Category : しびれるMovie


こっちゃんポイント ★★★★★

鑑賞環境  ワーナーマイカル小樽 
上映時間 140分
製作国 日本
公開情報 劇場公開 (ワーナー)
初公開年月 2006/11/03
ジャンル サスペンス/ホラー/犯罪

死神が地上に落とした“デスノート”を拾ったのは、天才的な頭脳を持つ大学生、夜神月(藤原竜也)だった。刑事局長を父に持ち、強い正義感に貫かれた月は、ノートを使って凶悪犯を粛清し、自らの手で理想の世界を創りあげようと決意する。人々の間でささやかれ始めた救世主「キラ」の存在。一方、一連の「キラ事件」を解明するためにICPO(インターポール)が送りこんできたもうひとりの天才、通称L(松山ケンイチ)。神がかり的な推理力でキラの正体に迫ろうとするLに対し、知略を尽くして捜査網から逃れようとする月。そして、2冊目のノートが舞い降りる…。

(goo映画より抜粋)

【2006.11.03:公開初日の鑑賞日記】

『※ネタバレする場合がございます』...と書いておりますが、ネタバレなしで参ります。

この映画に関しては、前編であんな終わり方をしてしまったため、
つづきがどうなってしまうか楽しみにされてる方が、さぞや多かったのでしょうね。
その事実を、この目でハッキリと見て来ました。

なにしろ、どんな話題作ですら一度も混むところを見たことのなかったこっちゃん行きつけの映画館が、
この映画に関してだけはブッチギリの大盛況!

ハッキリ言って、あの映画館であんなに人を観たのは初めてです!(笑)

よほどみなさん、この物語の結末がどうなってしまうか楽しみだったんですね。
「原作にないエンディング」
原作を既に読まれている方も、きっとそこを確かめたくてウズウズしていたはず。

もちろん、先週『後編』の公開にむけてTV放送された『前編』を観て、
そこで初めてこの映画のファンになった方も多いでしょう。
また、逆に「こんな話か」と冷めてしまった方も・・・。(*ノωノ) イヤン

原作が少年誌の漫画だけあって、ストーリーはとっても漫画漫画してるこの世界。

名前を書けば死ぬノート、死神、どこの国の?のFBI、そしてヾ(ーー )ォィォィの日本警察・・・
とまぁ「あり得ん、あり得ん」のテンコ盛りなのですが、そんな話に引き込まれちゃうのは、
「え?」「なに?」「それでどーするの?」の連続だからでしょうね。

単純なこっちゃんは、まんまとココに乗せられてしまうワケです。

まるでチェスの指し合いのような駆け引き。
部分的に「おや?」とは思うものの、この話の転がり具合はとにかく面白い。
そしてその勢いは『後編』で一気に加速したように思います。
今回はちょっとコミカルなシーンが少し多めに差し込まれていましたね。
場内からは笑いが出るほど。

これはこれでヨカッタですよ。

はっきり申し上げて『前編』で盛り上がっちゃった方なら、絶対この『後編』が気に入るはず。
そして前作がダメだったかたは、やはり今回もダメでしょう。

キラとLは最後どーなっちゃうの?

さぁ、どうなっちゃうんでしょうね。(笑) 衝撃の結末はご自分の目で確かめて下さい。
誰の名前が最後にそのノートに書かれるのかも・・・。

ただ一つだけ言わせてもらうのであれば、この結末はとても気に入りました!

最後の最後まで転がる転がる。
設定は少々複雑化してゆくので、もしかするとこのクライマックスで少し混乱するかもしれません。
時間軸も多少動きがあります。
それでも良く考えたなあと唸っちゃう脚本でしたね。

演出も巧みです。
ミサミサの意外な頑張りに感心し、キラの狂気に寒気を覚え、Lに涙する。
気がつけばそんな自分がおりました。

『後編』でLが好きになりました。そして最後はとても悲しい気持ちになりました。

この先は、時期をみて少しずつ追記していこうかな・・・と。

最近のテレビ局製作の映画は、
”フジ”よりも”日本”の名の入ったものの方が面白いと感じる今日この頃です。

 

【セルCD】

エンディング・テーマ

『スノー』
レッド・ホット・チリ・ペッパーズ

ワーナーミュージック・ジャパン

【セルCD】amazon 新品

【セルDVD】

DEATH NOTE DEAD OR ALIVE
~映画「デスノート」をアシストする特別DVD~
※本編ではありません。メイキング版です。
【セルDVD】NTT-X store 新品

セルDVD】DMM.com 新品

【セルDVD】amazon 新品

【セルDVD】楽天 新品

 

【オンラインDVDレンタル】

DEATH NOTE the Last name/profile report from L
※本編ではありません。ドキュメンタリー版です。
【DVDレンタル】DMM.com (入会手続きが必要です)

 



Comment ( 37 )  |  Trackback ( 59 )
     
« 立喰師列伝 (2... ホテル・ルワ... »




 
コメント
 
 
 
こっちゃん! (Swan)
2006-11-04 13:30:34
いやーん、すごく観たくなっちゃったじゃないですかー!
ラストが気になるぅ~~!
Lに涙するんだ。。。。
 
 
 
ひょぉ~~ (キンキラかぶ)
2006-11-04 13:59:39
いや~、じつはTV放送を観て、冷めた方だったんだけどね。
話は面白いと思うんだよ、実際。
でも、あの邦画独特の演出のクサさが、どうもね~~。

ストーリーは面白いよ。
だから、なんだかんだ言っても、これも観ると思うけど~~。ナゼ、ナク?
 
