恐竜だいす記!

恐竜絵本作家の日々雑記帳

トリケラトプス絵本製作スタッフ

2017-06-25 08:47:18 | 絵本いろいろ話
「恐竜トリケラトプス絵本シリーズ」(小峰書店)が25周年になりました。読者の皆さん、
長年ありがとうございます!さて、ここで製作スタッフを紹介します。左から小峰書店
編集部Kさん、作者の私、図書印刷プリンティングディレクターTさんです。この3人が
中心になり、絵本作りを進めています。これからも子どもたちが喜ぶ絵本を出していき
ます!楽しみにお待ちください!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

対談インタビュー

2017-06-24 09:13:44 | 絵本いろいろ話
一昨日、図書印刷ものづくり紹介ツール「絵本っていいね!」の対談インタビューがありました。
25年間続いているトリケラトプスシリーズの「こだわりと技術」が記事になります。あ、絵本原画
を見ながらプリンティングディレクターのTさんと色出しについて相談していますよ。(大阪弁で
す。)このインタビューは図書印刷発行のリーフレット(A4サイズ両面)にまとめられ、新刊発行
の7月中旬に合わせて、配布されます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

恐竜棚

2017-06-23 08:46:40 | Weblog
我が家の恐竜棚です。いろんな恐竜が25種ほどいます。絵を描くときに、このモデルたちを
いろんな角度からスケッチします。一番でかいのはティラノサウルスで、講演やワークショッ
プで子どもたちにさわってもらいます。右下に小さく人間がいるのがわかりますか?19世紀、
英国の女性恐竜研究家メアリー・マンテルです。旦那さんのギデオン・マンテルは14年前
の引っ越し時に行方不明になっちゃいました。(現在捜索中です。)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

絵本ラフスケッチ

2017-06-22 09:00:24 | 絵本いろいろ話
現在、8月に開催される原画展の準備を進めています。画像は「恐竜だいぼうけん」シリーズ8冊
の手描きラフスケッチです。A3サイズのファイルにぎっしり収めています。原画展にはこのファイ
ルを展示します。手に取ってご覧くださいね。さて、展覧会の詳細をお知らせします。
●日時:2017年8月9日(水)~15日(火)(9:30~20:30最終日17:00まで)
●会場:丸善日本橋店3階ギャラリー(入場無料)
●出展作品:「恐竜トリケラトプスとアルゼンチノサウルス」「恐竜トリケラトプスとダスプレ
 トサウルス」原画などを展示。(小品原画の販売もします。)
●黒川在廊日時:初日10:00~17:00、そのほかの日は13:00~17:00在廊します。
●お問い合わせ:7月9日から丸善日本橋店にて(それ以前のお問い合わせはご遠慮ください。)
 ☎03-6214-2001
●原画展情報:HP「恐竜だいす記!」で随時準備状況やイベント予定などをお知らせします。
  皆さん、恐竜絵本の世界をお楽しみください!お待ちしています!
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ジャガイモ

2017-06-21 09:14:56 | Weblog
1昨日、「蔵の図書館」の畑で収穫したジャガイモをいただきました。上から男爵、べにあかり、
きたあかりです。このジャガイモ、なんと子どもたちが掘ってくれたそうです。昨日、家内が肉
ジャガを作りました。(男爵です。)ホクホクして柔らかくて、とてもおいしかったです。蔵の図
書館さん、子どもたち、ありがとう!!恐竜のおっちゃんはジャガイモ食べて元気だします!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

たたかえ恐竜トリケラトプス

2017-06-20 08:44:03 | 絵本いろいろ話
先月「たたかえ恐竜トリケラトプス」(小峰書店)が42刷りめの増刷になりました!初版は1992年
6月発刊ですから25年前の作品です。この本から新天地をめざしての長いトリケラトプスの旅が
始まり、シリーズ(現在24作)がスタートしました。さてさて、今、この本の前の物語(エピソード
1?)を制作しています。トリケラトプスのリーダー、ビッグホーンの若い時の話で、独りぼっち
だったビッグホーンがママホーンと出会い、癒されて恋に落ちたりします。またティラノサウル
スとのすさまじい戦闘を描いています。(画像のビッグホーンのひたいの傷はそのときにつき
ました。)皆さん、楽しみにお待ちくださいね!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ライチョウ

2017-06-19 08:41:53 | 昨日の出来事
昨日、ライチョウのヒナ2羽が、富山市ファミリーパークでふ化しました。(画像は夏毛のライチョウ
です。冬毛ではほぼ真っ白になります。)ライチョウは環境悪化から2000羽以下に減少し、現在レッ
ドリスト絶滅危惧種に認定されています。ライチョウのヒナたち、元気に育ってほしいものです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ジャイアントパンダ

2017-06-18 09:55:43 | 昨日の出来事
昨日、上野動物園の赤ちゃんパンダにうっすらと白黒の模様が現れ始めたというニュースが
放送されました。さてさて、この絵はパンダの成長を描いたスケッチです。「生後3日、模様は
なく目は見えず、尾は長い。」「生後10日、うっすらと黒い模様が現れてくる。」「生後1ヶ月、
模様がはっきりしてくる。」パンダの赤ちゃん、元気に育ってね!
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

