてます!



▼かるろぐさんへ

コレはモトもそーとー面白かったんでしょうねぇ

分かるなぁソレ。

しかも、その時の舞台の監督さんと同じってんだから

極めてオリジナルに近い出来栄えなんでしょうね。

こんな映画がまだまだ出来るから

映画は止められませんよね



ハリウッドはもうVFXアクションやめて、こっちで行きましょうよ!



▼Swanさんへ

試写会当たるようにお祈りします!

コレ絶対見てほしいな。

試写会に来ていた女性の方もみ~んな楽しんでました。

あんな和やかな雰囲気になった試写会も久しぶりですね。

こういう映画にならお金を払う価値ありますよ!

・・・って試写会行ったヤツが言うなって話ですが



▼kinoさんへ

いやはや。

ウィルにマシューとくれば、

これはもうkinoさんのために作った映画みたいなモンですよ。

止めても絶対観に行くんでしょ?

面白すぎるので気をつけて下さいネ。

kinoさんなら失神するかも。。。

マシューの奥さま、顔長いのか・・・



▼mさんへ

公開は今週の土曜日ですから、って明日ジャン!

是非観に行って下さい!

ミュージカルが特にニガテじゃなければ絶対面白いですよ。

ホントはミュージカルニガテな人にも観て欲しいんだけどな~

さて、mさんはいつ観れるかな?



▼miyuさんへ

あのヒトラーは反則ですよ!(笑)

まさかあんな展開になるとは・・・

もうっ!最高ッ!

マシューの青い毛布にも笑いましたよね。

ウィルの伝書鳩にも笑ったし。

いや~、いっぱいの人に観てもらいたい映画ですね、これ

スンバラシイ!



▼かぼちゃさんへ

こんな楽しい映画なら、時間を割いて観に行っても良いですよ。

ほんと、映画じゃなくてショーを観に行ってるような

贅沢な気分が味わえます。

唐沢さんの前フリはダテじゃなかった!

いつも映画をそんなに観ない人にも

「今観るならこれが一番オススメ」と言っちゃいますね。

楽しいんだよ~ほんと



▼はんなさんへ

これ、ちゃんとモトの舞台があるんですって。

かずさん詳しそうだよ。

え?でもその券持ってたって・・・・???

絵”ぇぇぇぇぇぇえぇぇぇえぇっ!

そりゃ勿体無いですね~



じゃあ、ぜひ映画でその時の分も楽しんできてね♪

★★★★★つけちゃいました。

エンドロールの最後までシッカリ観てきてね~
 
 
 
Unknown (mig)
2006-04-07 16:21:11
素晴らしく楽しい映画でしたぁ♪



公開したらまた劇場でも観る予定です
 
 
 
絶対絶対観る!!! (ska)
2006-04-07 18:39:37
メッチャ面白そうだもんねー!!!

こっちゃん’sレビューでますます観たい熱が

高まっちゃったよ♪どの特集観てもほんとおかしい。

特にウィルがね。短パンはいてあの図体( ̄m ̄* )ムフッ♪

伝書鳩が『アイ!』っておてて挙げてタネ♡

あ~早く観たいーーー!!!
 
 
 
楽しめたのね! (hiyoko)
2006-04-08 02:48:12
こっちゃんのウキウキぶりがわかる

楽しいレビューでした^^



えーとマシューはkinoさんに譲るとして

kinoさんと私のウィルが出てるので

注目の映画です。



とりあえず、映画公開を前に

オリジナルのブロードウェイの舞台について

記事書いてみましたので

TBさせて下さいね^^
 
 
 
DVD欲しい!・・・もう早。 (【お返事】こっちゃん)
2006-04-08 10:14:04
▼migさんへ

いよいよ、今日から公開ですね~~~

みんな笑い始めた頃かな?

これホント、もう一回劇場で観たくなりますね。

特に落ち込んだときの特効薬になりそうです。

さいこーですねっ!(人‘∀‘)☆



▼skaさんへ

いや~ん

これはもう絶対オススメですよ~~~

あの伝書鳩クン見ましたか?(笑)

キリッ!としてて良かったね。

短パンウィルも強烈ですよ。

是非ご覧あれ~~~~!



▼hiyokoさんへ

劇場版の貴重なレビューありがとうございまーす!

なるほど~

やっぱりこの映画は劇場版をそのまま映画に持ってきたみたいですね

同じ監督さんですもんね~

そんなトコがかえって贅沢な気分にさせてくれますね。



やっぱウィル目当てですか?

ご期待に添えると思いますよ(笑)
 
 
 
Unknown (Unknown)
2006-04-08 16:18:32
グーテンターク♪ トン トン♪ タン タン♪



グーテンターク♪ トン トン♪ タン タン♪



もうウィル・フェレルに大満足♪

絶対この歌唱力 ブロードウェイ・キャストに負けてませんから~~っ♪

もう大満足でした~



何かあったらamazon.comで買いましょう

グーテンターク♪ トン トン♪ タン タン♪ でした♪

 
 
 
▼Unknownさんへ (【お返事】こっちゃん)
2006-04-08 18:35:32
アナタはyuuさんですか?(笑)



amazon.comで買いましょう♪・・・サイコーでした



これは良いですねっ!

