goo

神域の蝶

2017年05月17日 | 虫    2017年
今年の連休は仕事や用事でのんびり出来なかったので、遅ればせながら5月14日から3日間ほど旅行をしてきました。
久しぶりに家内と連れ立ってお伊勢参りと昨年の志摩サミットの会場のホテルに宿泊して志摩観光を楽しんで来ました。
もちろん幾つか蝶の撮影も予定はしていましたが、今年は季節の移ろいが遅くてなかなか思う様には行きませんでした。


(神域への入り口 2017/5/15 伊勢神宮内宮 α58/SONY DT18-135)
5月14日に伊勢市内の公園でサツマシジミを探しましたがまだ2化の発生前のようで出会う事は叶いませんでした。
2日目はミカドアゲハとの出会いに望みを託して伊勢神宮の内宮へ足を運びました。


(内宮の参道 2017/5/15 伊勢神宮内宮 α58/SONY DT18-135)
宇治橋を渡って右に折れると細かい砂利の敷かれた暑い参道が奥へと続いています。
しばらく歩くうちに家内が「蝶がいるよ」と指差す先を見るとそこには・・・・・。


(ミカドアゲハ吸水 2017/5/15 伊勢神宮内宮 α58/SONY DT18-135)
神への願いが通じたのか新鮮で美しいミカドアゲハがゆったりと逃げもせず吸水中でした。


(ミカドアゲハ吸水 2017/5/15 伊勢神宮内宮 α58/SONY DT18-135)
ミカドアゲハは昔八重山で出会って以来の再会ですが、八重山産と比べるとやや青味が薄いでしょうか。


(ミカドアゲハ吸水 2017/5/15 伊勢神宮内宮 α58/SONY DT18-135)
羽化したてのせいか裏面は太陽が当たるとやや金色に輝くようにも見えました。


(モンキアゲハ♂ 2017/5/15 伊勢神宮内宮 α58/SONY DT18-135)
内宮では他にはモンキアゲハやナガサキアゲハ、クロアゲハなどが見られました。


(アオスジアゲハ 2017/5/14 三重県伊勢市 α58/TAMRON SPAF180)
こちらは前日の14日にサツマシジミを探した公園付近で見かけたアオスジアゲハ。
吸蜜している花はタテハモドキの食草のイワダレソウでしょうか。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

伊勢市ではまだトベラやシャリンバイやサンゴジュが開花前でサツマシジミはちょうど端境期のようでした。
goo | コメント ( 7 ) | トラックバック ( 0 )
« 前ページ