「きつねのるーと」と「じーん・だいばー」のお部屋

HN「きつねのるーと」と「じーん・だいばー」の趣味を語る部屋。守備範囲はテツ、ミリ、ヲタ、アニメ、同人誌、写真等濃い

『氷菓』 第2話 観ました

2012-05-02 01:36:13 | 京アニ
なるほど~、こんな手紙で古典部に入部することになったとは…
でも、それを第2話の冒頭に持ってきた理由は?
ま、そのほうが流れが良いかな?

さてさて…古典部の活動として文化祭のときに冊子を発行するということになっているからということで、過去にどんな内容の冊子を出していたのか調べようと言うことになってバックナンバー探しかかる奉太郎とえる。その場に里志が居ないのは彼は部活掛け持ちなのと、委員会で忙しいからって事らしいけれども、そのあと図書室にいるのが判る。う~ん、結構、適当な奴なのかもしれないですね~。里志くんってのは…。
あと、できるだけ怠惰に過ごしたい奉太郎と、彼と一緒に過ごしたいと思っているらしいえるの対比がすごすぎるですね。特に、図書室に行けばバックナンバーがあるかも知れないってことで一緒に行こうと迫られて、奉太郎の選択肢として灰色と薔薇色の二択が出るのに選べるのは薔薇色の一択のみ。しかも、灰色を選択しようとする彼の手を無理やりに薔薇色を押させるのはえるちゃんの手って表現になっていたのには、クスっときたです。このパターンだと、他に、選択肢が事実上一種類しかない三択、または四択とかイロイロありますが外部的要因で答えが一つしかない状況に置かれてしまったことを表すのにはなかなか面白い表現だと思います。あと、この直後、奉太郎がえるに手を引かれて地学準備室から出掛けるシーンでカメラが固定されている演出は『日常』で多用された演出でも有りますよね。

で、今回用意された謎は…
その図書室で発生していたちょっとした謎。
それは…
5週連續して毎週金曜日のお昼休みに貸し出され、そして放課後に返される本が有る。借りて行くのは5回とも二年生だけれども、別の女生徒。クラスはD、E、F組。図書室の規約では同じ本を二週間借りれるのに毎週返してくるのは何故か?と言うちょっとした謎。
これに対して推論出来る答えとして、その同じ本を借りるのが二年生の中でオマジナイとかで流行っているとかが推測されたけれども、オマジナイとして流行るにしても学校の通史本などという超マイナーな本が使われる理由が分からない。ということで図書委員会の間でも謎として不思議がられている。なので、この理由を推測してみようというのが今回の謎解き。
依頼人は、もちろんえるちゃん。もちろん、図書委員の摩耶花も謎は知りたいと思っているのですけれども、その謎を解くのが腐れ縁の奉太郎だってのが、しゃくにさわるのでよく思えない。でも…摩耶花の片想い人の里志が、こういう時の奉太郎はキレルんだよ~の一言で半信半疑ながらも奉太郎の推理を聞いてみる。で、奉太郎の答えは…
その本を借り出すのが不特定多数なのか、あるグループの中で必要とされていて交代で借り出しているのかと推理。ここで、不特定多数という線は理由が弱いと言うことで外して考える。そこで、借り出しているのが二年D、E、F組の女子しか居ない事に着目。また、別の面から、借り出す理由として、お昼休みから放課後まで借り出して使うのに個人的理由で休み時間に読みたい種類の本では無いことから授業で使用するのではと推測した。もし、合同授業で使うのであれば、その授業とは体育か、選択科目の芸術系授業ということで書道、美術、音楽。中でも使いそうなのは…とそこまで絞り込んだ。
一方、えるちゃんはその本からシンナーっぽい刺激臭を感知した。
ので、奉太郎はそれが美術の授業で使われていたと推測し、美術室へえるを派遣して確かめるようにと言ったのですが…例によって一緒じゃなきゃダメってことで一緒に行くことに。摩耶花も気になる事なので一緒に行く事にしたので、摩耶花がしていた図書室の留守番を里志がすることになって、三人で美術室へ。その道すがら、二人に推理内容を説明しながら美術室に行くと…美術室にはその本を抱えた油絵が何枚も置かれていた。

う~~ん、ここで凄いのは奉太郎の推理力なのか、それとも、えるの嗅覚なのかは置いといて…こういう地味な内容の日常的作品のアニメはなかなかに面白いですね。現実ばなれしていない分、地に足をついて安心して見ていられるのが良いです。それだけに後半に、無理やり非現実的な怪奇現象や殺人級の大事件を起こしてドタバタさせるような展開にならないことを祈りますが…どうでしょうか?