何度でも観たくなります。

ナヨナヨヒトラー、何だかクセになりそう
 
 
 
笑いすぎて・・・ (charlotte)
2006-04-08 18:39:06
涙でました!笑

でも、やはりばか笑いするにはちょっと恥ずかしくて、くすくす笑いにとめておくのに必死でした~

ヒトラーはホント、チャップリンを超えてましたね。

髭がユマにくっついちゃった所がまた可笑しくって

舞台も見たくなりました
 
 
 
▼charlotteさんへ (【お返事】こっちゃん)
2006-04-08 19:18:36
出るでしょ?涙。

笑いすぎて出ちゃいますよね~~~

もうっ最高ですよっ!



ヒトラーもあり得ないでしょ?

あんなクネクネで良いのでしょうか?(笑)

何でも笑い飛ばしちゃえっていう勢いに

大いに拍手を贈りたくなる作品でしたね
 
 
 
あらら~ (yuu)
2006-04-08 20:08:43
グーテンターク♪ トン トン♪ タン タン♪



あまりの衝撃で 名前書くの忘れました

ごめんなさ~い



Mr.フランツ・リープキンドに代わり yuuでした



グーテンターク♪ トン トン♪ タン タン♪

amazon.comで「わが闘争」 買ってよもうかしら~~ん
 
 
 
amazon (kossy)
2006-04-08 23:10:29
amazonのリンク貼っちゃいました~

これで読む人がいたらすごいことです。

日本もナチブーム到来か?!
 
 
 
我が闘争 (Deanna)
2006-04-08 23:49:25
こんなおバカなミュージカルは初めてでした。こんなんでいいのか?とはじめは戸惑ってたんですが,他のお客さんが笑ってたので「あぁ。笑ってもいいのね」と思って,最後は大爆笑してしまいました。
 
 
 
すごい反響 (km_achin)
2006-04-09 00:14:24
コメントもすごいのねー。

とってもとっても観たくなりました~。



涙が出るくらい笑えるってところがいいなぁ。

レイトショーで観ようかしら。



最近テレビを観てないんで、おすぎと唐沢のCM

を観てないの。
 
 
 
コーフン! (【お返事】こっちゃん)
2006-04-09 00:51:03
▼yuuさんへ

あはは。

やっぱり、そーでしたか~(笑)

よっぽど興奮してたんですねぇ。



でも分かる、分かる。

これはホント楽しいもんね~。

終わった時に拍手したくなりました!



こんな楽しい映画をドンドン作って欲しいですよ、ハリウッドには



▼kossyさんへ

リンク思わずクリックしてしまいましたよ(笑)

でも、ナチブームは来ないと思います。

ご安心下さい。

kossyさんは買うの「我が闘争」?

オマケでちょびヒゲついてたらこっちゃんも考えるよ



▼Deannaさんへ

戸惑いますよね。

それって普通だと思います。

こっちゃんも、まさかココまでの話とは思いませんでした。

こんなに笑ってしまう結果になるとは。。。

ほんと楽し過ぎますよね。

どのキャストも最高ですよっ!



▼km_achinさんへ

いや~~~~

コレだけは何とか時間の都合をつけてでも観て欲しいと思います。

こんなに笑い飛ばせちゃう映画もココ最近そうないですよ。

とにかく楽しいですから。

反響もスゴイですね。

でも観たらその理由が分かると思いますよ。

ミュージカルが苦手でなければイケますよ、きっと
 
 
 
面白かった。 (朱色会)
2006-04-09 00:57:02
主演の二人は舞台も演じているので

イキもぴたり。

歌もうまい。

そして脇を固めるヘンな、いや、素晴らしい役者さんたち。特にユマ・サーマン

いいねぇ。
 
 
 
▼朱色会さんへ (【お返事】こっちゃん)
2006-04-09 01:06:04
そーなんですよねー

あの二人の掛け合いは「余裕」を感じましたよね。

素晴らしい息の合い方ですよね。



ユマのあの天然っぷりはあちこちで評判ですね(笑)

こっちゃん的には出番がもうちょっと欲しかった気がしましたけど。

どの映画でもユマはたっぷり観たいというささやかな願望があるのです



とにかくこの映画は最高の一品でしたね♪

トラバ&コメントありがとうございます~
 
 
 
おもろーい (kino)
2006-04-09 01:13:32
みてきましたっ。

みんな楽しそうでよかったよー。

マシュー、ネイサン、ウィル、ユマはもちろん、

ゲイのカップルさん、最高ですー。



エンドロールまでてんこもり。



しかし、なんで会計士ってサンバイザーつけてんの??
 
 
 
▼kinoさんへ (【お返事】こっちゃん)
2006-04-09 01:21:27
あ!そーだ!

会計士のサンバイザー。

アレなんで必要なの?

いったいどんな日差しから守ってるんでしょ?

必要ないよね?(笑)



それにしてもテンコ盛りで大満足の映画ですよね。

こんなミュージカルをもっと観てみたいな
 
 
 
ハミング (nikidasu)
2006-04-09 10:23:52
それにしても、流れている楽曲をすべてメル・ブルックスが作詞・作曲となっていて、びっくり。

IMDbのトリヴィアに彼がハミングして、それを他の人が採譜して・・・と書いてあって納得でした。

とにかくここんところ社会性の強い映画が続いていたので、とにかくこうした無条件で楽しめる馬鹿馬鹿しさに、娯楽映画の楽しさを改めて感じさせてくれました。
 
 
 
期待通り (Anvil)
2006-04-09 10:57:11
予告編見て面白そうだなー、

と思っていましたが期待通りのようですね。

そのうち見に行ってたくさん笑いたいですね~!
 
