流れゆく雲に

風に季節を聞きながら、日々の出来事をつづります。

過ぎゆく夏

2016-09-24 16:28:40 | 植物

ハイビスカスは夏のイメージが強いですが、真夏を過ぎても長く咲いています。

立川に暮らしていた頃、クリスマス間近というのに咲いているのを見かけました。

 

黄色のハイビスカスも鮮やかです。

 

アメリカンブルーの青色が涼しそう。

 

メランポジウムとサフィニア

 

マリーゴールド

 

 近くのスーパーが花壇を作っています。

 全体はこんな風になっています。

花たちはまだ元気に咲いていますが、台風が去ってめっきり涼しくなりました。

残暑はあるかもしれませんが、にぎやかな夏は過ぎて行きました。

変わって穏やかだけど色とりどりの秋がやって来ます。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ムラサキシキブ

2016-09-22 17:23:09 | 植物

宝塚花の道のムラサキシキブです。

当日は台風接近の20日。チケットは先にとっているから変更できないし、きっとムラサキシキブも色づいているころだし、電車が動いているならば行けるさ。

心配だったのは夕方です。

しかし、観劇を終えて外に出ると不思議、雨は小降りでした。

だから、ムラサキシキブをカメラに収めることが出来ました。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

宝塚歌劇星組公演「桜華に舞え / ロマンス」を観る

2016-09-07 14:19:53 | 舞台

ちょっと時間が経ってしまったけど3日に星組公演を観劇しました。

〈ネタバレあります。〉

初のSS席でした。前から5列目。双眼鏡使わなくても顔がわかる。

ただ、舞台セットとなると2階席の方が広がりや奥行を感じることができます。

そのうえ、座り慣れない席でそわそわして落ち着かない。(笑)

「桜華に舞え」のお芝居は、幕末から明治の話です。

雪組で観た「るろうに剣心」と同じくらいでしょうか。

冒頭、犬養毅が青年将校に襲われる。(あれ?明治の話じゃなかったかな)

青年将校たちは”昭和維新”を謳う。”話せばわかる”犬養毅の名台詞だ。

薄れていく意識の中で犬養が思い浮かべた、一人の男、明治維新を成し遂げた桐野利秋だった。

犬養毅の回想で物語は始まります。

北翔海莉演じる桐野利秋(実在の人物)と紅ゆずる演じる衣波隼太郎(架空の人物)は幼なじみ。

鹿児島で剣術の稽古に明け暮れる二人だった。

ある日、ふとしたきっかけで西郷吉之助(隆盛)と対面する。

二人は西郷について上洛する。

 

桐野利秋は西郷隆盛に、衣波隼太郎は大久保利通に傾倒して行く。

勤務する場所は違っても固い友情で結ばれている二人だった。

しかし、西郷と大久保は決裂。はたして二人の行く末は?

会津との戦いで出会った娘との仲は?

隼太郎が鹿児島へ帰った時(政府軍と薩摩軍の全面対決西南戦争が起ころうとしていた)、

故郷の人々は彼をなじる。彼は政府側の人間だった。

哀しみに満ちた隼太郎の表情、見ていて苦しくなる。紅ゆずるに泣かされてしまった。

 

西南戦争は何を残したのか。

維新とはなんだったのか。

サブタイトルには”SAMURAI The FINAL”とある。

桐野利秋という人物のことは知らなかった。歴史に興味を抱かせる作品だった。

かなり重厚な明治日本史を垣間見たような気がする。

西郷隆盛の美城れん、「ガイズ&ドールズ」では太っちょのナイスリーナイスリーを好演していたのを思い出す。北翔海莉とは同期。そして、退団を発表した。

「るろうに剣心」で山県有朋を演じた夏美ようはここでは大久保利通を演じていた。

(山県さんも大久保さんも髭が印象的だ)

 

レビューは「ロマンス」

優雅でソフトなそんなショーだった。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

猪名川花火大会

2016-08-20 21:24:47 | 日記

今日は猪名川花火大会の日。

近くに行けばたいへん混雑しているので少し離れたところから撮影。

自宅から歩いて15分。こんな穴場があったとは知らなかった。

少し高速道路が邪魔だけど。

ミラーレスで撮影。もっと取説読まなきゃ。

 

 

なかなか迫力ある。

 

次回はもっとうまく撮れるかな。

三脚も持って行くか。(^^ゞ

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

8月の花  宝塚花の道

2016-08-17 17:28:21 | 植物

15日宙組「エリザベート」を観劇して宝塚大劇場を出ると、花の道はついさっき雨が止んだ様子です。

ムクゲの花も葉っぱも潤っています。

 

ハツユキカズラはまるで花が咲いているみたいです。このピンクや白いのは新芽なんですね。

やがて緑の葉っぱになる。

 

色づき始めたコムラサキ。

紫色になったらまた撮りに来るね。

 

こっちの方がよくわかります。

 

 

サンタンカみたいだけど、花の名前合ってるかな。

 

 

名前はわからない。

 

 

歌ってしまいます。

砕けて砕けて紅くなれ、ほうせんか空まであがれー

雨に濡れた植物たちは気持ちよさそう。

天然のシャワーもほどほどにお願いしたいです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加