とりあえず80歳へ  『古希からの田舎暮らし』も10年目になろうとし、喜寿も過ぎてゆき、さて……。

定年後は田舎志向。69歳のとき三木市で「田舎暮らし」をはじめました。田舎にとけ込もうと心掛け、菜園をたのしむ日記です。

親友の急死にことばがありません。

2017-06-19 02:29:47 | 日記
 味噌用大豆を播く時季です。去年は「直播き」して豪雨のため失敗でした。あとで苗立てしてこれも豪雨で育たず「やりなおし」。大幅に遅れました。今年は、大豆も「苗立て」して、2週間後に「本植え」します。で、きのう、イチゴ・ネットハウスの中に大豆を播きました。我が家でとれた「タマニシキ」と水田種苗店で買った「エンレイ」です。
  ※ タマニシキは大豆の品種としてはネットに出てきません。「タマホマレかもしれない」と思います。
 2週間、朝夕水をやって気持ちを入れて育て、7月2日頃に本植えするつもりです。
 なぜか仕事をする気になれず、畑の日陰でイスにすわって、ぼんやり向かいの山や空を見ていました。
 夕方、家に帰ってからも「無気力感」がとれません。デッキチェアでぼんやり田舎の景色や空を眺めていました。

 電話が鳴りました。阪神間に暮らす親友からです。奥さんの声です。どうかしたのか。
「主人が亡くなりました。16日に急死し、お通夜/葬式/と家族葬をして、いま帰宅したところです」
 出会うといつも気持ちのいい親友で、5月にはイチゴ狩りに来てもらっていました。今年も来てもらう日を決め、心待ちにしていました。ところが直前にアライグマの襲撃でやむなく中止。申しわけなくて、秋の「黒豆の枝豆狩り」で会うのをたのしみにしていました。
 それが「急死」って。どうにもこころにおさまりません。

「無理をして傷めないように、体をいたわり、時間をかけて休む」。
「こころも無理をさせてはいけない。飲み込めない現実とは、時間をかけて向き合うしかない」。
 いまは「瞑想と祈り」ができることに感謝して、じっとしています。
   
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 黒大豆の苗は99パーセント... | トップ | 『漢字ナンクロ』を見ながら... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。