 
 
興味があれば、絶対オススメ! (【お返事】こっちゃん)
2006-04-09 13:30:34
▼nikidasuさんへ

そうなんですねー

すごいですねメルブルックス。

もう頭の中にはそんなネタがギッシリ詰まってるんでしょうね。



社会の不穏な空気をこういう形で吹き飛ばす!っていうのが

かえってスゴイと思います~。

バカバカしくてもコレを観てスッキリした人も一杯いるでしょうね。



素敵な映画でした



▼Anvilさんへ

いや~~~

予告編なんて問題にならないほど面白いデス!

もし興味があれば是非ドーゾ♪

2時間越えますけど、もっと観ていたいと思っちゃう映画でしたよ。



お外はどんな天気でも劇場の中は快晴ッ!って感じで

とてもヨロシイですわん♪
 
 
 
こっちゃん!おひさ。 (睦月)
2006-04-09 17:11:02
こっちゃん!こんにちわ!コメントありがとう!ごめんなさい、だいぶご無沙汰してた・・・。先日、深酒しすぎてくたばったりしてたの(笑)

この作品、ホントに面白かったねえ!まさに

イキのいいハリウッド映画・・・

その通り!

睦月的には、ゲイがたくさん出てきたのが嬉しかったあ♪

最高のお祭り騒ぎでしたわ♪
 
 
 
▼睦月さんへ (【お返事】こっちゃん)
2006-04-09 17:57:55
ひゃ~

睦月さんがミュージカルニガテだっていうことにビックリ!



でも楽しめるんですね~

コテコテのミュージカルだったのに、本当に?

何だか嬉しいなぁ。

この明るさがやっぱウケるんですよね。



って、ゲイが高評価につながったのですね・・・

さすがカリスマ大使の睦月さんです
 
 
 
最高でした! (natari)
2006-04-10 00:07:55
初めまして!kinoさんのところから飛んできました。

この映画、久々にサイコーでしたね。ウィルはなぜそこにいるだけで笑えるんでしょう。もう悶絶ものでした。

こっちゃんさんの掲載されてる画像は、そのまま今日の余韻を思い出しました!ありがとうございます。

TBさせていただきますねー。

 
 
 
やっと書いたよー (ska)
2006-04-10 00:42:13
面白かった!!!楽しかった!!!

私もロジャーが最高にツボでした♬

あの人オリジナルでもトニー獲ってるんだよねぇ。

いかしたおじちゃんだったわ♡

マシューもウィルもネイサンも伝書鳩も最高!!!

ユマは、、、チョット怖かったけど、身長が狙い

らしいから仕方ないか。。。

TBさせてね♪
 
 
 
(・ω・)bグッ (かるろぐ)
2006-04-10 03:03:45
いや~、面白かったよ。

もうギャグ映画だもんね、これ。(~o~)

ツボツボにハマッた感じだった。



だもんで、トラバするべ。
 
 
 
いや~久々に大反響の映画ですなぁ! (【お返事】こっちゃん)
2006-04-10 08:28:25
▼natariさんへ

あ~

ようこそ~~~~kinoさん邸から。



natariさんも悶絶したんですね(笑)

ウィルの存在はもはや反則技ですよね。

そこにいるだけでオッカシーなんて



もうこんな映画だったらもっといっぱい観たいですよね~♪

トラバ&コメントありがとうございました



▼skaさんへ

あ!もうご覧になったのですね。

コレ楽しめたみたいで良かったですぅ~

まぁロジャーだけじゃなくても

みーんな光ってましたよね。

どのキャラにも大笑いしたんだけど

あのヒトラーは特にヤラれちゃいました

あんなクネクネナヨナヨ観たことないもんね。

また観たいよ~この映画!

トラバありがとねー♪



▼かるろぐさんへ

おお。アナタの♡にもヒットしましたか?

お笑いのメッカ、関西の血が騒いだでしょう?

このギャグで押しまくるパワー感がたまりませんな~

もう最高っ!



ウーラはニコールでなくて良かったと思います
 
 
 
再び参上です^^ (hiyoko)
2006-04-11 17:42:32


映画の方の感想記事書きました。

もう一度TBさせて下さいね^^



ロジャー役のゲイリー・ビーチ最高なんですけど

連れ合いのカルメンちゃん役、

ロジャー・バートもいいんです。

爽やか系もいけるんですよ^^

 
 
 
▼hiyokoさんへ (【お返事】こっちゃん)
2006-04-11 18:21:25
あ!偶然!

さっきhiyokoさんの記事読ませていただきました~♪

こちらもトラバさせて頂きましたよ。



そうですね。

あの二人は互いに引き立てあってましたね。

良いコンビというか、キモさ2倍というか。。。



華やかもいけますか?