廊下のコレクション

2017-06-17 09:01:48 | Weblog
廊下の化石と模型コレクションです。一番奥のトリケラトプスの骨格模型は長さ52㎝あります。
(ほこりがつきやすく掃除するのが結構大変です。)本棚にはこぐま社の昔話シリーズなど。
左上には肉食恐竜スピノサウルスなどの絵を飾っています。この絵は8月の丸善での原画展に
出展します。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ビッグホーン

2017-06-16 08:40:39 | 恐竜の絵本制作
現在、新作絵本「恐竜物語ビッグホーン」(仮題)(小峰書店)のラフスケッチを作成して
います。トリケラトプスのビッグホーンが若い時、さすらいの旅を続けていた頃の話です。
ビッグホーンとママホーンとの出会い、ティラノサウルスとの壮絶な戦いなどを描きます。
おおっビッグホーンがティラノサウルスにぶつかっています!このラフは初描き(1次ラ
フ)です。集中して(FB見ないで)大体1時間半から2時間くらいで、ここまで仕上げます。
鉛筆の粉で手が黒くなっちゃいます。たのしいな~!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ギガノトサウルスの歯

2017-06-15 08:39:21 | 恐竜紹介
ジャーン!肉食恐竜「ギガノトサウルス」の歯です。全長187㎜。とても薄くて鋭いです。
両側にステーキナイフのようなギザギザ(鋸歯、セレーション)がついています。切れ
味いいですよ~!おや?黒い部分にはへこみがありますね。これは次の歯がセッティ
ングされていたへこみです。肉食恐竜の歯は次から次に生えかわりました。ですから
肉食恐竜には虫歯はなかったようです。講演やワークショップの化石タッチタイムで
子どもたちにさわってもらいますが大人気です。手をけがしないように、鋸歯に注意し
てゆっくり触らせます。この歯は8月9日から15日に丸善日本橋店で開催される「黒川
みつひろ恐竜絵本原画展」にも出品します。皆さん、ぜひお越しくださいね!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

黒川みつひろ恐竜絵本原画展

2017-06-14 08:44:03 | イベント
8月にトリケラトプス絵本シリーズ(小峰書店)刊行25周年を記念して原画展を開催します。
画像は出展作品「恐竜トリケラトプスとダスプレトサウルス」の1シーン、ダスが息子のプレ
トに、えものをとってこいと言っている場面です。さて、展覧会の詳細をお知らせします。
●日時:2017年8月9日(水)~15日(火)(9:30~20:30最終日17:00まで)
●会場:丸善日本橋店3階ギャラリー(入場無料)
●出展作品:「恐竜トリケラトプスとアルゼンチノサウルス」「恐竜トリケラトプスとダスプレ
 トサウルス」原画などを展示。(小品原画の販売もします。)
●作者在廊日時:全日程(なるべく)在廊します。
●イベント:ギャラリートーク(3連休のうち2日くらい)など。
●お問い合わせ:7月9日から丸善日本橋店にて(それ以前のお問い合わせはご遠慮くだ
 さい。)
●原画展情報:HP「恐竜だいす記!」で随時準備状況やイベント予定などをお知らせしま
 す。
皆さん、恐竜絵本の世界をお楽しみください!お待ちしています!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ジャイアントパンダ

2017-06-13 09:30:05 | 昨日の出来事
昨日のパンダ赤ちゃん誕生ニュースには驚きました!よかったですね!さてさて、野生のジャイ
アントパンダは現在中国政府の厳重な保護管理課にありますが、生息地のタケやササなどが
枯れることによる影響が心配されるそうです。(画像は「滅びゆく世界の動物たち」黒川光広作:
1996年ポプラ社より)上野動物園のパンダ赤ちゃん、すくすくと育ってね!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

恐竜骨格図と生態復元図

2017-06-12 08:45:17 | Weblog
正しく恐竜を描くには正確な骨格図が必要です。そこで自分用の恐竜骨格図と生態復元図のファ
イル図鑑を作成しました。今まで恐竜博があるたびに骨格標本を子細に観察して描きためたもの
です。代表的な恐竜と古生物65種の骨格図、その生態復元図合計130種がファイル4冊に納めら
れています。さてさて、このファイルを8月9日~15日に丸善日本橋店で開催される「黒川みつひろ
恐竜絵本原画展」に参考出品します。皆さん、ぜひお越しくださいね!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ドードー

2017-06-11 08:53:54 | Weblog
先日、「大英自然史博物館展」を見てきました。人間が滅ぼした動物たちとして「ドードー」
が展示されていました。画像は「帰ってこない動物たち」(黒川光広作:1994年ポプラ社)。
マダガスカル沖のモーリシャス島に生息。シチメンチョウより大きな体で羽は小さく、飛ぶ
ことはできず、よたよたと歩いたそうです。(ドードーとはポルトガル語でのろまという意味。)
天敵のいない島で平和に暮らしていましたが、1598年に航海してきたヨーロッパ人に見つ
かり、乱獲されたり、人間が持ち込んだ犬、豚にヒナや卵が襲われたため1681年以降目
撃されず、絶滅が確定しました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加