あ、あとえるちゃんの声ですが…意外と野中藍さんでも合うかなぁ~なんて思ってしまったですよ。でもそうなるとますますCLANAD的印象が…で、摩耶花ちゃんは…広橋涼?いくらなんでも無理やりすぐるか…

と、言うわけで公式HP京都アニメーション版HP、それとこの記事にTBを送って来てくれた方々の記事を参照にしてくださいね。
『アニメ』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (29)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『モーレツ宇宙海賊』 第17話... | トップ | 雨もまた好し »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

29 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
氷菓 チバテレ(4/29)#02 (ぬる~くまったりと)
第2話 名誉ある古典部の活動 公式サイトから最後の「古典部」メンバー、伊原摩耶花登場。彼女には少し気になっていることがあった。好奇心を爆発させたえるは、思わず奉太郎に!? やることが無い時には古典部室に通う奉太郎。えるが菓子を持参していた。 不毛です。2回...
氷菓 第2話 「名誉ある古典部の活動」  (つれづれ)
 不毛です。
「氷菓」第2話 (日々“是”精進! ver.A)
本にまつわる、“ミステリー”… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201204300001/ 氷菓 限定版 第1巻 [Blu-ray] 角川書店 2012-06-29 売り上げランキング : 102 Amazonで詳しく見る by G-Tools
氷菓 第二話「名誉ある古典部の活動」 (藍麦のああなんだかなぁ)
氷菓 第二話「名誉ある古典部の活動」です。 「わたし、気になります」 はいはい、
氷菓 #2 (桜詩~SAKURAUTA~)
【名誉ある古典部の活動】 氷菓 限定版 第1巻 [Blu-ray]出演:中村悠一角川書店(2012-06-29)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る EDは独特な雰囲気が出てましたね♪ 
氷菓 第2話「名誉ある古典部の活動」 (MAGI☆の日記)
氷菓の第2話を見ました 第2話 名誉ある古典部の活動 古典部に入部した奉太郎は人間嫌いではないためにえると過ごす放課後は疲れないので部室である地学準備室へは来やすいものとなっていた。 「部...
氷菓 第2話 (ブログリブログ)
 エンディング、萌え成分の補給か。女子キャラ2人で歌わせてランティスか。
氷菓 第2話「名誉ある古典部の活動」感想! (くろくろDictionary)
氷菓 第2話「名誉ある古典部の活動」 古典部に入りなさい。 姉からのお達しに従って古典部に入った折木奉太郎。 古典部の活動は……本を読むだけ!? そりゃ生産的じゃないな。奉太郎はそれで別に...
氷菓 第2話 (あ゛ぁやっちゃったなぁ… ぉぃ… な毎日w)
「名誉ある古典部の活動」 不毛です! いつ何時でも積極的♪ 放課後を古典部の部室で過ごす奉太郎とえるだけど… マジで古典部って何する部活なんだろう?←  何をするのかはっきり分かってないから二人も部室で読書タイムなんだろうけどw 文化...
氷菓 第2話「名誉ある古典部の活動」 (ボヘミアンな京都住まい[gooブログ版])
新生古典部4人目の新キャラ登場とともにEDも初お披露目となった今回でしたが、女の子2人のこの姿は・・・何を狙ったんでしょうかね?(笑) 続きはこちら(トラックバックもこちらにお願いします) →http://kyotofan.net/books_anime/kotenbu/hyouka02/
2012年02クール 新作アニメ 氷果 第02話 雑感 (妖精帝國 臣民コンソーシアム)
[氷果] ブログ村キーワード 氷菓 第02話 「名誉ある古典部の活動」 #kotenbu2012 #ep02 京都アニメーションの渾身の作品。原作は、米澤 穂信氏。青春ミステリーということでどんな内容なのか楽し...
氷菓 #2「名誉ある古典部の活動」 (LUNE BLOG)
毎週借りられてはその日に返されてしまう、謎の本。。
氷菓~2話感想~ (ブラり写真日記~鉄道・旅・アニメのブログ。)