ウシシ。。。
 
 
 
観てきましたよ~ (choro)
2006-04-11 22:25:43
やっと今日観てきたので皆様の感想を読ませていただいてます。(笑)

 

面白かったですね~♪

久々に劇場で声を出して笑っちゃいました!

すごいテンションの映画ですよね~舞台がそのまま引っ越してきた感じだもの。



これは舞台で観たいな~と思いました。

その理由も書いたのでTBしますね~
 
 
 
▼choroさんへ (【お返事】こっちゃん)
2006-04-11 23:55:15
ははは~

観たんですね。

これケッサクでしょ?



ほんと試写会でもみーんな笑ってましたもん。

このテンション、異常ですよね。

ここまでやってくれればバンバンザイですね



あ、トラバもありがとー。

記事読ませてね
 
 
 
これはメチャクチャいい! (ジニー)
2006-04-13 15:32:37
僕もこれは試写会で観たので、ブログではあまりネタバレしてない(ヤフーのブログ、公開前だと、あまり読んでくれない・・・><)けど、

本当に面白かった。 

僕が行った試写会でもエンドロールが終了した瞬間、期せずして大拍手でしたよ。



古き良き、アメリカのミュージカルのよさを完璧に再現。 舞台の雰囲気をスタッフを・キャストを含めてそのまま映画に持ち込んだのが大正解だね。



ところで、僕も今週1週間で試写会4本こなします!



また遊びに来てね~。 とりあえずトラバしとくわ(笑)
 
 
 
▼ジニさんへ (【お返事】こっちゃん)
2006-04-13 16:05:30
あ!ジニさん。お元気ですかぁ?

これはジニさんも楽しめたんですね。

良かった、良かった!



ホント、最後には拍手したくなりましたよ!

古き良き~を知ってる人にもウケるのでしょうね。



試写会4本?え?

スゴイですねぇ~。

稀に見る強運の持ち主ですね。

そんなに当たって疲れませんか?

こっちゃんは3本が限界です(体力的にも)



また遊びに行きます~
 
 
 
とうとう (km_achin)
2006-04-13 23:10:29
観てきました。

カルメン・ギアがかなりツボでした。

もちろんロジャーもイイッ!

また観たいなぁ。
 
 
 
面白かった (はんな)
2006-04-13 23:16:42
舞台でも同じキャストだったようで、息があってましたね。

みなさんのレヴュー通りの出来のよさで、お金を払ってもいい作品でした(招待券でみました)。

かるろぐさんのスタンディング~~~も分かったし。

こういうの作るハリウッドを見直します。
 
 
 
まだまだ反響が続きます~♪ (【お返事】こっちゃん)
2006-04-14 00:40:24
▼km_achinさんへ

とうとう観てしまいましたね。



kmさんは最初の方は引いちゃったんだね(笑)

分かる気もします。

こっちゃんはノリノリでしたけど。

テンション高かったからね~。

ちょっとでも乗り遅れるとアレレ~~~ってなっちゃうかもねぇ



kmさん、オカマちゃんが好きなのね



▼はんなさんへ

かずろぐさんのスタンディング~モニャモニャ...分かりましたか?(笑)

そういう意味です。

いかにも!ってカンジだったでしょ?



こういう映画ならお金払う価値あります、ホント。

ハリウッドはまだこの手がありました。
 
 
 
やっと見てきたよ。 (kuu)
2006-04-18 11:44:11
予想したとおり、とっても楽しめました!

さすが、トニー賞12部門獲得!

役者さん達も、もう貫禄の面白さ!

マシューも、なかなかすごいのね~~。何回も見てみたい映画でしたね!!
 
 
 
▼kuuさんへ (【お返事】こっちゃん)
2006-04-18 15:11:40
ふふふ。

kuuさんもドツボにはまったようだね(笑)

アホ向きの素敵な映画でしたよ。

こっちゃんはすっかり心を奪われました。

kuuさんもだね。

マシューはナメてたら凄いことになってました!
 
 
 
今日見てきましたよ! (Anvil)
2006-04-23 22:16:19
面白かったです!

鳩の小芝居が(´∇`)ケッサクでした☆



たくさん笑って、Σ(゜д゜)オイオイってつっこんで、

最後はちょっとジーンと来ちゃったりして、

エンターテイメントって感じの映画でした!

 
 
 
▼Anvilさんへ (【お返事】こっちゃん)
2006-04-23 22:42:44
観たんだね♪

笑えましたか?良かった、良かった。



こっちゃんもあの鳩が大好きです。

キリッ!としてて凛々しかった(笑)



あのオカマ団体も最高だし、

最後の最後までシッカリサービスしてくれましたね。

こういう映画にお金を払うのは惜しくありませんよね~。



Anvilさんの言う通り、まさにエンタですっ!
 
 
 
こっちゃん見てきたよ~~ん (m52387177)
2006-04-24 18:51:32
アドルフ君最高でした。(笑)



たしかにカルシウム足りてなかったね。(´▽`*)アハハ
 
 
 
▼mっくす氏へ (【お返事】こっちゃん)
2006-04-24 22:47:05
アドルフ鳩のこと?

それとも本人?

どっちも笑ったけどね~~~



骨折れ杉だってね、ほんと(笑)
 
 
 
Unknown (咲太郎)
2006-04-29 01:28:48
面白かったですよ。

文句なく。



細かい演出が素晴らしい!



