johji2015のブログです

個人用途のニュース等まとめです。

北朝鮮がICBM発射間近!?米軍は“臨戦態勢”

2017-09-04 23:29:57 | ニュース
http://news.tv-asahi.co.jp/sphone/news_international/articles/000109265.html

より実際の攻撃目標やそれぞれについての演習で精度を上げないと民間人の犠牲が出る度に騒ぐおそれがあります。

特に韓国側で被害が出れば、その感情的な流れにまた冷静さを忘れてしまいます。

朝鮮半島の歴史的な影響を考えると強い者に逆らえない、またはそのミスにより酷い目に遭うのも記憶が重ねてきた結果なのでしょう。

だから、常に他人に干渉してまた平穏さを無くしてしまう。

アメリカが何処まで韓国側のヒステリックな点を見て取れるのかが問題で、安易に行動を起こすと敵が南北双方に存在する危険で気の抜けない緊張感が凄い話になります。

被害を最低にするような具体策も提示しないと非現実的な連中によって北へと話も漏れますし、最終的に更に居ずらくなるだけです。

中華経済圏で、アメリカの軍事圏と言う矛盾もソロソロ終焉を迎えるのかと思います。

とりあえず目の前の核実験やミサイルをどうにかするのであって、そもそもあまり幸せでないような経済の人達を苦しめる戦争がまともな結果をもたらすと考えるのは安易です。
焼野原に成れば、また中国や日本、アメリカなどの資本によって支配を受けてしまいます。
完全に失敗することも無いのでしょうから、目安を付けて関わりを減らさないと厳しい消費者優先の市場でまったく利用されるだけの鴨なのはトランプ大統領にも見えているはずなのですが。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

8月末、9月月初に子供の自殺者が集中している対策の効果は?

2017-09-04 02:26:44 | レビュー
9月1日前後の72時間が子ども自殺のピーク SOSの「受け取り方」に変化を

https://news.yahoo.co.jp/byline/ishiishiko/20170830-00074378/

>周囲の子どもからSOSを感じた場合、まずはその思いを軽視しないでもらえればと思う。
>子どもからすれば「この人ならばわかってくれるかもしれない」とワラにもすがる気持ちでSOSを発したのかもしれない。

たいてい、親、教師、友達などで縁も所縁(ゆかり)もない人がそれを言われてもしようがありません。

尚、公的な場所(駅、踏切)やビルの屋上、高層階など
自殺志望者が彷徨いていたら、まずは警察などに連絡することになるのでしょう。
また、公衆便所などのように人目につかないような場合にチェックしないとまた危険性を高めます。

一度は無縁な話で締めましたが、後で気持ちが塞ぐのは辛いので上の3行を追記しました。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加