今日の出来釣&出来写

今日の釣果は、どうかな?
今日の撮影は、どうかな?

淡路でカレイ

2005年11月30日 | 今日の釣果
今日はKingカズ、Yoshi、Ero岡、K子とカレイ狙いで淡路へ、日出前の5時過ぎに仮屋漁港に到着。
まだ暗い中沖に延びた波止の中ほどから竿を出す。外向きのほうが魅力的なので竿を2本だすが波止の上には灯台への給電線があり投げにくく2投目は手前にポチョン。
投げなおすためにテトラの先端に行き巻き上げ戻るとき横着してライトを照らさずに戻ろうとした。しかも真っ暗な中、僕の予想では右足を着けようとしたところにはテトラがあるはずだった・・・しかしそこにはテトラはなかった。(そこにテトラがあるなんて何の根拠もなくただ、あるような気がしただけ)みごとに落ちた。落ちたとゆうよりワープしった。って感じ。このときは恥ずかしいので声も上げずにすぐに上ったが後で見るとズボンは破れてるは、靴まで穴が開いていた。(家に帰り靴を脱ぐと靴下まで穴があいていた)そのときは平気だったがだんだん左足の膝が痛くなり帰るころには結構な痛みになっていた。(やっと腰痛が治りかかってきたのに又怪我や)
で、釣りのほうは、波止の外向きは潮の流れが早く、30号のスパイク錘でもどんどん流されるし、横にはKingがいるので一人だけ湾内の内向きに場所移動した。(明るくなったとはいえ、テトラは怖いしね)一応それまでにチャリコを1匹上げました。
湾内は餌も取られず暇、イカがくるかもと思いエギもしたがかすりもせず。
外向きではせっせと投げていたYoshiが1Kgはある見事なタコを釣り上げた。k子はいいサイズのカワハギを釣り「ハゲや、ハゲや」とわめいている。(こいつは何回教えてもカワハギと言わん!)Ero岡はルワーやエギをもってうろうろしていいるだけ、KingはK子のタモで何かしていると思ったらウキを取ろうとしている。しかもどないしたのかタモ枠だけ海に落としてしっまた。(さすが何かしでかすやつ)
K子が内向きの際でガシラ、カワハギを釣った(この時もハゲ、ハゲ言いやがった。覚えとけよ~)それを見たKing、早速短竿の準備をしいいガシラを釣り上げている。
釣り方に技があるらしいKing流際のガシラ釣り
①短竿に餌を付けるこのとき、錘は中通しがいいらしい
②仕掛をちょい投げする
③しばらくほっといてうろうろする(ここが大事みたい)
④何も考えずリールを巻く
あーら不思議ちゃんとガシラが釣れます。しかも結構数も釣るしいいサイズも混じっている。Ero岡、K子に釣り方教えたろかと言ってレクチャーまでしている。うーん釣りは奥が深い。
12時までの予定だったし餌もなくなってきたし釣れへんし納竿しようとしていたとき他の釣り人がもう帰るからと青虫を結構くれた。
それじゃと再度釣り再開となった。
Yoshiは外向きでべらを何匹か上げ、後の3人はKing流ガシラ釣りをしてガシラだけでなくアブラメまで上げている。
こっちの投げ竿は、餌も取られない。暇なので波止竿に円錐ウキの浮き釣りで木端グレが釣れた。
変化のない投げ竿を巻くと重たい「お、何かついてる」とは思ったがまさか本命のカレイがついるとは!大きさは15cmほどだったが厚みのあるいいカレイだ。
その後は何もこずで14時頃貰った餌もなくなったので納竿とした。
みんななんやかんやでお土産もできたし風はちょっと強かったが楽しめた1日だった。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