鳩の動きがいいですね。



エンドロールも見所の一つで

せっかちなあなたも席を立ってはダメですよね。



あの一つだけ訂正させていただきますと

スーザン・ストローマンは彼ではなく彼女です。

しかも可愛いですよ。

詳しくはこちらを↓

http://www.tbs.co.jp/p-guide/event/producers/



私は彼ユマとマシューのデュエットが好きでした。

言われてみれば出番は少ないですね。



彼女存在感があるので、全然気付きませんでしたよ。
 
 
 
▼咲太郎さんへ (【お返事】こっちゃん)
2006-04-29 12:56:31
ああ!これは、これは(^o^;



そーですよね。スーザンですもんね。

こうやって人にご指摘頂けるのはありがたいです。

本当にありがとうございました。

早速記事該当部分を訂正させて頂きました。



ユマのこんなキャラも楽しくて良いのですが、

もうちょっとゆったり観たかったですね。

まぁ、脚本がこうですからそれは無理なんでしょうけど



トータル的にこれほど満足できる映画はそうそう無いですね。

終わった後に本当にスタンディングオベーションを贈りたくなりました。

いえ、あっちの方のの意味じゃなくてですよ(笑)
 
 
 
みました~ ()
2006-10-19 09:27:13
や~おもしろかった~



たまらんわ~♪





やっと見れたって感じでした~

オンラインレンタル万歳!ですな~
 
 
 
▼るさんへ (【お返事】こっちゃん)
2006-10-19 13:52:03
おもろいだろー!

これさいこーだよね!

ほんとタマりませんわのコロコロリン♪



某オンラインレンタルで借りたんだね。

オンラインサマサマだね。
 
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
プロデューサーズ (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『<最低>のはずが、<最高>の傑作に- それはブロードウェイの神様のイタズラ。』  4/8公開のコチラの映画を試写会で観て来ました♪いやぁ~最高に楽しませてもらっちゃいましたよぉ~♪1968年にメル・ブルックス監督のオリジナル版の映画があって、その後2001年4.
 
 
 
「プロデューサーズ」 (時代を斬る!)
分析中の感想「アメリカのおバカパワーは侮れない!」 【STORY】運に見放された落ち目の舞台プロデューサー(ネイサン・レイン)と小心者の会計士(マシュー・ブロデリック)が手
 
 
 
プロデューサーズ / The Producers (我想一個人映画美的女人blog)
{/kirakira/} {/kirakira/} {/kirakira/} {/kirakira/} {/kirakira/} {/kirakira/} {/kirakira/} {/kirakira/} {/kirakira/} 1968年アカデミー賞脚本賞を受賞した、 メルブルックス脚本の映画「プロデューサーズ」 その後2001年にブロードウェイでミュージカル化、ト
 
 
 
The Producers (ひよこのなんてことない日々)
[[attached(1,left)]] ブロードウェイミュージカルの 「'''The Producers'''(プロデューサーズ)」 このミュージカルを映画化した作品が今週末から公開になるので、 舞台のほうの記事を書いておこうと思います。 左は、'''2001年&#
 
 
 
プロデューサーズ THE PRODUCERS (travelyuu とらべるゆう MOVIE)
ネイサン・レイン、マシュー・ブロデリック ウィル・フェレル、ユマ・サーマン主演 1959年ニューヨーク、マックス・ビアリストックはthe king of Broadway と呼ばれるほど名うてのプロデューサーだったのですが 今では開幕と同時に閉幕の言葉が出るほど落ちぶれています
 
 
 
プロデューサーズ (シャーロットの涙)
ミュージカルのテンションの高さには、いつも拍手です・・・{/hakushu/} コメディなら尚更だと思うのだけど、このテンションがなければ観客を引き込めませぬ。 そこが、イマイチと思う方はなかなか入り込めないでしょうね。 歌いながら演技、というのは違和感を感じていた自
 
 
 
プロデューサーズ (ネタバレ映画館)
 エンドロールが終わるまでじっくり楽しめます。最後に脚本のメル・ブルックスまでちゃっかり登場♪
 
 
 
The Producers(2005,U.S.) (The Final Frontier)
1968年にも映画化されているアメリカの喜劇王Mel Brooksによる傑作コメディ・ミュージカルのリメイク版だそうです。1968年の作品を私は知りませんが…。 The Producers 落ち目の舞台プロデューサー(Nathan Lane)と小心者の会計士(Matthew Broderick)は,必要以上に資金.
 
 
 
立喰師列伝 & プロデューサーズ (朱色会)
エンターテイメントの観点で 和洋の鬼才の作品を続けてみた 【立喰師列伝】 うーん…第一印象は、 『よくぞつくった』 『そしてよくぞこの世に出した』 …だれもとめなかったのかな? 押井サン…「惜しいさん」になってしまった…嗚呼… 立ち食いは、『うる星やつ
 
 
 
「プロデューサーズ」 これがブロードウェイだ! (目の中のリンゴ)
公開初日、観てきました。お客さんの入りもまずまずです。 (マシュー&ウィルのファンの私としては非常に気になるのよ) わーい パンフレットがキラキラだー!! (ホログラム?でキラキラの星が浮かび上がってる。 舞台版のことも詳しく書いてあるし、600円だったので初心
 
 
 
「プロデューサーズ」 The Producers  (俺の明日はどっちだ)
グーテン・ターク! うわぁー! 観終わったあとあまりの面白さに「ありがとう」と拍手したくなる映画だった。 とにかく面白くて、楽しくて、映画を観ながらこんな風にワクワクしたのは久しぶりっ!というくらい思う存分堪能させてもらった。 やっぱり世の中 We Can Do It
 
 
 
プロデューサーズ (Akira\'s VOICE)
悪趣味で品が無い人達の,人生という名のショウ。 耳と体でノリノリ映画体験♪
 
 
 
プロデューサーズ (カリスマ映画論)
【映画的カリスマ指数】★★★★☆ 極上のお祭り体感!  
 