 
 
楽しみ~ (くみょん)
2006-11-04 16:27:51
水曜日に行くつもりなんだけど期待が膨らむね。
前編観てからコミック読みました。
その結果、”ゼッタイ”L派です!

なので、Lに涙しちゃうかも・・・

 
 
 
まんまと乗りました (にげら)
2006-11-04 18:18:17
この映画、本当は「前編」を無理やり見せられたんです。(興味ないと思っていた)
ところがまんまと魂胆に嵌りましたーー。
うまいやり方ですよね。
で、「後編」観ました。
いや~。まさか最後が○○××なんてねーー。
とにかく面白かったね、こっちゃん。
TBさせてね。
 
 
 
まんぞく~ (【お返事】こっちゃん)
2006-11-04 21:10:24
▼Swanさんへ
まあ、観たくさせちゃいましたか。
えへへ。
ラストはね・・・。言えません。こっちゃんの口からは。
ぜひ劇場でドーゾ♪
こっちゃん、後編でL派になりました。


▼キンキラかぶさまへ
かぶさんはダメだったもんね~。
でも「前編」でダメだったら「後編」も同じだと思う。
演出はもっとクサくなるから。
やたらイイトコとちゃっちートコが混在してるのもこの映画の特徴ですね。
かぶさんはハリウッド・リメイクが大本命かな?
おっ!先取りだね~ッ!


▼くみょんさんへ
おっ。くみょんさんもL派ですか。
でも、そうだと思ってました。
コミックは読んだんだね。

これ後編に入ったら、やっぱりLに親近感が沸くし
(て、相変わらずやりすぎ傾向にあるけど)
だんだん応援しちゃう。
ぜひ劇場で涙してくだされ。
ラストは可哀想だったよ。


▼にげらさんへ
よくぞこの突拍子もない設定に入って行けました。
さすが、にげらさんです。
現実感は薄いけど、その分ストーリーに力がありますね。
観始めたらグイグイだもの。(笑)
いや~。最後は○○××ですもんね。
思わず「ああっ」って声を漏らしそうでしたよ。
とにかく面白かった!
TBありがとねっ!
 
 
 
乗り遅れ~ (yuki)
2006-11-04 22:28:26
前作みてなくて、レンタルされていると思ったらまだでした。
TV放映していたのも知らず・・・。完璧に乗り遅れてます。
きっとこのままレンタル待ちになりそうな予感。

面白そうですよね~。なんだかきっと観たら私好みのようなきもしているんですけど…。
 
 
 
やっぱり (miyu)
2006-11-04 22:59:19
面白いのデスね
でも、こっちゃん行きつけの割と空いてる
映画館ですら混んでるなら、
あたしが行こうとしてるとこなんて
激混みだろうなぁ~(^-^;
前編の時もスゴイ混雑だったからさぁ~。
でも、来週あたり行けたら行きますv( ̄Д ̄)v
 
 
 
激コミ。 (【お返事】こっちゃん)
2006-11-04 23:21:57
▼yukiさんへ
え?乗り遅れ?yukiさんともあろう人が。(笑)
これTV放送が異常に早かったからね。
てかDVDの発売が何故か延期されてしまったみたい。
なんで?
(商売がらみか?)
これyukiさんならハマるかも、です。
観て欲しいなあ。DVDでもいいから。


▼miyuぽんへ
オモロイです!やっぱり!
こっちゃん行きつけの映画館は本当に潰れるんじゃないか?ってくらい
いつも空いてるんです。
なのに!今回は流石に腰抜かしました。
なってったって客が入りきらず、上映が遅れたほどですから。
こんなのシネコンで聞いたことありませんね。
普段から激混みの映画館なら、早めに行って次回のチケットを押さえるほうが無難かも。
当面ね。
それでも旬なうちに観れるのは嬉しいですよ。
早くエンディング観たいでしょ?miyuぽん。
 
 
 
楽しみ~ (km_achin)
2006-11-05 00:12:51
★5つで安心しました。
私も来週観に行くつもりです。

前編忘れちゃったな、と思ったら、ちゃんとテレビ放送してくれたので、予習もできたし。
つじつまが合うように、とてもうまく作られてるなと前編のときに思ったので、今回も楽しみにしていまーす。
 
 
 
出ました★5つ (pu-ko)
2006-11-05 01:18:38
いや~ん。面白いんだ。
でも前編も観てないからなー。
観るとしたら2~3年後かな

最後誰の名前が書かれてたのかしらん?
こっちゃん、こっそり教えて~
 
 
 
でました!はい! (【お返事】こっちゃん)
2006-11-05 07:24:09
▼km_achinさんへ
堂々の★5個でぇーっす!
先週の前編放送は一度観た人にも助かりましたね。
てか、日本テレビの商売上手ぶりが良く分かったっていうか。(笑)
まあでも、この後編もやっぱし!
前編が良かった人の期待を裏切らない出来でした。
ぜひど~ぞ~♪


▼pu-koさんへ
最後の名前、こっそり?・・・ダメです。(笑)
これきっとハリウッドがリメイクしたがると思います。
pu-koさんならもしかして、そっちの方を先に観たりして。
でもハリウッドなら前編/後編分けたりしないだろうなあ。
詰め込みすぎにならないと良いけどね。
 
 
 
観たい・・・ (choro)
2006-11-05 09:16:52
前編観て早く後編も観たくなったけど、一応DVD待ちの予定・・・
でも公開されたら皆さん続々とご覧になって感想アップされてるので、ウ~~観たい!