湾岸下では・・・

2005年11月24日 | 今日の釣果
先週より痛めていた腰もややよくなってきたし、キムキムのあいても一段したし釣り心がうずうずしてきた。
ネットの情報では湾岸下でキビレ、チヌが釣れてるみたいやし。
今日は早起きして湾岸下にでもいこうかな?って思って目がさめたのは9時過ぎ「えらいこっちゃ、10時の船に乗られへんやん!」別に10時にこだわることはないし11時でもいいが行きたいって思ったらがまんでけへん。
朝飯も食わず、コンビによっておにぎりも買う時間も惜しんでキムキムと渡船屋へ(自分の食い物は買わなくても餌のカニだけは買いました。しかも爆釣の予感から30匹も!!)
何とか10時の船に間に合い湾岸下へ釣り人は誰もいづ。
早速準備し落し込むが南風が強い上に風の影響で上潮だけが流れているみたいでやりにくい。
本日はハリスを1mに目印が3mにしているが目印が沈みきったとき道糸に糸ふけが、きいてみると「ゴン」ときた。「お~、早速きたかー!」って思ったら穂先が跳ね上がり針はずれ。次も同じような目印が沈みきってからの止めあたり、しかも針に乗ってやり取りの最中の針はずれ。1時間の間に4回あたりがあって針はずれが3回でなんとか1枚38cmを上げれた。
当たりは全て目印が沈みきってからの止めあたりで聞き合わせで掛けてるから合わせが弱いのかもしれんなぁ・・・本来なら針大きさを変えるべきだろうけどこれだけ当たりがあればなんとかなるだろうなんて楽天的に考えた。(ただの横着です)
11時に一人落し込み師がきたがあたりがないみたい。
実際11時過ぎてからは当たりが激減してしまった。
湾岸線の真下で目印の最後の一コ「ツン」と走った、合わせた、のった、こいつは重たい。ゴンゴン突っ込む、そして沖に走り出す「ひょう~!おもしれー」結構いいサイズ見たいやし慎重にやり取りを、でもね又、針外れ(がっくりですわ)さすがにこれはこたえて針をひとまず1つ落として2号に変えた。
せっかく針を変えたが相変わらず当たりがない。
タナは底近くだから目印を外すべきだろうが出来れば目印で当たりを取りたいと思うので外せないが早い潮の流れに目印が流されて当たりがあっても取りにくい。
次も目印が沈み込んだ底近くでの止めあたり、こいつもよく引いたし力強い突込みを味和させてくれた本日1番の41cmのキビレ。
時間も14時をまわり当初予定では爆釣で15時には帰る予定にしていたがまだ2匹では帰れない。14時40分までに釣れなかったもう1時間延長にしよ。
でもこういう時に来るなんなぁ、しかも目印半分ほどで引っ手繰るようなあたり・・・本当は波でもまれた目印を見失い「あれ、目印どこや」って思ったら横に走っていた。
こいつも40cmのキビレで楽しませてくれた。
予定通り15時で納竿とした。しかし今日は風と潮の流れが速くて釣りにくかった。
もう今年も落し込みは終わりかな。もう少し寒くなったらエビ撒きのハネ釣りやな。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

カレイを求めて妻鹿釣行

2005年11月11日 | 今日の釣果
久しぶりに年金2人組(T橋さん、K谷さん)と妻鹿にカレイ(その他五目釣り)狙いに行ってきた。
天気が心配だったが予報では午後から雨らしいので決行。5時50分の船で7番に釣り人は僕ら3人他に1人と釣り放題。
いつも妻鹿ではエビ撒きでハネ、チヌ、メバルを狙うが今日は投げ1本でカレイだ。
先週の情報ではカレイがそこそこ上がっていたが最近の情報はイマイチなのが心配。
白灯台付近から外向きに投げるが2投目で根掛りし力糸から切れてテンションダウン。しかし内向きに投げてた竿に15cmほどのガシラがきてテンションアップ。(単純な奴)
外向きの際に15cm~20cmはありそうなウマズラハゲ(訂正ウマズラハギ)がうようよしている。
一応もってきた自作波止竿に胴付き3本針をセットし狙うが針がチヌ針しかなく針掛りせず餌だけ取られる。たまに掛かるとフグだ。
投げ竿の方はガシラがたまに掛かる。中には20cmクラスもまじり、煮付け&刺身のお土産が出来た。
K谷さんは20cmオーバーのまるまるとしたキスを3匹上げてた。
T橋さんはキス1匹とトラハゼを一杯に短竿の際狙いでフグを一杯釣ってぼやいている。
内向きの投げ竿を巻くと重い、「お~、やっとカレイのおでましか?」と思ったが浮いてきた魚は細長い、「アブラメやん、しかもポン級や!」これでまた刺身に1品追加できた。
T橋さんも際の短竿で15cmオーバーのウマズラハギをゲットした。
12時の迎えの船までにちょうど餌もなくなるし、お土産もみんなそこそこ確保できたし、雨も降られずやったしカレイは姿が見られずやったが満足満足。
余談だが11時すぎにYSPから電話が入り今日中にキムキムが入庫できるとのこと、帰ってから魚さばいて雨が小ぶりになったときに引き取りにいってキムキムも今日ゲットしてしまった。
朝3時過ぎに起きてなんやかんや忙しい1日でした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ちょっといい話

2005年11月02日 | その他
先週末からの風邪がなかなかよくならない、日頃の行いはいいはずなのに?
まぁ、今週は仕事で釣りには行かれへんからいいけど。
釣りの話ではないけど昨日ひさしぶりに職場に行くとムショ帰りの喜助じゃなかったムショ帰り風のO野が日月曜とツーリングに行っていい土産があったからと写真のステッカーをくれた。
ごらんのように釣師心をくすぐるすばらしい、ステッカー。
これはきっとご利益もありそうじゃん。
このステッカーのためにも早く風邪を治さないいかん。
しかも来週末には年金2人組を連れての釣行が予定されているからね。
事務連絡:高齢じゃなかった恒例の年末妻鹿釣行を12月30日に予定してます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加