 
 
つれづれ映画日記VOL.42 (○美屋の日々)
最高に最低(≧∀≦)/!! 本日の映画「プロデューサーズ」 トニー賞12部門制覇してまんをじして映画化です。 まあたくさん宣伝を打ったりして精力的にプロモーションをしていたので、配給会社がこれだけ力を 入れているんだから面白いだろうと
 
 
 
プロデューサーズ (ようこそ劇場へ! Welcome to the Theatre!)
The Producers, オリジナルは、今回プロデューサーに回ったメル・ブルックス脚本・監督の映画(1968年)。2001年にはメル・ブルックスが作詞・作曲してブロードウェイに登場し、トニー賞のミュージカル部門をほぼ独占してしまった。 今回の映画化も舞台と同じスーザン・スト
 
 
 
『プロデューサーズ』★★★★☆ 最後の最後まで見逃さないで~ (きままにFUKUOKAライフ)
かねてから楽しみにしていた'''{{{プロデューサーズ}}}'''、いてもたってもいられず 公開2日目の今日早速見に行った。 なぜ見たかったかということは'''{{{[http://blogs.yahoo.co.jp/natari70/28177729.html こちらの日記]}}}'&
 
 
 
THE PRODUCERS (Mein Sommernachtstraum)
プロデューサーズ 人気ミュージカルを、オリジナルの舞台と同じ主演コンビで映画化。ミュージカルをコケさせて製作費の持ち逃げを企むプロデューサーと会計士のコンビだが、新作が大評判に! 舞台版を上回るゴージャスなダンスが展開し、コミカルなヒロインのユマ・サ...
 
 
 
『プロデューサーズ』これぞ、エンターテインメント! (〓♡ MY LIFE♪)
[[attached(1,left)]]2005年 アメリカ 134分 ■監督/スーザン・ストローマン ■脚本/メル・ブルックス     トーマス・ミーハン ■出演/ネイサン・レイン(マックス)     マシュー・ブロデリック(レオ)     ユマ・サーマン(ウーラ)     
 
 
 
プロデューサーズ (八ちゃんの日常空間)
それより何より、本当に「楽しかった」。 面白かった、と言うのともちょっと違う。「楽しい」のだよ!これに尽きる。 こんなに楽しめた映画は本当に久しぶり。 しかも王道で、古き良きアメリカのミュージカル映画という感じもする。サウンドもビックバンドだからだろう。
 
 
 
プロデューサーズ (八ちゃんの日常空間)
それより何より、本当に「楽しかった」。 面白かった、と言うのともちょっと違う。「楽しい」のだよ!これに尽きる。 こんなに楽しめた映画は本当に久しぶり。 しかも王道で、古き良きアメリカのミュージカル映画という感じもする。サウンドもビックバンドだからだろう。
 
 
 
「プロデューサーズ」 鑑賞 (Kaz.Log エイガ)
アカデミー賞、トニー賞、エミー賞、グラミー賞という {{{"ショウビジネス界のグランドスラム"}}} を成し遂げた、才人であり喜劇王の'''メル・ブルックス監督'''が1968年に初監督で作りあげた {{{『プロデューサーズ』}}} 。 その
 
 
 
悩みすっきり解消!!:『プロデューサーズ』 (PP ぷらねっと)
{/usagi/} おひさしぶりです。 前回投稿した辺りから、それなり生活できる程に回復しいてはいたんですが、PCを開くに至らず、今日になりました。 その上、ブログお休みしている間に、映画なんぞ観に行ってました(とは言っても昨夜だけど)。{/dogeza/} だって、{/hikari_
 
 
 
The Producers (ひよこのなんてことない日々)
ミュージカル映画の '''The Producers(プロデューサーズ)'''、実はちょっと前に試写会で観ていました。 で、感想は。やはり面白かったです^^ でもでも、舞台と比べてどうかと聞かれると、ずばり = ・・・まんまですやん!!! = 面白く楽し
 
 
 
「プロデューサーズ」 (2005年作品) (choroねえさんの「シネマ・ノート」)
{{{: 出演:ネイサン・レイン、マシュー・ブロデリック、ユマ・サーマン、ウィル・フェレル、ゲイリー・ビーチ 監督:スーザン・ストローマン 脚本:メル・ブルックス、トーマス・ミーハン 製作:メル・ブルックス、ジョナサン・サンガー 作詞作曲:メル・ブルックス
 
 
 
『プロデューサーズ』 2006・4・9に観ました (映画と秋葉原とネット小遣いと日記)
『プロデューサーズ』   公式HPはこちら ●あらすじ 1959年、ニューヨーク。ブロードウェイで、今やすっかり落ち目のプロデューサーのマックス(ネイサン・レイン)小心者だけど夢はブロードウェイのプロデューサーの会計士のレオ(マシュー・ブロデリック) そん
 
 
 
映画館「プロデューサーズ」 (☆ 163の映画の感想 ☆)
マシュー・ブロデリック、懐かしいなぁ~!青春アイドル、その後はサラ・ジェシカ・パーカーの旦那って感じだったけど、コレで完全復活かしら~!? まさに、エンターテイメント!という作品でしたねぇ! つい最近、ミュージカル版の「プロデューサーズ」も日本でやっ...
 