DVDまで我慢できるだろうか・・・
 
 
 
こっちゃん! (mig)
2006-11-05 09:37:31
観たよー

楽しかったね~♪
何か、あんまり感想浮かんでこなくて
今までになくちょっとレビューむずかしかったかも(笑

こっちゃん評価いいね
 
 
 
満点 (kossy)
2006-11-05 16:03:40
うおぉ!
映画よりもこっちゃんの高い評価に驚いてしまいました。
脚本は上手くまとめてあったし、
漫画の映画化では合格点ってところですね~
 
 
 
昨日見ました (Anvil)
2006-11-05 17:41:37
こっちゃんの行った映画館と同じく、
私もレイトショーでほぼ満員状態初めて見ました(笑)

多少物足りない部分はありましたが、
このラストもありだな・・。
と納得しました。

面白かったです。
 
 
 
乱発します。★五つ!(笑) (【お返事】こっちゃん)
2006-11-05 18:42:39
▼choroさんへ
え?DVD回し?勿体無い~。(笑)
choroさんは観るのいっぱいあるから大変だもんね。
みなさん、盛り上がってマスね。


▼migさんへ
これ、ネタバレ絶対禁止だと思うから、
感想書きにくかったでしょ。
本当はあんなこともこんなことも書きたいけどね。(笑)
でもmigさんのレビューも上手くまとまってたじゃないですか。
流石ですっ!
こっちゃんは簡単に★★★★★出すのです。(笑)


▼kossyさんへ
おっと。そっちに衝撃を?
って、衝撃ってホドじゃないでしょ。
こっちゃんの★★★★★を取るだなんて簡単なもんですよ。
原作はどういう結末か知りませんけど、
このクライマックスからエンディングに至る演出は
なかなか唸っちゃいました。
オモロイこと考えますね~。


▼あんびるさんへ
おお。あんびるさんの映画館も満員でしたか。
それはそれは。
どこも大盛況のようですね。
これで益々邦画に活気がつきますね。
あんびるさん物足りない部分あった?
う~ん。なかなか手厳しい。
 
 
 
なかなか (m52387177)
2006-11-05 18:50:06
面白かったけど、前編を見たときのインパクトに比べるとちょっと弱かったかな?

まぁ、面白かったのは間違いなかったです。
うっふ~ん(o^-^o) ウフッ
 
 
 
▼mちゃんへ (【お返事】こっちゃん)
2006-11-05 20:04:28
それはね・・・きっとアナタ前編の後に原作を読んだからだよ。
勿体無い。(笑)

こっちゃんはこれからゆっくり原作を読みたいと思います。いしし
 
 
 
面白かったよーん (km_achin)
2006-11-07 15:22:48
待ちきれない「デスノート」観てきました。休日はさぞや混むだろうと、平日に行ったら空いてました
ノートはそんな使い方をするのねぇ、とか複雑な使用方法を駆使した展開に「ほぉー」とか「へぇー」とか思いながら、とっても楽しめました。
私もLが好きになりました。泣けちゃった
 
 
 
私も (カオリ)
2006-11-07 16:57:17
こんなごった返しの劇場は久しぶり・・・もしかして初めて?でした。子どもから大人から。
まあ、初日だったからしょうがないですね。

最後はL、そして松山ケンイチに参りました。
漫画はこれから読んでみようと思います。
 
 
 
興行収入、エライことになってるそうで! (【お返事】こっちゃん)
2006-11-07 17:30:48
▼km_achinさんへ
わお!kmさんもL派ですね。仲間、仲間。(笑)
ラストのあの展開は見事ですね。
平日の穴狙いするあたり、さすがです!
楽しめてヨカッタね。Lは可哀想だよね~


▼カオリさんへ
おっとー!そのご発言はL派のカミングアウトととってヨロシイのですか?(笑)
初日はとにかく大変な騒ぎでしたね。
みんなお金ないとか言っちゃって、
面白ければ映画観るんじゃンって思っちゃった。
こっちゃんもこれからゆっくり漫画を読みたいとおもいま~す♪
 
 
 
そうか、 (hiyoko)
2006-11-07 20:52:36
面白かったんですね。
先日テレビでやっていて、途中まで観たんだけど
嫌になってやめてしまったのだった。
最後まで観るべきだったかな。
映画館だと途中でやめるとか無いですからね。
うーんこっちもテレビでやるのを頑張って待つー
(って、いつ??)
 
 
 
▼ひよこさんへ (【お返事】こっちゃん)
2006-11-07 23:22:57
こっちゃんは最高に面白かったですよ。
でも、ひよこさんはTVも途中で断念ですか。
あらら。
ダメだったんですね。
なんか、やっぱりそういう人もいるみたいですね。
TV放送のときでも観てね・・・っていうか、
その時はぜひ「前編」から観なおしてね。(笑)
 
 
 
そりゃ大入り満員でしょ~。 (Ageha)
2006-11-08 11:56:12
・・・とはいえ、さすがに
月曜日の朝9:30でしたから
ど真ん中でふんぞり返って悠々と見ましたけど。
土日もレイトも恐ろしくて行けないでしょ~。
前もってネット予約でもしとけばともかく。

前編のときの新聞のキャッチコピーが
たしか、
「ご存知ですか?私の相手は
海賊よりもスパイよりも強敵なのです」
・・・実際ジョニデやトムを向こうに回して
あれだけ人が入ったんですから
テレビで煽った分もあって後編だけでも
見る人は見るでしょ~。

そうそうTBSもあるでよ。(爆)
セカチュウ、イマアイ、タイヨウ・・・
考えたら主役の女の子がいなくなる純愛ばっかだけどね。
 
 
 
