とりあえず80歳へ  『古希からの田舎暮らし』も10年目になろうとし、喜寿も過ぎてゆき、さて……。

定年後は田舎志向。69歳のとき三木市で「田舎暮らし」をはじめました。田舎にとけ込もうと心掛け、菜園をたのしむ日記です。

大豆の「土寄せ」が理想的にできました。

2017-07-14 00:49:35 | 日記
 11日に黒豆の土寄せをしたときは「もう少し土が乾いたほうがいいけど」という感じでした。
「だから大豆(白)の土寄せは、畑の土が乾く15日(土)くらいにしよう」ときのう(13日)は思っていました。ところがきのうの太陽は強烈でした。畑に午後出てみると、足をとられるほどだった畝間がぐんぐん乾いていく感じです。
 耕運機で大豆の畝間を耕運してみたら、土寄せにちょうどいい湿り具合です。これ以上乾かないほうがいい。で、10メートルの9畝(2畝は黒豆)の土寄せをしてしまうことに。
         
 畑は広すぎるので畝間をたっぷりとっています。だから畝間を往復土ほぐししてから、畝立てを通しました。大豆はエンレイとタマホマレで、どちらも60センチの高さになります。根もとにしっかり土寄せをしておかないとふらふらします。で、写真のように15センチ以上土寄せをすることができました。「こんな理想的な状態の土寄せはめったにできないな」と思いながら、道子さんと二人でがんばりました。
 写真手前の畝は11日に土寄せした黒豆で、向こうが大豆です。苗のまわりに草が伸びていましたが、分厚い土寄せでカバーしてしまいました。
「土寄せは大仕事」と思っていましたから、「やれやれ、よくやった!」と自分たちをほめてあげることにします。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 黒豆の「土寄せ」をしました。 | トップ | 裏山の祠=祇園さんにお参り... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。