 
 
プロデューサーズ (俺の話を聴け~!)
面白かった。久々にずっと笑いながら観てた。楽しい134分だったな~。エンディング曲を聴きながらスタッフロールを眺めてたら、最後に御大メル・ブルックが出てきて、さらにお得感倍増。これから観に行く方はくれぐれも途中で席を立たないように!初めはちょっと大袈裟なコン
 
 
 
『プロデューサーズ』  (映画館で観ましょ♪)
プロデューサー(ネイサン・レイン)と 会計士(マシュー・ブロデリック)の2人が主役の ミュージカル映画です。 大きなユマ・サーマンも可愛くて楽しくて、今までとは違う役柄を演
 
 
 
事前必読!【プロデューサーズ】 試写会レポ(ネタバレなし) (ジニーのシネマ「勝手に言わせていただきます」)
== これぞ本来のアメリカ・ミュージカル!ひたすら明るく楽しく、ゴージャスでお下品(笑) == 昨年は「オペラ座の怪人」が一種のブーム的な盛り上がりを見せた「ミュージカル」、しかしこの作品は期待通り、本来のアメリカのミュージカルはこれだ!と思わせてくれた(ネ
 
 
 
プロデューサーズ (まぁず、なにやってんだか)
レディースディのレイトショーで、期待の「プロデューサーズ」を観ました。さぞや混んでいると思いきや20名ほどの入りでした(少なっ)。 オープニングの金管楽器の演奏と、ネオンの明るさでワクワク感が高まります。 「面白い」と評判だったので、最初から笑いを期待
 
 
 
『プロデューサーズ』 (Simply Wonderful ‐Cinema&Diary‐)
タップにキック。 ステッ・ステップ、ジャンプにターン。 とにかくとにかく、踊り踊られ、踊りだしたら止まらない。 そして、歌って歌って、歌いだしたら止まらない。 愉快で、ハチャメチャなミュージカルコメディ、『プロデューサーズ』。 笑い出しても止まらないそんな実
 
 
 
カメラ目線が気になる「プロデューサーズ」 (万歳!映画パラダイス~京都ほろ酔い日記)
 ミュージカル大好き人間の僕にとっては、見逃せない作品だった。「プロデューサーズ」(スーザン・ストローマン監督)。2001年にトニー賞(説明するまでもないが、舞台芸術への賞)の12部門を獲得したブロードウェイ・ミュージカルの映画版。12部門はトニー賞史上.
 
 
 
プロデューサーズ (Saturday In The Park)
 アメリカ  ミュージカル&コメディ  監督:スーザン・ストローマン  出演:ネイサン・レイン      マシュー・ブロデリック      ユマ・サーマン      ウィル・フェレル かつてはブロードウェイで栄光を極めたものの今やすっかり落ち目のプロデュ
 
 
 
プロデューサーズ (落とし穴には気をつけろ!)
映画「プロデューサーズ」の感想です。トニー賞12部門受賞ミュージカルの完全映画化だそうです。 最低の作品を作って、二重帳簿でボロ儲けをしようと企む落ちぶれたプロデューサーのマックス(ネイサン・レイン)と会計士レオ(マシュー・ブロデリック)。最低の作品を作る筈
 
 
 
プロデューサーズ(映画館) (ひるめし。)
のはずが、の傑作に―――  それはブロードウェイの神様のイタズラ。 CAST:ネイサン・レイン/マシュー・ブロデリック/ユマ・サーマン/ウィル・フェレル/ロジャー・バート 他 ■アメリカ産 134分 げっ!!・・・・ ウィル・フェレルが出てるのか~。この人苦手・・・
 
 
 
プロデューサーズ (HR BLOG)
最初に言っとくとミュージカルは苦手である。 急に歌い出されると何か眠くなっちゃうんだよね~υが!!本作品は歌い出してからがおもしろい!!やはりミュージカルはコメディに限る♪ みんな役にハマってたんがいいね☆ 特にゲイオールスターズは圧巻!!笑 次から次へと
 
 
 
プロデューサーズ (CINEMA CHECK!)
<ストーリー>1959年、ニューヨーク。落ち目のプロデューサー、マックス・ビアリストック(ネイサン・レイン)は、会計士レオ・ブルーム(マシュー・ブロデリック)の言葉をヒントに、史上最悪のミュージカルを製作して、出資金を丸儲けしようと企み、さっそく、最悪の
 
 
 
プロデューサーズぅ~ (ナイス旦那日記)
奥さんとプロデューサーズ観てきました。 おすぎと唐沢がCMしてるやつね~。 1968年アカデミー賞を受賞した映画『プロデューサーズ』→ 2001年ブロードウェイでミュージカルとして舞台化。 そして今回、ミュージカルをもとに再映画化。 という、変わった変遷をたど
 
 
 
★プロデューサーズ@品川プリンスシネマ:4/19 Wed. (映画とアートで☆ひとやすみひと休み)
映画鑑賞が趣味になってからまだ1年も経っていない私は、自分が見る映画はほとんどのジャンルが未だに新鮮に映る。 『ハリー・ポッター』を見てはCGが作り出したファンタジーの世界にウットリし、『プロミス』を見れば「こりゃすごいわ!」とワイヤーアクションに驚く。 .
 