▼あげはさんへ (【お返事】こっちゃん)
2006-11-08 23:23:03
満員御礼のこの映画を、あえて月曜の朝一に特等席でふんぞり返ってご覧になるのも
あげはさんならでは、といったところでしょうか。
流石です。

前編に負けず劣らずの盛り上がり。
うーむ侮れん。
そうそう「タイヨウのうた」はTBSだったね。
でもその後TVドラマでブチ壊しにするあたりは
評価を下げざるをえません。
「いまあい」も只今離婚騒動で印象悪いし。

そんなこんなで日本テレビに食われかかってるのかと・・・。
 
 
 
観てきました♪ (miyukichi)
2006-11-08 23:56:18
 Lがよかったー!
 なので、その部分の結末はすごい悲しかったです(涙)

 前編同様、すごく楽しめましたね☆
 
 
 
エルぅ~ (くみょん)
2006-11-09 02:02:22
観てきましたよ~
ラストはうまくまとめた感じでしたね。
コミックよりすっきりしました。

レムがよかったなぁ~
松山ケンイチはLそのものでしたね。
彼は今後楽しみですね。
TBしますね。
 
 
 
やっぱLだよね~ (【お返事】こっちゃん)
2006-11-09 06:24:33
▼みゆきちさんへ
みゆきちさんもLに涙したクチですか?
悲しかったよね、最後。
でも映画全体としてはとても楽しめましたね。
こっちゃんも大満足だすっ!


▼くみょんさんへ
みましたか!
ラストのコミックとの違いは分からないんだけど、
映画のラストはとても良くまとまってたと思います。
レムも可哀想なキャラでしたね。
L同様。
松山ケンイチ君は今後しばらくLのイメージが離れないなあ。(笑)
TBありがとッ!
 
 
 
フジより日本 (にら)
2006-11-09 10:10:57
ホテルだ讃岐だと、原作モノじゃないオリジナルの企画を映画にしようというその志は立派ですけど、結果的に惨憺たる出来。それを傑作であるかのように自局で宣伝する。宣伝効果でそこそこヒット。次回作から宣伝に回る予算が多くなる。現場に回るお金が少なくなる。ショボイ作品を大掛かりに宣伝する。
この悪循環を続けたら、いつか本当に面白い作品が出来ても、オオカミ少年のように誰からも信頼されなくなりますよ、フジさん。

それはさておき、ウチの地域では見れないんですけど、放送中に人がバタバタ死んだり、局に車が突っ込んだりする、サクラテレビも面白そうです(笑)。

てなわけで、TBありがとうございました。
 
 
 
後編はとてもイイ。 (朱色会)
2006-11-10 00:40:56
こっちゃん。こんばんは。
私もこの映画は、文句なく楽しめました。
朱色会は
前編×
後編○
という変り種?なのですが、原作のラストがアレだったので、映画の結末の仕方はとてもヨカッタです。
漫画のように込み入りすぎてしまうと観客がついてこない。「ひょっとこ」や「甘味処」など、笑いの要素もすぱいしぃで楽しめました。
 
 
 
甘いもの (kino)
2006-11-10 22:48:16
面白かったー!
ハラハラドキドキしました。よくこんなストーリー思いつくな・・・。
さーて 原作読もうっと!
ミサミサやキャスターのおねえさんも可愛くて、
オヤジな私も大満足。
そして、放心したように角砂糖をかじるエル萌えです(笑)
 
 
 
原作よりも ()
2006-11-11 06:01:03
この作品はよくも悪くも大人
のフィルターを通して作られてますゆえに原作ファンには受け入れ
られないかもしれない危うさを感じてますがジェレザキ的にはもちろんこっちゃんと
同じく大満足です
(松ケン口調で読んで下さい)

という訳で、久しぶり。
本名は怖くて明かせないジェレザキでした。

えっ、誰だかわかったって?!

「こっ太郎! どうして わかったぁ?!」
(津川御大口調でよろしくです)

☆え~・・・誰だかわかってもらえてない場合には、
 一種の怪文書だと思ってください^^;
 
 
 
そうそう ()
2006-11-11 06:06:45
一番ジェレザキの脳裏に焼きついているのは、
片瀬奈那の美脚です。
金子監督、あなたそんなところばかり懲りすぎです
 
 
 
むふふ・・・ (【お返事】こっちゃん)
2006-11-11 08:35:50
▼にらさまへ
ふふっ( ̄ー ̄)
そのとーりですね。
テレビ局製作の映画でイヤだな~って思うのは
その後に絶対と言っていいほど「もう一儲け」を考えることですね。
これで映画のカンドーも一気に冷めちゃう。
ああっ・・・・。
最近、そっちの方で泣けることが多いです。
サクラテレビジョンは病みつきになりそうですね。


▼朱色会さんへ
あ、こんにちわ!
朱色会さんは前編がダメだったんですね。
でも後編が楽しめたということでホッとしています。
原作はこっちゃんは読んでいないので何とも言えませんが、
朱色会さん的にはご納得されていなかったということでしょうか。
映画後編のラストはそりゃ見事な展開ですね。
設定うんぬん抜きにしても、この転がしようはめちゃめちゃ面白かったでしゅ。
そこにあのひょっとこですからね。(笑)
ええ。すぱいしぃでございました。


▼kinoさんへ
おおっ!”L萌え”ですか?(笑)
しかもミサミサまで注目しているし。
オヤジ感覚を刺激したようですね。
しかし、よくこんなコト考えますね~。
こっちゃんも原作にチャレンジする予定です!


