有明山に抱かれて   「安曇野の日々」

Uターンして始めた田舎暮らし。

なつかしさとあたらしさが混じった安曇野を

猫たちといっしょに冒険中。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

常念と有明山

2017-02-09 | 日記


 毎日、豊科の町に行くようになって

 有明山とともに、常念の峰を眺める日々が続いています。

 元気なころに、もっと山に登っておけばよかったと今、とっても後悔している。

 臼井吉見の小学校時代の校長先生佐藤嘉一は「常念校長」と呼ばれていて

 毎日子供たちに「常念を見よ」と語っていたそうです。

 難しいことを言わなくても

 山を見れば、自分と向き合うことになる。

 だから毎日、山を見る。

 
 夕方の燕岳
 燕山荘の屋根がプラチナ色に光っていた。
 そこに飛行機雲が伸びて……
 写真では目を凝らさなければわからないけれど。


    午後三時


    同じ場所で午後五時

図書館へ寄るのも日課になった。

今日は母に宮川ひろさんの「春駒の歌」

わたしは、「鹿の王」の下巻を。

下巻から読むのもどうかなと思ったけれど、あとで頭の中でつなげようかなと。

ムヨクさんは「たけくらべ」を原文で読んでいます。  

 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 安曇野いろ 11月・12月... | トップ | シニカルな話 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。