骨太アメリカンムービー(2006年2本目)

私なんかと何度も思った。
おまえなんかと何度も言われた。
それでも立ち上がってみようと思った。


いかにもアメリカンムービーらしい愛と正義と友情の映画。

スタンドアップクリックすると公式HPへ)

アメリカ北部の町の鉱山会社の女性作業員が職場のセクハラの環境の改善に
立ち上がり、女性の権利を獲得していく実話に基づいて作られた映画だ。

選んだ夫は暴力夫、信用してくれない父親、 母親しかいない子供たち、
しかも、職場はサイアク。    
何もかも、うまくいかない……。  
時代は80年代後半。主人公の女性ジョージー(シャーリーズ・セロン)は、
高校生のとき教師にレイプされ男の子を出産、その後結婚するが
夫はDV(ドメステックバイオレンス)の暴力夫。
という不幸な過去を持つ。

逃げるように夫と別れ、父親が違う二人の子供を抱え故郷の鉱山会社に勤めるが
そこは男性社会で女性は不当な扱いとセクハラの対象。
その環境を変えようと闘う主人公。
70年代の名画『セルピコ』にも通じるものがある社会正義モノ。



ドラマの中では娘があまりにも自分の望む人生とはかけ離れた
生き方をするので保守的な父親は冷たく当たるのだが、
やがてその父親が彼女の一番の擁護者になる。
オレは彼が一番印象に残った。
主人公の勇気ある行動とともに胸を熱くさせる。

大盛り上がりの後のさっぱりしたラストシーンも
う~んアメリカと思えるなかなかいい終わりかただった。

さらにボブディランをはじめ流れる音楽がアメリカンロックの香りがプンプン。
「ノースカントリー」という原題のとおりのアメリカ北部の、荒々しく広大な
自然やひなびた地方都市の風景にピッタリとはまる。

Tシャツやハイネックセーターにチェックのワークシャツをレイヤード。
ダウンなどのアウターをはおり、下はブルージーンズ。
本場のアメリカンカンワークファッションも
80年代に青春時代を送った人間には目を奪われる映像だ。

昨年からずっとVFXを使ったエンターテイメントモノばかり見てきたので
久々に骨太な社会モノは見応えがあった。


おもしろい日記ブログの仲間たちが集っています。







コメント ( 8 ) | Trackback ( 36 )
« まぼろしの味復活 1月23日 »
 
コメント
 
 
 
TBありがとうございました (ミチ)
2006-01-22 23:37:46
はじめまして♪

骨太なこんな映画もズシッときていいですよね。

大ヒットする類の作品ではないけれど、男性には見て欲しいな~(笑)
 
 
 
thank you! (しゅ~る♪)
2006-01-22 23:49:23
TB&コメントありがとうございます。

内容も知らず、飛込みでみた映画でした。

最初のほうは、途中で出ようかとおもったくらい

緊張して観てました。

だんだんと引き込まれていって、最後には、

私も立ち上がりそうになりました^^;
 
 
 
TBありがとうございました★ (さわわ)
2006-01-23 00:07:41
重ーーーい内容でしたが主人公の頑張りとパパに泣かされました・・・

繰り返し観たいとは思えないけど、ずっと忘れないでいられそうな作品でした~
 
 
 
訪問御礼 (傷だらけの天使)
2006-01-23 22:51:48
ミチさん>

一部にはフェミニズムの映画とかって見方をする人もいるけど

セクハラだけじゃなく社会正義や封建主義の戦いって感じだと思ってみていました。



しゅ~るさん>

たしかに自分の行ったシネコンもこの映画以外は

ほとんどがお正月映画の娯楽大作でした。

おっしゃるとおりラストは感動でしたね。



さわわさん>

たしかに二度はきついですね。

でも良い映画だったとの思いは強い。

本当に忘れない映画になるかもしれません。
 
 
 
こんにちは (masu)
2006-02-01 14:37:26
TBのお返しが遅くなってしまいました。有難うございました。



いつ父親がジョージーの味方になってくれるんだろうと最初から思っていましたが、やっぱりあの集会のシーンで「ここだな きっと」と待ち構えていても涙が止まりませんでした。



ジョージも父親も母親も皆「スタンドアップ」した勇気に感動しました。
 
 
 
訪問御礼 (傷だらけの天使)
2006-02-05 11:00:39
masuさん>

あの父親勇気がありましたね。

はた目には『オマエ父親だろう。なんとかしてやれよ』

と思うかもしれないけど

実際にできる人はそう多くないように思います。

あれが家族愛だし勇気なんだなと思いました。
 
 
 