▼Jさんへ(バレバレなんですけど
松ケンて・・・松平健みたい。(笑)
しかもこの映画で片瀬奈那の美脚を脳裏に焼き付けるとは。
さすがJぇれみーさんです。
あ、まだ名前バラしてないから大丈夫ですよ。
安心してください。
「こっ太郎」って。(笑)
ヤダな~もう津川さんたら。
 
 
 
観て来ましたデス (miyu)
2006-11-11 22:09:12
コレはやっぱり観に行って良かったよ~。
面白かったデス(´∀`*)ウフフ
前編よりもパワーアップしていたし、
満足出来る仕上がりだよね。
コミカルな部分も程よい感じだしね。
 
 
 
うふ♡ (may)
2006-11-12 00:52:30
まだ観ていないからまっててね♪
こっちゃんポインツ★5つだもの~楽しみ!!!
ところでこったん、お休みしてるのね。
お忙しいのかな。ゆっくりマイペースでね♡
 
 
 
おもろいデス。 (【お返事】こっちゃん)
2006-11-12 08:42:46
▼miyuぽんへ
miyuぽんは鑑賞スタイルにも気合が入ってほんと尊敬しちゃうな。(笑)
すごいねぇ。
圧倒的に「賛」の声が多い後編ですから
今観るには安全パイな映画かもしれないなと思います。
コミカルな部分の演出はまったく「予想外」でした。へへへ。


▼mayさんへ
前編が面白かった人にはオススメですよ。
前編で冷めちゃった人はやっぱダメだと思うけど。
同じ路線でパワーアップしてる感じなんだよね~。
そりゃ堂々の★★★★★です。(笑)
こっちゃん、今っていうか、これからっていうか、
お休みに入っちゃってます。
まだこれから先はどうするか決めてないけど。
mayさんのとこには遊びに行くからね。
 
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
「デスノートthe Last name」観てきました♪ (りんたろうの☆きときと日記☆)
☆「デスノートDEATH NOTE the Last name」 監督:金子修介 出演:藤原竜也、松山ケンイチ、片瀬那奈、マギー、上原さくら、 青山草太、藤村俊二、鹿賀丈史、五大路子、津川雅彦 声の出演:中村獅童、池畑慎之介 このノートに名前を書かれた人間は死ぬ。 デ ...
 
 
 
デスノート~The Last Name~ (くまたんと、うさぎのしらたま日記)
{{{ 【スタッフ・キャスト】 [監督]金子修介[出演] キャスト: 藤原竜也 、松山ケンイチ 、片瀬那奈 、マギー 、上原さくら 退屈な死神が人間界にノートを落とした…それは文字通り、人の死を決定づける“デスノート”。そして、世界に退屈しているエリート大 ...
 
 
 
DEATH NOTE デスノート the Last name (NIGERAのお庭)
いつものメンバーで今日は映画鑑賞しました。このデスノートを漫画で完読している2人は「手紙」を鑑賞するとのこと。私は来週別のメンバーと「手紙」鑑賞を約束しているので、昨日観た「前編」があまりにも面白かったから、もし、この三連休のにぎわいをみせる映 ...
 
 
 
映画「DEATH NOTE デスノート the Last name」 (わかりやすさとストーリー)
●Lの成長と、父子の愛と、究極の愛・自己犠牲の物語●コンソメ味のポテトチップには意味が2つある。重要なのは2つめの意味。ヒントは甘~いお菓子にアリ。変化したLの目的とは? 原作はいいのだろう。だが監督は単に「萌え」なシーンが撮りたかっただけと思わ ...
 
 
 
デスノート the Last name/DEATH NOTE the Last name (我想一個人映画美的女人blog)
もともとのストーリーが面白いからね~{/hearts_red/} 「誰も知らない結末」とは何なのか?? 一体、どう原作と変えているのか?? というのがやっぱり気になって、、、、。 「名前を書かれた人は死ぬ」ノートを巡ってLと月(ライト)、正義はどちらなのか。 コミッ ...
 
 
 
DEATH NOTE デスノート the Last name/感想 (映画★特典付き前売り券情報局)
2006年11月03日(金・祝)公開の映画「DEATH NOTE デスノート the Last name」を見ました。 原作コミックのグダグダな第二部(ニア、メロ、ヨツバグループ等)を大胆にカットし、第一部と第二部をうまく融合させたスト
 
 
 
「 デスノート/ the Last name(2006) 」 (MoonDreamWorks★Fc2)
監督 : 金子修介 出演 : 藤原竜也/松山ケンイチ/戸田恵梨香/片瀬那奈/マギー/上原さく
 
 
 
DEATH NOTE デスノート the Last name (ネタバレ映画館)
 最後に書かれた名前は?!寿限無・・・だったら大変だ。
 
 
 
DEATH NOTE デスノート the last name (お天気屋AnvilのきまぐれBLOG)
話題の映画'''「デスノート」の後編'''を見てきました。 後悔2日目とはいえ、'''レイトショーで満員なのは初めてでした(笑)''' やっぱり人気なんですね^^ {{{ 死神のリュークが落とした“デスノート ...
 
 
 
DEATH NOTE -デスノート- the Last name (Akira's VOICE)
俳優陣の演技と,仕掛けられた巧みなトリックが, 時間の長さを打ち消し,映画として満足の完成度。
 
 
 
DEATH NOTE デスノート the Last name (カフェ☆小悪魔)
2冊のデスノート。衝撃は増殖する。◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆涙は流れませんが、パーラー状態のLの部屋を見ていると危うくヨダレが流れそうになります。          パーラーLへようこそ今回は和菓子もたっくさん出て ...
 