「名誉ある古典部の活動」 姉の言うとおりに古典部に入部した奉太郎。 そんな中、えるが10月の文化祭に文集を出すと言い出す。 過去の文集を探すために図書室へとやってきたえる達。 図書当番、伊原摩耶花が登場。 「学校史」が毎週同じ日に借...
氷菓 第2話 「名誉ある古典部の活動」 感想 (wendyの旅路)
省エネで生きたいのに―
氷菓第2話感想 (うたかたの日々 でぼちん珠洲城遥万歳)
#2「名誉ある古典部の活動」 最後のシ者古典部員、伊原摩耶花さん。現在は図書委員
氷菓 第2話 「名誉ある古典部の活動」 (北十字星)
 折木奉太郎の推理は、真実に迫るためのものではなく 千反田えるの疑問や好奇心を満たしてやるための 推理であるところが、通常の推理ものとの違いですね。 でも、偶には核心に迫りますが。 今回...
氷菓 第2話「名誉ある古典部の活動」 (明善的な見方)
氷菓 限定版 第1巻 [Blu-ray]『・・・今日は収穫もありましたし』 製作:京都アニメーション 監督:武本康弘 原作・構成協力:米澤穂信 折木奉太郎:中村悠一 千反田える:佐藤聡美 福部里志:阪口大助 伊原摩耶花: 茅野愛衣
氷菓 第2話 名誉ある古典部の活動 (ゲーム漬け)
10月の文化祭に文集を作りたいとえる。 当然、面倒くさいと奉太郎は言いますが、事後承諾の決定事項のようで、それに巻き込まれます。 しかし、文集がどんなものかも分からず、 ...
氷菓 第2話 【名誉ある古典部の活動】 感想 (キラシナのアニメ・ゲーム時々教育の百戦錬磨日記)
姉からの手紙の演出がものすごく凝ってますねw 事の発端となった手紙ですからね~ 魔法のような文章に主人公は見えたのでしょう。 氷菓 限定版 第1巻 [Blu-ray](2012/06/29)中村悠一、佐藤聡美 他商品詳細を見る
[アニメ]氷菓 第2話「名誉ある古典部の活動」 (所詮、すべては戯言なんだよ)
「知りたい」と思う普通の感情と「知らない」不安にかられる感情と、「知った」願望の行き着く先にあるものは?
氷菓 #02 (ぐ~たらにっき)
『名誉ある古典部の活動』
氷菓:2話感想 (しろくろの日常)
氷菓の感想です。 とりあえずこの4人で回していくということなのかな。
氷菓 第2話「名誉ある古典部の活動」 (破滅の闇日記)
氷菓 (角川文庫)(2001/10/31)米澤 穂信商品詳細を見る  文字を躍らせる表現が、やけに多いですね。シャフトっぽい? 姉の手紙シーンは、実験的にやってみたという印象を受けました。奉太郎は文系的なリア充...
氷菓 第二話 名誉ある古典部の活動 レビュー (ゴマーズ GOMARZ)
折木奉太郎殿 前略 わたしはいまベナレスにいます。 ちょっと遅れたけど、合格おめでとう。結局、神山高校だってね。 無事高校生になったあんたに、姉として一つアドバイスをしてあげる。 古典部に入りなさい。 伝統ある部活よ。そして、わたしの所属していた部でも...
氷菓 第2話 「名誉ある古典部の活動」 感想 (ひえんきゃく)
1話に比べると面白くなってきましたね。 相変わらず作画クオリティは凄かったですよ。 最後の「古典部」メンバー、伊原摩耶花登場。 彼女には少し気になっていることがあった。 好奇心を爆発させたえる...
『氷菓』#2「名誉ある古典部の活動」 (ジャスタウェイの日記☆)
「私はそういうパーツではなく、 思考を生み出すシステムが知りたいんです!!」 なんだかんだいいつつ、のんびり過ごせる古典部(部室)は、 奉太郎にとって居心地の良いものへと変化していったが、 「10月の文化祭に文集を出します」 千反田の「不毛です」の一...
氷菓 #2 (日々の記録)
前回出番がなかったレギュラー・キャラ、伊原摩耶花の登場です。姉からの手紙で古典部に入部することになってしまった奉太郎。彼はその部室で怠惰な日々を過ごせればよかっ
氷菓 第02話 「名誉ある古典部の活動」 (ぴよあに映像探求)
氷菓 第02話 「名誉ある古典部の活動」 <あらすじ>  最後の「古典部」メンバー、伊原摩耶花登場。彼女には少し気になっていることがあった。好奇心を爆発させたえるは、思わ ...
氷菓 第二話「名誉ある古典部の活動」 (Old Dancer's BLOG)
 あのラストシーンのえるのポニーテールは、賀東センセの差し金なんじゃないですかね?(ぇー  だって、別にポニテである必要はないと思うんですよね。原作は読んでいないですが、まさか、喫茶店にやっ...