80年代 (kimion20002000)
2006-07-17 02:21:35
TBありがとう。

そうですね。80年代の匂いがプンプンでしたね。

「セルピコ」!!懐かしすぎます(笑)
 
 
 
訪問御礼 (傷だらけの天使)
2006-07-17 21:46:30
kimion20002000さん>

訪問-コメントありがとうございます。

80年代は日本はバブルでしたがアメリカは

社会的にいろいろな問題があった時期でした。

いい社会派ムービーだったと思います。



「セルピコ」は自分の中の社会派の原点です
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
映画館「スタンドアップ」 (☆ 163の映画の感想 ☆)
暴力夫から逃げ出し、子供を育てるために鉱山で働くことになったジョージー。しかし鉱山の世界は男の世界。そこに女が入ることによって男達の卑劣な嫌がらせが始まる。。。 性別差別のような気もしますがこういう世界って男女問わず虐めってありそう。小さな世界で作ら...
 
 
 
「 スタンドアップ 」 (MoonDreamWorks)
監督 : ニキ・カーロ主演 : シャーリーズ・セロン / ウディ・ハレルソン /原作 : 集団訴訟 (ClassAction)    公式HP:http://wwws.warnerbros.co.jp/standup/ この映画は実際に起こったセクハラ訴訟を基に作られた作品です。 原作は2002年に出版され...
 
 
 
イジメかっこ悪い 「スタンドアップ」 (平気の平左)
評価:85点{/fuki_love/} スタンドアップ 中々すごい映画でした。 ストーリーは、実話を元にした、鉱山で働く女性へのセクハラの話なんですが、これがすごい。 ストーリーにはなんのひねりもありません、というか、 「ひねりなど不要!!」 って感じの、セクハラの描
 
 
 
スタンドアップ 評価額・1200円 (Blog・キネマ文化論)
●スタンドアップをTOHOシネマ浜松にて鑑賞。 子供を連れて故郷に帰ってきたジョ
 
 
 
スタンドアップ  (花ごよみ)
        監督は女性監督のニキ・カーロ。     夫の暴力に耐えきれず離婚して    シングルマザーになったジョージー(シャーリズ・セロン)は    2人の子供を抱え、少しでも高い給料を得るために鉱山で働く。      そこは未だ閉鎖的な男社会の職場
 
 
 
映画「スタンドアップ」 (ミチの雑記帳)
映画館にて「スタンドアップ」★★★★★ ストーリー: 離婚して故郷の北ミネソタに帰って来たジョージー(シャーリズ・セロン)は2人の子供を抱え給料の高い鉄鉱山で働くことを決心する。しかし、その職場には想像を絶するような男性社員からの嫌がらせが待ち受けていた。
 
 
 
スタンドアップ / シャーリーズ・セロン (シネマ パラダイス♪)
本日、レディースデーだと思い出し、 映画館へ飛び込んで、時間がちょうどよかった 「スタンドアップ」を観て来ました。 あのシャーリーズ・セロン主演。 「モンスター」とはほ
 
 
 
スタンドアップ (きょうのあしあと)
\\"I stand with josey!\\" http://wwws.warnerbros.co.jp/standup/ 監督:ニキ・カーロ 出演:シャーリーズ・セロン、フランシス・マクドーマンド、ショーン・ビーン、ウディ・ハレルソン、他 劇場:川崎チネチッタ 1989年、ミネソタ北部で起こった実話に
 
 
 
スタンドアップ (ネタバレ映画館)
 悪○じゃないショーン○ー○が○ても○かった。フランシス○ク○ーマン○もオスカー助演女優賞ノミニーがかなり○○だ!  伏字がいっぱい必要なほど露骨なセクシャル・ハラスメント。ここまでくると、男どもに同情の余地はない。女性の多い試写会での鑑賞だったから、「
 
 
 
『スタンドアップ』 (京の昼寝~♪)
力もない。自信もない。味方もいない。それでも、立ち上がってみようと思った。   ■監督 ニキ・カーロ■脚本 マイケル・サイツマン■キャスト シャーリーズ・セロン、フランシス・マクドーマンド、ウディ・ハレルソン、ショーン・ビーン、シシー・スペイセク、リ
 
 
 
スタンドアップ (色即是空日記+α)
原題 「North Country」   邦題 「スタンドアップ」  最初、仮題となっていたのに結局そのまんまらしい。でも最後にこれが効いてくる! 鉱山で働くシングルマザーが、アメリカ初の集団セクハラ訴訟を起こす実話に基づいた作品。   2人の子供を.
 