 
 
「デスノート the Last name」見ました。 (自分勝手な趣味の部屋(2号室))
「デスノート the Last name」見ました。内容は死神が地上に落とした“デスノート”を拾ったのは、天才的な頭脳を持つ大学生、夜神月だった。刑事局長を父に持ち、強い正義感に貫かれた月は、ノートを使って凶悪犯を粛清し、自らの手で理想の世界を創りあげようと ...
 
 
 
「デスノート the Last name」 (ナナシ的エンタメすたいるNet)
丸の内ピカデリー1で先日公開になった 「デスノート the Last name」を観てきました。 「週刊少年ジャンプ」で連載されショッキングなストーリーで 話題となった大人気コミックの映画化の続編。 前編に続き今度の続編は書き込んだ名前の人間に死をもたらすことが ...
 
 
 
DEATH NOTE デスノート the Last name (future world)
前編を観て、その後コミック全12巻を読破、こうなれば当然この「後編」は観ずにはいられない。 気になるのは、この後編を一体どこで終わらせるのか・・・どう考えてもやっぱりアソコ?怒涛の7巻目あたりか・・・時間的にもきっと奴らは出てこないだろうし。 ...
 
 
 
DEATH NOTE デスノート the Last name (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
最後に名前を書かれるのは、誰だ??・・・リューク「これからもっと面白いものを見せてやるよ!」と、本当の衝撃はここから始める・・・・・。原作にはない、予測不能の結末!!。 死神が地上に落とした“デスノート”を拾ったのは、天才的な頭脳を持つ大学生 ...
 
 
 
『デスノート the last name』 (ねこのひたい~絵日記室)
ルールも多いが、ノートも多い。
 
 
 
DEATH NOTE デスノート the Last name (Cinemermaid)
週末は久々の温泉旅行のためにDVD鑑賞をしなかったので、今日は映画館まで足を運んだ まんまと【日テレ】の策略にハマってこの作品を選んだ 前編を観てまだ日が浅いので最初からテンションは上がってた( ̄m ̄〃)
 
 
 
【劇場映画】 デスノート the Last name (ナマケモノの穴)
≪ストーリー≫ 死神が地上に落とした“デスノート”を拾ったのは、天才的な頭脳を持つ大学生、夜神月だった。刑事局長を父に持ち、強い正義感に貫かれた月は、ノートを使って凶悪犯を粛清し、自らの手で理想の世界を創りあげようと決意する。人々の間でささやか ...
 
 
 
DEATH NOTE 後編 the Last name(頭脳戦の末にみた正義の裁き) (オールマイティにコメンテート)
「DEATH NOTE 後編 the Last name」は漫画デスノートを映画化した作品で6月に前編が公開され、その後編となる。前編では月に完敗したLが後編では大どんでん返しの反撃に転じる。
 
 
 
DEATH NOTE 後編 the Last name(頭脳戦の末にみた正義の裁き) (オールマイティにコメンテート)
「DEATH NOTE 後編 the Last name」は漫画デスノートを映画化した作品で6月に前編が公開され、その後編となる。前編では月に完敗したLが後編では大どんでん返しの反撃に転じる。
 
 
 
デスノート the Last name (まぁず、なにやってんだか)
映画公開から3日間で観客動員数約97万5000人を突破したという「デスノート the Last name」を観てきました。 ライト(藤原竜也)とL(松山ケンイチ)の天才対決を充分堪能しました。 サクサク話は進むし、予想もできない展開で、素晴らしいストーリー ...
 
 
 
DEATH NOTE the Last name(06・日) (no movie no life)
原作の漫画ともラストが違うと言うことで「11.3 誰も知らない結末へ」。 混雑がいやなので公開初日にはめったに行かない私です。 しかしこの映画、「観たい」という欲には勝てず・・・キャッチコピーの言われるがままに11月3日に行ってきました「デスノート後 ...
 
 
 
DEATH NOTE デスノート the Last name (ちわわぱらだいす)
行ってきました~初日朝一番~ 瑠璃姫と一緒に見てきました。 この映画館では初めて見る満席の張り紙。。。すごい列が出来てました。 予約してて良かったわ~ いや~よかったよ~。 原作も知らないけど、最後まで誰が生き残るのか・・・ 帰ってからま ...
 
 
 
DEATH NOTE the Last name (pure's movie review)
2006年度 日本作品 140分 ワーナー・ブラザース配給 STAFF 監督:金子修介 原作:大場つぐみ、小畑健 『DEATH NOTE』 脚本:大石哲也 CAST 藤原竜也、松山ケンイチ、藤村俊二、鹿賀丈史、戸田恵梨香、片瀬那奈 ■STORY 死神リュークが落とした“デスノー ...
 
 
 
映画館「デスノート the Last name」 (☆ 163の映画の感想 ☆)
いやぁ~、おもろかったです!! 前作の時は、実はチョット、、、と思っていた部分もあったのですが、今作品は私的には面白かったです♪ 罠を仕掛けたり、仕掛けられたり、展開も速くて観ていて本当に飽きることなく2時間20分という長さも全く感じられませ ...
 
 
 
ひょっとこの正義。~「DEATH NOTE ーThe Last nameー」~ (ペパーミントの魔術師)
いや~、これをネタバレしないで どうやって書けって言うんですかと。 あ~~~~しゃべりたいしゃべりたい。(笑) 前編のレビューの時にグッズにノートがないって話を 延々と書いたんですが、 今回のパンフレットってミサミサのノートをデザインしたもんに なって ...
 
