流れゆく雲に

風に季節を聞きながら、日々の出来事をつづります。

東京 観劇&鑑賞 旅行記 その1

2016-12-07 22:40:28 | 日記

5日  日比谷シャンテ 宝塚歌劇衣装&パネル展

    サントリー美術館「小田野直武 と秋田蘭画展」

    中島みゆき「夜会VOL.19 橋の下のアルカディア」

6日  弥生美術館 山岸涼子展 竹久夢二美術館

    東京宝塚劇場 雪組公演 「私立探偵 ケイレブ・ハント / Greatest HITS!」

    中島みゆき「夜会VOL.19 橋の下のアルカディア」

 

 

新幹線だ。

 

 

新大阪の天候は晴れ。

期待はしたものの、富士山の山頂には雲があって、わかるかな?の写真になってしまった。(>_<)

 

東京着。

ハードでした。休演日や休館日もあって詰め込みです。

 

日比谷シャンテの模様は→こちら

 

東京に秋は少し残っていた。

 

東京と言えば有楽町、有楽町と言えばニッポン放送です。(なんの脈絡もなく、そうでもない)

2014年に来た時は雨だった。傘さして写真を撮ったことを思い出します。

 

そして、ペニンシュラホテル。(わかる人にはわかる)

ペニンシュラホテルのクリスマスツリー

 

サントリー美術館は東京ミッドタウンの中にあります。

中島みゆきさんの「夜会」の会場は赤坂のACTシアターです。

赤坂の宿泊ホテルから東京ミッドタウンへは10分ほどでした。

(フロントで道順を教えてもらった。けど帰りは暗くなって少し迷ってしまった(^^ゞ)

 

小田野直武の「不忍池」のこの絵はとっても気になって秋田美術館へ行こうと本気で考えていた。

いつしか時は流れ、忘れていた昔です。よかった。見ることが出来ました。

どこに惹かれたんだろう?今となってはよくわからない。

ところで調べていてわかったのですが杉田玄白の解体新書の挿絵は小田野直武が描いたそうです。知らなかった。

 

クリアファイルとポストカードを購入。

 旅は続く。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アステ川西のクリスマスツリー 

2016-12-03 16:17:59 | 日記

アステ川西のぴぃぷう広場にツリーが出来ました。

天井を撮ってみました。あの赤いシルエットはカモメかな。

 

キラキラと星が光っていてきれいです。

 

休日にはコンサートがあります。→HP

クリスマスの飾りや催しはわくわくする、けど終わったら年末で、そして新年。

 

12月は、きっと街中では時間が正確に進まないんだと思う。速く進む。

自分の時間を大切にしよう、と思うんだけどあっち行ったりこっち来たり

楽しいことは良いことだと思うのでした。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

川西市役所の秋

2016-11-25 13:23:19 | 植物

この前を通るたびに撮りたいと思っていました。

 

この黄葉の木も間に会った。

角度を変えて見上げてみます。

 

オタフクナンテンの紅葉。

 

紅葉が身近に見られる市役所。秋真っ盛りです。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

宝塚歌劇花組公演観劇 「雪華抄 せっかしょう / 金色(こんじき)の砂漠」

2016-11-22 16:08:42 | 舞台

宝塚「花乃みち」の紅葉

 

公演のネタバレあります。

 

公演は日本物のショー、サブタイトルが「宝塚舞踊詩」となっています。

「雪華抄」は、四季の移ろいと花鳥風月を軸にした舞踊絵巻(作・演出の原田諒の文より引用)

チョンパ、で始まるのは華やかです。確か「源氏物語」もチョンパだったのを思い出します。

「チョンパ」とは、日本物の幕開きに使われる手法。

拍子木が「チョン」となって(幕がぱっと開く、と私は思ったけど検索したら照明だった)照明が「パッと」点く、するとそこには出演者が舞台に勢ぞろいして華やかな幕開きになる。

春は紅梅白梅、夏は七夕(串本節)、秋の月(安珍清姫)、雪の舞い、そして、桜花夢幻。

鷹と鷲の着物は楽しそうだ。鳥の羽がモチーフとなって肩から手にあしらわれている。

あたかも鳥が羽ばたいているようだ。

私の出身地和歌山の民謡(串本節)や民話(安珍清姫)が大劇場の舞台で観ることが出来て感慨もひとしおだった。

閑話休題:21日は大劇場の消防訓練の日だった。公演中ではと思ったら、「雪華抄」の後の休憩時間だった。お客様は任意です、とのことだったが非常階段を通れるのにそそられて参加した。貴重な経験ができた。

 カバンのなかでくしゃくしゃになってしまったけど、劇場内で手渡されたお願いの用紙、

 

「金色の砂漠」は最後に死んでしまうのはちょっと安易だ、と思います。

ならば、どうする?って聞かれてもわかりませんけど。

観ていて、「オイディプス」思い出してしまった。

作品の好き嫌いは人の好みだけど、上田久美子先生では「星逢一夜」の方がわかりやすかった。

王女様の踏み台代わりに奴隷のみりりん(明日海りお)が使われたのは衝撃だった。

奴隷、でも実は高貴な身分、よくある設定。

「1789」のように庶民に徹した方が好きだな(個人的意見です)。

うーん、難しい作品だった。

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

川西市郷土館で朗読を聞く

2016-11-20 21:20:52 | 日記

19日(土)川西市の郷土館であった朗読会に行ってきました。

場所は、郷土館内にあるアトリエ平通。

 

 

 

 

朗読:藤田伊津子

芥川龍之介 「羅生門」

休憩

太宰治 「葉桜と魔笛」

 

「羅生門」のタイトルを聞いたことはあっても読んだことがなかった。

 

「葉桜と魔笛」これは知らなかったですね。

魔笛って口笛のことなんですね。お父さんが吹いたのかどうかはわからないけれど。

 

藤田さんの朗読は、聞きやすくて、登場人物の人となりもわかりやすく情景が浮かびます。

落ち着いた声で、低音でいつも楽しみにしています。

 

郷土館は最近よく映画やドラマの撮影地になっています。

「繕い裁つ人」「マッサン」「べっぴんさん」

 

ここ平賀邸は、NHK朝のドラマ「マッサン」でエリーとマッサンが結婚して住む家を探していて、やっと見つけたのにエリーが外国人とわかって大家さんに断られるシーンで映りました。

前に来た時はバラが咲いていなかったのですがこの日は少し咲いていました。

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加