 
 
スタンドアップ (だらだら映画・和日和)
満足度★★★★☆ 良かったです。本当に。 泣きましたよ~ わたし。今まぶた重いですから。眠いってのもありますが。 あらすじ 暴力夫から逃げ出し故郷に子ども2人と戻ってきた
 
 
 
映画鑑賞「スタンドアップ」 (花鳥風月)
原題「North Country」 【監督】ニキ・カーロ 【出演】シャーリーズ・セロン フランシス・マクドーマンド     ショーン・ビーン リチャード・ジェンキンズ ジェレミー・レナー 
 
 
 
『スタンドアップ』 (ラムの大通り)
----「立て!」って、これまたスゴいタイトルだね。 「うん。でも正確には『立ち上がれ!』という意味。 この映画は一言で言えば、 鉱山という“男の社会”で働き始めた女性ジョージーが、 度を越えた嫌がらせや耐え難い屈辱の中、 ついに“立ち上がる”ことを決意するという
 
 
 
スタンド アップ (日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~)
「モンスター」で美貌以外のところでも十分に勝負できる女優であることを証明して見せたシャーリーズ・セロンの主演作です。 夫の暴力に耐えかねて離婚し、故郷の北ミネソタに帰ってきたジョージー(シャーリーズ・セロン)は、連れてきた2人の子どもとの生活のため、給料
 
 
 
スタンドアップ/NORTH COUNTRY (我想一個人映画美的女人blog)
社長のタコオヤジを後ろからハンマーで殴りたくなった。 もちろん、炭坑現場の幼稚で下品な男どもも、、、。 またまた2005年度アカデミー賞最有力作品の登場☆ そして、真実のドラマ。 最近のシャーリーズセロンは、ただのキレイなだけの役はやらず、 「モンスター」にして
 
 
 
スタンドアップ (外部デバイスへの記録)
製作国:アメリカ 公開:2006年1月14日 監督:ニキ・カーロ 出演:シャーリーズ・セロン、フランシス・マクドーマンド、ウディ・ハレルソン、ショーン・ビーン ほか 今月公開される洋画では一番楽しみにして作品♪意外と人が少なかったような気がしたけど・・・。立川.
 
 
 
スタンドアップ (週末に!この映画!)
期待値:86%  アメリカで実際にあった、セクハラの問題を取り上げた映画。 映画の雰囲気的には結構、
 
 
 
『スタンドアップ』★★★★★95点 (ヘーゼル・ナッツ☆シネマ カフェ)
『スタンドアップ』公式サイト 制作年度/国;\'05/米 ジャンル;ヒューマン               配給;WB  上映時間;124分 R-15 監督;ニキ・カーロ 出演;シャーリーズ・セロン/フランシス・マクドーマンド/ウディ・ハレルソン/ショーン・ビーン観賞劇場:..
 
 
 
スタンドアップ (シネマ日記)
ネタバレ注意試写会に行ってまいりました。みなさん、この映画のテレビコマーシャルを見たことがありますか?あのコマーシャルから得る印象ってどんなんでしょう?ワタクシが受けた印象は「若い女性が主人公の爽やかなサクセスストーリー」って感じでした。けど、本当はこの
 
 
 
スタンドアップ (tsublog@theatre)
NORTH COUNTRYどうしよう、涙が止まらない![:悲しい:] 悔しくて、悔しくて、寂しくて・・・ まず、この映画の原作「Class Action: The Story of Lois Jenson and the Landmark Case That Changed Sexual Harassment Law」(集団訴訟―セクハラと闘った女たち:和書)の
 
 
 
「スタンドアップ」 (てんびんthe LIFE)
「スタンドアップ」 ニッショーホールで鑑賞 はっきりいって始まって2/3が終わるまで気持ちが落ち着かなかった。ムカツキ!!イライラ。そしてその後は私にも目に涙がたまっていました。通路を隔てたところに座っていた女性は完全に鼻水をすすっていました。1980年
 
 
 
スタンドアップ (Lovely Cinema)
2005/アメリカ 監督:ニキ・カーロ 出演:シャーリーズ・セロン    エル・ピーターソン    トーマス・カーティス    フランシス・マクドーマンド      ショーン・ビーン    ウディ・ハレルソン 観ていて超ムカつく!![:怒りマーク:] おもわず
 