 
 
映画vol.93 『デスノート 後編』*試写会 (Cold in Summer)
『デスノート 後編』(2006年公開)*試写会 監督: 出演:藤原竜也 松山ケンイチ 映画「デスノート」公式HP 漫画デスノート公式HP 残念ながら、原作未読~。読みたい~。 でも先に『のだめ』を読み始めたので我慢・・・。 ...
 
 
 
『デスノート the Last name』 (映画館で観ましょ♪)
夜神 月に扮する藤原竜也くんももちろん良いのですが、 愛のある死神レム(声=池畑慎之介さん)も気になる存在ではありましたが、 でも、 やはり、 私の『デスノート』の一番は彼です! 【L】になりきっ
 
 
 
【劇場鑑賞124】DEATH NOTE デスノート the Last name (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
The human whose name is written in this note shall die. このノートに名前を書かれた人間は死ぬ。 誰が死に、誰が生き残るのか。 月(ライト)は〔新世紀〕を照らすことができたのか?
 
 
 
DEATH NOTE - the last name (miyukichin’mu*me*mo*)
 映画「DEATH NOTE-the last name」(金子修介:監督)  を観てきました{/onpu/}  そう、「DEATH NOTE」の後編です。  (前編についてのレビューは {/arrow_r/} コチラ)  うーむ、こうきたかー。  なんか、前編観終わったときに  私には思いもしなかった ...
 
 
 
「デスノート後編」試写会&舞台挨拶 (ノルウェー暮らし・イン・ジャパン)
「デスノート後編」のスペシャルプレビューに行ってきたよ! 残念ながら、ライト役の藤原竜也は来てなかったけど、主要人物が勢揃い。 後には、機動隊のみなさんもずら~り。 なんでもキラの襲撃にそなえているらしい(!)
 
 
 
デスノート the Last name (くみょんねーさんの好きなこと)
{{{: 死神が地上に落とした“デスノート”を拾ったのは、天才的な頭脳を持つ大学生、夜神月(藤原竜也)だった。刑事局長を父に持ち、強い正義感に貫かれた月は、ノートを使って凶悪犯を粛清し、自らの手で理想の世界を創りあげようと決意する。人々の間でささや ...
 
 
 
「デスノート the Last name 」 (しんのすけの イッツマイライフ)
  本日見てまいりました。   「デスノート the Last name 」     ――誰も知らない結末へ。――   原作ファン向けの宣伝文句でしたが、 コアなファンの方々にはどう映ったのでしょうね?   私は高いレベルで満足できました。   「前編の感 ...
 
 
 
「 デスノート/ the Last name(2006) 」 (MoonDreamWorks★Fc2)
監督 : 金子修介 出演 : 藤原竜也/松山ケンイチ/戸田恵梨香/片瀬那奈/マギー/上原さく
 
 
 
「DEATH NOTE デスノート The Last name」 藤原君、無精ヒゲ似合わん。 (目の中のリンゴ)
観てきました。これでやっと原作漫画が読める! しかし、平日昼間の映画館、 なんであんなにお子ちゃまが多いのか? 高校生友情プライス大活用やね。 「DEATH NOTE デスノート The Last name」 (2006年・日本) いいところで終わった前編。後編はさらにハラハ ...
 
 
 
原作に囚われ過ぎていなかった後編。『DEATH NOTE デスノート the Last name』 (水曜日のシネマ日記)
今年の6月に劇場公開された『DEATH NOTE デスノート』の後編です。
 
 
 
デスノート the Last name (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『誰が死に、誰が生き残るのか。』  コチラの「デスノート the Last name」は、6/17公開の前編「デスノート」の後編で11/3公開になり1週目は国内興行成績1位となり、本年度邦画No.1のオープニング成績を収めたんですが、ついに観てきちゃいましたぁ~♪   ...
 
 
 
デスノート the Last name (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『誰が死に、誰が生き残るのか。』  コチラの「デスノート the Last name」は、6/17公開の前編「デスノート」の後編で11/3公開になり1週目は国内興行成績1位となり、本年度邦画No.1のオープニング成績を収めたんですが、ついに観てきちゃいましたぁ~♪   ...
 
 
 
DEATH NOTE デスノート the Last name (お萌えば遠くに来たもんだ!)
大画面で観てきました。 <丸の内ピカデリー1> 監督:金子修介 原作:大場つぐみ 小畑健 (作画) 脚本:大石哲也 音楽:川井憲次 主題歌:レッド・ホット・チリ・ペッパーズ このノートに名前を書かれた人間は、死ぬ。 映画デスノート完結編。 ...
 
 
 
DEATH NOTE デスノート the Last name(映画館) (ひるめし。)
2冊のデスノート。衝撃は増殖する。 製作年:2006年 製作国:日本 監 督:金子修介 出演者:藤原竜也/松山ケンイチ/戸田恵梨香/片瀬那奈/マギー 時 間:140分 [感想] ミサミサの監禁はSMプレイっぽくてエロかったと思ったのはワタシだけ? メガネかけ ...
 
 
 
映画「DEATH NOTE ~the Last name~」を観に行きました!! (馬球1964)
先日テレビ放映された「DEATH NOTE 前編」の続編、映画「DEATH NOTE ~the Last name~」を観に行きました!!
 