 
 
★「プロデューサーズ」 (ひらりん的映画ブログ)
ブロードウェイの大ヒットミュージカルを完全映画化。 でも、元は映画をミュージカル化したらしいけど。。。 だから、リメイクでもあるらしいね。
 
 
 
プロデューサーズ (映画をささえに生きる)
『ムトゥ 踊るマハラジャ』と『ムーランルージュ』。キャストがDVDで観て、映画館で観なかったことを激しく後悔した作品です。本作も最初は観に行こうかどうしようかと思ったんですが、やはり上記のことがあるのでやはり観ておくことにしました。良かった、観に行って。
 
 
 
「プロデューサーズ」見ました。 (自分勝手な趣味の部屋(2号室))
「プロデューサーズ」見ました。内容は最低のミュージカルをプロデュースせよ!? 1959年のニューヨーク。落ちぶれた大物演劇プロデューサー、マックスの事務所に会計士のレオが訪れた。帳簿を調べたレオが、ショウがこけたほうがお金が儲かるという摩訶不思議な事実に気づい
 
 
 
『シカゴ』切っ掛けのファンが戸惑う、昔ながらのミュージカル●プロデューサーズ (Prism Viewpoints)
新しいミュージカル映画の波を、掴み切れていない作品。 主演は、本場ブロード・ウェイで上演された、『プロデューサーズ』の初演キャストで、 今、一番チケットが取り難い、ミュ
 
 
 
【劇場映画】 プロデューサーズ (ナマケモノの穴)
≪ストーリー≫ 最低のミュージカルをプロデュースせよ!?1959年のニューヨーク。落ちぶれた大物演劇プロデューサー、マックスの事務所に会計士のレオが訪れた。帳簿を調べたレオが、ショウがこけたほうがお金が儲かるという摩訶不思議な事実に気づいたことで、マックスの
 
 
 
ゴージャス・ウーラ (世界の中心で、愛をうたう)
昨日行って来ました。 やっぱり、ミュージカルっていいなあと思いました。 お話は単純明快。 落ちぶれた演劇プロデューサーと小心者の会計士が 一攫千金を夢見て、史上最低のショウを作ろうと試みるが これがなぜか予想に反して大ヒット! ...
 
 
 
プロデューサーズ (Alice in the Theater)
本日二本目そしてこの映画は2回目の鑑賞です。前回は睡眠不足のために面白さよりも怒りが先行したのですが、万全の体調で見るとやはり面白かったです。特にゲイのヒトラーにやられました。 アカデミー賞に輝くメル・ブルックス監督・脚本による1968年の傑作コ ...
 
 
 
プロデューサーズ (ぶっちゃけ…独り言?)
4点 (10点満点。5点で普通。6点以上なら満足って感じです。) う~ん・・・ ワタクシ、『サウンド・オブ・ミュージック』は大好きな作品ですし、最近では 『オペラ座の怪人』や『CHICAGO』も楽しめたので、決してミュージカルが嫌い なわけではないんですけどね ...
 
 
 
【洋画】プロデューサーズ (ハサウェイのシネマ!シネマ!シネマ!)
A+  面白い A     ↑ A- B+ B    普通 B- C+ C     ↓ C-  つまらない 『評価』  B (演技3/演出3/脚本3/撮影3/音響3/音楽4/美術3/衣装3/配役3/魅力1/テンポ1/合計30) 『評論』 個人的
 
 
 
プロデューサーズ (The Producers) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 スーザン・ストローマン 主演 ネイサン・レイン 2005年 アメリカ映画 134分 ミュージカル 採点★★★ 野球や格闘技などのスポーツにしろ、コンサートにしろ、生で見るのが一番面白い。テレビにはテレビの面白さはあるし、確かに野球やプロレスを見に行くと「 ...
 
 
 
映画『プロデューサーズ』★★★★ (AI-z「出田直正(nao)の一日。」)
>映画『プロデューサーズ』★★★★ 久々に面白いミュージカル映画を観た!!!!!!!!! ミュージカル映画は、言葉が分からなくても楽しめるところがあるから、 面白いですよねー。 おばあちゃんの集団闊歩とか。 ネイサン・レインさ ...
 
 
 
『プロデューサーズ』’05・米 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじショウがコケた方が儲かる事を発見した会計士のブルーム(マシュー・ブロデリック)とプロデューサーのビアリストック(ネイサン・レイン)は一晩で大コケするミュージカルを作り、その製作費を持ち逃げしようと企む。そのために「最低の脚本」「最低の演 ...
 
 
 

アクセス解析