 
 
「スタンドアップ」 (或る日の出来事)
(c) 2005 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved. 1970年代後半、アメリカで初のセクハラ訴訟に勝った女性の話。 北部の田舎町(原題は、そんな感じ)の炭坑で働くシングルマザー
 
 
 
スタンドアップ (ZeroCinema)
 全米初のセクハラ勝訴事件をベースにした映画。どこからどこまでが事実で、作り物かは図りかねるが、骨太な映画ではある。  同じ女性として、ジョジーが受けた嫌がらせや浴びた言葉を許せない気持ちは共感できる。女だ、シングル・マザーだという理由で誹謗中傷を受け
 
 
 
スタンドアップ (ハイジのシネマパラダイス)
スタンドアップ   NORTH COUNTRY 監督:ニキ・カーロ 出演:シャーリーズ・セロン フランシス・マクドーマンド シシー・スペイセク ウディ・ハレルソン ショーン・ビーン ストーリー 夫の暴力から、二人の子供をつれ、故郷に返ってきたジョージー。鉱
 
 
 
スタンドアップ (Black Pepper\'s Blog)
シャーリーズ・セロンの「スタンドアップ」を観てきました。 スタンドアップ (20
 
 
 
大切なものを守るために立ち上がった女性◆『スタンドアップ』 (桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」)
1月16日(月)TOHOシネマズ木曽川にて 暴力の耐えない夫のもとから、二人の子供を連れて実家へ向かって飛び出したジョージー(シャーリーズ・セロン)。しかし、実家の父親は彼女を暖かく迎えてはくれなかった。早く自分の家を手に入れ、子供たちと三人の暮らしをしたいと
 
 
 
起立ではなくって・・・ (billabong)
スタンドアップとは、英語で 恐れずに立ち向かう とか、擁護するという意味もある。 公開当日に見た映画「スタンドアップ」 (オリジナルはNorth Country)。 地味な映画なのだが、中身が濃く、同じ女性として 涙なしには見られない映画。
 
 
 
◆映画・スタンド・アップ (映画大好き☆)
スタンド・アップ 観てきました。どんなストーリーかあんまり知らなかったので宣伝だけで、仕事やっても上手くいかず、子供ともわかりあえず、ブリジットジョーンズの日記のもう少し、たくましい版かなぁ~?って思ってたのですが、全然違いますっ原作?
 
 
 
スタンド アップ NORTH COUNTRY (自然に生きる 映画に生きる)
シャーリーズ セロン、フランシス マクドーマンド(2005年) 年明けて初めての映画館での鑑賞でした。シャーズは自分の中でお気に入りの女優なので大好きです。この作品の事を知り、絶対観に行こうと決めていました。 暗かったけど、良い映画でした。泣いてしまいまし
 
 
 
スタンドアップ (toe@cinematiclife)
アカデミー賞 主演女優賞(シャーリーズ・セロン)          助演女優賞(フランシス・マクドーマンド) ノミネート作品 アメリカではじめて行われたセクハラの集団訴訟を描いたこの映画は、シャーリーズ・セロンの熱演もあって、賞レースで話題になっている作品の
 
 
 
スタンドアップ (North Country) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ニキ・カーロ 主演 シャーリーズ・セロン 2005年 アメリカ映画 124分 ドラマ 採点★★★ キレイゴトの大嫌いなたおです。綺麗事ばかり言う人に限って、平気で嘘を付いて人を裏切るし。解決策が“臭いモノに蓋”で終了なんて、もってのほかで。でも、綺麗な人 ...
 
 
 
NO.159「スタンドアップ」(アメリカ/ニキ・カーロ監督) (サーカスな日々)
シャーリーズ・セロンはハリウッドの、 ゴシップや乱痴気騒ぎや虚飾には染まらない。 シャーリーズ・セロンという女優は、僕たちが漠然と想像する、ハリウッド・スターという枠組みから、はみ出している。 美貌に関しては文句のつけようがない。初期の作品では、 ...
 
 
 
『スタンドアップ』・試写会 (しましまシネマライフ!)
今日は某テレビ局で当選した『スタンドアップ』の試写会に行ってきた。 《私のお気に入り度:★★★★★》
 
 
 
「スタンドアップ」 (ひらりん的映画ブログ)
シャーリーズ・セロン主演。 どうも、炭鉱労働者の話らしく、寒いところで過酷な・・・みたい。
 
 
 
 
<