 
 
デスノート the Last name (勝弘ブログ)
映画 デスノート 後編前回の感想はこちら見てきました。さすがに金曜ロードショー効果ってところでしょうか?17:40の回を見たのですがそれなりの人の入りでした。高校生がいっぱいなのが印象的。前編より人が多かったよ
 
 
 
映画「DEATH NOTE デスノート the Last name」 (いもロックフェスティバル)
映画『DEATH NOTE デスノート the Last name』を観に行っ
 
 
 
デスノート(後編) (いろいろと)
誰が死に、誰が生き残るのか。 週間少年ジャンプに連載されていたのを映画化 コミッ
 
 
 
★「DEATH NOTE デスノート the Last name」 (ひらりん的映画ブログ)
2006.11.3の公開初日のナイトショウ(0:30~)で鑑賞。 今週は金曜が祭日なので、この日が初日が多いね。 そして、祭日にはオールナイトをやってくれるTOHOシネマズ川崎で鑑賞。
 
 
 
正義 vs 正義!?  【DEATH NOTE the Last name】 (犬も歩けばBohにあたる!)
待ちに待った後編「DEATH NOTE デスノート the Last Name」
 
 
 
「DEATH NOTE デスノート the Last name」☆☆☆☆☆ (Thanksgiving Day)
映画「DEATH NOTE デスノート the Last name」を観に行ってきました!! いや~予想通り、かなり面白かったですよ! 前編は映画館で観ていなかたので、最初はあんまり興味なかったんですけど、この前テレビで前編を観て見事にハマッテしまったというパターンで ...
 
 
 
「デスノートtheLastname」 (読書とジャンプ)
さっそく見てきました。デスノートの後編「デスノートtheLastname」を!チケット買うのに列ができててビックリ。20分前についたんですけど、始まる時間にちゃんと席につけてるのかどうか、そんな心配をしてしまう行列の長さ。こんなに人気があったとは!行列は、見 ...
 
 
 
DEATH NOTE入荷しました。 (好き好き大好き!)
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆ デスノート入荷しましたので ご希望の方はコメント欄に フルネームご記入お願いします。 ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★ ...
 
 
 
DEAT NOTE the Last name 06年228本目 (猫姫じゃ)
DEAT NOTE デスノート the Last name 2006年   金子修介 監督   藤原竜也 、松山ケンイチ 、戸田恵梨香 、片瀬那奈 、マギー 、上原さくら 、藤村俊二 、鹿賀丈史 、中村獅童 、池畑慎之介 日テレの陰謀に、まんまと乗せられてしまいました、 ...
 
 
 
DEATH NOTE デスノート the Last name (季節の無い毎日)
前編での導入部に対して、月 v.s. Lとの対決の構図が描かれてます。 原作自体は、月 v.s. Lを第一部として、ニア・メロ編に続いて結末と流れるところを映画では、どのように結末を付けるのかが楽しみでした。 もともと原作自体も、月 v.s. Lが終わると、緻密 ...
 
 
 
死亡筆記 ~DEATH NOTE~ (じゃんす的北京好日子)
死亡筆記とは「DEATH NOTE(デスノート)」の中国語名です。映画の前編を見ました。L役の松山ケンイチは初めて聞く名前でしたが、原作のLのイメージに合っていてなかなかハマリ役だと思いました。ミルクティーに角砂糖入れてチュッパチャプスでかき混ぜるしぐさや ...
 
 
 
DEATH NOTE the Last name/デスノート 後編 (そーれりぽーと)
前編のガッカリにめげず、半ば期待して『DEATH NOTE the Last name』を観てきました。 ★★★★ エロいアナウンサーのお姉さんが良かった。 じゃない! 意外や意外、今回は文句なく楽しめてしまった。 前編がコミックス2巻くらいまで(うろ覚え)を中心に丁寧に ...
 
 
 
「デスノート the Last name」 大きな力は人を狂わす (はらやんの映画徒然草)
客入りがいいのか、ずっと混んでいたため敬遠していたのですが、やっと観てきました。
 
 
 
DEATH NOTE the Last name/デスノート 後編 (そーれりぽーと)
前編のガッカリにめげず、半ば期待して『DEATH NOTE the Last name』を観てきました。 ★★★★ エロいアナウンサーのお姉さんが良かった。 じゃない! 意外や意外、今回は文句なく楽しめてしまった。 前編がコミックス2巻くらいまで(うろ覚え)を中心に丁寧に ...
 
 
 
映画「 デスノート the Last name 」鑑賞 (C級セールスマン講座)
夜神月 / キラ・・・・細心の注意力、推理力、想像力を発揮する月が、”スリ返られた偽のデスノート ”の違いに気付かず、今まで通りに書き認めるなど、絶対にあり得ないと思うのだが!? 竜崎 / L・・・・その強い信念!執念!責任感!何と言っても!自らの命 ...
 
 
 
DEATH NOTE the Last name (20XX年問題)
レビューを更新しました。 レビューを見てみたい方は当HP↓からどうぞ。 Review→映画レビュー、から見れます
 
 
 
『DEATH NOTE デスノート theLast name』'06・日 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじミサミサこと弥海砂(あまねミサ=戸田恵梨香)の前にもう一人の死神レムのデスノートが落ちてくる。家族全員を殺された過去を持つミサは、犯罪者を容赦なく殺害するキラを救世主と崇める一人だった。そのキラのために、顔を見るだけで相手の名前と寿命が見える「...
 
 
 
【DVD】DEATH NOTE デスノート the Last name (新!やさぐれ日記)
▼状況 ライブラリより拝借 ▼動機 前編を見たら続けて後編が見たくなった ▼感想 この緊迫感! ▼満足度 ★★★★★★☆ いいかも ▼あらすじ 死神のリュークが落とした“デスノート”を手にし、殺人鬼キラとして凶悪犯を抹殺してきた夜神月(藤原竜也)。恋...
 
 
 

アクセス解析